状態チェック (CPI-C)

状態チェックは、トランザクション プログラム (TP) が通信用の共通プログラミング インターフェイス (CPI-C) 呼び出しを発行し、会話が適切な状態ではない場合に発生します。 たとえば、会話が RECEIVE 状態の間に TP Send_Data問題が 発生すると、状態チェックが発生します。 状態チェックが発生すると、CPI-C は呼び出しを実行しません。 このパラメーターを使用すると、状態チェック情報 return_code されます。