次の方法で共有


ExcelScript.PageLayout interface

プリンター固有の実装に依存しないレイアウトと印刷設定を表します。 これらの設定には、余白、印刷の向き、ページ番号、タイトル行、および印刷範囲が含まれます。

注釈

/**
 * This script sets some basic page layout settings for printing.
 */
function main(workbook: ExcelScript.Workbook) {
  // Go to each worksheet so the print settings are consistent.
  workbook.getWorksheets().forEach((sheet) => {
    const pageLayout : ExcelScript.PageLayout = sheet.getPageLayout();

    // Turn off draft mode so images are printed.
    pageLayout.setDraftMode(false);
    
    // Print on 8.5"x11" paper.
    pageLayout.setPaperSize(ExcelScript.PaperType.letter);

    // Print every page with a landscape orientation.
    pageLayout.setOrientation(ExcelScript.PageOrientation.landscape);
  });
}

メソッド

getBlackAndWhite()

ワークシートの白黒印刷オプション。

getBottomMargin()

ポイント単位での印刷に使用するワークシートの下部ページ余白。

getCenterHorizontally()

ワークシートの中央の水平方向のフラグ。 このフラグによって、印刷時、ワークシートのページ中央を水平に設定するかどうかが決定されます。

getCenterVertically()

ワークシートの中央に垂直フラグを設定します。 このフラグによって、印刷時、ワークシートのページ中央を垂直に設定するかどうかが決定されます。

getDraftMode()

ワークシートの下書きモード オプション。 true場合、シートはグラフィックスなしで印刷されます。

getFirstPageNumber()

印刷するワークシートの最初のページ番号。 null値は、"自動" ページ番号を表します。

getFooterMargin()

印刷時に使用するワークシートのフッター余白をポイント単位で指定します。

getHeaderMargin()

印刷時に使用するワークシートのヘッダー余白をポイント単位で指定します。

getHeadersFooters()

ワークシートのヘッダーとフッターの構成。

getLeftMargin()

印刷時に使用するワークシートの左余白をポイント単位で指定します。

getOrientation()

ページのワークシートの向き。

getPaperSize()

ページのワークシートの用紙サイズ。

getPrintArea()

ワークシートの印刷領域を表す 1 つまたは複数の四角形の範囲を含む RangeAreas オブジェクトを取得します。 印刷領域がない場合、このメソッドは undefinedを返します。

getPrintComments()

印刷時にワークシートのコメントを表示するかどうかを指定します。

getPrintErrors()

ワークシートの印刷エラー オプション。

getPrintGridlines()

ワークシートの目盛線を印刷するかどうかを指定します。

getPrintHeadings()

ワークシートの見出しを印刷するかどうかを指定します。

getPrintOrder()

ワークシートのページ印刷順序オプション。 これによって、印刷されるページ番号の処理に使用する順序が指定されます。

getPrintTitleColumns()

タイトル列を表す範囲オブジェクトを取得します。 設定されていない場合、このメソッドは undefinedを返します。

getPrintTitleRows()

タイトル行を表す範囲オブジェクトを取得します。 設定されていない場合、このメソッドは undefinedを返します。

getRightMargin()

印刷時に使用するワークシートの右余白をポイント単位で指定します。

getTopMargin()

印刷時に使用するワークシートの上余白をポイント単位で指定します。

getZoom()

ワークシートの印刷ズーム オプション。 PageLayoutZoomOptions オブジェクトは JSON オブジェクトとして設定する必要があります (x.zoom.scale = ...ではなくx.zoom = {...}を使用します)。

setBlackAndWhite(blackAndWhite)

ワークシートの白黒印刷オプション。

setBottomMargin(bottomMargin)

ポイント単位での印刷に使用するワークシートの下部ページ余白。

setCenterHorizontally(centerHorizontally)

ワークシートの中央の水平方向のフラグ。 このフラグによって、印刷時、ワークシートのページ中央を水平に設定するかどうかが決定されます。

setCenterVertically(centerVertically)

ワークシートの中央に垂直フラグを設定します。 このフラグによって、印刷時、ワークシートのページ中央を垂直に設定するかどうかが決定されます。

setDraftMode(draftMode)

ワークシートの下書きモード オプション。 true場合、シートはグラフィックスなしで印刷されます。

setFirstPageNumber(firstPageNumber)

印刷するワークシートの最初のページ番号。 null値は、"自動" ページ番号を表します。

setFooterMargin(footerMargin)

