GeoLocation クラス

  • java.lang.Object
    • com.microsoft.azure.spatialanchors.GeoLocation

public class GeoLocation

センサー フィンガープリント内のオプションの地理的位置情報が含まれます。 いずれかの値が不明な場合は、設定しないでください。または NaN に設定できます。

コンストラクターの概要

コンストラクター 説明
GeoLocation()

メソッドの概要

修飾子と型 メソッドと説明
void finalize()

オブジェクトへの参照がなくなったとガベージ コレクションが判断したときに、オブジェクトのガベージ コレクターによって呼び出されます。

float getAltitude()

デバイスの高度をメートル単位で取得します。

float getHorizontalError()

緯度と経度のメートル単位の水平方向の誤差を取得します。 これは、東/北平面上の 68.3% 信頼領域の半径に対応します。 多くの呼び出しで、true の位置は、報告された位置の水平方向のメーターのこの数内にある必要があります。

double getLatitude()

デバイスの現在の緯度を度単位で取得します。

double getLongitude()

デバイスの現在の経度を度単位で取得します。

float getVerticalError()

高度の垂直方向の誤差をメートル単位で取得します。 これは、上軸に沿った片側 68.3% 信頼区間に対応します。 多くの呼び出しで、真の高度は、報告された高度のこの数メートル以内である必要があります。

void setAltitude(float value)

デバイスの高度をメートル単位で設定します。

void setHorizontalError(float value)

緯度と経度のメートル単位で水平方向の誤差を設定します。 これは、東/北平面上の 68.3% 信頼領域の半径に対応します。 多くの呼び出しで、true の位置は、報告された位置の水平方向のメーターのこの数内にある必要があります。

void setLatitude(double value)

デバイスの現在の緯度を度単位で設定します。

void setLongitude(double value)

デバイスの現在の経度を度単位で設定します。

void setVerticalError(float value)

高度の垂直方向の誤差をメートル単位で設定します。 これは、上軸に沿った片側 68.3% 信頼区間に対応します。 多くの呼び出しで、真の高度は、報告された高度のこの数メートル以内である必要があります。

コンストラクターの詳細

GeoLocation

public GeoLocation()

メソッドの詳細

finalize

protected void finalize()

オブジェクトへの参照がなくなったとガベージ コレクションが判断したときに、オブジェクトのガベージ コレクターによって呼び出されます。

getAltitude

public float getAltitude()

デバイスの高度をメートル単位で取得します。

getHorizontalError

public float getHorizontalError()

緯度と経度のメートル単位の水平方向の誤差を取得します。 これは、東/北平面上の 68.3% 信頼領域の半径に対応します。 多くの呼び出しで、true の位置は、報告された位置の水平方向のメーターのこの数内にある必要があります。

getLatitude

public double getLatitude()

デバイスの現在の緯度を度単位で取得します。

getLongitude

public double getLongitude()

デバイスの現在の経度を度単位で取得します。

getVerticalError

public float getVerticalError()

高度の垂直方向の誤差をメートル単位で取得します。 これは、上軸に沿った片側 68.3% 信頼区間に対応します。 多くの呼び出しで、真の高度は、報告された高度のこの数メートル以内である必要があります。

setAltitude

public void setAltitude(float value)

デバイスの高度をメートル単位で設定します。

Parameters:

value - 新しい値。

setHorizontalError

public void setHorizontalError(float value)

緯度と経度のメートル単位で水平方向の誤差を設定します。 これは、東/北平面上の 68.3% 信頼領域の半径に対応します。 多くの呼び出しで、true の位置は、報告された位置の水平方向のメーターのこの数内にある必要があります。

Parameters:

value - 新しい値。

setLatitude

public void setLatitude(double value)

デバイスの現在の緯度を度単位で設定します。

Parameters:

value - 新しい値。

setLongitude

public void setLongitude(double value)

デバイスの現在の経度を度単位で設定します。

Parameters:

value - 新しい値。

setVerticalError

public void setVerticalError(float value)

高度の垂直方向の誤差をメートル単位で設定します。 これは、上軸に沿った片側 68.3% 信頼区間に対応します。 多くの呼び出しで、真の高度は、報告された高度のこの数メートル以内である必要があります。

Parameters:

value - 新しい値。