Icom3270.getScreenData メソッド

getScreenData メソッドは、3270 画面のデータコンテンツを抽出します。

構文

  
void GetScreenData(  
   ushort position,  
   ushort dataRequested,  
   ushort maxLen,  
   out System.Array dbuf,  
   out System.Array abuf,  
   out System.Array eabuf  
)  

パラメーター

パラメーター 説明
position 要求された最初の文字の 0 から始る画面オフセット。
dataRequested 要求されたデータを記述するビット処理の組み合わせ。 詳細については、「解説」を参照してください。
maxLen 要求された .screen 位置の最大数。

maxLen を 0 に設定すると、画面の残りの部分が要求されます。
dbuf このメソッドが返された場合、要求された場合は画面データ バッファー データが格納されます。
abuf このメソッドが返された場合、要求された場合は、画面文字属性バッファー データが格納されます。
eabuf このメソッドが返された場合、要求された場合は、画面拡張属性バッファー データが格納されます。

戻り値

説明
S_OK メソッドが正常に返されました
C3270_E_INVALIDPOS 指定した画面の位置が、現在の画面サイズの最大文字位置を超える値です。
C3270_E_NOTCONNECTED com3270 クライアントは、Icom3270.connect の呼び出しによってセッションに接続されていません。
C3270_E_SYSERROR 内部エラーのため、 メソッドが失敗しました。

例外

解説

画面の表示可能な文字、文字属性、および拡張属性の任意の組み合わせを要求できます。

返されるデータは 1 つ以上の SAFEARRAYS に含まれている点に注意してください。 処理後に SAFEARRAYS を解放する責任があります。

次の表では、dataRequested の可能な値について説明します。

説明
1 バッファー データを表示する
2 文字属性バッファー データ
4 拡張属性バッファー データ