Visual Basic アプリケーションに HIP コンポーネントを Connect する方法

ホスト側開始処理 (HIP) のキーリンクは、トランザクションインテグレーター (TI) の HIP コンポーネントとクライアントアプリケーションの間の接続です。 hip コンポーネントと Microsoft Visual Basic サーバー DLL の間の接続は、hip タイプライブラリの要素と Visual Basic プロジェクトの要素との照合によって作成されます。 次の表は、要素間のリレーションシップを示しています。

HIP タイプライブラリ Visual Basic Project
タイプライブラリ名 Project 名を Visual Basic します。
タイプライブラリのインターフェイス名 Visual Basic クラス名。
タイプライブラリのメソッド名 Visual Basic クラス内の関数またはサブルーチン。
タイプライブラリメソッドのパラメーター Visual Basic のサブルーチンおよび関数を持つ Visual Basic 関数またはサブルーチン内の1つに対して定義されています。

注意

Visual Basic サーバー DLL が登録されていることを確認してください。

Visual Basic サーバー内でImplementsキーを使用している場合は、次の追加の規則が適用されます。

  • Visual Basic の実装互換性のあるインターフェイスプロパティを有効にする必要があります。 TI タイプライブラリまたはアセンブリ内のコンポーネントインターフェイスプロパティページで、プロパティを設定します。

  • タイプライブラリメソッドに対して定義されているすべてのパラメーターは、 Input\ Outputである必要があります。 Implementsキーワードでは、入力または出力として定義されているパラメーターはサポートされていません。 すべてのパラメーターは、入力または出力として定義する必要があります。

  • 関数またはサブルーチンの呼び出しは、Visual Basic クラス内で public として定義する必要があります (非公開ではありません)。

参照

ホスト側開始の処理のプログラミング