MsSna_TN3270Port クラス

セキュリティ プロパティを持つポートについて説明します。

次の構文は、MOF コードから簡略化されています。

構文

  
class MsSna_TN3270Port : MsSna_Config  
{  
   String Service;  
   sint32 Port;  
   String Comment;  
   sint16 Security;  
   boolean ClientCertVal;  
   boolean Default;  
   String Name;  
};  

Properties

サービス
データ型: StringQualifiers: Key, MAXLEN(20)Access Type: Read/Write

この LU が属する TN サービス。

ポート
データ型: sint32Qualifiers: Key, MINVALUE(1), MAXVALUE(0xffff) アクセスの種類: 読み取り/書き込み

ポート番号。

コメント
データ型: StringQualifiers: MAXLEN(25)アクセスの種類: 読み取り/書き込み

オプションのコメント フィールド。

セキュリティ
データ型: sint16 アクセスの種類: 読み取り/書き込み

セキュリティ レベル。 次の表では、Security に使用できる値について 説明します

説明
0 無担保
1
2 Medium
3

ClientCertVal
データ型: BooleanAccess 型: 読み取り/書き込み

クライアント証明書を検証する必要がある場合は true。それ以外の場合は false。

default
データ型: BooleanQualifiers: (TRUE)アクセスの種類: Read-Only

既定のポートを示す場合は true。それ以外の場合は false。

名前
データ型: StringQualifiers: SomethingAccess 型: 読み取り/書き込み

ポートの名前。

要件

プラットフォーム: Windows Server 2003 R2 SP2、Windows Vista SP2、Windows 7、Windows Server 2008 SP2、Windows Server 2012

参照

WMISNA WMI プロバイダー クラス
管理および運用のプログラマー ガイド