次の方法で共有


excel package

クラス

Excel.AllowEditRange

ワークシート内にある AllowEditRange オブジェクトを表します。 このオブジェクトは、ワークシート保護プロパティで動作します。 ワークシート保護を有効にすると、オブジェクトを AllowEditRange 使用して特定の範囲の編集を許可しながら、ワークシートの残りの部分で保護を維持できます。

Excel.AllowEditRangeCollection

ワークシート内にあるオブジェクトの AllowEditRange セットを表します。 AllowEditRange オブジェクトはワークシート保護プロパティで動作します。 ワークシート保護を有効にすると、オブジェクトを AllowEditRange 使用して特定の範囲の編集を許可しながら、ワークシートの残りの部分で保護を維持できます。

Excel.Application

ブックを管理する Excel アプリケーションを表します。

Excel.AutoFilter

オブジェクトを AutoFilter 表します。 オートフィルターを使用すると、Excel 列の値がセルの内容に基づいて特定のフィルターに変換されます。

Excel.Binding

ブックで定義されている Office.js のバインディングを表します。

Excel.BindingCollection

ブックの一部であるすべてのバインド オブジェクトのコレクションを表します。

Excel.CellValueConditionalFormat

セル値の条件付き書式を表します。

Excel.Chart

ブック内のグラフ オブジェクトを表します。 グラフ オブジェクト モデルの詳細については、「 Excel JavaScript API を使用したグラフの操作」を参照してください。

Excel.ChartAreaFormat

グラフ領域全体の書式設定プロパティをカプセル化します。

Excel.ChartAxes

グラフの軸を表します。

Excel.ChartAxis

グラフの 1 つの軸を表します。

Excel.ChartAxisFormat

グラフ軸の書式設定プロパティをカプセル化します。

Excel.ChartAxisTitle

グラフ軸のタイトルを表します。

Excel.ChartAxisTitleFormat

グラフ軸のタイトルの書式設定を表します。

Excel.ChartBinOptions

ヒストグラム図とパレート図のビンのオプションをカプセル化します。

Excel.ChartBorder

グラフ要素の罫線の書式設定を表します。

Excel.ChartBoxwhiskerOptions

ボックス グラフとウィスカー グラフのプロパティを表します。

Excel.ChartCollection

ワークシート上のすべてのグラフ オブジェクトのコレクション。

Excel.ChartDataLabel

グラフ ポイントのデータ ラベルを表します。

Excel.ChartDataLabelFormat

グラフのデータ ラベルの書式設定プロパティをカプセル化します。

Excel.ChartDataLabels

グラフのポイントにあるすべてのデータ ラベルのコレクションを表します。

Excel.ChartDataTable

グラフのデータ テーブル オブジェクトを表します。

Excel.ChartDataTableFormat

グラフ データ テーブルの形式を表します。

Excel.ChartErrorBars

このオブジェクトは、グラフのエラー バーの属性を表します。

Excel.ChartErrorBarsFormat

グラフのエラー バーの書式プロパティをカプセル化します。

Excel.ChartFill

グラフ要素の塗りつぶしの書式設定を表します。

Excel.ChartFont

このオブジェクトは、グラフ オブジェクトのフォント属性 (フォント名、フォント サイズ、色など) を表します。

Excel.ChartFormatString

オブジェクトやChartAxisTitleオブジェクトなどのテキストを含むグラフ関連オブジェクトの部分文字列をChartTitle表します。

Excel.ChartGridlines

グラフの軸の目盛線または補助目盛線を表します。

Excel.ChartGridlinesFormat

グラフの目盛線の書式設定プロパティをカプセル化します。

Excel.ChartLegend

グラフに凡例を表します。

Excel.ChartLegendEntry

の凡例エントリを legendEntryCollection表します。

Excel.ChartLegendEntryCollection

凡例エントリのコレクションを表します。

Excel.ChartLegendFormat

グラフの凡例の書式設定プロパティをカプセル化します。

Excel.ChartLineFormat

行要素の書式設定オプションをカプセル化します。

Excel.ChartMapOptions

リージョン マップ グラフのプロパティをカプセル化します。

Excel.ChartPivotOptions

ピボット グラフのオプションをカプセル化します。

Excel.ChartPlotArea

このオブジェクトは、グラフ プロット領域の属性を表します。

Excel.ChartPlotAreaFormat

グラフ プロット領域の書式プロパティを表します。

Excel.ChartPoint

グラフの系列のポイントを表します。

Excel.ChartPointFormat

グラフ ポイントの書式設定オブジェクトを表します。

Excel.ChartPointsCollection

グラフ内の系列内のすべてのグラフのポイントのコレクションです。

Excel.ChartSeries

グラフのデータ系列を表します。

Excel.ChartSeriesCollection

グラフ系列のコレクションを表します。

Excel.ChartSeriesFormat

グラフ系列の書式プロパティをカプセル化します

Excel.ChartTitle

グラフのグラフ タイトルのオブジェクトを表します。

Excel.ChartTitleFormat

グラフ タイトルの書式設定オプションにアクセスできます。

Excel.ChartTrendline

このオブジェクトは、グラフの近似曲線オブジェクトの属性を表します。

Excel.ChartTrendlineCollection

グラフの近似曲線のコレクションを表します。

Excel.ChartTrendlineFormat

グラフの近似曲線の書式プロパティを表します。

Excel.ChartTrendlineLabel

このオブジェクトは、グラフの近似曲線ラベル オブジェクトの属性を表します。

Excel.ChartTrendlineLabelFormat

グラフの近似曲線ラベルの書式プロパティをカプセル化します。

Excel.ColorScaleConditionalFormat

条件付き書式の色スケール条件を表します。

Excel.Comment

ブック内のコメントを表します。

Excel.CommentCollection

ブックの一部であるコメント オブジェクトのコレクションを表します。

Excel.CommentReply

ブック内のコメント応答を表します。

Excel.CommentReplyCollection

コメントの一部であるコメント応答オブジェクトのコレクションを表します。

Excel.ConditionalDataBarNegativeFormat

データ バーの負の側の条件付き書式を表します。

Excel.ConditionalDataBarPositiveFormat

データ バーの正の側の条件付き書式を表します。

Excel.ConditionalFormat

条件付き書式の範囲、書式、規則、およびその他のプロパティをカプセル化するオブジェクト。 条件付き書式オブジェクト モデルの詳細については、「 Excel 範囲に条件付き書式を適用する」を参照してください。

Excel.ConditionalFormatCollection

範囲と重複するすべての条件付き書式のコレクションを表します。

Excel.ConditionalFormatRule

すべての従来のルール/形式のペアリングに対して、ルールを表します。

Excel.ConditionalRangeBorder

オブジェクトの輪郭を表します。

Excel.ConditionalRangeBorderCollection

範囲の境界線を構成する複数の境界線オブジェクトを表します。

Excel.ConditionalRangeFill

条件付き範囲オブジェクトの背景を表します。

Excel.ConditionalRangeFont

このオブジェクトは、オブジェクトのフォント属性 (フォント スタイル、色など) を表します。

Excel.ConditionalRangeFormat

条件付き書式範囲のフォント、塗りつぶし、罫線、およびその他のプロパティをカプセル化する format オブジェクト。

Excel.CultureInfo

現在のシステム カルチャ設定に基づいて情報を提供します。 これには、カルチャ名、数値の書式設定、およびその他のカルチャに依存する設定が含まれます。

Excel.CustomConditionalFormat

カスタムの条件付き書式の種類を表します。

Excel.CustomProperty

カスタム プロパティを表します。

Excel.CustomPropertyCollection

カスタム プロパティのコレクションを格納します。

Excel.CustomXmlPart

ブック内のカスタム XML パーツ オブジェクトを表します。

Excel.CustomXmlPartCollection

カスタム XML パーツのコレクション。

Excel.CustomXmlPartScopedCollection

カスタム XML パーツのスコープ付きコレクション。 スコープ付きコレクションは、何らかの操作 (名前空間によるフィルター処理など) の結果です。 スコープ付きコレクションは、これ以上スコープを設定できません。

Excel.DataBarConditionalFormat

Excel の条件付きデータ バーの種類を表します。

Excel.DataConnectionCollection

ブックに含まれるすべてのデータ接続のコレクションを表します。

Excel.DataPivotHierarchy

Excel DataPivotHierarchy を表します。

Excel.DataPivotHierarchyCollection

ピボットテーブルに関連付けられている DataPivotHierarchy 項目のコレクションを表します。

Excel.DataValidation

現在の範囲に適用されるデータ検証を表します。 データ検証オブジェクト モデルの詳細については、「 Excel 範囲にデータ検証を追加する」を参照してください。

Excel.DatetimeFormatInfo

数値を表示するカルチャに適した形式を定義します。 これは、現在のシステム カルチャ設定に基づいています。

Excel.DocumentProperties

ブックのプロパティを表します。

Excel.DocumentTask

タスクを表します。

Excel.DocumentTaskChange

タスクに対する記録された変更を表します。

Excel.DocumentTaskChangeCollection

タスクの変更レコードのコレクションを表します。

Excel.DocumentTaskCollection

タスクのコレクションを表します。

Excel.Filter

テーブルの列のフィルター処理を管理します。

Excel.FilterPivotHierarchy

Excel FilterPivotHierarchy を表します。

Excel.FilterPivotHierarchyCollection

ピボットテーブルに関連付けられている FilterPivotHierarchy 項目のコレクションを表します。

Excel.FormatProtection

範囲オブジェクトの書式保護を表します。

Excel.FunctionResult

関数評価操作の結果を含むオブジェクト

Excel.Functions

Excel 関数を評価するためのオブジェクト。

Excel.GeometricShape

ワークシート内の幾何学的図形を表します。 幾何学的図形には、四角形、ブロック矢印、数式記号、フローチャート項目、星、バナー、吹き出し、または Excel のその他の基本的な図形を指定できます。

Excel.GroupShapeCollection

図形グループ内の図形コレクションを表します。

Excel.HeaderFooter
Excel.HeaderFooterGroup
Excel.IconSetConditionalFormat

条件付き書式のアイコン セット条件を表します。

Excel.Image

ワークシート内のイメージを表します。 対応する Shape オブジェクトを取得するには、 を使用 Image.shapeします。

Excel.IterativeCalculation

反復計算設定を表します。

Excel.Line

ワークシート内の線を表します。 対応する Shape オブジェクトを取得するには、 を使用 Line.shapeします。

Excel.LinkedDataType

リンクされたデータ型を表します。 リンクされたデータ型は、オンライン データ ソースに接続されたデータ型です。

Excel.LinkedDataTypeCollection

リンクされたデータ型のコレクションを表します。

Excel.LinkedWorkbook

リンクされたブックに関する情報が含まれます。 ブックに別のブック内のデータを指すリンクがある場合、2 番目のブックは最初のブックにリンクされます。 このシナリオでは、2 つ目のブックは "リンクされたブック" と呼ばれます。

Excel.LinkedWorkbookCollection

リンクされたブック オブジェクトのコレクションを表します。

Excel.LocalImage

ローカル イメージに関する情報を提供します。

Excel.NamedItem

セルまたは値の範囲の定義済みの名前を表します。 名前には、プリミティブの名前付きオブジェクト (以下の型に示すように)、範囲オブジェクト、または範囲への参照を指定できます。 このオブジェクトを使用して、名前に関連付けられた範囲オブジェクトを取得することができます。

Excel.NamedItemArrayValues

名前付き項目の値と型を含むオブジェクトを表します。

Excel.NamedItemCollection

到達方法に NamedItem 応じて、ブックまたはワークシートの一部であるすべてのオブジェクトのコレクション。

Excel.NamedSheetView

ワークシートの名前付きシート ビューを表します。 シート ビューには、特定のワークシートの並べ替えルールとフィルター規則が格納されます。 すべてのシート ビュー (一時シート ビュー) には、ビューへのアクセスに使用される一意のワークシートスコープの名前があります。

Excel.NamedSheetViewCollection

ワークシート内のシート ビューのコレクションを表します。

Excel.NumberFormatInfo

数値を表示するカルチャに適した形式を定義します。 これは、現在のシステム カルチャ設定に基づいています。

Excel.PageBreak
Excel.PageBreakCollection
Excel.PageLayout

プリンター固有の実装に依存しないレイアウトと印刷設定を表します。 これらの設定には、余白、印刷の向き、ページ番号、タイトル行、および印刷範囲が含まれます。

Excel.PivotField

Excel PivotField を表します。

Excel.PivotFieldCollection

ピボットテーブルの階層に含まれるすべての PivotField のコレクションを表します。

Excel.PivotHierarchy

Excel PivotHierarchy を表します。

Excel.PivotHierarchyCollection

ピボットテーブルの一部であるすべての PivotHierarchies のコレクションを表します。

Excel.PivotItem

Excel PivotItem を表します。

Excel.PivotItemCollection

親 PivotField に関連するすべての PivotItem のコレクションを表します。

Excel.PivotLayout

ピボットテーブルのビジュアル レイアウトを表します。

Excel.PivotTable

Excel のピボットテーブルを表します。 ピボットテーブル オブジェクト モデルの詳細については、「 Excel JavaScript API を使用したピボットテーブルの操作」を参照してください。

Excel.PivotTableCollection

ブックまたはワークシートの一部として含まれている、すべてのピボットテーブルのコレクションを表します。

Excel.PivotTableScopedCollection

ピボットテーブルのスコープ付きコレクションを表します。 ピボットテーブルは、ピボットテーブルの左上隅の場所に基づいて並べ替えられます。 これらは、上から下に並べ替えられた後、左から右に並べ替えます。

Excel.PivotTableStyle

ピボットテーブル領域でスタイル要素を定義するピボットテーブル スタイルを表します。

Excel.PivotTableStyleCollection

ピボットテーブル スタイルのコレクションを表します。

Excel.PresetCriteriaConditionalFormat

上記の平均、以下の平均、一意の値などの事前設定された条件の条件付き形式を表します。空白、非ブランク、エラー、および noerror が含まれます。

Excel.Query

Power Query クエリを表します。

Excel.QueryCollection

ブック内のクエリのコレクションを表します。

Excel.Range

範囲は、セル、行、列、セルのブロックなど、1 つ以上の連続したセルのセットを表します。 API 全体での範囲の使用方法の詳細については、 Excel JavaScript API の範囲から始めます。

Excel.RangeAreas

RangeAreas は、同じワークシート内の 1 つ以上の四角形の範囲のコレクションを表します。 あいまいな範囲を使用する方法については、「 Excel アドインで複数の範囲を同時に操作する」を参照してください。

Excel.RangeAreasCollection

ブック間レベル範囲のコレクションを格納します。

Excel.RangeBorder

オブジェクトの輪郭を表します。

Excel.RangeBorderCollection

範囲の境界線を構成する複数の境界線オブジェクトを表します。

Excel.RangeCollection
Excel.RangeFill

Range オブジェクトの背景を表します。

Excel.RangeFont

このオブジェクトは、オブジェクトのフォントの属性 (フォント名、フォント サイズ、色など) を表します。

Excel.RangeFormat

範囲のフォント、塗りつぶし、境界線、配置などのプロパティをカプセル化する、書式設定オブジェクトです。

Excel.RangeSort

オブジェクトの並べ替え操作を Range 管理します。

Excel.RangeView

RangeView は、親の範囲の表示されているセルのセットを表します。

Excel.RangeViewCollection

オブジェクトの RangeView コレクションを表します。

Excel.RemoveDuplicatesResult

Range.removeDuplicates結果を表します。

Excel.RequestContext

RequestContext オブジェクトは、Excel アプリケーションへの要求を容易にします。 Office アドインと Excel アプリケーションは 2 つの異なるプロセスで実行されるため、アドインから Excel オブジェクト モデルにアクセスするには、要求コンテキストが必要です。

Excel.RowColumnPivotHierarchy

Excel RowColumnPivotHierarchy を表します。

Excel.RowColumnPivotHierarchyCollection

ピボットテーブルに関連付けられている RowColumnPivotHierarchy 項目のコレクションを表します。

Excel.Runtime

Excel ランタイム クラスを表します。

Excel.Setting

設定は、ドキュメントに永続化される設定のキーと値のペアを表します (ファイルごと、アドインごと)。 これらのカスタム キーと値のペアを使用して、コンテンツまたは作業ウィンドウ アドインで必要な状態またはライフサイクル情報を格納できます。 設定はドキュメントに保持されるため、ユーザー情報やパスワードなどの機密情報や保護された情報を保存する場所ではないことに注意してください。

Excel.SettingCollection

ブックの一部であるキーと値のペア設定オブジェクトのコレクションを表します。 スコープは、ファイルとアドイン (作業ウィンドウまたはコンテンツ) の組み合わせごとに制限されます。

Excel.Shape

ワークシート内のジェネリック図形オブジェクトを表します。 図形には、幾何学的図形、線、図形のグループなどがあります。図形オブジェクト モデルの詳細については、「 Excel JavaScript API を使用した図形の操作」を参照してください。

Excel.ShapeCollection

ワークシート内のすべての図形のコレクションを表します。

Excel.ShapeFill

図形オブジェクトの塗りつぶしの書式設定を表します。

Excel.ShapeFont

図形 TextRange のオブジェクトのフォント名、フォント サイズ、色などのフォント属性を表します。

Excel.ShapeGroup

ワークシート内の図形グループを表します。 対応する Shape オブジェクトを取得するには、 を使用 ShapeGroup.shapeします。

Excel.ShapeLineFormat

図形オブジェクトの線の書式を表します。 画像と幾何学的図形の場合、線の書式設定は図形の境界線を表します。

Excel.Slicer

ブック内の Slicer オブジェクトを表します。

Excel.SlicerCollection

ブックまたはワークシート内のすべてのスライサー オブジェクトのコレクションを表します。

Excel.SlicerItem

スライサー内のスライサー項目を表します。

Excel.SlicerItemCollection

スライサー内のすべてのスライサー項目オブジェクトのコレクションを表します。

Excel.SlicerStyle

スライサーの領域によってスタイル要素を定義するスライサー スタイルを表します。

Excel.SlicerStyleCollection

オブジェクトの SlicerStyle コレクションを表します。

Excel.Style

スタイルの形式とその他のプロパティをカプセル化するオブジェクト。

Excel.StyleCollection

すべてのスタイルのコレクションを表します。

Excel.Table

Excel の表を表します。 テーブル オブジェクト モデルの詳細については、「 Excel JavaScript API を使用したテーブルの操作」を参照してください。

