DialogStateManager クラス

  • java.lang.Object
    • com.microsoft.bot.dialogs.memory.DialogStateManager

実装

java.util.Map<java.lang.String,java.lang.Object>

public class DialogStateManager
implements java.util.Map<java.lang.String,java.lang.Object>

DialogStateManager はメモリ スコープを管理し、pathresolvers MemoryScopes はルート レベルのオブジェクトという名前を付けます。これは、dialogcontext 内に存在するか、PathResolvers のターン状態をオフにして、$fooなどを dialog.foo にマッピングするためのショートカット動作を可能にします。

コンストラクターの概要

コンストラクター 説明
DialogStateManager(DialogContext dc)

DialogStateManager クラスの新しいインスタンスを初期化します。

DialogStateManager(DialogContext dc, DialogStateManagerConfiguration configuration)

DialogStateManager クラスの新しいインスタンスを初期化します。

メソッドの概要

修飾子と型 メソッドと説明
T <T>getValue(String pathExpression, T defaultValue, Class<T> clsType)

パス式を使用してメモリから値を取得します (注: これは常に値の複製を返します)。

ResultPair<TypeT>

<TypeT>tryGetValue(String path, Class<TypeT> clsType)

パス式を使用してメモリから値を取得します (注: これは常に値の複製を返します)。

void add(String key, Object value)

ダイアログ状態マネージャーに 要素を追加します。

void add(AbstractMap.SimpleEntry<String,Object> item)

ダイアログ状態マネージャーに項目を追加します。

java.lang.Boolean anyPathChanged(int counter, Iterable<String> paths)

透かし以降にパスが変更されているかどうかを確認します。

void clear()

ダイアログ状態マネージャーからすべての項目を削除します。

java.lang.Boolean contains(AbstractMap.SimpleEntry<String,Object> item)

ダイアログ状態マネージャーに特定の値が含まれているかどうかを判断します。

final boolean containsKey(Object key)
java.lang.Boolean containsKey(String key)

ダイアログ状態マネージャーに、指定したキーを持つ要素が含まれているかどうかを判断します。

final boolean containsValue(Object value)
void copyTo(AbstractMap.SimpleEntry<String,Object>[] array, int arrayIndex)

ダイアログ状態マネージャーの要素を、特定のインデックスから始まる配列にコピーします。

java.util.concurrent.CompletableFuture<java.lang.Void>

deleteScopesMemory(String name)

スコープのメモリを削除します。

final

java.util.Set<java.util.Map.Entry<java.lang.String,java.lang.Object>>

entrySet()
final java.lang.Object get(Object key)
java.lang.Boolean getBoolValue(String pathExpression, Boolean defaultValue)

パス式を使用して、メモリからブール値を取得します。

DialogStateManagerConfiguration getConfiguration()

ダイアログの構成済みパス リゾルバーとメモリ スコープを設定します。

java.lang.Object getElement(String key)

指定したキーを持つ要素を取得します。

java.lang.Iterable<java.util.AbstractMap.SimpleEntry<java.lang.String,java.lang.Object>>

getEnumerator()

コレクションを反復処理する反復子を返します。

int getIntValue(String pathExpression, int defaultValue)

パス式を使用してメモリから int 値を取得します。

java.lang.Boolean getIsReadOnly()

ダイアログ状態マネージャーが読み取り専用かどうかを示す値を取得します。

MemoryScope getMemoryScope(String name)

名前でメモリスコープを取得します。

com.fasterxml.jackson.databind.JsonNode getMemorySnapshot()

ログに適したすべてのメモリスコープを取得します。

java.lang.String getStringValue(String pathExpression, String defaultValue)

パス式を使用して、メモリから String 値を取得します。

final boolean isEmpty()
final

java.util.Set<java.lang.String>

keySet()

java.util.concurrent.CompletableFuture<java.lang.Void>

loadAllScopes()

すべてのスコープを読み込みます。

final java.lang.Object put(String key, Object value)
final void putAll(Map<? extends String,? extends Object> m)
final java.lang.Object remove(Object key)
java.lang.Boolean remove(String key)

指定したキーを持つ要素をダイアログ状態マネージャーから削除します。

boolean remove(AbstractMap.SimpleEntry<String,Object> item)

ダイアログ状態マネージャーから特定のオブジェクトの最初の出現箇所を削除します。

void removeValue(String path)

メモリからプロパティを削除します。

MemoryScope resolveMemoryScope(String path, StringBuilder remainingPath)

メモリ スコープを解決すると、 のメモリスコープが検索され、残りのパスが返されます。

java.util.concurrent.CompletableFuture<java.lang.Void>

saveAllChanges()

すべてのスコープのすべての変更を保存します。

void setConfiguration(DialogStateManagerConfiguration withDialogStateManagerConfiguration)

ダイアログの構成済みパス リゾルバーとメモリ スコープを設定します。

void setElement(String key, Object element)

