ApplicationInsightsBotTelemetryClient クラス

  • java.lang.Object
    • com.microsoft.bot.applicationinsights.ApplicationInsightsBotTelemetryClient

実装

public class ApplicationInsightsBotTelemetryClient
implements BotTelemetryClient

ボット テレメトリのログ クライアント。

コンストラクターの概要

コンストラクター 説明
ApplicationInsightsBotTelemetryClient(String instrumentationKey)

BotTelemetryClientの新しいインスタンスを初期化します。

メソッドの概要

修飾子と型 メソッドと説明
void flush()

メモリ内バッファーと事前に集計されているメトリックをフラッシュします。

com.microsoft.applicationinsights.TelemetryConfiguration getTelemetryConfiguration()

ここで実行されている Application Insights 構成へのアクセスを提供します。

void trackAvailability(String name, OffsetDateTime timeStamp, Duration duration, String runLocation, boolean success, String message, Map<String,String> properties, Map<String,Double> metrics)

アプリケーションの可用性に関する情報を送信します。

void trackDependency(String dependencyTypeName, String target, String dependencyName, String data, OffsetDateTime startTime, Duration duration, String resultCode, boolean success)

アプリケーションの外部依存関係 (発信呼び出し) に関する情報を送信します。

void trackDialogView(String dialogName, Map<String,String> properties, Map<String,Double> metrics)

IBotページ ビュー テレメトリクライアントが実装されていないため、 からApplicationInsightsBotTelemetryClientトレースPageViewメソッドを呼び出すこのメソッドを実装しました。

void trackEvent(String eventName, Map<String,String> properties, Map<String,Double> metrics)

拡張可能な名前付きフィールドを使用してカスタム イベントをログに記録します。

void trackException(Exception exception, Map<String,String> properties, Map<String,Double> metrics)

システム例外をログに記録します。

void trackPageView(String dialogName, Map<String,String> properties, Map<String,Double> metrics)

ダイアログ エントリ / を Application Insights ページ ビューとしてログに記録します。

void trackTrace(String message, Severity severityLevel, Map<String,String> properties)

トレース メッセージを送信します。

メソッドの継承元: java.lang.Object

java.lang.Object.clone java.lang.Object.equals java.lang.Object.finalize java.lang.Object.getClass java.lang.Object.hashCode java.lang.Object.notify java.lang.Object.notifyAll java.lang.Object.toString java.lang.Object.wait java.lang.Object.wait java.lang.Object.wait

コンストラクターの詳細

ApplicationInsightsBotTelemetryClient

public ApplicationInsightsBotTelemetryClient(String instrumentationKey)

BotTelemetryClientの新しいインスタンスを初期化します。

Parameters:

instrumentationKey - を作成 ApplicationInsightsBotTelemetryClientするために提供されるインストルメンテーション キー。

メソッドの詳細

flush

public void flush()

メモリ内バッファーと事前に集計されているメトリックをフラッシュします。

getTelemetryConfiguration

public TelemetryConfiguration getTelemetryConfiguration()

ここで実行されている Application Insights 構成へのアクセスを提供します。 開発者がオプションを調整できるようにします。

Returns:

Application Insights の構成。

trackAvailability

public void trackAvailability(String name, OffsetDateTime timeStamp, Duration duration, String runLocation, boolean success, String message, Map properties, Map metrics)

アプリケーションの可用性に関する情報を送信します。

Parameters:

name - 可用性テスト名。
timeStamp - 可用性がキャプチャされた時刻。
duration - 可用性テストの実行にかかった時間。
runLocation - 可用性テストの実行元の場所の名前。
success - 可用性テストが正常に実行された場合は True。
message - 可用性テストの実行エラーに関するエラー メッセージ。
properties - この可用性テレメトリを分類して検索するために使用できる名前付き文字列値。
metrics - この可用性テレメトリに関連付けられている追加の値。

trackDependency

public void trackDependency(String dependencyTypeName, String target, String dependencyName, String data, OffsetDateTime startTime, Duration duration, String resultCode, boolean success)

アプリケーションの外部依存関係 (発信呼び出し) に関する情報を送信します。

Parameters:

dependencyTypeName - この依存関係呼び出しで開始されたコマンドの名前。 小さなカーディナリティの値です。 例: SQL、Azure テーブル、HTTP。
target - 外部依存関係のターゲット。
dependencyName - この依存関係呼び出しで開始されたコマンドの名前。 小さなカーディナリティの値です。 例として、ストアド プロシージャ名と URL パス テンプレートがあります。
data - この依存関係呼び出しによって開始されるコマンド。 たとえば、すべてのクエリ パラメーターを含む SQL ステートメントと HTTP URL です。
startTime - 依存関係が呼び出された時刻。
duration - 外部依存関係が呼び出しを処理するのにかかった時間。
resultCode - 依存関係呼び出し実行の結果コード。
success - 依存関係の呼び出しが正常に処理された場合は True。

trackDialogView

public void trackDialogView(String dialogName, Map properties, Map metrics)

IBotPageViewTelemetryClient が実装されていないため、 から ApplicationInsightsBotTelemetryClient tracePageView メソッドを呼び出すこのメソッドを実装しました。

Parameters:

dialogName
properties
metrics

trackEvent

public void trackEvent(String eventName, Map properties, Map metrics)

拡張可能な名前付きフィールドを使用してカスタム イベントをログに記録します。

Parameters:

eventName - イベントの名前。
properties - イベントの検索と分類に使用できる名前付き文字列値。
metrics - このイベントに関連付けられている測定値。

trackException

public void trackException(Exception exception, Map properties, Map metrics)

システム例外をログに記録します。

Parameters:

exception - ログに記録される例外。
properties - この例外を分類して検索するために使用できる名前付き文字列値。
metrics - この例外に関連付けられている追加の値

trackPageView

public void trackPageView(String dialogName, Map properties, Map metrics)

ダイアログ エントリ / を Application Insights ページ ビューとしてログに記録します。

Parameters:

dialogName - エントリ/開始をログに記録するダイアログの名前。
properties - イベントの検索と分類に使用できる名前付き文字列値。
metrics - このイベントに関連付けられている測定値。

trackTrace

public void trackTrace(String message, Severity severityLevel, Map properties)

トレース メッセージを送信します。

Parameters:

message - 表示するメッセージ。
severityLevel - トレースの重大度レベル Severity
properties - イベントの検索と分類に使用できる名前付き文字列値。

適用対象