関連アプリケーションを一覧表示する方法

listapps コマンドを使用して、すべての関連アプリケーションを一覧表示します。 ユーザーがアプリケーション管理者アカウントのメンバーである場合、このコマンドは、ユーザーが管理者であるアプリケーションのみを表示します。

管理ユーティリティを使用して関連アプリケーションを一覧表示するには

  1. [スタート ] をクリックし、[ 実行] をクリックし、「 cmd」と入力して Enter キーを押します。

  2. コマンド プロンプトで、シングル サインオン (SSO) EnterpriseディレクトリSign-Onに移動します。

    既定のインストール ディレクトリは<、drive>:\Program Files\Common Files\Enterprise シングル サインオンです。

  3. ssomanage -listapps [all]all は 、構成ストア機能を使用してアプリケーションも表示する省略可能なパラメーターです。

    このコマンドを実行するユーザーがアプリケーション管理者、そのユーザーが管理者であるアプリケーションのみを一覧表示します。 このコマンドを実行するユーザーが、関連管理者または SSO 管理者である場合は、すべての関連アプリケーションが一覧表示されます。

クライアント ユーティリティを使用して関連アプリケーションを一覧表示するには

  1. [スタート ] をクリックし、[ 実行] をクリックし、「 cmd」と入力して Enter キーを押します。

  2. コマンド プロンプトで、シングル サインオン インストール EnterpriseにSign-Onします。

    既定のインストール ディレクトリは<、drive>:\Program Files\Common Files\Enterprise シングル サインオンです。

  3. 「」 ssoclient –listapps と入力して、関連アプリケーションを一覧表示します。

    これにより、このタスクを実行しているユーザーがメンバーである関連アプリケーションだけが一覧表示されます。 つまり、ユーザーは、その関連アプリケーションのアプリケーション ユーザー グループ アカウントに属している必要があります。

参照

SSO 関連アプリケーション
関連アプリケーションを作成する方法
ユーザー マッピングの管理
関連アプリケーションの管理