名前付きパイプ クライアント

Image that shows how a Microsoft Networking client can connect to the mainframe.
Microsoft ネットワーク クライアントがメインフレームに接続する方法を示す図

Microsoft ネットワーク (名前付きパイプ) クライアントがメインフレームに接続するには、次の手順を使用します。

  1. クライアントが Host Integration Server コンピューターを検索する 2 つの方法から選択できます。

    • Active Directory

    • スポンサー接続。SNA サブドメインまたはサーバー名でサーバーを検索します。

      クライアントによるサブドメインでのサーバーの検索は、クライアントがローカル サブドメインでのブロードキャストを通じてサーバーを検索することを意味します。 したがって、クライアントは、Host Integration Server コンピューターと同じ物理ネットワークに存在する必要があり、ルーターによってサーバーから分離されていてはなりません。

      クライアントによる名前でのサーバーの検索は、クライアントが名前を使用して Host Integration Server コンピューターを検索することを意味し、したがって、ルーターに関して Host Integration Server コンピューターと同じ側に存在する必要はありません。 名前付きパイプを使用して TCP/IP 経由で接続していて、Host Integration Server コンピューターとクライアントがルーターによって分離されている場合、クライアント コンピューターには NetBIOS 名を IP アドレスに解決する方法が必要です。 この解決を実行するには、ローカルの LMHOSTS ファイルまたは Windows インターネット ネーム サービス (WINS) サーバーを使用できます。

      これがルーティングされるネットワークの場合は、名前付きパイプは推奨されません。 このような環境には、TCP/IP が推奨されるインターフェイスです。

  2. Host Integration Server コンピューターからは、3270 または APPC セッションを取得するために使用できる Host Integration Server コンピューターの一覧が返されます。 この特別な接続はスポンサー接続と呼ばれます。

  3. 最後に、クライアントにより、3270 または APPC の要求を処理できるサーバーが見つかるまで、一覧内の各 Host Integration Server コンピューターへの接続が試みられます。

このセクションの内容

Microsoft ネットワーク (名前付きパイプ) エラー

関連項目

クライアントのプロトコル使用方法の詳細