Excel.TableCollection

ブックまたはワークシートの一部として含まれる、すべてのテーブルのコレクションを、到達方法に応じて表します。

Excel.TableColumn

テーブル内にある 1 つの列を表します。

Excel.TableColumnCollection

表の一部であるすべての列のコレクションを表します。

Excel.TableRow

テーブル内の行を表します。

範囲または列とは異なり、新しい行または列の前に TableRow 追加された場合に調整されます。オブジェクトはテーブル行の物理的な場所を表しますが、データは表の場所を表しません。 つまり、データが並べ替えられた場合、または新しい行が追加された場合、テーブル行は作成されたインデックスを指し続けます。

Excel.TableRowCollection

表の一部であるすべての行のコレクションを表します。

範囲または列とは異なり、新しい行または列の前に TableRow 追加された場合に調整されます。オブジェクトはテーブル行の物理的な場所を表しますが、データは表の場所を表しません。 つまり、データが並べ替えられた場合、または新しい行が追加された場合、テーブル行は作成されたインデックスを指し続けます。

Excel.TableScopedCollection

テーブルのスコープ付きコレクションを表します。 各テーブルの左上隅はアンカー位置と見なされ、テーブルは上から下に並べ替えられ、次に左から右に並べ替えられます。

Excel.TableSort

オブジェクトの並べ替え操作を Table 管理します。

Excel.TableStyle

テーブルの領域によってスタイル要素を定義するテーブル スタイルを表します。

Excel.TableStyleCollection

テーブル スタイルのコレクションを表します。

Excel.TextConditionalFormat

特定のテキストの条件付き書式を表します。

Excel.TextFrame

図形オブジェクトのテキスト フレームを表します。

Excel.TextRange

図形に結合するテキストや、テキストを操作するためのプロパティおよびメソッドが含まれます。

Excel.TimelineStyle

タイムライン内の TimelineStyle領域によってスタイル要素を定義する を表します。

Excel.TimelineStyleCollection

タイムライン スタイルのコレクションを表します。

Excel.TopBottomConditionalFormat

上下の条件付き書式を表します。

Excel.Workbook

ブックは、ワークシート、テーブル、範囲などの関連するブック オブジェクトを含む最上位のオブジェクトです。 ブック オブジェクト モデルの詳細については、「 Excel JavaScript API を使用してブックを操作する」を参照してください。

Excel.WorkbookCreated

オブジェクトは WorkbookCreated 、 によって Application.CreateWorkbook作成された最上位のオブジェクトです。 WorkbookCreatedオブジェクトは特別な Workbook オブジェクトです。

Excel.WorkbookProtection

ブック オブジェクトの保護を表します。

Excel.WorkbookRangeAreas

複数のワークシート内の 1 つまたは複数の四角形の範囲のコレクションを表します。

Excel.Worksheet

Excel のワークシートは、セルのグリッドです。 データ、テーブル、グラフなどを含めることができます。ワークシート オブジェクト モデルの詳細については、「 Excel JavaScript API を使用してワークシートを操作する」を参照してください。

Excel.WorksheetCollection

ブックの一部であるワークシート オブジェクトのコレクションを表します。

Excel.WorksheetCustomProperty

ワークシート レベルのカスタム プロパティを表します。

Excel.WorksheetCustomPropertyCollection

ワークシート レベルのカスタム プロパティのコレクションを格納します。

Excel.WorksheetFreezePanes
Excel.WorksheetProtection

ワークシート オブジェクトの保護を表します。

インターフェイス

Excel.AllowEditRangeOptions

オブジェクトの省略可能なフィールドを構築するために使用される AllowEditRange インターフェイス。

Excel.ArrayCellValue

セル値の 2D 配列を表します。

Excel.Base64EncodedImage

イメージの base64 エンコードの種類とデータ。

Excel.BasicDataValidation

基本型のデータ検証条件を表します。

Excel.BindingDataChangedEventArgs

データ変更イベントを発生させたバインディングに関する情報を提供します。

Excel.BindingSelectionChangedEventArgs

選択変更イベントを発生させた選択に関する情報を提供します。

*: 複数の不明確なセルが選択されている場合、 Binding.onSelectionChanged 1 つの選択に関する行と列の情報のみがレポートされます。 複数の選択した範囲に使用 Worksheet.onSelectionChanged します。

Excel.BlockedErrorCellValue

#BLOCKED を含むセルの値を表します。 エラーを返します。

Excel.BooleanCellValue

ブール値を含むセルの値を表します。

Excel.BusyErrorCellValue

#BUSY を含むセルの値を表します。 エラーを返します。

Excel.CalcErrorCellValue

#CALC を含むセルの値を表します。 エラーを返します。

Excel.CardLayoutListSection

カード ビューでリストとして配置されるカードのセクションを表します。

Excel.CardLayoutPropertyReference

カード レイアウトで使用されるプロパティへの参照を表します。

Excel.CardLayoutSectionStandardProperties

ほとんどのカード レイアウトに関連するカード レイアウトのプロパティ。

Excel.CardLayoutStandardProperties

ほとんどのカード レイアウトに関連するカード レイアウトのプロパティ。

Excel.CardLayoutTableSection

カード ビューでテーブルとして配置されるカードのセクションを表します。

Excel.CellBorder

、または の border プロパティ入力パラメーターでgetCellPropertiesgetRowPropertiesgetColumnProperties返される単一の罫線のsetRowPropertiessetCellPropertiesプロパティを表します。setColumnProperties

Excel.CellBorderCollection

、または の入力パラメーターのsetRowPropertiessetCellPropertiesプロパティgetRowPropertiesgetCellPropertiesgetColumnPropertiesを表します。setColumnPropertiesformat.bordersformat.borders

Excel.CellProperties

getCellProperties の返されるプロパティを表します。

[ API セット: ExcelApi 1.9 ]

Excel.CellPropertiesBorderLoadOptions

オブジェクトに読み込むプロパティを format.borders 指定します。

Excel.CellPropertiesFill

format.fill、、および getColumnPropertiesformat.fillgetRowPropertiesgetCellProperties入力パラメーターのsetRowPropertiessetCellPropertiesプロパティを表します。setColumnProperties

Excel.CellPropertiesFillLoadOptions

オブジェクトに読み込むプロパティを format.fill 指定します。

Excel.CellPropertiesFont

、または の入力パラメーターのsetRowPropertiessetCellPropertiesプロパティgetRowPropertiesgetCellPropertiesgetColumnPropertiesを表します。setColumnPropertiesformat.fontformat.font

Excel.CellPropertiesFontLoadOptions

オブジェクトに読み込むプロパティを format.font 指定します。

Excel.CellPropertiesFormat

getCellProperties または setCellProperties の書式入力パラメーターの返される書式プロパティを表します。

[ API セット: ExcelApi 1.9 ]

Excel.CellPropertiesFormatLoadOptions

format オブジェクトに読み込むプロパティを表します。

[ API セット: ExcelApi 1.9 ]

Excel.CellPropertiesLoadOptions

"range.getCellProperties" メソッドの一部として使用する場合に読み込むセル プロパティを表します。

[ API セット: ExcelApi 1.9 ]

Excel.CellPropertiesProtection

、または の入力パラメーターのsetRowPropertiessetCellPropertiesプロパティgetRowPropertiesgetCellPropertiesgetColumnPropertiesを表します。setColumnPropertiesformat.protectionformat.protection

Excel.CellValueAttributionAttributes

属性属性オブジェクトは、情報がパブリック ソースから取得された場合に、情報の送信元を説明するために使用できる詳細のセットを表します。

Excel.CellValueExtraProperties

これらの追加プロパティは に CellValue 表示され、その に関する情報を CellValue提供できますが、追加のプロパティはセル内の値の一部ではありません。

Excel.CellValuePropertyMetadata

の プロパティに EntityCellValue.properties関するメタデータ。

Excel.CellValuePropertyMetadataExclusions

Excel の機能からの プロパティの EntityCellValue.properties 除外を表します。

Excel.CellValueProviderAttributes

プロバイダー属性オブジェクトは、プロバイダー属性をサポートする型の指定されたブランド情報 CellValue を提供するためにカード ビューで使用される詳細のセットを表します。

Excel.ChangedEventDetail

または の詳細に関する情報を WorksheetChangedEvent 提供します TableChangedEvent

Excel.ChangeDirectionState

ワークシート内の既存のセルまたは残りのセルがワークシートに挿入またはワークシートから削除されたときにシフトする方向を表します。

Excel.ChartActivatedEventArgs

アクティブ化されたイベントを発生させたグラフに関する情報を提供します。

Excel.ChartAddedEventArgs

追加されたイベントを発生させたグラフに関する情報を提供します。

Excel.ChartDeactivatedEventArgs

非アクティブ化されたイベントを発生させたグラフに関する情報を提供します。

Excel.ChartDeletedEventArgs

削除されたイベントを発生させたグラフに関する情報を提供します。

Excel.CheckboxCellControl

チェック ボックスを表します。 これは、ユーザーがセル内のブール値を切り替えできるようにするセル コントロールです。 [ API セット: ExcelApi BETA (プレビューのみ) ]

Excel.ColumnProperties

getColumnProperties の返されるプロパティを表します。

[ API セット: ExcelApi 1.9 ]

Excel.ColumnPropertiesLoadOptions

"range.getColumnProperties" メソッドの一部として使用する場合に読み込む列プロパティを表します。

[ API セット: ExcelApi 1.9 ]

Excel.CommentAddedEventArgs

コメント追加イベントを発生させたコメントに関する情報を提供します。

Excel.CommentChangedEventArgs

既存のコメントが変更されたときに発生します。

Excel.CommentDeletedEventArgs

コメント削除イベントを発生させたコメントに関する情報を提供します。

Excel.CommentDetail

関連する応答のコメント ID と ID の構造。

Excel.CommentMention

コメントに記載されているエンティティを表します。

Excel.CommentRichContent

コメントまたはコメントの返信に含まれるコンテンツを表します。 リッチ コンテンツは、テキスト文字列とコメント本文に含まれるその他のオブジェクト (メンションなど) を妨げます。

Excel.ConditionalCellValueRule

セル値の条件付き書式ルールを表します。

Excel.ConditionalColorScaleCriteria

カラー スケールの条件を表します。

Excel.ConditionalColorScaleCriterion

型、値、および色を含む色スケール条件を表します。

Excel.ConditionalDataBarRule

データ バーの規則の種類を表します。

Excel.ConditionalIconCriterion

アイコン セットを使用しない場合は、型、値、演算子、およびオプションのカスタム アイコンを含むアイコン条件を表します。

Excel.ConditionalPresetCriteriaRule

事前設定された条件の条件付き書式ルールを表します。

Excel.ConditionalTextComparisonRule

セル値の条件付き書式ルールを表します。

Excel.ConditionalTopBottomRule

上下の条件付き書式のルールを表します。

Excel.ConnectErrorCellValue

#CONNECT を含むセルの値を表します。 エラーを返します。

Excel.CustomDataValidation

カスタム データ検証条件を表します。

Excel.DataValidationErrorAlert

データ検証のエラー 警告プロパティを表します。

Excel.DataValidationPrompt

データ検証のユーザー プロンプト プロパティを表します。

Excel.DataValidationRule

データ検証ルールには、さまざまな種類のデータ検証が含まれています。 に従って Excel.DataValidationType一度に使用できるのは、そのうちの 1 つだけです。

Excel.DateTimeDataValidation

日付データの検証条件を表します。

Excel.Div0ErrorCellValue

#DIV/0 を含むセルの値を表します。 エラーを返します。

Excel.DocumentTaskSchedule

タスクのスケジュールに関する情報を表します。

Excel.DoubleCellValue

double を含むセルの値を表します。

Excel.EmailIdentity

ユーザーの ID に関する情報を表します。

Excel.EmptyCellControl

空のセル コントロールを表します。 これは、セルにコントロールがない状態を表します。 [ API セット: ExcelApi BETA (プレビューのみ) ]

Excel.EmptyCellValue

空で、数式やデータがないセルの値を表します。

Excel.EntityArrayCardLayout

配列に最適なカード レイアウトを表します。

Excel.EntityCardLayout

配列に最適なカード レイアウトを表します。

Excel.EntityCellValue

スキーマまたは定義された構造体を持たないプロパティのセットを表します。

Excel.EntityCompactLayout

エンティティのコンパクト レイアウト プロパティ。

Excel.EntityPropertyExtraProperties

によって CellValueAndPropertyMetadata使用されるプロパティ。 これらのプロパティは、 ではなくメタデータを CellValue参照します。

Excel.EntityViewLayouts

エンティティのさまざまなビューのレイアウト情報を表します。

Excel.ExternalCodeServiceObjectCellValue

Python コード式など、外部コード サービス オブジェクトを含むセルの値を表します。

Excel.ExternalErrorCellValue

#EXTERNAL を含むセルの値を表します。 エラーを返します。

Excel.FieldErrorCellValue

#FIELD を含むセルの値を表します。 エラーを返します。

Excel.FilterCriteria

列に適用するフィルター条件を表します。

Excel.FilterDatetime

値をフィルター処理するときに日付をフィルター処理する方法を表します。

Excel.FiveArrowsGraySet

[ API セット: ExcelApi 1.2 ]

Excel.FiveArrowsSet

[ API セット: ExcelApi 1.2 ]

Excel.FiveBoxesSet

[ API セット: ExcelApi 1.2 ]

Excel.FiveQuartersSet

[ API セット: ExcelApi 1.2 ]

Excel.FiveRatingSet

[ API セット: ExcelApi 1.2 ]

Excel.FormattedNumberCellValue

書式指定文字列を含む数値を含むセルの値を表します。 数値書式指定文字列は、Excel のガイドラインに準拠している必要があります。 詳細については、「 数値形式をカスタマイズするためのガイドラインを確認する」を参照してください。 このシナリオでは、書式はセルではなく値に適用されるため、値は計算中も書式文字列を保持します。

Excel.FormulaChangedEventDetail

数式の変更イベント中に変更された数式に関する情報を提供します。

Excel.FourArrowsGraySet

[ API セット: ExcelApi 1.2 ]

Excel.FourArrowsSet

[ API セット: ExcelApi 1.2 ]

Excel.FourRatingSet

[ API セット: ExcelApi 1.2 ]

Excel.FourRedToBlackSet

[ API セット: ExcelApi 1.2 ]

Excel.FourTrafficLightsSet

[ API セット: ExcelApi 1.2 ]

Excel.GettingDataErrorCellValue

#GETTING_DATA エラーを含むセルの値を表します。

Excel.Icon

セルのアイコンを表します。

Excel.IconCollections

[ API セット: ExcelApi 1.2 ]

Excel.Identity

ユーザーの ID に関する情報を表します。

Excel.InsertWorksheetOptions

挿入するワークシートと、ブック内の新しいワークシートを挿入する場所を定義するオプション。

Excel.Interfaces.AllowEditRangeCollectionData

を呼び出 allowEditRangeCollection.toJSON()して返されるデータを記述するインターフェイス。

Excel.Interfaces.AllowEditRangeCollectionLoadOptions

ワークシート内にあるオブジェクトの AllowEditRange セットを表します。 AllowEditRange オブジェクトはワークシート保護プロパティで動作します。 ワークシート保護を有効にすると、オブジェクトを AllowEditRange 使用して特定の範囲の編集を許可しながら、ワークシートの残りの部分で保護を維持できます。

Excel.Interfaces.AllowEditRangeCollectionUpdateData

で使用 allowEditRangeCollection.set({ ... })する AllowEditRangeCollection オブジェクトのデータを更新するためのインターフェイス。

Excel.Interfaces.AllowEditRangeData

を呼び出 allowEditRange.toJSON()して返されるデータを記述するインターフェイス。

Excel.Interfaces.AllowEditRangeLoadOptions

ワークシート内にある AllowEditRange オブジェクトを表します。 このオブジェクトは、ワークシート保護プロパティで動作します。 ワークシート保護を有効にすると、オブジェクトを AllowEditRange 使用して特定の範囲の編集を許可しながら、ワークシートの残りの部分で保護を維持できます。

Excel.Interfaces.AllowEditRangeUpdateData

で使用 allowEditRange.set({ ... })する AllowEditRange オブジェクトのデータを更新するためのインターフェイス。

Excel.Interfaces.ApplicationData

を呼び出 application.toJSON()して返されるデータを記述するインターフェイス。

Excel.Interfaces.ApplicationLoadOptions

ブックを管理する Excel アプリケーションを表します。

Excel.Interfaces.ApplicationUpdateData

で使用 application.set({ ... })する Application オブジェクトのデータを更新するためのインターフェイス。

Excel.Interfaces.AutoFilterData

を呼び出 autoFilter.toJSON()して返されるデータを記述するインターフェイス。

Excel.Interfaces.AutoFilterLoadOptions

オブジェクトを AutoFilter 表します。 オートフィルターを使用すると、Excel 列の値がセルの内容に基づいて特定のフィルターに変換されます。

Excel.Interfaces.BindingCollectionData

を呼び出 bindingCollection.toJSON()して返されるデータを記述するインターフェイス。

Excel.Interfaces.BindingCollectionLoadOptions

ブックの一部であるすべてのバインド オブジェクトのコレクションを表します。

Excel.Interfaces.BindingCollectionUpdateData

で使用 bindingCollection.set({ ... })する BindingCollection オブジェクトのデータを更新するためのインターフェイス。

Excel.Interfaces.BindingData

を呼び出 binding.toJSON()して返されるデータを記述するインターフェイス。

Excel.Interfaces.BindingLoadOptions

ブックで定義されている Office.js のバインディングを表します。

Excel.Interfaces.CellValueConditionalFormatData

を呼び出 cellValueConditionalFormat.toJSON()して返されるデータを記述するインターフェイス。

Excel.Interfaces.CellValueConditionalFormatLoadOptions

セル値の条件付き書式を表します。

Excel.Interfaces.CellValueConditionalFormatUpdateData

で使用 cellValueConditionalFormat.set({ ... })する CellValueConditionalFormat オブジェクトのデータを更新するためのインターフェイス。

