Microsoft Build of OpenJDK のサポート ロードマップ

この記事では、Microsoft Build of OpenJDK バイナリのサポート ポリシーとロードマップについて説明します。

OpenJDK は Java SE プラットフォーム (言語と仮想マシン) のオープンソースリファレンス実装であり、そのアップストリーム プロジェクトは Oracle Corporation によって openjdk.java.net に管理され、ソース コードは github.com/openjdk で入手できます。 プロジェクトは、CLASSpath 例外 (GPLv2+CE) を使用して GNU 一般パブリック ライセンス バージョン 2 でリリースされます。 Java および OpenJDK は Oracle Corporation の商標です。

Microsoft Build of OpenJDK は、Microsoft によってコンパイル、パッケージ化、テストされる OpenJDK プロジェクトのバイナリ (バイナリ) を指します。 Microsoft Build of OpenJDK のLong-Term サポート (LTS) リリースも、Oracle の Java テクノロジ互換キット (TCK) に対してテストされています。

サポート ポリシー

このサポート ポリシーは、Microsoft Build of OpenJDK の Long-Term サポート (LTS) リリースに適用されます。 Microsoft Build of OpenJDK の LTS リリースでは、 microsoft.com/openjdk を通じて利用可能な四半期ごとの更新プログラムが提供されます。 OpenJDK の Microsoft ビルドの四半期ごとの更新プログラムへのアクセスは無料で、誰でも利用でき、ソフトウェアのライセンスに従って任意の場所に展開できます。

Microsoft Build of OpenJDK バイナリには、修正プログラムと拡張機能、バックポートされた修正プログラム、およびバックポートされた機能強化が含まれている場合があります。これは、お客様と社内ユーザーにとって重要と見なされますが、Microsoft の制御外の決定により、アップストリームの OpenJDK プロジェクトに組み込まれていない (および組み込まれていない可能性があります)。 まだ正式にアップストリームになっていない修正プログラムと機能強化は、リリース ノートに明確に署名され、ソース コードが利用可能になります。

商用サポート

商用サポートは、アクティブな Azure サポート プラン を持つ Microsoft Azure のお客様のみが利用でき、 Azure および Azure Stack サービスと Azure Arc クラスターにデプロイされた Java ワークロードについてのみ取り上げられます。 Azure 環境内で Microsoft Build of OpenJDK に問題がある場合は、 サポート リクエストを送信してください。

Microsoft Build of OpenJDK 商用サポートは、Microsoft のモダン ライフサイクル ポリシーに従います。

コミュニティ サポート

他のすべてのシナリオでは、LTS や LTS 以外のリリースを含む Microsoft Build of OpenJDK のユーザーは、問題の発生、フィードバックの提供、 github.com/microsoft/openjdk でのディスカッションの開始を歓迎します。

リリースとサービスのロードマップ

OpenJDK プロジェクトでは、新しいバージョンの Java が 6 か月ごとにリリースされます。 OpenJDK バイナリのベンダーは、OpenJDK のバージョンごとに異なるサポート タイムラインを提供します。 このビルドの LTS リリースに関する Microsoft のサポート タイムラインを以下に示します。

次の表は、Microsoft Build of OpenJDK の既存の LTS リリースのサポート ロードマップを示しています。

バージョン Microsoft Build of OpenJDK リリース日 OpenJDK リリース日 少なくとも 1 つまでサポートされます
OpenJDK 11 LTS 2021 年 5 月 2018 年 9 月 2024 年 9 月
OpenJDK 17 LTS 2021 年 9 月 2021 年 9 月 2027 年 9 月

リリースのサポート ライフサイクル内で、システムは商用サポートを受けるために最新の更新プログラムに最新の状態を維持する必要があります。 OpenJDK 更新は、1 月、4 月、7 月、10 月の四半期ごとにリリースされます。 たとえば、2022 年 1 月の Java 11 Update はバージョン 11.0.14 です。

詳細については、「 モダン ライフサイクル ポリシー」を参照してください。

システム要件

次の表は、Microsoft Build of OpenJDK の LTS リリースで認定されたハードウェア アーキテクチャを示しています。

Version Architecture Linux macOS Windows Alpine (musl)
OpenJDK 11 LTS X64 はい はい はい はい
AArch64 はい はい はい いいえ
OpenJDK 17 LTS X64 はい はい はい はい
AArch64 はい はい はい いいえ

オペレーティング システムと Linux ディストリビューション

Microsoft Build of OpenJDK は、Linux、Windows、macOS で、これらのオペレーティング システムやディストリビューションの最新かつアクティブに保守されているバージョンで、継続的にセキュリティ修正プログラムを受け取っている限り利用できます。

その他のバージョンとリリース

Microsoft は、上記以外のバージョンの OpenJDK 用の Microsoft Build of OpenJDK のバイナリを、Long-Termサポートなしでリリースする場合があります。 Microsoft は LTS 以外のリリースの商用サポートを提供せず、LTS 以外のリリースの四半期ごとの更新プログラムを提供しない権利を留保します。