STATION LPI 接続を開く

Request-Open-Station (RQOS) メッセージを受信すると、ローカル ノードは次の場合に Open(STATION) メッセージを SNALink に送信します。

  • ステーションはセカンダリとして構成され (またはセカンダリにネゴシエートされました)、RQOS メッセージには Rcv-Set-Mode フラグがオンであり、SNALink が通常の応答モード (SNRM) の設定などのモード設定コマンドを受信したことを示します。

  • ステーションはプライマリとして構成され (またはプライマリにネゴシエートされました)、RQOS メッセージにはセカンダリエクスチェンジ ID (XID) が含まれているので、ローカル ステーションは少なくとも 1 つのネゴシエーション進行 XID を送信しました。

    Open (STATION) 要求にはOpen(LINK) 要求に含まれるリンク インデックスが含まれている。 このフィールドは、X.25、802.2、チャネルなど、複数の接続をサポートする SNALinks の LINK 接続と STATION LPI 接続を関連付ける場合に使用されます。

    この Open(STATION) 要求には、隣接するリンク ステーションの同期データ リンク制御 (SDLC) アドレス (セカンダリ ステーションの場合は 0x00、プライマリ ステーションの場合は 0x01 から 0xFE など) の構成データが含まれる。

    SNALink では、ローカル ステーションの役割を決定するために、このアドレス フィールドを使用する必要があります。 ローカル ステーションがセカンダリ ステーション0x00設定されている場合、ローカル ステーションはセカンダリ ステーションです。 それ以外の場合は、ローカル ステーションがプライマリ ステーションです。 このフィールドは、リンクの種類 (802.2 など) が理由でアドレスが使用されていない場合でも、この意味を持ちます。

    この メッセージの形式については、「Open(STATION) Request 」を参照してください。

    ステーションを初期化できない場合 (リソースが不足している可能性があります)、SNALink は適切なエラー コードを含む Open(STATION) エラー応答で応答します。