Excel.Interfaces.ChartAreaFormatData

を呼び出 chartAreaFormat.toJSON()して返されるデータを記述するインターフェイス。

Excel.Interfaces.ChartAreaFormatLoadOptions

グラフ領域全体の書式設定プロパティをカプセル化します。

Excel.Interfaces.ChartAreaFormatUpdateData

で使用 chartAreaFormat.set({ ... })する ChartAreaFormat オブジェクトのデータを更新するためのインターフェイス。

Excel.Interfaces.ChartAxesData

を呼び出 chartAxes.toJSON()して返されるデータを記述するインターフェイス。

Excel.Interfaces.ChartAxesLoadOptions

グラフの軸を表します。

Excel.Interfaces.ChartAxesUpdateData

で使用 chartAxes.set({ ... })する ChartAxes オブジェクトのデータを更新するためのインターフェイス。

Excel.Interfaces.ChartAxisData

を呼び出 chartAxis.toJSON()して返されるデータを記述するインターフェイス。

Excel.Interfaces.ChartAxisFormatData

を呼び出 chartAxisFormat.toJSON()して返されるデータを記述するインターフェイス。

Excel.Interfaces.ChartAxisFormatLoadOptions

グラフ軸の書式設定プロパティをカプセル化します。

Excel.Interfaces.ChartAxisFormatUpdateData

で使用 chartAxisFormat.set({ ... })する ChartAxisFormat オブジェクトのデータを更新するためのインターフェイス。

Excel.Interfaces.ChartAxisLoadOptions

グラフの 1 つの軸を表します。

Excel.Interfaces.ChartAxisTitleData

を呼び出 chartAxisTitle.toJSON()して返されるデータを記述するインターフェイス。

Excel.Interfaces.ChartAxisTitleFormatData

を呼び出 chartAxisTitleFormat.toJSON()して返されるデータを記述するインターフェイス。

Excel.Interfaces.ChartAxisTitleFormatLoadOptions

グラフ軸のタイトルの書式設定を表します。

Excel.Interfaces.ChartAxisTitleFormatUpdateData

で使用 chartAxisTitleFormat.set({ ... })する ChartAxisTitleFormat オブジェクトのデータを更新するためのインターフェイス。

Excel.Interfaces.ChartAxisTitleLoadOptions

グラフ軸のタイトルを表します。

Excel.Interfaces.ChartAxisTitleUpdateData

で使用 chartAxisTitle.set({ ... })する ChartAxisTitle オブジェクトのデータを更新するためのインターフェイス。

Excel.Interfaces.ChartAxisUpdateData

で使用 chartAxis.set({ ... })する ChartAxis オブジェクトのデータを更新するためのインターフェイス。

Excel.Interfaces.ChartBinOptionsData

を呼び出 chartBinOptions.toJSON()して返されるデータを記述するインターフェイス。

Excel.Interfaces.ChartBinOptionsLoadOptions

ヒストグラム図とパレート図のビンのオプションをカプセル化します。

Excel.Interfaces.ChartBinOptionsUpdateData

で使用 chartBinOptions.set({ ... })する ChartBinOptions オブジェクトのデータを更新するためのインターフェイス。

Excel.Interfaces.ChartBorderData

を呼び出 chartBorder.toJSON()して返されるデータを記述するインターフェイス。

Excel.Interfaces.ChartBorderLoadOptions

グラフ要素の罫線の書式設定を表します。

Excel.Interfaces.ChartBorderUpdateData

で使用 chartBorder.set({ ... })する ChartBorder オブジェクトのデータを更新するためのインターフェイス。

Excel.Interfaces.ChartBoxwhiskerOptionsData

を呼び出 chartBoxwhiskerOptions.toJSON()して返されるデータを記述するインターフェイス。

Excel.Interfaces.ChartBoxwhiskerOptionsLoadOptions

ボックス グラフとウィスカー グラフのプロパティを表します。

Excel.Interfaces.ChartBoxwhiskerOptionsUpdateData

で使用するための ChartBoxwhiskerOptions オブジェクトの chartBoxwhiskerOptions.set({ ... })データを更新するためのインターフェイス。

Excel.Interfaces.ChartCollectionData

を呼び出 chartCollection.toJSON()して返されるデータを記述するインターフェイス。

Excel.Interfaces.ChartCollectionLoadOptions

ワークシート上のすべてのグラフ オブジェクトのコレクション。

Excel.Interfaces.ChartCollectionUpdateData

で使用 chartCollection.set({ ... })する ChartCollection オブジェクトのデータを更新するためのインターフェイス。

Excel.Interfaces.ChartData

を呼び出 chart.toJSON()して返されるデータを記述するインターフェイス。

Excel.Interfaces.ChartDataLabelData

を呼び出 chartDataLabel.toJSON()して返されるデータを記述するインターフェイス。

Excel.Interfaces.ChartDataLabelFormatData

を呼び出 chartDataLabelFormat.toJSON()して返されるデータを記述するインターフェイス。

Excel.Interfaces.ChartDataLabelFormatLoadOptions

グラフのデータ ラベルの書式設定プロパティをカプセル化します。

Excel.Interfaces.ChartDataLabelFormatUpdateData

で使用 chartDataLabelFormat.set({ ... })する ChartDataLabelFormat オブジェクトのデータを更新するためのインターフェイス。

Excel.Interfaces.ChartDataLabelLoadOptions

グラフ ポイントのデータ ラベルを表します。

Excel.Interfaces.ChartDataLabelsData

を呼び出 chartDataLabels.toJSON()して返されるデータを記述するインターフェイス。

Excel.Interfaces.ChartDataLabelsLoadOptions

グラフのポイントにあるすべてのデータ ラベルのコレクションを表します。

Excel.Interfaces.ChartDataLabelsUpdateData

で使用 chartDataLabels.set({ ... })する ChartDataLabels オブジェクトのデータを更新するためのインターフェイス。

Excel.Interfaces.ChartDataLabelUpdateData

で使用 chartDataLabel.set({ ... })する ChartDataLabel オブジェクトのデータを更新するためのインターフェイス。

Excel.Interfaces.ChartDataTableData

を呼び出 chartDataTable.toJSON()して返されるデータを記述するインターフェイス。

Excel.Interfaces.ChartDataTableFormatData

を呼び出 chartDataTableFormat.toJSON()して返されるデータを記述するインターフェイス。

Excel.Interfaces.ChartDataTableFormatLoadOptions

グラフ データ テーブルの形式を表します。

Excel.Interfaces.ChartDataTableFormatUpdateData

で使用chartDataTableFormat.set({ ... })するための、オブジェクト上のデータをChartDataTableFormat更新するためのインターフェイス。

Excel.Interfaces.ChartDataTableLoadOptions

グラフのデータ テーブル オブジェクトを表します。

Excel.Interfaces.ChartDataTableUpdateData

で使用 chartDataTable.set({ ... })する ChartDataTable オブジェクトのデータを更新するためのインターフェイス。

Excel.Interfaces.ChartErrorBarsData

を呼び出 chartErrorBars.toJSON()して返されるデータを記述するインターフェイス。

Excel.Interfaces.ChartErrorBarsFormatData

を呼び出 chartErrorBarsFormat.toJSON()して返されるデータを記述するインターフェイス。

Excel.Interfaces.ChartErrorBarsFormatLoadOptions

グラフのエラー バーの書式プロパティをカプセル化します。

Excel.Interfaces.ChartErrorBarsFormatUpdateData

で使用 chartErrorBarsFormat.set({ ... })する ChartErrorBarsFormat オブジェクトのデータを更新するためのインターフェイス。

Excel.Interfaces.ChartErrorBarsLoadOptions

このオブジェクトは、グラフのエラー バーの属性を表します。

Excel.Interfaces.ChartErrorBarsUpdateData

で使用 chartErrorBars.set({ ... })する ChartErrorBars オブジェクトのデータを更新するためのインターフェイス。

Excel.Interfaces.ChartFontData

を呼び出 chartFont.toJSON()して返されるデータを記述するインターフェイス。

Excel.Interfaces.ChartFontLoadOptions

このオブジェクトは、グラフ オブジェクトのフォント属性 (フォント名、フォント サイズ、色など) を表します。

Excel.Interfaces.ChartFontUpdateData

で使用 chartFont.set({ ... })する ChartFont オブジェクトのデータを更新するためのインターフェイス。

Excel.Interfaces.ChartFormatStringData

を呼び出 chartFormatString.toJSON()して返されるデータを記述するインターフェイス。

Excel.Interfaces.ChartFormatStringLoadOptions

オブジェクトやChartAxisTitleオブジェクトなどのテキストを含むグラフ関連オブジェクトの部分文字列をChartTitle表します。

Excel.Interfaces.ChartFormatStringUpdateData

で使用 chartFormatString.set({ ... })する ChartFormatString オブジェクトのデータを更新するためのインターフェイス。

Excel.Interfaces.ChartGridlinesData

を呼び出 chartGridlines.toJSON()して返されるデータを記述するインターフェイス。

Excel.Interfaces.ChartGridlinesFormatData

を呼び出 chartGridlinesFormat.toJSON()して返されるデータを記述するインターフェイス。

Excel.Interfaces.ChartGridlinesFormatLoadOptions

グラフの目盛線の書式設定プロパティをカプセル化します。

Excel.Interfaces.ChartGridlinesFormatUpdateData

で使用 chartGridlinesFormat.set({ ... })する ChartGridlinesFormat オブジェクトのデータを更新するためのインターフェイス。

Excel.Interfaces.ChartGridlinesLoadOptions

グラフの軸の目盛線または補助目盛線を表します。

Excel.Interfaces.ChartGridlinesUpdateData

で使用 chartGridlines.set({ ... })する ChartGridlines オブジェクトのデータを更新するためのインターフェイス。

Excel.Interfaces.ChartLegendData

を呼び出 chartLegend.toJSON()して返されるデータを記述するインターフェイス。

Excel.Interfaces.ChartLegendEntryCollectionData

を呼び出 chartLegendEntryCollection.toJSON()して返されるデータを記述するインターフェイス。

Excel.Interfaces.ChartLegendEntryCollectionLoadOptions

凡例エントリのコレクションを表します。

Excel.Interfaces.ChartLegendEntryCollectionUpdateData

で使用する ChartLegendEntryCollection オブジェクトの chartLegendEntryCollection.set({ ... })データを更新するためのインターフェイス。

Excel.Interfaces.ChartLegendEntryData

を呼び出 chartLegendEntry.toJSON()して返されるデータを記述するインターフェイス。

Excel.Interfaces.ChartLegendEntryLoadOptions

の凡例エントリを legendEntryCollection表します。

Excel.Interfaces.ChartLegendEntryUpdateData

で使用する ChartLegendEntry オブジェクトの chartLegendEntry.set({ ... })データを更新するためのインターフェイス。

Excel.Interfaces.ChartLegendFormatData

を呼び出 chartLegendFormat.toJSON()して返されるデータを記述するインターフェイス。

Excel.Interfaces.ChartLegendFormatLoadOptions

グラフの凡例の書式設定プロパティをカプセル化します。

Excel.Interfaces.ChartLegendFormatUpdateData

で使用 chartLegendFormat.set({ ... })する ChartLegendFormat オブジェクトのデータを更新するためのインターフェイス。

Excel.Interfaces.ChartLegendLoadOptions

グラフに凡例を表します。

Excel.Interfaces.ChartLegendUpdateData

で使用 chartLegend.set({ ... })する ChartLegend オブジェクトのデータを更新するためのインターフェイス。

Excel.Interfaces.ChartLineFormatData

を呼び出 chartLineFormat.toJSON()して返されるデータを記述するインターフェイス。

Excel.Interfaces.ChartLineFormatLoadOptions

行要素の書式設定オプションをカプセル化します。

Excel.Interfaces.ChartLineFormatUpdateData

で使用 chartLineFormat.set({ ... })する ChartLineFormat オブジェクトのデータを更新するためのインターフェイス。

Excel.Interfaces.ChartLoadOptions

ブック内のグラフ オブジェクトを表します。 グラフ オブジェクト モデルの詳細については、「 Excel JavaScript API を使用したグラフの操作」を参照してください。

Excel.Interfaces.ChartMapOptionsData

を呼び出 chartMapOptions.toJSON()して返されるデータを記述するインターフェイス。

Excel.Interfaces.ChartMapOptionsLoadOptions

リージョン マップ グラフのプロパティをカプセル化します。

Excel.Interfaces.ChartMapOptionsUpdateData

で使用 chartMapOptions.set({ ... })する ChartMapOptions オブジェクトのデータを更新するためのインターフェイス。

Excel.Interfaces.ChartPivotOptionsData

を呼び出 chartPivotOptions.toJSON()して返されるデータを記述するインターフェイス。

Excel.Interfaces.ChartPivotOptionsLoadOptions

ピボット グラフのオプションをカプセル化します。

Excel.Interfaces.ChartPivotOptionsUpdateData

で使用 chartPivotOptions.set({ ... })する ChartPivotOptions オブジェクトのデータを更新するためのインターフェイス。

Excel.Interfaces.ChartPlotAreaData

を呼び出 chartPlotArea.toJSON()して返されるデータを記述するインターフェイス。

Excel.Interfaces.ChartPlotAreaFormatData

を呼び出 chartPlotAreaFormat.toJSON()して返されるデータを記述するインターフェイス。

Excel.Interfaces.ChartPlotAreaFormatLoadOptions

グラフ プロット領域の書式プロパティを表します。

Excel.Interfaces.ChartPlotAreaFormatUpdateData

で使用 chartPlotAreaFormat.set({ ... })する ChartPlotAreaFormat オブジェクトのデータを更新するためのインターフェイス。

Excel.Interfaces.ChartPlotAreaLoadOptions

このオブジェクトは、グラフ プロット領域の属性を表します。

Excel.Interfaces.ChartPlotAreaUpdateData

で使用 chartPlotArea.set({ ... })する ChartPlotArea オブジェクトのデータを更新するためのインターフェイス。

Excel.Interfaces.ChartPointData

を呼び出 chartPoint.toJSON()して返されるデータを記述するインターフェイス。

Excel.Interfaces.ChartPointFormatData

を呼び出 chartPointFormat.toJSON()して返されるデータを記述するインターフェイス。

Excel.Interfaces.ChartPointFormatLoadOptions

グラフ ポイントの書式設定オブジェクトを表します。

Excel.Interfaces.ChartPointFormatUpdateData

で使用 chartPointFormat.set({ ... })する ChartPointFormat オブジェクトのデータを更新するためのインターフェイス。

Excel.Interfaces.ChartPointLoadOptions

グラフの系列のポイントを表します。

Excel.Interfaces.ChartPointsCollectionData

を呼び出 chartPointsCollection.toJSON()して返されるデータを記述するインターフェイス。

Excel.Interfaces.ChartPointsCollectionLoadOptions

グラフ内の系列内のすべてのグラフのポイントのコレクションです。

Excel.Interfaces.ChartPointsCollectionUpdateData

で使用 chartPointsCollection.set({ ... })する ChartPointsCollection オブジェクトのデータを更新するためのインターフェイス。

Excel.Interfaces.ChartPointUpdateData

で使用 chartPoint.set({ ... })するための ChartPoint オブジェクト上のデータを更新するためのインターフェイス。

Excel.Interfaces.ChartSeriesCollectionData

を呼び出 chartSeriesCollection.toJSON()して返されるデータを記述するインターフェイス。

Excel.Interfaces.ChartSeriesCollectionLoadOptions

グラフ系列のコレクションを表します。

Excel.Interfaces.ChartSeriesCollectionUpdateData

で使用 chartSeriesCollection.set({ ... })する ChartSeriesCollection オブジェクトのデータを更新するためのインターフェイス。

Excel.Interfaces.ChartSeriesData

を呼び出 chartSeries.toJSON()して返されるデータを記述するインターフェイス。

Excel.Interfaces.ChartSeriesFormatData

を呼び出 chartSeriesFormat.toJSON()して返されるデータを記述するインターフェイス。

Excel.Interfaces.ChartSeriesFormatLoadOptions

グラフ系列の書式プロパティをカプセル化します

Excel.Interfaces.ChartSeriesFormatUpdateData

で使用 chartSeriesFormat.set({ ... })する ChartSeriesFormat オブジェクトのデータを更新するためのインターフェイス。

Excel.Interfaces.ChartSeriesLoadOptions

グラフのデータ系列を表します。

Excel.Interfaces.ChartSeriesUpdateData

で使用 chartSeries.set({ ... })する ChartSeries オブジェクト上のデータを更新するためのインターフェイス。

Excel.Interfaces.ChartTitleData

を呼び出 chartTitle.toJSON()して返されるデータを記述するインターフェイス。

Excel.Interfaces.ChartTitleFormatData

を呼び出 chartTitleFormat.toJSON()して返されるデータを記述するインターフェイス。

Excel.Interfaces.ChartTitleFormatLoadOptions

グラフ タイトルの書式設定オプションにアクセスできます。

Excel.Interfaces.ChartTitleFormatUpdateData

で使用 chartTitleFormat.set({ ... })する ChartTitleFormat オブジェクトのデータを更新するためのインターフェイス。

Excel.Interfaces.ChartTitleLoadOptions

グラフのグラフ タイトルのオブジェクトを表します。

Excel.Interfaces.ChartTitleUpdateData

で使用 chartTitle.set({ ... })する ChartTitle オブジェクトのデータを更新するためのインターフェイス。

Excel.Interfaces.ChartTrendlineCollectionData

を呼び出 chartTrendlineCollection.toJSON()して返されるデータを記述するインターフェイス。

Excel.Interfaces.ChartTrendlineCollectionLoadOptions

グラフの近似曲線のコレクションを表します。

Excel.Interfaces.ChartTrendlineCollectionUpdateData

で使用する ChartTrendlineCollection オブジェクトの chartTrendlineCollection.set({ ... })データを更新するためのインターフェイス。

Excel.Interfaces.ChartTrendlineData

を呼び出 chartTrendline.toJSON()して返されるデータを記述するインターフェイス。

Excel.Interfaces.ChartTrendlineFormatData

を呼び出 chartTrendlineFormat.toJSON()して返されるデータを記述するインターフェイス。

Excel.Interfaces.ChartTrendlineFormatLoadOptions

グラフの近似曲線の書式プロパティを表します。

Excel.Interfaces.ChartTrendlineFormatUpdateData

で使用 chartTrendlineFormat.set({ ... })する ChartTrendlineFormat オブジェクトのデータを更新するためのインターフェイス。

