一意ではない TP 名、一意のローカル LU エイリアス (SNA)

呼び出し可能な TP が実行される目的のシステムを指定するもう1つの方法は、複数の呼び出し可能な tp に同じ名前を付け、各 TP を一意のローカル LU エイリアスに関連付けることです。 これを行うには、(レジストリまたは環境変数を使用して) それぞれの呼び出し可能な TP を一意のローカル LU エイリアスを使用するように構成します。 次に、呼び出し Tp を設定して、それぞれが正しい TP 名だけでなく、目的の呼び出し可能な TP の正しいパートナー LU エイリアスにもルーティングされるようにします。