timeMask

timeMask 要素には方向を示す db2ToSql または sqlToDb2 と、マッピングを示す sourceFormat と targetFormat が含まれます。

<hostIntegration.drdaAs.drdaService>
<services>
<service>
<conversionFormats>
<timeMasks>

構文

<hostIntegration.drdaAs.drdaService>        <services>                <service>                        <conversionFormats>                                <timeMasks>                                        <timeMask>                                        </timeMask>                                </timeMasks>                        </conversionFormats>                </service>        </services></hostIntegration.drdaAs.drdaService>  

属性および要素

以降のセクションでは、属性、子要素、および親要素について説明します。

属性

なし

子要素

要素 説明 オカレンス制約
db2ToSql によって DB2 から SQL Server への方向が定義されます。 1
sqlToDb2 によって SQL Server から DB2 への方向が定義されます。 1

親要素

要素 説明
DRDA サービスは、db2 と SQL Server time、CHAR (8)、および VARCHAR (8) データ型の文字列リテラル時刻値を処理し、db2 の時刻形式から SQL Server 時刻形式に変換し、SQL Server 時刻形式から db2 時刻形式に変換します。 TimeMasks には、時間のマッピングを定義するための timeMask 要素が1つ以上含まれています。