Excel.Interfaces.ChartTrendlineLabelData

を呼び出 chartTrendlineLabel.toJSON()して返されるデータを記述するインターフェイス。

Excel.Interfaces.ChartTrendlineLabelFormatData

を呼び出 chartTrendlineLabelFormat.toJSON()して返されるデータを記述するインターフェイス。

Excel.Interfaces.ChartTrendlineLabelFormatLoadOptions

グラフの近似曲線ラベルの書式プロパティをカプセル化します。

Excel.Interfaces.ChartTrendlineLabelFormatUpdateData

で使用 chartTrendlineLabelFormat.set({ ... })する ChartTrendlineLabelFormat オブジェクトのデータを更新するためのインターフェイス。

Excel.Interfaces.ChartTrendlineLabelLoadOptions

このオブジェクトは、グラフの近似曲線ラベル オブジェクトの属性を表します。

Excel.Interfaces.ChartTrendlineLabelUpdateData

で使用 chartTrendlineLabel.set({ ... })するための ChartTrendlineLabel オブジェクトのデータを更新するためのインターフェイス。

Excel.Interfaces.ChartTrendlineLoadOptions

このオブジェクトは、グラフの近似曲線オブジェクトの属性を表します。

Excel.Interfaces.ChartTrendlineUpdateData

で使用 chartTrendline.set({ ... })する ChartTrendline オブジェクトのデータを更新するためのインターフェイス。

Excel.Interfaces.ChartUpdateData

で使用 chart.set({ ... })する Chart オブジェクトのデータを更新するためのインターフェイス。

Excel.Interfaces.CollectionLoadOptions

コレクションのメンバーのサブセットのみのプロパティを読み込む方法を提供します。

Excel.Interfaces.ColorScaleConditionalFormatData

を呼び出 colorScaleConditionalFormat.toJSON()して返されるデータを記述するインターフェイス。

Excel.Interfaces.ColorScaleConditionalFormatLoadOptions

条件付き書式の色スケール条件を表します。

Excel.Interfaces.ColorScaleConditionalFormatUpdateData

で使用 colorScaleConditionalFormat.set({ ... })する ColorScaleConditionalFormat オブジェクトのデータを更新するためのインターフェイス。

Excel.Interfaces.CommentCollectionData

を呼び出 commentCollection.toJSON()して返されるデータを記述するインターフェイス。

Excel.Interfaces.CommentCollectionLoadOptions

ブックの一部であるコメント オブジェクトのコレクションを表します。

Excel.Interfaces.CommentCollectionUpdateData

で使用 commentCollection.set({ ... })する CommentCollection オブジェクトのデータを更新するためのインターフェイス。

Excel.Interfaces.CommentData

を呼び出 comment.toJSON()して返されるデータを記述するインターフェイス。

Excel.Interfaces.CommentLoadOptions

ブック内のコメントを表します。

Excel.Interfaces.CommentReplyCollectionData

を呼び出 commentReplyCollection.toJSON()して返されるデータを記述するインターフェイス。

Excel.Interfaces.CommentReplyCollectionLoadOptions

コメントの一部であるコメント応答オブジェクトのコレクションを表します。

Excel.Interfaces.CommentReplyCollectionUpdateData

で使用 commentReplyCollection.set({ ... })する CommentReplyCollection オブジェクトのデータを更新するためのインターフェイス。

Excel.Interfaces.CommentReplyData

を呼び出 commentReply.toJSON()して返されるデータを記述するインターフェイス。

Excel.Interfaces.CommentReplyLoadOptions

ブック内のコメント応答を表します。

Excel.Interfaces.CommentReplyUpdateData

で使用 commentReply.set({ ... })する CommentReply オブジェクトのデータを更新するためのインターフェイス。

Excel.Interfaces.CommentUpdateData

で使用 comment.set({ ... })するための Comment オブジェクトのデータを更新するためのインターフェイス。

Excel.Interfaces.ConditionalDataBarNegativeFormatData

を呼び出 conditionalDataBarNegativeFormat.toJSON()して返されるデータを記述するインターフェイス。

Excel.Interfaces.ConditionalDataBarNegativeFormatLoadOptions

データ バーの負の側の条件付き書式を表します。

Excel.Interfaces.ConditionalDataBarNegativeFormatUpdateData

で使用する ConditionalDataBarNegativeFormat オブジェクトの conditionalDataBarNegativeFormat.set({ ... })データを更新するためのインターフェイス。

Excel.Interfaces.ConditionalDataBarPositiveFormatData

を呼び出 conditionalDataBarPositiveFormat.toJSON()して返されるデータを記述するインターフェイス。

Excel.Interfaces.ConditionalDataBarPositiveFormatLoadOptions

データ バーの正の側の条件付き書式を表します。

Excel.Interfaces.ConditionalDataBarPositiveFormatUpdateData

で使用する ConditionalDataBarPositiveFormat オブジェクトの conditionalDataBarPositiveFormat.set({ ... })データを更新するためのインターフェイス。

Excel.Interfaces.ConditionalFormatCollectionData

を呼び出 conditionalFormatCollection.toJSON()して返されるデータを記述するインターフェイス。

Excel.Interfaces.ConditionalFormatCollectionLoadOptions

範囲と重複するすべての条件付き書式のコレクションを表します。

Excel.Interfaces.ConditionalFormatCollectionUpdateData

で使用 conditionalFormatCollection.set({ ... })する ConditionalFormatCollection オブジェクトのデータを更新するためのインターフェイス。

Excel.Interfaces.ConditionalFormatData

を呼び出 conditionalFormat.toJSON()して返されるデータを記述するインターフェイス。

Excel.Interfaces.ConditionalFormatLoadOptions

条件付き書式の範囲、書式、規則、およびその他のプロパティをカプセル化するオブジェクト。 条件付き書式オブジェクト モデルの詳細については、「 Excel 範囲に条件付き書式を適用する」を参照してください。

Excel.Interfaces.ConditionalFormatRuleData

を呼び出 conditionalFormatRule.toJSON()して返されるデータを記述するインターフェイス。

Excel.Interfaces.ConditionalFormatRuleLoadOptions

すべての従来のルール/形式のペアリングに対して、ルールを表します。

Excel.Interfaces.ConditionalFormatRuleUpdateData

で使用 conditionalFormatRule.set({ ... })する ConditionalFormatRule オブジェクトのデータを更新するためのインターフェイス。

Excel.Interfaces.ConditionalFormatUpdateData

で使用 conditionalFormat.set({ ... })する ConditionalFormat オブジェクトのデータを更新するためのインターフェイス。

Excel.Interfaces.ConditionalRangeBorderCollectionData

を呼び出 conditionalRangeBorderCollection.toJSON()して返されるデータを記述するインターフェイス。

Excel.Interfaces.ConditionalRangeBorderCollectionLoadOptions

範囲の境界線を構成する複数の境界線オブジェクトを表します。

Excel.Interfaces.ConditionalRangeBorderCollectionUpdateData

で使用する ConditionalRangeBorderCollection オブジェクトの conditionalRangeBorderCollection.set({ ... })データを更新するためのインターフェイス。

Excel.Interfaces.ConditionalRangeBorderData

を呼び出 conditionalRangeBorder.toJSON()して返されるデータを記述するインターフェイス。

Excel.Interfaces.ConditionalRangeBorderLoadOptions

オブジェクトの輪郭を表します。

Excel.Interfaces.ConditionalRangeBorderUpdateData

で使用 conditionalRangeBorder.set({ ... })する ConditionalRangeBorder オブジェクトのデータを更新するためのインターフェイス。

Excel.Interfaces.ConditionalRangeFillData

を呼び出 conditionalRangeFill.toJSON()して返されるデータを記述するインターフェイス。

Excel.Interfaces.ConditionalRangeFillLoadOptions

条件付き範囲オブジェクトの背景を表します。

Excel.Interfaces.ConditionalRangeFillUpdateData

で使用 conditionalRangeFill.set({ ... })する ConditionalRangeFill オブジェクトのデータを更新するためのインターフェイス。

Excel.Interfaces.ConditionalRangeFontData

を呼び出 conditionalRangeFont.toJSON()して返されるデータを記述するインターフェイス。

Excel.Interfaces.ConditionalRangeFontLoadOptions

このオブジェクトは、オブジェクトのフォント属性 (フォント スタイル、色など) を表します。

Excel.Interfaces.ConditionalRangeFontUpdateData

で使用 conditionalRangeFont.set({ ... })する ConditionalRangeFont オブジェクトのデータを更新するためのインターフェイス。

Excel.Interfaces.ConditionalRangeFormatData

を呼び出 conditionalRangeFormat.toJSON()して返されるデータを記述するインターフェイス。

Excel.Interfaces.ConditionalRangeFormatLoadOptions

条件付き書式範囲のフォント、塗りつぶし、罫線、およびその他のプロパティをカプセル化する format オブジェクト。

Excel.Interfaces.ConditionalRangeFormatUpdateData

で使用 conditionalRangeFormat.set({ ... })する ConditionalRangeFormat オブジェクトのデータを更新するためのインターフェイス。

Excel.Interfaces.CultureInfoData

を呼び出 cultureInfo.toJSON()して返されるデータを記述するインターフェイス。

Excel.Interfaces.CultureInfoLoadOptions

現在のシステム カルチャ設定に基づいて情報を提供します。 これには、カルチャ名、数値の書式設定、およびその他のカルチャに依存する設定が含まれます。

Excel.Interfaces.CustomConditionalFormatData

を呼び出 customConditionalFormat.toJSON()して返されるデータを記述するインターフェイス。

Excel.Interfaces.CustomConditionalFormatLoadOptions

カスタムの条件付き書式の種類を表します。

Excel.Interfaces.CustomConditionalFormatUpdateData

で使用 customConditionalFormat.set({ ... })する CustomConditionalFormat オブジェクトのデータを更新するためのインターフェイス。

Excel.Interfaces.CustomPropertyCollectionData

を呼び出 customPropertyCollection.toJSON()して返されるデータを記述するインターフェイス。

Excel.Interfaces.CustomPropertyCollectionLoadOptions

カスタム プロパティのコレクションを格納します。

Excel.Interfaces.CustomPropertyCollectionUpdateData

で使用する CustomPropertyCollection オブジェクトの customPropertyCollection.set({ ... })データを更新するためのインターフェイス。

Excel.Interfaces.CustomPropertyData

を呼び出 customProperty.toJSON()して返されるデータを記述するインターフェイス。

Excel.Interfaces.CustomPropertyLoadOptions

カスタム プロパティを表します。

Excel.Interfaces.CustomPropertyUpdateData

で使用 customProperty.set({ ... })する CustomProperty オブジェクトのデータを更新するためのインターフェイス。

Excel.Interfaces.CustomXmlPartCollectionData

を呼び出 customXmlPartCollection.toJSON()して返されるデータを記述するインターフェイス。

Excel.Interfaces.CustomXmlPartCollectionLoadOptions

カスタム XML パーツのコレクション。

Excel.Interfaces.CustomXmlPartCollectionUpdateData

で使用 customXmlPartCollection.set({ ... })する CustomXmlPartCollection オブジェクトのデータを更新するためのインターフェイス。

Excel.Interfaces.CustomXmlPartData

を呼び出 customXmlPart.toJSON()して返されるデータを記述するインターフェイス。

Excel.Interfaces.CustomXmlPartLoadOptions

ブック内のカスタム XML パーツ オブジェクトを表します。

Excel.Interfaces.CustomXmlPartScopedCollectionData

を呼び出 customXmlPartScopedCollection.toJSON()して返されるデータを記述するインターフェイス。

Excel.Interfaces.CustomXmlPartScopedCollectionLoadOptions

カスタム XML パーツのスコープ付きコレクション。 スコープ付きコレクションは、何らかの操作 (名前空間によるフィルター処理など) の結果です。 スコープ付きコレクションは、これ以上スコープを設定できません。

Excel.Interfaces.CustomXmlPartScopedCollectionUpdateData

で使用する CustomXmlPartScopedCollection オブジェクトの customXmlPartScopedCollection.set({ ... })データを更新するためのインターフェイス。

Excel.Interfaces.DataBarConditionalFormatData

を呼び出 dataBarConditionalFormat.toJSON()して返されるデータを記述するインターフェイス。

Excel.Interfaces.DataBarConditionalFormatLoadOptions

Excel の条件付きデータ バーの種類を表します。

Excel.Interfaces.DataBarConditionalFormatUpdateData

で使用 dataBarConditionalFormat.set({ ... })する DataBarConditionalFormat オブジェクトのデータを更新するためのインターフェイス。

Excel.Interfaces.DataPivotHierarchyCollectionData

を呼び出 dataPivotHierarchyCollection.toJSON()して返されるデータを記述するインターフェイス。

Excel.Interfaces.DataPivotHierarchyCollectionLoadOptions

ピボットテーブルに関連付けられている DataPivotHierarchy 項目のコレクションを表します。

Excel.Interfaces.DataPivotHierarchyCollectionUpdateData

で使用する DataPivotHierarchyCollection オブジェクトの dataPivotHierarchyCollection.set({ ... })データを更新するためのインターフェイス。

Excel.Interfaces.DataPivotHierarchyData

を呼び出 dataPivotHierarchy.toJSON()して返されるデータを記述するインターフェイス。

Excel.Interfaces.DataPivotHierarchyLoadOptions

Excel DataPivotHierarchy を表します。

Excel.Interfaces.DataPivotHierarchyUpdateData

で使用する DataPivotHierarchy オブジェクト上の dataPivotHierarchy.set({ ... })データを更新するためのインターフェイス。

Excel.Interfaces.DataValidationData

を呼び出 dataValidation.toJSON()して返されるデータを記述するインターフェイス。

Excel.Interfaces.DataValidationLoadOptions

現在の範囲に適用されるデータ検証を表します。 データ検証オブジェクト モデルの詳細については、「 Excel 範囲にデータ検証を追加する」を参照してください。

Excel.Interfaces.DataValidationUpdateData

で使用 dataValidation.set({ ... })するための DataValidation オブジェクト上のデータを更新するためのインターフェイス。

Excel.Interfaces.DatetimeFormatInfoData

を呼び出 datetimeFormatInfo.toJSON()して返されるデータを記述するインターフェイス。

Excel.Interfaces.DatetimeFormatInfoLoadOptions

数値を表示するカルチャに適した形式を定義します。 これは、現在のシステム カルチャ設定に基づいています。

Excel.Interfaces.DocumentPropertiesData

を呼び出 documentProperties.toJSON()して返されるデータを記述するインターフェイス。

Excel.Interfaces.DocumentPropertiesLoadOptions

ブックのプロパティを表します。

Excel.Interfaces.DocumentPropertiesUpdateData

で使用 documentProperties.set({ ... })する DocumentProperties オブジェクトのデータを更新するためのインターフェイス。

Excel.Interfaces.DocumentTaskChangeCollectionData

を呼び出 documentTaskChangeCollection.toJSON()して返されるデータを記述するインターフェイス。

Excel.Interfaces.DocumentTaskChangeCollectionLoadOptions

タスクの変更レコードのコレクションを表します。

Excel.Interfaces.DocumentTaskChangeCollectionUpdateData

で使用する DocumentTaskChangeCollection オブジェクトの documentTaskChangeCollection.set({ ... })データを更新するためのインターフェイス。

Excel.Interfaces.DocumentTaskChangeData

を呼び出 documentTaskChange.toJSON()して返されるデータを記述するインターフェイス。

Excel.Interfaces.DocumentTaskChangeLoadOptions

タスクに対する記録された変更を表します。

Excel.Interfaces.DocumentTaskCollectionData

を呼び出 documentTaskCollection.toJSON()して返されるデータを記述するインターフェイス。

Excel.Interfaces.DocumentTaskCollectionLoadOptions

タスクのコレクションを表します。

Excel.Interfaces.DocumentTaskCollectionUpdateData

で使用 documentTaskCollection.set({ ... })する DocumentTaskCollection オブジェクトのデータを更新するためのインターフェイス。

Excel.Interfaces.DocumentTaskData

を呼び出 documentTask.toJSON()して返されるデータを記述するインターフェイス。

Excel.Interfaces.DocumentTaskLoadOptions

タスクを表します。

Excel.Interfaces.DocumentTaskUpdateData

で使用 documentTask.set({ ... })する DocumentTask オブジェクトのデータを更新するためのインターフェイス。

Excel.Interfaces.FilterData

を呼び出 filter.toJSON()して返されるデータを記述するインターフェイス。

Excel.Interfaces.FilterLoadOptions

テーブルの列のフィルター処理を管理します。

Excel.Interfaces.FilterPivotHierarchyCollectionData

を呼び出 filterPivotHierarchyCollection.toJSON()して返されるデータを記述するインターフェイス。

Excel.Interfaces.FilterPivotHierarchyCollectionLoadOptions

ピボットテーブルに関連付けられている FilterPivotHierarchy 項目のコレクションを表します。

Excel.Interfaces.FilterPivotHierarchyCollectionUpdateData

で使用する FilterPivotHierarchyCollection オブジェクトの filterPivotHierarchyCollection.set({ ... })データを更新するためのインターフェイス。

Excel.Interfaces.FilterPivotHierarchyData

を呼び出 filterPivotHierarchy.toJSON()して返されるデータを記述するインターフェイス。

Excel.Interfaces.FilterPivotHierarchyLoadOptions

Excel FilterPivotHierarchy を表します。

Excel.Interfaces.FilterPivotHierarchyUpdateData

で使用する FilterPivotHierarchy オブジェクトの filterPivotHierarchy.set({ ... })データを更新するためのインターフェイス。

Excel.Interfaces.FormatProtectionData

を呼び出 formatProtection.toJSON()して返されるデータを記述するインターフェイス。

Excel.Interfaces.FormatProtectionLoadOptions

範囲オブジェクトの書式保護を表します。

Excel.Interfaces.FormatProtectionUpdateData

で使用 formatProtection.set({ ... })する FormatProtection オブジェクトのデータを更新するためのインターフェイス。

Excel.Interfaces.FunctionResultData

を呼び出 functionResult.toJSON()して返されるデータを記述するインターフェイス。

Excel.Interfaces.FunctionResultLoadOptions

関数評価操作の結果を含むオブジェクト

Excel.Interfaces.GeometricShapeData

を呼び出 geometricShape.toJSON()して返されるデータを記述するインターフェイス。

Excel.Interfaces.GeometricShapeLoadOptions

ワークシート内の幾何学的図形を表します。 幾何学的図形には、四角形、ブロック矢印、数式記号、フローチャート項目、星、バナー、吹き出し、または Excel のその他の基本的な図形を指定できます。