印刷時に使用するワークシートのフッター余白をポイント単位で指定します。

setHeaderMargin(headerMargin)

印刷時に使用するワークシートのヘッダー余白をポイント単位で指定します。

setLeftMargin(leftMargin)

印刷時に使用するワークシートの左余白をポイント単位で指定します。

setOrientation(orientation)

ページのワークシートの向き。

setPaperSize(paperSize)

ページのワークシートの用紙サイズ。

setPrintArea(printArea)

ワークシートの印刷範囲を設定します。

setPrintComments(printComments)

印刷時にワークシートのコメントを表示するかどうかを指定します。

setPrintErrors(printErrors)

ワークシートの印刷エラー オプション。

setPrintGridlines(printGridlines)

ワークシートの目盛線を印刷するかどうかを指定します。

setPrintHeadings(printHeadings)

ワークシートの見出しを印刷するかどうかを指定します。

setPrintMargins(unit, marginOptions)

ワークシートのページ余白を単位で設定します。

setPrintOrder(printOrder)

ワークシートのページ印刷順序オプション。 これによって、印刷されるページ番号の処理に使用する順序が指定されます。

setPrintTitleColumns(printTitleColumns)

セルを含む列を、印刷時、ワークシートの各ページの左で繰り返すように設定します。

setPrintTitleRows(printTitleRows)

セルを含む行を、印刷時、ワークシートの各ページの上で繰り返すように設定します。

setRightMargin(rightMargin)

印刷時に使用するワークシートの右余白をポイント単位で指定します。

setTopMargin(topMargin)

印刷時に使用するワークシートの上余白をポイント単位で指定します。

setZoom(zoom)

ワークシートの印刷ズーム オプション。 PageLayoutZoomOptions オブジェクトは JSON オブジェクトとして設定する必要があります (x.zoom.scale = ...ではなくx.zoom = {...}を使用します)。

メソッドの詳細

getBlackAndWhite()

ワークシートの白黒印刷オプション。

getBlackAndWhite(): boolean;

戻り値

boolean

getBottomMargin()

ポイント単位での印刷に使用するワークシートの下部ページ余白。

getBottomMargin(): number;

戻り値

number

getCenterHorizontally()

ワークシートの中央の水平方向のフラグ。 このフラグによって、印刷時、ワークシートのページ中央を水平に設定するかどうかが決定されます。

getCenterHorizontally(): boolean;

戻り値

boolean

getCenterVertically()

ワークシートの中央に垂直フラグを設定します。 このフラグによって、印刷時、ワークシートのページ中央を垂直に設定するかどうかが決定されます。

getCenterVertically(): boolean;

戻り値

boolean

getDraftMode()

ワークシートの下書きモード オプション。 true場合、シートはグラフィックスなしで印刷されます。

getDraftMode(): boolean;

戻り値

boolean

getFirstPageNumber()

印刷するワークシートの最初のページ番号。 null値は、"自動" ページ番号を表します。

getFirstPageNumber(): number | "";

戻り値

number | ""

getFooterMargin()

印刷時に使用するワークシートのフッター余白をポイント単位で指定します。

getFooterMargin(): number;

戻り値

number

getHeaderMargin()

印刷時に使用するワークシートのヘッダー余白をポイント単位で指定します。

getHeaderMargin(): number;

戻り値

number

getHeadersFooters()

ワークシートのヘッダーとフッターの構成。

getHeadersFooters(): HeaderFooterGroup;

戻り値

getLeftMargin()

印刷時に使用するワークシートの左余白をポイント単位で指定します。

getLeftMargin(): number;

戻り値

number

getOrientation()

ページのワークシートの向き。

getOrientation(): PageOrientation;

戻り値

getPaperSize()

ページのワークシートの用紙サイズ。

getPaperSize(): PaperType;

戻り値

getPrintArea()

ワークシートの印刷領域を表す 1 つまたは複数の四角形の範囲を含む RangeAreas オブジェクトを取得します。 印刷領域がない場合、このメソッドは undefinedを返します。

getPrintArea(): RangeAreas;

戻り値

getPrintComments()

印刷時にワークシートのコメントを表示するかどうかを指定します。

getPrintComments(): PrintComments;

戻り値

getPrintErrors()

ワークシートの印刷エラー オプション。

getPrintErrors(): PrintErrorType;

戻り値

getPrintGridlines()

ワークシートの目盛線を印刷するかどうかを指定します。

getPrintGridlines(): boolean;

戻り値

boolean

getPrintHeadings()

