LUA シングル サインオンのサポート

このセクションでは、Host Integration Server で利用可能な3270表示セッションを使用して、単一 Sign-On の論理ユニットアプリケーション (LUA) のサポートについて説明します。

3270 Lu を超える LUA アプリケーション用の単一の Sign-On 機能がサポートされているので、全体的なログオンプロセスを自動化できます。 この機能を使用するように構成すると、Host Integration Server は、セッション内の適切なポイントで、データストリーム内の特殊なキーワードを実際のホストユーザー名とパスワードに置き換えます。

Note

1つの Sign-On は、LUA 論理ユニット (Lu) ではサポートされていません。

要求ユニットインターフェイス (RUI) を使用して LUA アプリケーションから 3270 Lu を開くには、 lua_resv56 [1] フィールドを RUI_INITに渡すときに0以外の値に設定する必要があります。 セッションレベルインターフェイス (SLI) を使用して LUA アプリケーションから 3270 Lu を開くには、 lua_resv56 [2] フィールドを SLI_OPENに渡すときに0以外の値に設定する必要があります。 詳細については、 RUI_INITSLI_OPENのリファレンスセクションを参照してください。

このセクションには、次のトピックが含まれています。