Excel.Interfaces.GroupShapeCollectionData

を呼び出 groupShapeCollection.toJSON()して返されるデータを記述するインターフェイス。

Excel.Interfaces.GroupShapeCollectionLoadOptions

図形グループ内の図形コレクションを表します。

Excel.Interfaces.GroupShapeCollectionUpdateData

で使用 groupShapeCollection.set({ ... })する GroupShapeCollection オブジェクトのデータを更新するためのインターフェイス。

Excel.Interfaces.HeaderFooterData

を呼び出 headerFooter.toJSON()して返されるデータを記述するインターフェイス。

Excel.Interfaces.HeaderFooterGroupData

を呼び出 headerFooterGroup.toJSON()して返されるデータを記述するインターフェイス。

Excel.Interfaces.HeaderFooterGroupLoadOptions
Excel.Interfaces.HeaderFooterGroupUpdateData

で使用 headerFooterGroup.set({ ... })する HeaderFooterGroup オブジェクトのデータを更新するためのインターフェイス。

Excel.Interfaces.HeaderFooterLoadOptions
Excel.Interfaces.HeaderFooterUpdateData

で使用 headerFooter.set({ ... })する HeaderFooter オブジェクトのデータを更新するためのインターフェイス。

Excel.Interfaces.IconSetConditionalFormatData

を呼び出 iconSetConditionalFormat.toJSON()して返されるデータを記述するインターフェイス。

Excel.Interfaces.IconSetConditionalFormatLoadOptions

条件付き書式のアイコン セット条件を表します。

Excel.Interfaces.IconSetConditionalFormatUpdateData

で使用 iconSetConditionalFormat.set({ ... })する IconSetConditionalFormat オブジェクトのデータを更新するためのインターフェイス。

Excel.Interfaces.ImageData

を呼び出 image.toJSON()して返されるデータを記述するインターフェイス。

Excel.Interfaces.ImageLoadOptions

ワークシート内のイメージを表します。 対応する Shape オブジェクトを取得するには、 を使用 Image.shapeします。

Excel.Interfaces.IterativeCalculationData

を呼び出 iterativeCalculation.toJSON()して返されるデータを記述するインターフェイス。

Excel.Interfaces.IterativeCalculationLoadOptions

反復計算設定を表します。

Excel.Interfaces.IterativeCalculationUpdateData

で使用 iterativeCalculation.set({ ... })する、反復計算オブジェクトのデータを更新するためのインターフェイス。

Excel.Interfaces.LineData

を呼び出 line.toJSON()して返されるデータを記述するインターフェイス。

Excel.Interfaces.LineLoadOptions

ワークシート内の線を表します。 対応する Shape オブジェクトを取得するには、 を使用 Line.shapeします。

Excel.Interfaces.LineUpdateData

で使用 line.set({ ... })する Line オブジェクトのデータを更新するためのインターフェイス。

Excel.Interfaces.LinkedDataTypeCollectionData

を呼び出 linkedDataTypeCollection.toJSON()して返されるデータを記述するインターフェイス。

Excel.Interfaces.LinkedDataTypeCollectionLoadOptions

リンクされたデータ型のコレクションを表します。

Excel.Interfaces.LinkedDataTypeCollectionUpdateData

で使用 linkedDataTypeCollection.set({ ... })する LinkedDataTypeCollection オブジェクトのデータを更新するためのインターフェイス。

Excel.Interfaces.LinkedDataTypeData

を呼び出 linkedDataType.toJSON()して返されるデータを記述するインターフェイス。

Excel.Interfaces.LinkedDataTypeLoadOptions

リンクされたデータ型を表します。 リンクされたデータ型は、オンライン データ ソースに接続されたデータ型です。

Excel.Interfaces.LinkedWorkbookCollectionData

を呼び出 linkedWorkbookCollection.toJSON()して返されるデータを記述するインターフェイス。

Excel.Interfaces.LinkedWorkbookCollectionLoadOptions

リンクされたブック オブジェクトのコレクションを表します。

Excel.Interfaces.LinkedWorkbookCollectionUpdateData

で使用 linkedWorkbookCollection.set({ ... })する LinkedWorkbookCollection オブジェクトのデータを更新するためのインターフェイス。

Excel.Interfaces.LinkedWorkbookData

を呼び出 linkedWorkbook.toJSON()して返されるデータを記述するインターフェイス。

Excel.Interfaces.LinkedWorkbookLoadOptions

リンクされたブックに関する情報が含まれます。 ブックに別のブック内のデータを指すリンクがある場合、2 番目のブックは最初のブックにリンクされます。 このシナリオでは、2 つ目のブックは "リンクされたブック" と呼ばれます。

Excel.Interfaces.NamedItemArrayValuesData

を呼び出 namedItemArrayValues.toJSON()して返されるデータを記述するインターフェイス。

Excel.Interfaces.NamedItemArrayValuesLoadOptions

名前付き項目の値と型を含むオブジェクトを表します。

Excel.Interfaces.NamedItemCollectionData

を呼び出 namedItemCollection.toJSON()して返されるデータを記述するインターフェイス。

Excel.Interfaces.NamedItemCollectionLoadOptions

到達方法に NamedItem 応じて、ブックまたはワークシートの一部であるすべてのオブジェクトのコレクション。

Excel.Interfaces.NamedItemCollectionUpdateData

で使用 namedItemCollection.set({ ... })する NamedItemCollection オブジェクトのデータを更新するためのインターフェイス。

Excel.Interfaces.NamedItemData

を呼び出 namedItem.toJSON()して返されるデータを記述するインターフェイス。

Excel.Interfaces.NamedItemLoadOptions

セルまたは値の範囲の定義済みの名前を表します。 名前には、プリミティブの名前付きオブジェクト (以下の型に示すように)、範囲オブジェクト、または範囲への参照を指定できます。 このオブジェクトを使用して、名前に関連付けられた範囲オブジェクトを取得することができます。

Excel.Interfaces.NamedItemUpdateData

で使用 namedItem.set({ ... })する NamedItem オブジェクトのデータを更新するためのインターフェイス。

Excel.Interfaces.NamedSheetViewCollectionData

を呼び出 namedSheetViewCollection.toJSON()して返されるデータを記述するインターフェイス。

Excel.Interfaces.NamedSheetViewCollectionLoadOptions

ワークシート内のシート ビューのコレクションを表します。

Excel.Interfaces.NamedSheetViewCollectionUpdateData

で使用 namedSheetViewCollection.set({ ... })する NamedSheetViewCollection オブジェクトのデータを更新するためのインターフェイス。

Excel.Interfaces.NamedSheetViewData

を呼び出 namedSheetView.toJSON()して返されるデータを記述するインターフェイス。

Excel.Interfaces.NamedSheetViewLoadOptions

ワークシートの名前付きシート ビューを表します。 シート ビューには、特定のワークシートの並べ替えルールとフィルター規則が格納されます。 すべてのシート ビュー (一時シート ビュー) には、ビューへのアクセスに使用される一意のワークシートスコープの名前があります。

Excel.Interfaces.NamedSheetViewUpdateData

で使用 namedSheetView.set({ ... })する NamedSheetView オブジェクトのデータを更新するためのインターフェイス。

Excel.Interfaces.NumberFormatInfoData

を呼び出 numberFormatInfo.toJSON()して返されるデータを記述するインターフェイス。

Excel.Interfaces.NumberFormatInfoLoadOptions

数値を表示するカルチャに適した形式を定義します。 これは、現在のシステム カルチャ設定に基づいています。

Excel.Interfaces.PageBreakCollectionData

を呼び出 pageBreakCollection.toJSON()して返されるデータを記述するインターフェイス。

Excel.Interfaces.PageBreakCollectionLoadOptions
Excel.Interfaces.PageBreakCollectionUpdateData

で使用 pageBreakCollection.set({ ... })する PageBreakCollection オブジェクトのデータを更新するためのインターフェイス。

Excel.Interfaces.PageBreakData

を呼び出 pageBreak.toJSON()して返されるデータを記述するインターフェイス。

Excel.Interfaces.PageBreakLoadOptions
Excel.Interfaces.PageLayoutData

を呼び出 pageLayout.toJSON()して返されるデータを記述するインターフェイス。

Excel.Interfaces.PageLayoutLoadOptions

プリンター固有の実装に依存しないレイアウトと印刷設定を表します。 これらの設定には、余白、印刷の向き、ページ番号、タイトル行、および印刷範囲が含まれます。

Excel.Interfaces.PageLayoutUpdateData

で使用 pageLayout.set({ ... })する PageLayout オブジェクトのデータを更新するためのインターフェイス。

Excel.Interfaces.PivotFieldCollectionData

を呼び出 pivotFieldCollection.toJSON()して返されるデータを記述するインターフェイス。

Excel.Interfaces.PivotFieldCollectionLoadOptions

ピボットテーブルの階層に含まれるすべての PivotField のコレクションを表します。

Excel.Interfaces.PivotFieldCollectionUpdateData

で使用 pivotFieldCollection.set({ ... })する PivotFieldCollection オブジェクトのデータを更新するためのインターフェイス。

Excel.Interfaces.PivotFieldData

を呼び出 pivotField.toJSON()して返されるデータを記述するインターフェイス。

Excel.Interfaces.PivotFieldLoadOptions

Excel PivotField を表します。

Excel.Interfaces.PivotFieldUpdateData

で使用 pivotField.set({ ... })する PivotField オブジェクトのデータを更新するためのインターフェイス。

Excel.Interfaces.PivotHierarchyCollectionData

を呼び出 pivotHierarchyCollection.toJSON()して返されるデータを記述するインターフェイス。

Excel.Interfaces.PivotHierarchyCollectionLoadOptions

ピボットテーブルの一部であるすべての PivotHierarchies のコレクションを表します。

Excel.Interfaces.PivotHierarchyCollectionUpdateData

で使用する PivotHierarchyCollection オブジェクトの pivotHierarchyCollection.set({ ... })データを更新するためのインターフェイス。

Excel.Interfaces.PivotHierarchyData

を呼び出 pivotHierarchy.toJSON()して返されるデータを記述するインターフェイス。

Excel.Interfaces.PivotHierarchyLoadOptions

Excel PivotHierarchy を表します。

Excel.Interfaces.PivotHierarchyUpdateData

で使用 pivotHierarchy.set({ ... })する PivotHierarchy オブジェクトのデータを更新するためのインターフェイス。

Excel.Interfaces.PivotItemCollectionData

を呼び出 pivotItemCollection.toJSON()して返されるデータを記述するインターフェイス。

Excel.Interfaces.PivotItemCollectionLoadOptions

親 PivotField に関連するすべての PivotItem のコレクションを表します。

Excel.Interfaces.PivotItemCollectionUpdateData

で使用 pivotItemCollection.set({ ... })する PivotItemCollection オブジェクトのデータを更新するためのインターフェイス。

Excel.Interfaces.PivotItemData

を呼び出 pivotItem.toJSON()して返されるデータを記述するインターフェイス。

Excel.Interfaces.PivotItemLoadOptions

Excel PivotItem を表します。

Excel.Interfaces.PivotItemUpdateData

で使用 pivotItem.set({ ... })する PivotItem オブジェクトのデータを更新するためのインターフェイス。

Excel.Interfaces.PivotLayoutData

を呼び出 pivotLayout.toJSON()して返されるデータを記述するインターフェイス。

Excel.Interfaces.PivotLayoutLoadOptions

ピボットテーブルのビジュアル レイアウトを表します。

Excel.Interfaces.PivotLayoutUpdateData

で使用 pivotLayout.set({ ... })する PivotLayout オブジェクトのデータを更新するためのインターフェイス。

Excel.Interfaces.PivotTableCollectionData

を呼び出 pivotTableCollection.toJSON()して返されるデータを記述するインターフェイス。

Excel.Interfaces.PivotTableCollectionLoadOptions

ブックまたはワークシートの一部として含まれている、すべてのピボットテーブルのコレクションを表します。

Excel.Interfaces.PivotTableCollectionUpdateData

で使用 pivotTableCollection.set({ ... })する PivotTableCollection オブジェクトのデータを更新するためのインターフェイス。

Excel.Interfaces.PivotTableData

を呼び出 pivotTable.toJSON()して返されるデータを記述するインターフェイス。

Excel.Interfaces.PivotTableLoadOptions

Excel のピボットテーブルを表します。 ピボットテーブル オブジェクト モデルの詳細については、「 Excel JavaScript API を使用したピボットテーブルの操作」を参照してください。

Excel.Interfaces.PivotTableScopedCollectionData

を呼び出 pivotTableScopedCollection.toJSON()して返されるデータを記述するインターフェイス。

Excel.Interfaces.PivotTableScopedCollectionLoadOptions

ピボットテーブルのスコープ付きコレクションを表します。 ピボットテーブルは、ピボットテーブルの左上隅の場所に基づいて並べ替えられます。 これらは、上から下に並べ替えられた後、左から右に並べ替えます。

Excel.Interfaces.PivotTableScopedCollectionUpdateData

で使用する PivotTableScopedCollection オブジェクトの pivotTableScopedCollection.set({ ... })データを更新するためのインターフェイス。

Excel.Interfaces.PivotTableStyleCollectionData

を呼び出 pivotTableStyleCollection.toJSON()して返されるデータを記述するインターフェイス。

Excel.Interfaces.PivotTableStyleCollectionLoadOptions

ピボットテーブル スタイルのコレクションを表します。

Excel.Interfaces.PivotTableStyleCollectionUpdateData

で使用 pivotTableStyleCollection.set({ ... })する PivotTableStyleCollection オブジェクトのデータを更新するためのインターフェイス。

Excel.Interfaces.PivotTableStyleData

を呼び出 pivotTableStyle.toJSON()して返されるデータを記述するインターフェイス。

Excel.Interfaces.PivotTableStyleLoadOptions

ピボットテーブル領域でスタイル要素を定義するピボットテーブル スタイルを表します。

Excel.Interfaces.PivotTableStyleUpdateData

で使用 pivotTableStyle.set({ ... })する PivotTableStyle オブジェクトのデータを更新するためのインターフェイス。

Excel.Interfaces.PivotTableUpdateData

で使用 pivotTable.set({ ... })するためのピボットテーブル オブジェクトのデータを更新するためのインターフェイス。

Excel.Interfaces.PresetCriteriaConditionalFormatData

を呼び出 presetCriteriaConditionalFormat.toJSON()して返されるデータを記述するインターフェイス。

Excel.Interfaces.PresetCriteriaConditionalFormatLoadOptions

上記の平均、以下の平均、一意の値などの事前設定された条件の条件付き形式を表します。空白、非ブランク、エラー、および noerror が含まれます。

Excel.Interfaces.PresetCriteriaConditionalFormatUpdateData

で使用する PresetCriteriaConditionalFormat オブジェクトの presetCriteriaConditionalFormat.set({ ... })データを更新するためのインターフェイス。

Excel.Interfaces.QueryCollectionData

を呼び出 queryCollection.toJSON()して返されるデータを記述するインターフェイス。

Excel.Interfaces.QueryCollectionLoadOptions

ブック内のクエリのコレクションを表します。

Excel.Interfaces.QueryCollectionUpdateData

で使用 queryCollection.set({ ... })する QueryCollection オブジェクトのデータを更新するためのインターフェイス。

Excel.Interfaces.QueryData

を呼び出 query.toJSON()して返されるデータを記述するインターフェイス。

Excel.Interfaces.QueryLoadOptions

Power Query クエリを表します。

Excel.Interfaces.RangeAreasCollectionData

を呼び出 rangeAreasCollection.toJSON()して返されるデータを記述するインターフェイス。

Excel.Interfaces.RangeAreasCollectionLoadOptions

ブック間レベル範囲のコレクションを格納します。

Excel.Interfaces.RangeAreasCollectionUpdateData

で使用 rangeAreasCollection.set({ ... })する RangeAreasCollection オブジェクトのデータを更新するためのインターフェイス。

Excel.Interfaces.RangeAreasData

を呼び出 rangeAreas.toJSON()して返されるデータを記述するインターフェイス。

Excel.Interfaces.RangeAreasLoadOptions

RangeAreas は、同じワークシート内の 1 つ以上の四角形の範囲のコレクションを表します。 あいまいな範囲を使用する方法については、「 Excel アドインで複数の範囲を同時に操作する」を参照してください。

Excel.Interfaces.RangeAreasUpdateData

で使用 rangeAreas.set({ ... })する RangeAreas オブジェクトのデータを更新するためのインターフェイス。

Excel.Interfaces.RangeBorderCollectionData

を呼び出 rangeBorderCollection.toJSON()して返されるデータを記述するインターフェイス。

Excel.Interfaces.RangeBorderCollectionLoadOptions

範囲の境界線を構成する複数の境界線オブジェクトを表します。

Excel.Interfaces.RangeBorderCollectionUpdateData

で使用する RangeBorderCollection オブジェクトの rangeBorderCollection.set({ ... })データを更新するためのインターフェイス。

Excel.Interfaces.RangeBorderData

を呼び出 rangeBorder.toJSON()して返されるデータを記述するインターフェイス。

Excel.Interfaces.RangeBorderLoadOptions

オブジェクトの輪郭を表します。

Excel.Interfaces.RangeBorderUpdateData

で使用 rangeBorder.set({ ... })するための RangeBorder オブジェクトのデータを更新するためのインターフェイス。

Excel.Interfaces.RangeCollectionData

を呼び出 rangeCollection.toJSON()して返されるデータを記述するインターフェイス。

Excel.Interfaces.RangeCollectionLoadOptions
Excel.Interfaces.RangeCollectionUpdateData