指定したキーを持つ要素を設定します。

void setValue(String path, Object value)

メモリを値に設定します。

final int size()

java.util.List<java.lang.String>

trackPaths(Iterable<String> paths)

特定のパスが変更されたタイミングを追跡します。

java.lang.String transformPath(String path)

登録済みのパス トランスフォーマーを使用してパスを変換します。

ResultPair<java.lang.Object>

tryGetValue(String key, Object value)

指定したキーに関連付けられている値を取得します。

final

java.util.Collection<java.lang.Object>

values()
java.lang.String version()

バージョンは、呼び出し元が更新プログラムを識別し、キャッシュを決定するのに役立ちます。

メソッドの継承元: java.lang.Object

java.lang.Object.clone java.lang.Object.equals java.lang.Object.finalize java.lang.Object.getClass java.lang.Object.hashCode java.lang.Object.notify java.lang.Object.notifyAll java.lang.Object.toString java.lang.Object.wait java.lang.Object.wait java.lang.Object.wait

コンストラクターの詳細

DialogStateManager

public DialogStateManager(DialogContext dc)

DialogStateManager クラスの新しいインスタンスを初期化します。

Parameters:

dc - 会話の現在のターンのダイアログ コンテキスト。

DialogStateManager

public DialogStateManager(DialogContext dc, DialogStateManagerConfiguration configuration)

DialogStateManager クラスの新しいインスタンスを初期化します。

Parameters:

dc - 会話の現在のターンのダイアログ コンテキスト。
configuration - ダイアログ状態マネージャーの構成。

メソッドの詳細

<T>getValue

public T getValue(String pathExpression, T defaultValue, Class clsType)

パス式を使用してメモリから値を取得します (注: これは常に値の複製を返します)。

Parameters:

pathExpression - 使用するパス式。
defaultValue - 何も見つからない場合に返される既定値。
clsType - 戻り値として要求される値の型。

Returns:

パスが無効な場合は、結果または既定値。

<TypeT>tryGetValue

public ResultPair tryGetValue(String path, Class clsType)

パス式を使用してメモリから値を取得します (注: これは常に値の複製を返します)。

Parameters:

path - 使用するパス式。
clsType - 結果として要求される型

Returns:

結果としてブール型と要求された型 TypeT を持つ ResultPair

add

public void add(String key, Object value)

ダイアログ状態マネージャーに 要素を追加します。

Parameters:

key - 追加する要素のキー。
value - 追加する要素の値。

add

public void add(AbstractMap.SimpleEntry item)

ダイアログ状態マネージャーに項目を追加します。

Parameters:

item - 追加する項目のキーとオブジェクトを含む SimpleEntry。

anyPathChanged

public Boolean anyPathChanged(int counter, Iterable paths)

透かし以降にパスが変更されているかどうかを確認します。

Parameters:

counter - 比較対象のタイム カウンター。
paths - 確認する Trackpaths からのパス。

Returns:

True を指定すると、カウンター以降にパスが変更されます。

clear

public void clear()

ダイアログ状態マネージャーからすべての項目を削除します。

contains

public Boolean contains(AbstractMap.SimpleEntry item)

ダイアログ状態マネージャーに特定の値が含まれているかどうかを判断します。

Parameters:

item - 検索する項目の 。

Returns:

True を指定すると、ダイアログ状態マネージャーで項目が見つかります。それ以外の場合は、false

containsKey

public final boolean containsKey(Object key)

Parameters:

key

containsKey

public Boolean containsKey(String key)

ダイアログ状態マネージャーに、指定したキーを持つ要素が含まれているかどうかを判断します。

Parameters:

key - ダイアログ状態マネージャーで検索するキー。

Returns:

ダイアログ状態マネージャーにキーを持つ要素が含まれている場合は true。それ以外の場合は false。

containsValue

public final boolean containsValue(Object value)

Parameters:

value

copyTo

public void copyTo(AbstractMap.SimpleEntry[] array, int arrayIndex)

ダイアログ状態マネージャーの要素を、特定のインデックスから始まる配列にコピーします。

Parameters:

array - ダイアログ状態マネージャーからコピーされた要素のコピー先である 1 次元配列。 配列には、0 から始まるインデックスが設定されている必要があります。
arrayIndex - コピーの開始位置となる、配列の 0 から始まるインデックス。

deleteScopesMemory

public CompletableFuture deleteScopesMemory(String name)

スコープのメモリを削除します。

Parameters:

name - スコープの名前

Returns:

CompletedableFuture

entrySet

public final Set<>> entrySet()

get

public final Object get(Object key)

Parameters:

key

getBoolValue

public Boolean getBoolValue(String pathExpression, Boolean defaultValue)

パス式を使用して、メモリからブール値を取得します。

Parameters:

pathExpression - Path 式。
defaultValue - 値が存在しない場合の既定値。

Returns:

path が無効な場合は、値または既定値。

getConfiguration

public DialogStateManagerConfiguration getConfiguration()

