LU2 のセッション インテグレーターを使用してメッセージを送信する

接続を作成した後、LU2 接続を使用してリモート ディスプレイに情報を送信できます。

LU2 のトランザクション インテグレーターを使用してメッセージを送信する

  1. 必要に応じて、 メソッドのいずれかを呼び出して、画面で書き込む位置にカーソルを SessionDisplay.Move 移動します。

    Microsoft.HostIntegration.SNA.Session.SessionDisplayには、さまざまな 、Microsoft.HostIntegration.SNA.Session.SessionDisplay.MoveCursor%2AMicrosoft.HostIntegration.SNA.Session.SessionDisplay.MoveNextField%2Aおよび Microsoft.HostIntegration.SNA.Session.SessionDisplay.MovePreviousField%2AオーバーロードがMicrosoft.HostIntegration.SNA.Session.SessionDisplay.MoveToField%2A含まれている。 これらのオーバーロードを使用すると、指定した情報に応じて、カーソルを画面の異なる部分に移動できます。

    メソッド SessionDisplay.Move は、 SessionDisplay.Get 同様のメソッド セットによってミラー化されます。このメソッドを使用すると、カーソルの位置と、画面の異なるフィールドに含まれる情報を取得できます。

  2. への呼び出しを使用して、現在のカーソル位置に情報を送信します SessionHandler.sendKey

    sendKey は、カーソルでマークされた画面の場所に指定された文字列を送信します。 カーソルの位置が使用できない場合は、 sendKey 既定の場所に情報を送信します。

次のコードは、SDK サンプル ディレクトリの 3270 アプリケーションからのコードです。 このサンプルでは、開発者はカーソルが画面の既定の場所にあると想定するため、カーソルの位置は確認されません。

private void ConnectCICS_Click(object sender, EventArgs e)  
        {  
            try  
            {  
                CICSName.Text = CICSName.Text.Trim();  
                if (CICSName.Text.Length == 0)  
                {  
                    MessageBox.Show("You must fill out the CICS Name");  
                    return;  
                }  
                // Disable every button and text box.  
                DisableEverything();  
                m_Handler.SendKey(CICSName.Text + "@E");  
                TraceScreen();  
                m_Handler.WaitForSession (SessionDisplayWaitType.PLUSLU, 5000);  
                TraceScreen();  
                m_Handler.WaitForContent(@"DEMONSTRATION", 20000);  
                TraceScreen();  
                // Enable clear screen.  
                EnableClearScreen();  
            }  
            catch (Exception ex)  
            {  
                MessageBox.Show(ex.Message);  
            }  
  

参照

LU2 のセッション インテグレーター
LU0 のセッション インテグレーター