で使用 rangeCollection.set({ ... })する RangeCollection オブジェクトのデータを更新するためのインターフェイス。

Excel.Interfaces.RangeData

を呼び出 range.toJSON()して返されるデータを記述するインターフェイス。

Excel.Interfaces.RangeFillData

を呼び出 rangeFill.toJSON()して返されるデータを記述するインターフェイス。

Excel.Interfaces.RangeFillLoadOptions

Range オブジェクトの背景を表します。

Excel.Interfaces.RangeFillUpdateData

で使用 rangeFill.set({ ... })するための RangeFill オブジェクトのデータを更新するためのインターフェイス。

Excel.Interfaces.RangeFontData

を呼び出 rangeFont.toJSON()して返されるデータを記述するインターフェイス。

Excel.Interfaces.RangeFontLoadOptions

このオブジェクトは、オブジェクトのフォントの属性 (フォント名、フォント サイズ、色など) を表します。

Excel.Interfaces.RangeFontUpdateData

で使用 rangeFont.set({ ... })する RangeFont オブジェクトのデータを更新するためのインターフェイス。

Excel.Interfaces.RangeFormatData

を呼び出 rangeFormat.toJSON()して返されるデータを記述するインターフェイス。

Excel.Interfaces.RangeFormatLoadOptions

範囲のフォント、塗りつぶし、境界線、配置などのプロパティをカプセル化する、書式設定オブジェクトです。

Excel.Interfaces.RangeFormatUpdateData

で使用 rangeFormat.set({ ... })する RangeFormat オブジェクトのデータを更新するためのインターフェイス。

Excel.Interfaces.RangeLoadOptions

範囲は、セル、行、列、セルのブロックなど、1 つ以上の連続したセルのセットを表します。 API 全体での範囲の使用方法の詳細については、 Excel JavaScript API の範囲から始めます。

Excel.Interfaces.RangeUpdateData

で使用 range.set({ ... })するための Range オブジェクトのデータを更新するためのインターフェイス。

Excel.Interfaces.RangeViewCollectionData

を呼び出 rangeViewCollection.toJSON()して返されるデータを記述するインターフェイス。

Excel.Interfaces.RangeViewCollectionLoadOptions

オブジェクトの RangeView コレクションを表します。

Excel.Interfaces.RangeViewCollectionUpdateData

で使用 rangeViewCollection.set({ ... })する RangeViewCollection オブジェクトのデータを更新するためのインターフェイス。

Excel.Interfaces.RangeViewData

を呼び出 rangeView.toJSON()して返されるデータを記述するインターフェイス。

Excel.Interfaces.RangeViewLoadOptions

RangeView は、親の範囲の表示されているセルのセットを表します。

Excel.Interfaces.RangeViewUpdateData

で使用 rangeView.set({ ... })する RangeView オブジェクトのデータを更新するためのインターフェイス。

Excel.Interfaces.RemoveDuplicatesResultData

を呼び出 removeDuplicatesResult.toJSON()して返されるデータを記述するインターフェイス。

Excel.Interfaces.RemoveDuplicatesResultLoadOptions

Range.removeDuplicates結果を表します。

Excel.Interfaces.RowColumnPivotHierarchyCollectionData

を呼び出 rowColumnPivotHierarchyCollection.toJSON()して返されるデータを記述するインターフェイス。

Excel.Interfaces.RowColumnPivotHierarchyCollectionLoadOptions

ピボットテーブルに関連付けられている RowColumnPivotHierarchy 項目のコレクションを表します。

Excel.Interfaces.RowColumnPivotHierarchyCollectionUpdateData

で使用するための RowColumnPivotHierarchyCollection オブジェクトの rowColumnPivotHierarchyCollection.set({ ... })データを更新するためのインターフェイス。

Excel.Interfaces.RowColumnPivotHierarchyData

を呼び出 rowColumnPivotHierarchy.toJSON()して返されるデータを記述するインターフェイス。

Excel.Interfaces.RowColumnPivotHierarchyLoadOptions

Excel RowColumnPivotHierarchy を表します。

Excel.Interfaces.RowColumnPivotHierarchyUpdateData

で使用する RowColumnPivotHierarchy オブジェクトの rowColumnPivotHierarchy.set({ ... })データを更新するためのインターフェイス。

Excel.Interfaces.RuntimeData

を呼び出 runtime.toJSON()して返されるデータを記述するインターフェイス。

Excel.Interfaces.RuntimeLoadOptions

Excel ランタイム クラスを表します。

Excel.Interfaces.RuntimeUpdateData

で使用 runtime.set({ ... })する Runtime オブジェクトのデータを更新するためのインターフェイス。

Excel.Interfaces.SettingCollectionData

を呼び出 settingCollection.toJSON()して返されるデータを記述するインターフェイス。

Excel.Interfaces.SettingCollectionLoadOptions

ブックの一部であるキーと値のペア設定オブジェクトのコレクションを表します。 スコープは、ファイルとアドイン (作業ウィンドウまたはコンテンツ) の組み合わせごとに制限されます。

Excel.Interfaces.SettingCollectionUpdateData

で使用 settingCollection.set({ ... })する SettingCollection オブジェクトのデータを更新するためのインターフェイス。

Excel.Interfaces.SettingData

を呼び出 setting.toJSON()して返されるデータを記述するインターフェイス。

Excel.Interfaces.SettingLoadOptions

設定は、ドキュメントに永続化される設定のキーと値のペアを表します (ファイルごと、アドインごと)。 これらのカスタム キーと値のペアを使用して、コンテンツまたは作業ウィンドウ アドインで必要な状態またはライフサイクル情報を格納できます。 設定はドキュメントに保持されるため、ユーザー情報やパスワードなどの機密情報や保護された情報を保存する場所ではないことに注意してください。

Excel.Interfaces.SettingUpdateData

で使用 setting.set({ ... })する Setting オブジェクトのデータを更新するためのインターフェイス。

Excel.Interfaces.ShapeCollectionData

を呼び出 shapeCollection.toJSON()して返されるデータを記述するインターフェイス。

Excel.Interfaces.ShapeCollectionLoadOptions

ワークシート内のすべての図形のコレクションを表します。

Excel.Interfaces.ShapeCollectionUpdateData

で使用 shapeCollection.set({ ... })する ShapeCollection オブジェクトのデータを更新するためのインターフェイス。

Excel.Interfaces.ShapeData

を呼び出 shape.toJSON()して返されるデータを記述するインターフェイス。

Excel.Interfaces.ShapeFillData

を呼び出 shapeFill.toJSON()して返されるデータを記述するインターフェイス。

Excel.Interfaces.ShapeFillLoadOptions

図形オブジェクトの塗りつぶしの書式設定を表します。

Excel.Interfaces.ShapeFillUpdateData

で使用 shapeFill.set({ ... })する ShapeFill オブジェクトのデータを更新するためのインターフェイス。

Excel.Interfaces.ShapeFontData

を呼び出 shapeFont.toJSON()して返されるデータを記述するインターフェイス。

Excel.Interfaces.ShapeFontLoadOptions

図形 TextRange のオブジェクトのフォント名、フォント サイズ、色などのフォント属性を表します。

Excel.Interfaces.ShapeFontUpdateData

で使用 shapeFont.set({ ... })する ShapeFont オブジェクトのデータを更新するためのインターフェイス。

Excel.Interfaces.ShapeGroupData

を呼び出 shapeGroup.toJSON()して返されるデータを記述するインターフェイス。

Excel.Interfaces.ShapeGroupLoadOptions

ワークシート内の図形グループを表します。 対応する Shape オブジェクトを取得するには、 を使用 ShapeGroup.shapeします。

Excel.Interfaces.ShapeLineFormatData

を呼び出 shapeLineFormat.toJSON()して返されるデータを記述するインターフェイス。

Excel.Interfaces.ShapeLineFormatLoadOptions

図形オブジェクトの線の書式を表します。 画像と幾何学的図形の場合、線の書式設定は図形の境界線を表します。

Excel.Interfaces.ShapeLineFormatUpdateData

で使用 shapeLineFormat.set({ ... })する ShapeLineFormat オブジェクトのデータを更新するためのインターフェイス。

Excel.Interfaces.ShapeLoadOptions

ワークシート内のジェネリック図形オブジェクトを表します。 図形には、幾何学的図形、線、図形のグループなどがあります。図形オブジェクト モデルの詳細については、「 Excel JavaScript API を使用した図形の操作」を参照してください。

Excel.Interfaces.ShapeUpdateData

で使用 shape.set({ ... })する Shape オブジェクトのデータを更新するためのインターフェイス。

Excel.Interfaces.SlicerCollectionData

を呼び出 slicerCollection.toJSON()して返されるデータを記述するインターフェイス。

Excel.Interfaces.SlicerCollectionLoadOptions

ブックまたはワークシート内のすべてのスライサー オブジェクトのコレクションを表します。

Excel.Interfaces.SlicerCollectionUpdateData

で使用 slicerCollection.set({ ... })する SlicerCollection オブジェクトのデータを更新するためのインターフェイス。

Excel.Interfaces.SlicerData

を呼び出 slicer.toJSON()して返されるデータを記述するインターフェイス。

Excel.Interfaces.SlicerItemCollectionData

を呼び出 slicerItemCollection.toJSON()して返されるデータを記述するインターフェイス。

Excel.Interfaces.SlicerItemCollectionLoadOptions

スライサー内のすべてのスライサー項目オブジェクトのコレクションを表します。

Excel.Interfaces.SlicerItemCollectionUpdateData

で使用 slicerItemCollection.set({ ... })する SlicerItemCollection オブジェクトのデータを更新するためのインターフェイス。

Excel.Interfaces.SlicerItemData

を呼び出 slicerItem.toJSON()して返されるデータを記述するインターフェイス。

Excel.Interfaces.SlicerItemLoadOptions

スライサー内のスライサー項目を表します。

Excel.Interfaces.SlicerItemUpdateData

で使用 slicerItem.set({ ... })する SlicerItem オブジェクトのデータを更新するためのインターフェイス。

Excel.Interfaces.SlicerLoadOptions

ブック内の Slicer オブジェクトを表します。

Excel.Interfaces.SlicerStyleCollectionData

を呼び出 slicerStyleCollection.toJSON()して返されるデータを記述するインターフェイス。

Excel.Interfaces.SlicerStyleCollectionLoadOptions

オブジェクトの SlicerStyle コレクションを表します。

Excel.Interfaces.SlicerStyleCollectionUpdateData

で使用 slicerStyleCollection.set({ ... })する SlicerStyleCollection オブジェクトのデータを更新するためのインターフェイス。

Excel.Interfaces.SlicerStyleData

を呼び出 slicerStyle.toJSON()して返されるデータを記述するインターフェイス。

Excel.Interfaces.SlicerStyleLoadOptions

スライサーの領域によってスタイル要素を定義するスライサー スタイルを表します。

Excel.Interfaces.SlicerStyleUpdateData

で使用 slicerStyle.set({ ... })する SlicerStyle オブジェクトのデータを更新するためのインターフェイス。

Excel.Interfaces.SlicerUpdateData

で使用 slicer.set({ ... })するために、Slicer オブジェクトのデータを更新するためのインターフェイス。

Excel.Interfaces.StyleCollectionData

を呼び出 styleCollection.toJSON()して返されるデータを記述するインターフェイス。

Excel.Interfaces.StyleCollectionLoadOptions

すべてのスタイルのコレクションを表します。

Excel.Interfaces.StyleCollectionUpdateData

で使用 styleCollection.set({ ... })する StyleCollection オブジェクトのデータを更新するためのインターフェイス。

Excel.Interfaces.StyleData

を呼び出 style.toJSON()して返されるデータを記述するインターフェイス。

Excel.Interfaces.StyleLoadOptions

スタイルの形式とその他のプロパティをカプセル化するオブジェクト。

Excel.Interfaces.StyleUpdateData

で使用 style.set({ ... })する Style オブジェクトのデータを更新するためのインターフェイス。

Excel.Interfaces.TableCollectionData

を呼び出 tableCollection.toJSON()して返されるデータを記述するインターフェイス。

Excel.Interfaces.TableCollectionLoadOptions

ブックまたはワークシートの一部として含まれる、すべてのテーブルのコレクションを、到達方法に応じて表します。

Excel.Interfaces.TableCollectionUpdateData

で使用 tableCollection.set({ ... })する TableCollection オブジェクトのデータを更新するためのインターフェイス。

Excel.Interfaces.TableColumnCollectionData

を呼び出 tableColumnCollection.toJSON()して返されるデータを記述するインターフェイス。

Excel.Interfaces.TableColumnCollectionLoadOptions

表の一部であるすべての列のコレクションを表します。

Excel.Interfaces.TableColumnCollectionUpdateData

で使用する TableColumnCollection オブジェクトの tableColumnCollection.set({ ... })データを更新するためのインターフェイス。

Excel.Interfaces.TableColumnData

を呼び出 tableColumn.toJSON()して返されるデータを記述するインターフェイス。

Excel.Interfaces.TableColumnLoadOptions

テーブル内にある 1 つの列を表します。

Excel.Interfaces.TableColumnUpdateData

で使用 tableColumn.set({ ... })する TableColumn オブジェクトのデータを更新するためのインターフェイス。

Excel.Interfaces.TableData

を呼び出 table.toJSON()して返されるデータを記述するインターフェイス。

Excel.Interfaces.TableLoadOptions

Excel の表を表します。 テーブル オブジェクト モデルの詳細については、「 Excel JavaScript API を使用したテーブルの操作」を参照してください。

Excel.Interfaces.TableRowCollectionData

を呼び出 tableRowCollection.toJSON()して返されるデータを記述するインターフェイス。

Excel.Interfaces.TableRowCollectionLoadOptions

表の一部であるすべての行のコレクションを表します。

範囲または列とは異なり、新しい行または列の前に TableRow 追加された場合に調整されます。オブジェクトはテーブル行の物理的な場所を表しますが、データは表の場所を表しません。 つまり、データが並べ替えられた場合、または新しい行が追加された場合、テーブル行は作成されたインデックスを指し続けます。

Excel.Interfaces.TableRowCollectionUpdateData

で使用 tableRowCollection.set({ ... })する TableRowCollection オブジェクトのデータを更新するためのインターフェイス。

Excel.Interfaces.TableRowData

を呼び出 tableRow.toJSON()して返されるデータを記述するインターフェイス。

Excel.Interfaces.TableRowLoadOptions

テーブル内の行を表します。

範囲または列とは異なり、新しい行または列の前に TableRow 追加された場合に調整されます。オブジェクトはテーブル行の物理的な場所を表しますが、データは表の場所を表しません。 つまり、データが並べ替えられた場合、または新しい行が追加された場合、テーブル行は作成されたインデックスを指し続けます。

Excel.Interfaces.TableRowUpdateData

で使用 tableRow.set({ ... })する TableRow オブジェクトのデータを更新するためのインターフェイス。

Excel.Interfaces.TableScopedCollectionData

を呼び出 tableScopedCollection.toJSON()して返されるデータを記述するインターフェイス。

Excel.Interfaces.TableScopedCollectionLoadOptions

テーブルのスコープ付きコレクションを表します。 各テーブルの左上隅はアンカー位置と見なされ、テーブルは上から下に並べ替えられ、次に左から右に並べ替えられます。

Excel.Interfaces.TableScopedCollectionUpdateData

で使用 tableScopedCollection.set({ ... })する TableScopedCollection オブジェクトのデータを更新するためのインターフェイス。

Excel.Interfaces.TableSortData

を呼び出 tableSort.toJSON()して返されるデータを記述するインターフェイス。

Excel.Interfaces.TableSortLoadOptions

オブジェクトの並べ替え操作を Table 管理します。

Excel.Interfaces.TableStyleCollectionData

を呼び出 tableStyleCollection.toJSON()して返されるデータを記述するインターフェイス。

Excel.Interfaces.TableStyleCollectionLoadOptions

テーブル スタイルのコレクションを表します。

Excel.Interfaces.TableStyleCollectionUpdateData

で使用 tableStyleCollection.set({ ... })する TableStyleCollection オブジェクトのデータを更新するためのインターフェイス。

Excel.Interfaces.TableStyleData

を呼び出 tableStyle.toJSON()して返されるデータを記述するインターフェイス。

Excel.Interfaces.TableStyleLoadOptions

テーブルの領域によってスタイル要素を定義するテーブル スタイルを表します。

Excel.Interfaces.TableStyleUpdateData

で使用 tableStyle.set({ ... })する TableStyle オブジェクトのデータを更新するためのインターフェイス。

Excel.Interfaces.TableUpdateData

で使用 table.set({ ... })する Table オブジェクトのデータを更新するためのインターフェイス。

Excel.Interfaces.TextConditionalFormatData

を呼び出 textConditionalFormat.toJSON()して返されるデータを記述するインターフェイス。

Excel.Interfaces.TextConditionalFormatLoadOptions

特定のテキストの条件付き書式を表します。

Excel.Interfaces.TextConditionalFormatUpdateData

で使用 textConditionalFormat.set({ ... })する TextConditionalFormat オブジェクトのデータを更新するためのインターフェイス。

Excel.Interfaces.TextFrameData

を呼び出 textFrame.toJSON()して返されるデータを記述するインターフェイス。

Excel.Interfaces.TextFrameLoadOptions

図形オブジェクトのテキスト フレームを表します。

Excel.Interfaces.TextFrameUpdateData

で使用 textFrame.set({ ... })する TextFrame オブジェクトのデータを更新するためのインターフェイス。

Excel.Interfaces.TextRangeData

を呼び出 textRange.toJSON()して返されるデータを記述するインターフェイス。

Excel.Interfaces.TextRangeLoadOptions

図形に結合するテキストや、テキストを操作するためのプロパティおよびメソッドが含まれます。

Excel.Interfaces.TextRangeUpdateData

で使用 textRange.set({ ... })する TextRange オブジェクトのデータを更新するためのインターフェイス。

Excel.Interfaces.TimelineStyleCollectionData

を呼び出 timelineStyleCollection.toJSON()して返されるデータを記述するインターフェイス。

Excel.Interfaces.TimelineStyleCollectionLoadOptions

タイムライン スタイルのコレクションを表します。

Excel.Interfaces.TimelineStyleCollectionUpdateData

で使用 timelineStyleCollection.set({ ... })する TimelineStyleCollection オブジェクトのデータを更新するためのインターフェイス。