ダイアログの構成済みパス リゾルバーとメモリ スコープを設定します。

Returns:

DialogStateManagerConfiguration。

getElement

public Object getElement(String key)

指定したキーを持つ要素を取得します。

Parameters:

key - 要素を取得または設定するためのキー。

Returns:

指定したキーを持つ要素。

getEnumerator

public Iterable<>> getEnumerator()

コレクションを反復処理する反復子を返します。

Returns:

コレクションを反復処理するために使用できる反復子。

getIntValue

public int getIntValue(String pathExpression, int defaultValue)

パス式を使用してメモリから int 値を取得します。

Parameters:

pathExpression - Path 式。
defaultValue - 値が存在しない場合の既定値。

Returns:

path が無効な場合は、値または既定値。

getIsReadOnly

public Boolean getIsReadOnly()

ダイアログ状態マネージャーが読み取り専用かどうかを示す値を取得します。

Returns:

true

getMemoryScope

public MemoryScope getMemoryScope(String name)

名前で MemoryScope を取得します。

Parameters:

name - スコープの名前。

Returns:

メモリ スコープ。

getMemorySnapshot

public JsonNode getMemorySnapshot()

ログに適したすべてのメモリスコープを取得します。

Returns:

すべてのメモリ スコープを表す JsonNode。

getStringValue

public String getStringValue(String pathExpression, String defaultValue)

パス式を使用して、メモリから String 値を取得します。

Parameters:

pathExpression - パス式。
defaultValue - 値が存在しない場合の既定値。

Returns:

path が無効な場合は、文字列または既定値。

isEmpty

public final boolean isEmpty()

keySet

public final Set keySet()

loadAllScopes

public CompletableFuture loadAllScopes()

すべてのスコープを読み込みます。

Returns:

完了した未来。

put

public final Object put(String key, Object value)

Parameters:

key
value

putAll

public final void putAll(Map m)

Parameters:

m

remove

public final Object remove(Object key)

Parameters:

key

remove

public Boolean remove(String key)

指定したキーを持つ要素をダイアログ状態マネージャーから削除します。

Parameters:

key - 削除する要素のキー。

Returns:

要素が正常に削除された場合は true。それ以外の場合は false。

remove

public boolean remove(AbstractMap.SimpleEntry item)

ダイアログ状態マネージャーから特定のオブジェクトの最初の出現箇所を削除します。

Parameters:

item - ダイアログ状態マネージャーから削除するオブジェクト。

Returns:

アイテムがダイアログ状態マネージャーから正常に削除された場合は true、それ以外の場合は false

removeValue

public void removeValue(String path)

メモリからプロパティを削除します。

Parameters:

path - リーフ プロパティを削除するパス。

resolveMemoryScope

public MemoryScope resolveMemoryScope(String path, StringBuilder remainingPath)

ResolveMemoryScope は の MemoryScope を検索し、残りのパスを返します。

Parameters:

path - スコープと残りのパスに解決する受信パス。
remainingPath - スコープ内の残りのサブパス。

Returns:

メモリ スコープ。

saveAllChanges

public CompletableFuture saveAllChanges()

すべてのスコープのすべての変更を保存します。

Returns:

Completed Future

setConfiguration

public void setConfiguration(DialogStateManagerConfiguration withDialogStateManagerConfiguration)

ダイアログの構成済みパス リゾルバーとメモリ スコープを設定します。

Parameters:

withDialogStateManagerConfiguration - 設定する構成。

setElement

public void setElement(String key, Object element)

指定したキーを持つ要素を設定します。

Parameters:

key - 要素を取得または設定するためのキー。
element - 指定されたキーと共に格納する要素。

setValue

public void setValue(String path, Object value)

メモリを値に設定します。

Parameters:

path - メモリへのパス。
value - 設定するオブジェクト。

size

public final int size()

trackPaths

public List trackPaths(Iterable paths)

特定のパスが変更されたタイミングを追跡します。

Parameters:

paths - 追跡するパス。

Returns:

AnyPathChanged に渡す正規化されたパス。

transformPath

public String transformPath(String path)

登録済みの PathTransformers を使用してパスを変換します。

Parameters:

path - 変換するパス。

Returns:

変換されたパス。

tryGetValue

public ResultPair tryGetValue(String key, Object value)

指定したキーに関連付けられている値を取得します。

Parameters:

key - 値を取得する対象のキー。
value - メソッドから制御が戻ったときにキーが見つかっていた場合は、指定されたキーに関連付けられている値。それ以外の場合は、value パラメーターの型の既定値。

Returns:

ダイアログ状態マネージャーに指定したキーを持つ要素が含まれている場合は true。

values

public final Collection values()

version

public String version()

バージョンは、呼び出し元が更新プログラムを識別し、キャッシュを決定するのに役立ちます。

Returns:

現在のバージョン

適用対象