Excel.Interfaces.TimelineStyleData

を呼び出 timelineStyle.toJSON()して返されるデータを記述するインターフェイス。

Excel.Interfaces.TimelineStyleLoadOptions

タイムライン内の TimelineStyle領域によってスタイル要素を定義する を表します。

Excel.Interfaces.TimelineStyleUpdateData

で使用 timelineStyle.set({ ... })する TimelineStyle オブジェクトのデータを更新するためのインターフェイス。

Excel.Interfaces.TopBottomConditionalFormatData

を呼び出 topBottomConditionalFormat.toJSON()して返されるデータを記述するインターフェイス。

Excel.Interfaces.TopBottomConditionalFormatLoadOptions

上下の条件付き書式を表します。

Excel.Interfaces.TopBottomConditionalFormatUpdateData

で使用 topBottomConditionalFormat.set({ ... })する TopBottomConditionalFormat オブジェクトのデータを更新するためのインターフェイス。

Excel.Interfaces.WorkbookCreatedData

を呼び出 workbookCreated.toJSON()して返されるデータを記述するインターフェイス。

Excel.Interfaces.WorkbookData

を呼び出 workbook.toJSON()して返されるデータを記述するインターフェイス。

Excel.Interfaces.WorkbookLoadOptions

ブックは、ワークシート、テーブル、範囲などの関連するブック オブジェクトを含む最上位のオブジェクトです。 ブック オブジェクト モデルの詳細については、「 Excel JavaScript API を使用してブックを操作する」を参照してください。

Excel.Interfaces.WorkbookProtectionData

を呼び出 workbookProtection.toJSON()して返されるデータを記述するインターフェイス。

Excel.Interfaces.WorkbookProtectionLoadOptions

ブック オブジェクトの保護を表します。

Excel.Interfaces.WorkbookRangeAreasData

を呼び出 workbookRangeAreas.toJSON()して返されるデータを記述するインターフェイス。

Excel.Interfaces.WorkbookRangeAreasLoadOptions

複数のワークシート内の 1 つまたは複数の四角形の範囲のコレクションを表します。

Excel.Interfaces.WorkbookUpdateData

で使用 workbook.set({ ... })する Workbook オブジェクトのデータを更新するためのインターフェイス。

Excel.Interfaces.WorksheetCollectionData

を呼び出 worksheetCollection.toJSON()して返されるデータを記述するインターフェイス。

Excel.Interfaces.WorksheetCollectionLoadOptions

ブックの一部であるワークシート オブジェクトのコレクションを表します。

Excel.Interfaces.WorksheetCollectionUpdateData

で使用 worksheetCollection.set({ ... })する WorksheetCollection オブジェクトのデータを更新するためのインターフェイス。

Excel.Interfaces.WorksheetCustomPropertyCollectionData

を呼び出 worksheetCustomPropertyCollection.toJSON()して返されるデータを記述するインターフェイス。

Excel.Interfaces.WorksheetCustomPropertyCollectionLoadOptions

ワークシート レベルのカスタム プロパティのコレクションを格納します。

Excel.Interfaces.WorksheetCustomPropertyCollectionUpdateData

で使用する WorksheetCustomPropertyCollection オブジェクトの worksheetCustomPropertyCollection.set({ ... })データを更新するためのインターフェイス。

Excel.Interfaces.WorksheetCustomPropertyData

を呼び出 worksheetCustomProperty.toJSON()して返されるデータを記述するインターフェイス。

Excel.Interfaces.WorksheetCustomPropertyLoadOptions

ワークシート レベルのカスタム プロパティを表します。

Excel.Interfaces.WorksheetCustomPropertyUpdateData

で使用する WorksheetCustomProperty オブジェクトの worksheetCustomProperty.set({ ... })データを更新するためのインターフェイス。

Excel.Interfaces.WorksheetData

を呼び出 worksheet.toJSON()して返されるデータを記述するインターフェイス。

Excel.Interfaces.WorksheetLoadOptions

Excel のワークシートは、セルのグリッドです。 データ、テーブル、グラフなどを含めることができます。ワークシート オブジェクト モデルの詳細については、「 Excel JavaScript API を使用してワークシートを操作する」を参照してください。

Excel.Interfaces.WorksheetProtectionData

を呼び出 worksheetProtection.toJSON()して返されるデータを記述するインターフェイス。

Excel.Interfaces.WorksheetProtectionLoadOptions

ワークシート オブジェクトの保護を表します。

Excel.Interfaces.WorksheetUpdateData

で使用 worksheet.set({ ... })するための Worksheet オブジェクトのデータを更新するためのインターフェイス。

Excel.LinkedDataTypeAddedEventArgs

新しいリンクされたデータ型がブックに追加された後にイベント ハンドラーに渡される引数。

Excel.LinkedEntityCellValue

プロパティがサービスから派生する値を表します。

Excel.LinkedEntityId

リンクされたエンティティ ID オブジェクトは、このサービス定義値を検索するためのサービスとカルチャを記述するプロパティのセットを表します。

Excel.ListDataValidation

List データ検証条件を表します。

Excel.LocalImageCellValue

ローカルに格納または生成されたイメージを含むセルの値を表します。

Excel.LocalImageCellValueCacheId

以前にキャッシュされたイメージの UID。

Excel.MixedCellControl

複数のセル コントロールが生成されたクエリの結果を表します。 結果に複数のコントロールがある場合は、1 つの結果として表すことはできません。 [ API セット: ExcelApi BETA (プレビューのみ) ]

Excel.NameErrorCellValue

#NAME を含むセルの値を表します。エラー。

Excel.NotAvailableErrorCellValue

#N/A! を含むセルの値を表します。 エラーを返します。

Excel.NullErrorCellValue

#NULL を含むセルの値を表します。 エラーを返します。

Excel.NumErrorCellValue

#NUM を含むセルの値を表します。 エラーを返します。

Excel.PageLayoutMarginOptions

ページ レイアウト余白のオプションを表します。

Excel.PageLayoutZoomOptions

ページズームプロパティを表します。

Excel.PivotDateFilter

PivotField に適用する日付フィルターの構成可能なテンプレート。 は condition 、フィルターを動作させるために設定する必要がある条件を定義します。

Excel.PivotFilters

現在特定の PivotField に適用されているすべての PivotFilter を表すインターフェイス。

Excel.PivotLabelFilter

PivotField に適用するラベル フィルター用の構成可能なテンプレート。 は condition 、フィルターを動作させるために設定する必要がある条件を定義します。

Excel.PivotManualFilter

PivotField に適用する手動フィルター用の構成可能なテンプレート。 は condition 、フィルターを動作させるために設定する必要がある条件を定義します。

Excel.PivotValueFilter

PivotField に適用する値フィルターの構成可能なテンプレート。 は condition 、フィルターを動作させるために設定する必要がある条件を定義します。

Excel.PlaceholderErrorCellValue

#BUSY を含むセルの値を表します。 エラーを返します。 この種類のエラーは、セルの値のダウンロード中にプレースホルダーとして使用されます。

Excel.PythonErrorCellValue

#PYTHON を含むセルの値を表します。 エラーを返します。

Excel.RangeHyperlink

ハイパーリンク (XHL) オブジェクトを取得または設定するために必要な文字列を表します。

Excel.RangeReference

"SheetName!A1:B5"、またはグローバルまたはローカルの名前付き範囲。

Excel.ReferenceCellValue

への referencedValues参照を表します。 この参照を使用するシナリオの 1 つは、セル値オブジェクト (など) の複製を回避することです EntityCellValue。 で referencedValuesセル値オブジェクトを 1 回定義し、重複した値が表示される場所を ReferenceCellValue 使用して、多くの場所からそのセル値を参照します。

Excel.RefErrorCellValue

#REF を含むセルの値を表します。 エラーを返します。

Excel.RefreshModeChangedEventArgs

ソースや ID など、新しく追加されたリンクされたデータ型に関する情報を表します。

Excel.RefreshRequestCompletedEventArgs

外部サービスまたはリンクへの更新要求の完了時にイベント ハンドラーに渡される引数。

Excel.ReplaceCriteria

使用する置換条件を表します。

Excel.RootReferenceCellValue

を含む値への参照を表します referencedValues

Excel.RowProperties

getRowProperties の返されるプロパティを表します。

[ API セット: ExcelApi 1.9 ]

Excel.RowPropertiesLoadOptions

"range.getRowProperties" メソッドの一部として使用する場合に読み込む行プロパティを表します。

[ API セット: ExcelApi 1.9 ]

Excel.RunOptions
Excel.SearchCriteria

使用する検索条件を表します。

Excel.SelectionChangedEventArgs

選択変更イベントを発生させたドキュメントに関する情報を提供します。

Excel.Session
Excel.SettableCellProperties

setCellProperties の入力パラメーターを表します。

[ API セット: ExcelApi 1.9 ]

Excel.SettableColumnProperties

setColumnProperties の入力パラメーターを表します。

[ API セット: ExcelApi 1.9 ]

Excel.SettableRowProperties

setRowProperties の入力パラメーターを表します。

[ API セット: ExcelApi 1.9 ]

Excel.SettingsChangedEventArgs

設定変更イベントを発生させた設定に関する情報を提供します

Excel.ShapeActivatedEventArgs

アクティブ化されたイベントを発生させた図形に関する情報を提供します。

Excel.ShapeDeactivatedEventArgs

非アクティブ化されたイベントを発生させた図形に関する情報を提供します。

Excel.ShowAsRule
Excel.SortField

並べ替え操作の条件を表します。

Excel.SpillErrorCellValue

#SPILL を含むセルの値を表します。 エラーを返します。

Excel.StringCellValue

文字列を含むセルの値を表します。

Excel.Subtotals

ピボット フィールドの小計。

Excel.TableAddedEventArgs

追加されたイベントを発生させたテーブルに関する情報を提供します。

Excel.TableChangedEventArgs

変更されたイベントを発生させたテーブルに関する情報を提供します。

Excel.TableDeletedEventArgs

削除されたイベントを発生させたテーブルに関する情報を提供します。

Excel.TableFilteredEventArgs

フィルター適用イベントを発生させたテーブルに関する情報を提供します。

Excel.TableSelectionChangedEventArgs

選択変更イベントを発生させたテーブルに関する情報を提供します。

Excel.ThreeArrowsGraySet

[ API セット: ExcelApi 1.2 ]

Excel.ThreeArrowsSet

[ API セット: ExcelApi 1.2 ]

Excel.ThreeFlagsSet

[ API セット: ExcelApi 1.2 ]

Excel.ThreeSignsSet

[ API セット: ExcelApi 1.2 ]

Excel.ThreeStarsSet

[ API セット: ExcelApi 1.2 ]

Excel.ThreeSymbols2Set

[ API セット: ExcelApi 1.2 ]

Excel.ThreeSymbolsSet

[ API セット: ExcelApi 1.2 ]

Excel.ThreeTrafficLights1Set

[ API セット: ExcelApi 1.2 ]

Excel.ThreeTrafficLights2Set

[ API セット: ExcelApi 1.2 ]

Excel.ThreeTrianglesSet

[ API セット: ExcelApi 1.2 ]

Excel.TimeoutErrorCellValue

#TIMEOUT を含むセルの値を表します。 エラーを返します。

Excel.UnknownCellControl

不明なセル コントロールを表します。 これは、将来のバージョンの Excel で追加されたコントロールを表します。現在のバージョンの Excel では、このコントロールを表示する方法がわかりません。 [ API セット: ExcelApi BETA (プレビューのみ) ]

Excel.ValueErrorCellValue

#VALUE を含むセルの値を表します。 エラーを返します。

Excel.ValueTypeNotAvailableCellValue

シリアル化できない値の種類を含むセルの値を表します。 たとえば、#UNKNOWN! このバージョンの Excel では認識されていないリッチ値の種類を表す error。

Excel.WebImageCellValue

インターネットからダウンロードしたイメージを含むセルの値を表します。

Excel.WorkbookActivatedEventArgs

アクティブ化されたイベントを発生させたブックに関する情報を提供します。

Excel.WorkbookAutoSaveSettingChangedEventArgs

ブックのイベントに関する情報を onAutoSaveSettingChanged 提供します。

Excel.WorksheetActivatedEventArgs

アクティブ化されたイベントを発生させたワークシートに関する情報を提供します。

Excel.WorksheetAddedEventArgs

追加されたイベントを発生させたワークシートに関する情報を提供します。

Excel.WorksheetCalculatedEventArgs

計算イベントを発生させたワークシートに関する情報を提供します。

Excel.WorksheetChangedEventArgs

変更されたイベントを発生させたワークシートに関する情報を提供します。

Excel.WorksheetColumnSortedEventArgs

列で並べ替えられたイベントとその関連ワークシートに関する情報を提供します。

Excel.WorksheetDeactivatedEventArgs

非アクティブ化されたイベントを発生させたワークシートに関する情報を提供します。

Excel.WorksheetDeletedEventArgs

削除されたイベントを発生させたワークシートに関する情報を提供します。

Excel.WorksheetFilteredEventArgs

フィルター適用イベントを発生させたワークシートに関する情報を提供します。

Excel.WorksheetFormatChangedEventArgs

ワークシート形式変更イベントに関する情報を提供します。

Excel.WorksheetFormulaChangedEventArgs

数式変更イベントを発生させたワークシートと数式に関する情報を提供します。

Excel.WorksheetMovedEventArgs

ワークシートがブック内で移動されたときに通知します。

ワークシートが Excel UI を介してブック内のある位置から別の位置に移動された場合、この API によってイベントがトリガーされます。 別のワークシートを移動した結果、ワークシートの位置が変更された場合、このイベントは両方の位置の変更に対してトリガーされません。 このイベントは、プライマリ ワークシートの移動に対してのみトリガーされ、そのプライマリ移動の結果として発生するワークシート位置の変更はトリガーされません。

Excel.WorksheetNameChangedEventArgs

名前が変更されたワークシートに関する情報を提供します。

Excel.WorksheetProtectionChangedEventArgs

保護状態の変更イベントを発生させたワークシートに関する情報を提供します。このイベントは、ワークシートで保護状態が更新されたときに発生します。

Excel.WorksheetProtectionOptions

シート保護のオプションを表します。

Excel.WorksheetRowHiddenChangedEventArgs

ワークシートの行非表示変更イベントに関する情報を提供します。

Excel.WorksheetRowSortedEventArgs

行並べ替えイベントとその関連ワークシートに関する情報を提供します。

Excel.WorksheetSearchCriteria

使用するワークシートの検索条件を表します。

Excel.WorksheetSelectionChangedEventArgs

選択変更イベントを発生させたワークシートに関する情報を提供します。

Excel.WorksheetSingleClickedEventArgs

左クリックまたはタップされたイベントとその関連ワークシートに関する情報を提供します。

Excel.WorksheetVisibilityChangedEventArgs

可視性が変更されたワークシートに関する情報を提供します。

型エイリアス

Excel.CardLayout

カード ビューでのカードのレイアウトを表します。

Excel.CardLayoutSection

カード ビューのカードのセクションのレイアウトを表します。

Excel.CellControl

セル内の対話可能なコントロールを表します。 [ API セット: ExcelApi BETA (プレビューのみ) ]

Excel.CellValue

セル内の値を表します。

Excel.CellValueAndPropertyMetadata

プロパティの値とメタデータを表します。 メタデータはプロパティ (値ではなく) に適用されますが、この型の値と組み合わされます。

Excel.CompactLayout

エンティティを表すスペースが限られている場合に使用されるレイアウトを表します。

Excel.EntityPropertyType

プロパティの値を表します。

Excel.ErrorCellValue

エラーを含むセル値を表します。

Excel.ReferencedValue

セル内の値を表します。

列挙型

Excel.AggregationFunction

DataPivotHierarchy集計関数。

Excel.ArrowheadLength
Excel.ArrowheadStyle
Excel.ArrowheadWidth
Excel.AutoFillType

ブック内の範囲でオートフィルを使用する場合の動作の種類。

Excel.Base64EncodingType

base64 エンコードで表されるファイルの種類。

Excel.BindingType
Excel.BlockedErrorCellValueSubType

#BLOCKED の種類を表します。 エラー。

Excel.BorderIndex
Excel.BorderLineStyle
Excel.BorderWeight
Excel.BuiltInPivotTableStyle

組み込みのピボットテーブル スタイルを表します

Excel.BuiltInSlicerStyle

組み込みのスライサー スタイルを表します。

Excel.BuiltInStyle
Excel.BuiltInTableStyle

組み込みのテーブル スタイルを表します。

Excel.BusyErrorCellValueSubType

#BUSY の種類を表します。 エラー。

Excel.CalcErrorCellValueSubType

#CALC の種類を表します。 エラー。

Excel.CalculationMode
Excel.CalculationState

Excel アプリケーション全体の計算の状態を表します。

Excel.CalculationType
Excel.CellControlType

セル コントロールの種類を表します。 [ API セット: ExcelApi BETA (プレビューのみ) ]

Excel.CellValueType

オブジェクトの型を CellValue 表します。

Excel.ChartAxisCategoryType

項目軸の種類を指定します。

Excel.ChartAxisDisplayUnit
Excel.ChartAxisGroup
Excel.ChartAxisPosition
Excel.ChartAxisScaleType
Excel.ChartAxisTickLabelPosition
Excel.ChartAxisTickMark
Excel.ChartAxisTimeUnit

グラフ軸とデータ系列の時間の単位を指定します。

Excel.ChartAxisType
Excel.ChartBinType

ヒストグラム グラフまたはパレート グラフ系列のビンの種類を指定します。

Excel.ChartBoxQuartileCalculation

グラフ系列レイアウトの四分位数計算の種類を表します。 ボックスグラフとウィスカー チャートにのみ適用されます。

Excel.ChartColorScheme
Excel.ChartDataLabelPosition
Excel.ChartDataSourceType

グラフ系列のデータ ソースの種類を指定します。

Excel.ChartDisplayBlanksAs
Excel.ChartErrorBarsInclude

エラー バーのどの部分を含めるかを表します。

Excel.ChartErrorBarsType

エラー バーの範囲の種類を表します。

Excel.ChartGradientStyle

グラフ系列のグラデーション スタイルを表します。 これは、リージョン マップ グラフにのみ適用されます。

Excel.ChartGradientStyleType

グラフ系列のグラデーション スタイルの種類を表します。 これは、リージョン マップ グラフにのみ適用されます。

Excel.ChartLegendPosition
Excel.ChartLineStyle
Excel.ChartMapAreaLevel

グラフ系列のマッピング レベルを表します。 これは、リージョン マップ グラフにのみ適用されます。

Excel.ChartMapLabelStrategy

グラフ系列レイアウトの領域レベルを表します。 これは、リージョン マップ グラフにのみ適用されます。

Excel.ChartMapProjectionType

グラフ系列レイアウトの領域投影の種類を表します。 これは、リージョン マップ グラフにのみ適用されます。

Excel.ChartMarkerStyle
Excel.ChartParentLabelStrategy

グラフ系列レイアウトの親ラベル戦略を表します。 これはツリーマップ チャートにのみ適用されます

Excel.ChartPlotAreaPosition
Excel.ChartPlotBy
Excel.ChartSeriesBy

系列が行別か列別かを指定します。 Excel on desktop では、"auto" オプションによってソース データ図形が検査され、データが行または列によって自動的に推測されます。 Excel on the web では、"auto" は既定で "columns" になります。

Excel.ChartSeriesDimension

グラフ系列から値を取得するときのディメンションを表します。

Excel.ChartSplitType
Excel.ChartTextHorizontalAlignment

指定したオブジェクトの水平方向の配置を表します。

Excel.ChartTextVerticalAlignment

指定したオブジェクトの垂直方向の配置を表します。

Excel.ChartTickLabelAlignment
Excel.ChartTitlePosition

グラフ タイトルの位置を表します。

Excel.ChartTrendlineType
Excel.ChartType
Excel.ChartUnderlineStyle
Excel.ClearApplyTo
Excel.CloseBehavior

の閉じる動作を指定します Workbook.close

Excel.CommentChangeType

イベント内のコメントがどのように変更されたかを表します。

Excel.ConditionalCellValueOperator

テキストの条件付き書式の種類の演算子を表します。

Excel.ConditionalDataBarAxisFormat

データ バー軸の書式オプションを表します。

Excel.ConditionalDataBarDirection

セル内のデータ バーの方向を表します。

Excel.ConditionalFormatColorCriterionType

条件付き書式の色条件の種類を表します。

Excel.ConditionalFormatDirection

選択範囲の方向を表します。

Excel.ConditionalFormatIconRuleType

アイコンの条件付き書式の種類を表します。

Excel.ConditionalFormatPresetCriterion

事前設定された条件の条件付き書式の種類の条件を表します。

Excel.ConditionalFormatRuleType

条件付き書式の値の種類を表します。

Excel.ConditionalFormatType
Excel.ConditionalIconCriterionOperator

各アイコン条件の演算子を表します。

Excel.ConditionalRangeBorderIndex
Excel.ConditionalRangeBorderLineStyle
Excel.ConditionalRangeFontUnderlineStyle
Excel.ConditionalTextOperator

テキストの条件付き書式の種類の演算子を表します。

Excel.ConditionalTopBottomCriterionType

上記または下の平均条件付き書式の種類の条件を表します。

Excel.ConnectErrorCellValueSubType

#CONNECT の種類を表します。 エラー。

Excel.ConnectorType
Excel.ContentType
Excel.DataChangeType
Excel.DataSourceType

コマンドの種類 DataConnectionを表します。

Excel.DataValidationAlertStyle

データ検証エラーアラートのスタイルを表します。 既定値は です Stop

Excel.DataValidationOperator

データ検証演算子列挙型を表します。

Excel.DataValidationType

データ検証型列挙型を表します。

Excel.DateFilterCondition

日付フィルターを適用できる、受け入れられるすべての条件を表す列挙型。 フィールドに適用される PivotFilter の種類を構成するために使用します。

Excel.DeleteShiftDirection
Excel.DocumentPropertyItem
Excel.DocumentPropertyType
Excel.DocumentTaskChangeAction

タスク変更レコードに記録される変更の種類を表します。

Excel.DynamicFilterCriteria
Excel.EntityCardLayoutType

エンティティ カード レイアウトの種類。

Excel.EntityCompactLayoutIcons

で使用できるアイコンの EntityCompactLayout一覧。 エンティティ カードを含むセルのタイトルの左側、またはエンティティ カード内の参照先エンティティのタイトルの左側に、アイコンが Excel UI に表示されます。 アイコンを選択すると、エンティティ カードが開きます。

Excel.ErrorCellValueType

オブジェクトの型を ErrorCellValue 表します。

Excel.ErrorCodes
Excel.EventSource
Excel.EventTriggerSource
Excel.EventType
Excel.ExternalErrorCellValueSubType

#EXTERNAL の種類を表します。 エラー。

Excel.FieldErrorCellValueSubType

#FIELD の種類を表します。 エラー。

Excel.FillPattern
Excel.FilterDatetimeSpecificity
Excel.FilterOn
Excel.FilterOperator
Excel.GeometricShapeType

オブジェクトの図形の種類を GeometricShape 指定します。

Excel.GroupOption
Excel.HeaderFooterState
Excel.HorizontalAlignment
Excel.IconSet
Excel.ImageFittingMode
Excel.InsertShiftDirection

挿入対象に合わせて既存のセルをシフトする方向を決定します。

Excel.KeyboardDirection
Excel.LabelFilterCondition

ラベル フィルターを適用できる、受け入れられるすべての条件を表す列挙型。 フィールドに適用される PivotFilter の種類を構成するために使用します。 PivotFilter.criteria.exclusive を に true 設定して、これらの条件の多くを反転させることができます。

Excel.LinkedDataTypeRefreshMode

更新モードの表現。

Excel.LinkedDataTypeState
Excel.LoadToType

宛先へのクエリの読み込みを指定する列挙型。

Excel.NamedItemScope
Excel.NamedItemType
Excel.NumberFormatCategory

数値形式のカテゴリを表します。

Excel.NumErrorCellValueSubType

#NUM の種類を表します。 エラー。

Excel.PageOrientation
Excel.PaperType
Excel.PictureFormat

イメージの形式。

Excel.PivotAxis

PivotItems を取得する軸を表します。

Excel.PivotFilterTopBottomCriterion

上位/下位の値フィルターの条件を表します。

Excel.PivotFilterType

PivotField のフィルターの種類を表す単純な列挙型。

Excel.PivotLayoutType
Excel.PivotTableDateGroupBy

DateTime グループ化条件を表します。

Excel.Placement

オブジェクトがその基となるセルにアタッチされる方法を指定します。

Excel.PrintComments
Excel.PrintErrorType
Excel.PrintMarginUnit
Excel.PrintOrder
Excel.ProtectionSelectionMode
Excel.QueryError

クエリの読み込みエラー メッセージを指定する列挙型。

Excel.RangeCopyType
Excel.RangeUnderlineStyle
Excel.RangeValueType
Excel.ReadingOrder
Excel.ReferenceValueType

オブジェクトの型を ReferenceValue 表します。

Excel.RefErrorCellValueSubType

#REF の種類を表します。 エラー。

Excel.RibbonTab
Excel.RowHiddenChangeType
Excel.SaveBehavior

の保存動作を指定します Workbook.save

Excel.SearchDirection

検索の方向を指定します。

Excel.ShapeAutoSize

許可される自動サイズ変更を決定します。

Excel.ShapeFillType

図形の塗りつぶしの種類を指定します。

Excel.ShapeFontUnderlineStyle

フォントに適用される下線の種類。

Excel.ShapeLineDashStyle

線のダッシュ スタイル。

Excel.ShapeLineStyle

線のスタイル。

Excel.ShapeScaleFrom

図形を拡大縮小する場合、図形の位置を保持する部分を指定します。

Excel.ShapeScaleType

図形を元のサイズと現在のサイズのどちらを基準にスケーリングするかを指定します。

Excel.ShapeTextHorizontalAlignment

図形のテキスト フレームの水平方向の配置を指定します。

Excel.ShapeTextHorizontalOverflow

図形のテキスト フレームの水平方向のオーバーフローを指定します。

Excel.ShapeTextOrientation

図形のテキスト 枠の向きを指定します。

Excel.ShapeTextReadingOrder

図形のテキスト フレームの読み取り順序を指定します。

Excel.ShapeTextVerticalAlignment

図形のテキスト フレームの垂直方向の配置を指定します。

Excel.ShapeTextVerticalOverflow

図形のテキスト フレームの垂直方向のオーバーフローを指定します。

Excel.ShapeType

図形の種類を指定します。

Excel.ShapeZOrder

他の図形を基準として、図形を移動する位置を Z オーダーで指定します。

Excel.SheetVisibility
Excel.ShowAsCalculation

DataPivotField の ShowAs 計算関数。

Excel.SlicerSortType

のスライサーの並べ替え動作を指定します Slicer.sortBy

Excel.SortBy

並べ替えの方向を表します。

Excel.SortDataOption
Excel.SortMethod

中国語の文字を並べ替えるときに使用する順序付けメソッドを表します。

Excel.SortOn

並べ替え条件として使用されるセルの一部を表します。

Excel.SortOrientation
Excel.SpecialCellType
Excel.SpecialCellValueType
Excel.SpillErrorCellValueSubType

#SPILL の種類を表します。 エラー。

Excel.SubtotalLocationType
Excel.TimeoutErrorCellValueSubType

#TIMEOUT の種類を表します。 エラー。

Excel.TopBottomSelectionType

上位 N または下位の N%、数値、または値の合計でフィルター処理するかどうかを選択するための、上または下のフィルターの単純な列挙型。

Excel.ValueErrorCellValueSubType

#VALUE の種類を表します。 エラー。

Excel.ValueFilterCondition

値フィルターを適用できる、受け入れられるすべての条件を表す列挙型。 フィールドに適用される PivotFilter の種類を構成するために使用します。 PivotFilter.exclusive を に true 設定して、これらの条件の多くを反転させることができます。

Excel.VerticalAlignment
Excel.WorkbookLinksRefreshMode

ブック リンクの更新モードを表します。

Excel.WorksheetPositionType

別のワークシートまたはワークシート コレクション全体を基準としたワークシートの位置。

機能

Excel.createWorkbook(base64)

新しいブックを作成し、開きます。 任意で、base64 でエンコードした .xlsx ファイルでブックにデータを事前入力できます。 注: マクロはセキュリティ リスクになる可能性があります。 この API を使用してマクロを含むブックを作成する場合、アドイン ユーザーは Excel UI で [このアドインを信頼する] ダイアログを表示するように求められます。 続行するには、ユーザーが [信頼アドイン] ボタンを選択する必要があります。

[ API セット: ExcelApi 1.8 ]

Excel.getDataCommonPostprocess(response, callArgs)
Excel.postprocessBindingDescriptor(response)
Excel.run(batch)

新しい RequestContext を使用して、Excel オブジェクト モデルに対してアクションを実行するバッチ スクリプトを実行します。 promise が解決されると、実行中に自動的に割り当てられた追跡対象オブジェクトが解放されます。

Excel.run(object, batch)

以前に作成した API オブジェクトの RequestContext を使用して、Excel オブジェクト モデルに対してアクションを実行するバッチ スクリプトを実行します。 promise が解決されると、実行中に自動的に割り当てられた追跡対象オブジェクトが解放されます。

Excel.run(objects, batch)

以前に作成した API オブジェクトの RequestContext を使用して、Excel オブジェクト モデルに対してアクションを実行するバッチ スクリプトを実行します。

Excel.run(options, batch)

以前に作成した API オブジェクトの RequestContext を使用して、Excel オブジェクト モデルに対してアクションを実行するバッチ スクリプトを実行します。 promise が解決されると、実行中に自動的に割り当てられた追跡対象オブジェクトが解放されます。

Excel.run(context, batch)

以前に作成したオブジェクトの RequestContext を使用して、Excel オブジェクト モデルに対してアクションを実行するバッチ スクリプトを実行します。 promise が解決されると、実行中に自動的に割り当てられた追跡対象オブジェクトが解放されます。

関数の詳細

Excel.createWorkbook(base64)

新しいブックを作成し、開きます。 任意で、base64 でエンコードした .xlsx ファイルでブックにデータを事前入力できます。 注: マクロはセキュリティ リスクになる可能性があります。 この API を使用してマクロを含むブックを作成する場合、アドイン ユーザーは Excel UI で [このアドインを信頼する] ダイアログを表示するように求められます。 続行するには、ユーザーが [信頼アドイン] ボタンを選択する必要があります。

[ API セット: ExcelApi 1.8 ]

export function createWorkbook(base64?: string): Promise<void>;

パラメーター

base64

string

戻り値

Promise<void>

const myFile = <HTMLInputElement>document.getElementById("file");
const reader = new FileReader();

reader.onload = (event) => {
    Excel.run((context) => {
    // Remove the metadata before the base64-encoded string.
    const startIndex = reader.result.toString().indexOf("base64,");
    const mybase64 = reader.result.toString().substr(startIndex + 7);

    Excel.createWorkbook(mybase64);
    return context.sync();
    });
};

// Read in the file as a data URL so we can parse the base64-encoded string.
reader.readAsDataURL(myFile.files[0]);

Excel.getDataCommonPostprocess(response, callArgs)

export function getDataCommonPostprocess(response: any, callArgs: any): any;

パラメーター

response

any

callArgs

any

戻り値

any

Excel.postprocessBindingDescriptor(response)

export function postprocessBindingDescriptor(response: any): any;

パラメーター

response

any

戻り値

any

Excel.run(batch)

新しい RequestContext を使用して、Excel オブジェクト モデルに対してアクションを実行するバッチ スクリプトを実行します。 promise が解決されると、実行中に自動的に割り当てられた追跡対象オブジェクトが解放されます。

export function run<T>(batch: (context: Excel.RequestContext) => Promise<T>): Promise<T>;

パラメーター

batch

(context: Excel.RequestContext) => Promise<T>

RequestContext を受け取り、promise を返す関数 (通常は "context.sync()" の結果のみ)。 context パラメーターを使用すると、Excel アプリケーションへの要求が容易になります。 Office アドインと Excel アプリケーションは 2 つの異なるプロセスで実行されるため、アドインから Excel オブジェクト モデルにアクセスするには RequestContext が必要です。

戻り値

Promise<T>

Excel.run(object, batch)

以前に作成した API オブジェクトの RequestContext を使用して、Excel オブジェクト モデルに対してアクションを実行するバッチ スクリプトを実行します。 promise が解決されると、実行中に自動的に割り当てられた追跡対象オブジェクトが解放されます。

export function run<T>(object: OfficeExtension.ClientObject, batch: (context: Excel.RequestContext) => Promise<T>): Promise<T>;

パラメーター

object
OfficeExtension.ClientObject

以前に作成した API オブジェクト。 バッチでは、渡されたオブジェクトと同じ RequestContext が使用されます。つまり、オブジェクトに適用された変更はすべて "context.sync()" によって取得されます。

batch

(context: Excel.RequestContext) => Promise<T>

RequestContext を受け取り、promise を返す関数 (通常は "context.sync()" の結果のみ)。 context パラメーターを使用すると、Excel アプリケーションへの要求が容易になります。 Office アドインと Excel アプリケーションは 2 つの異なるプロセスで実行されるため、アドインから Excel オブジェクト モデルにアクセスするには RequestContext が必要です。

戻り値

Promise<T>

Excel.run(objects, batch)

以前に作成した API オブジェクトの RequestContext を使用して、Excel オブジェクト モデルに対してアクションを実行するバッチ スクリプトを実行します。

export function run<T>(objects: OfficeExtension.ClientObject[], batch: (context: Excel.RequestContext) => Promise<T>): Promise<T>;

パラメーター

objects

OfficeExtension.ClientObject[]

以前に作成した API オブジェクトの配列。 配列は、すべてのオブジェクトが同じコンテキストを共有することを確認するために検証されます。 バッチでは、この共有 RequestContext が使用されます。これは、これらのオブジェクトに適用された変更が "context.sync()" によって取得されることを意味します。

batch

(context: Excel.RequestContext) => Promise<T>

RequestContext を受け取り、promise を返す関数 (通常は "context.sync()" の結果のみ)。 context パラメーターを使用すると、Excel アプリケーションへの要求が容易になります。 Office アドインと Excel アプリケーションは 2 つの異なるプロセスで実行されるため、アドインから Excel オブジェクト モデルにアクセスするには RequestContext が必要です。

戻り値

Promise<T>

Excel.run(options, batch)

以前に作成した API オブジェクトの RequestContext を使用して、Excel オブジェクト モデルに対してアクションを実行するバッチ スクリプトを実行します。 promise が解決されると、実行中に自動的に割り当てられた追跡対象オブジェクトが解放されます。

export function run<T>(options: Excel.RunOptions, batch: (context: Excel.RequestContext) => Promise<T>): Promise<T>;

パラメーター

options
Excel.RunOptions

前のオブジェクトを指定するこの Excel.run の追加オプション。セルの編集要求、セッション情報などを遅延させるかどうか。

batch

(context: Excel.RequestContext) => Promise<T>

RequestContext を受け取り、promise を返す関数 (通常は "context.sync()" の結果のみ)。 context パラメーターを使用すると、Excel アプリケーションへの要求が容易になります。 Office アドインと Excel アプリケーションは 2 つの異なるプロセスで実行されるため、アドインから Excel オブジェクト モデルにアクセスするには RequestContext が必要です。

戻り値

Promise<T>

Excel.run(context, batch)

以前に作成したオブジェクトの RequestContext を使用して、Excel オブジェクト モデルに対してアクションを実行するバッチ スクリプトを実行します。 promise が解決されると、実行中に自動的に割り当てられた追跡対象オブジェクトが解放されます。

export function run<T>(context: OfficeExtension.ClientRequestContext, batch: (context: Excel.RequestContext) => Promise<T>): Promise<T>;

パラメーター

context
OfficeExtension.ClientRequestContext

以前に作成したオブジェクト。 バッチでは、渡されたオブジェクトと同じ RequestContext が使用されます。つまり、オブジェクトに適用された変更はすべて "context.sync()" によって取得されます。

batch

(context: Excel.RequestContext) => Promise<T>

RequestContext を受け取り、promise を返す関数 (通常は "context.sync()" の結果のみ)。 context パラメーターを使用すると、Excel アプリケーションへの要求が容易になります。 Office アドインと Excel アプリケーションは 2 つの異なるプロセスで実行されるため、アドインから Excel オブジェクト モデルにアクセスするには RequestContext が必要です。

戻り値

Promise<T>