ワークシートの見出しを印刷するかどうかを指定します。

getPrintHeadings(): boolean;

戻り値

boolean

getPrintOrder()

ワークシートのページ印刷順序オプション。 これによって、印刷されるページ番号の処理に使用する順序が指定されます。

getPrintOrder(): PrintOrder;

戻り値

getPrintTitleColumns()

タイトル列を表す範囲オブジェクトを取得します。 設定されていない場合、このメソッドは undefinedを返します。

getPrintTitleColumns(): Range;

戻り値

getPrintTitleRows()

タイトル行を表す範囲オブジェクトを取得します。 設定されていない場合、このメソッドは undefinedを返します。

getPrintTitleRows(): Range;

戻り値

getRightMargin()

印刷時に使用するワークシートの右余白をポイント単位で指定します。

getRightMargin(): number;

戻り値

number

getTopMargin()

印刷時に使用するワークシートの上余白をポイント単位で指定します。

getTopMargin(): number;

戻り値

number

getZoom()

ワークシートの印刷ズーム オプション。 PageLayoutZoomOptions オブジェクトは JSON オブジェクトとして設定する必要があります (x.zoom.scale = ...ではなくx.zoom = {...}を使用します)。

getZoom(): PageLayoutZoomOptions;

戻り値

setBlackAndWhite(blackAndWhite)

ワークシートの白黒印刷オプション。

setBlackAndWhite(blackAndWhite: boolean): void;

パラメーター

blackAndWhite

boolean

戻り値

void

setBottomMargin(bottomMargin)

ポイント単位での印刷に使用するワークシートの下部ページ余白。

setBottomMargin(bottomMargin: number): void;

パラメーター

bottomMargin

number

戻り値

void

setCenterHorizontally(centerHorizontally)

ワークシートの中央の水平方向のフラグ。 このフラグによって、印刷時、ワークシートのページ中央を水平に設定するかどうかが決定されます。

setCenterHorizontally(centerHorizontally: boolean): void;

パラメーター

centerHorizontally

boolean

戻り値

void

setCenterVertically(centerVertically)

ワークシートの中央に垂直フラグを設定します。 このフラグによって、印刷時、ワークシートのページ中央を垂直に設定するかどうかが決定されます。

setCenterVertically(centerVertically: boolean): void;

パラメーター

centerVertically

boolean

戻り値

void

setDraftMode(draftMode)

ワークシートの下書きモード オプション。 true場合、シートはグラフィックスなしで印刷されます。

setDraftMode(draftMode: boolean): void;

パラメーター

draftMode

boolean

戻り値

void

/**
 * This script turns off the print setting for draft mode.
 */
function main(workbook: ExcelScript.Workbook) {
  // Go to each worksheet so the print settings are consistent.
  workbook.getWorksheets().forEach((sheet) => {
    const pageLayout = sheet.getPageLayout();

    // Turn off draft mode so images are printed.
    pageLayout.setDraftMode(false);
  });
}

setFirstPageNumber(firstPageNumber)

印刷するワークシートの最初のページ番号。 null値は、"自動" ページ番号を表します。

setFirstPageNumber(firstPageNumber: number | ""): void;

パラメーター

firstPageNumber

number | ""

戻り値

void

setFooterMargin(footerMargin)

印刷時に使用するワークシートのフッター余白をポイント単位で指定します。

setFooterMargin(footerMargin: number): void;

パラメーター

footerMargin

number

戻り値

void

setHeaderMargin(headerMargin)

印刷時に使用するワークシートのヘッダー余白をポイント単位で指定します。

setHeaderMargin(headerMargin: number): void;

パラメーター

headerMargin

number

戻り値

void

setLeftMargin(leftMargin)

印刷時に使用するワークシートの左余白をポイント単位で指定します。

setLeftMargin(leftMargin: number): void;

パラメーター

leftMargin

number

戻り値

void

setOrientation(orientation)

ページのワークシートの向き。

setOrientation(orientation: PageOrientation): void;

パラメーター

戻り値

void

/**
 * This script sets the printing orientation for the entire workbook.
 */
function main(workbook: ExcelScript.Workbook) {
  // Go to each worksheet so the print settings are consistent.
  workbook.getWorksheets().forEach((sheet) => {
    const pageLayout = sheet.getPageLayout();

    // Print every page with a landscape orientation.
    pageLayout.setOrientation(ExcelScript.PageOrientation.landscape);
  });
}

setPaperSize(paperSize)

ページのワークシートの用紙サイズ。

setPaperSize(paperSize: PaperType): void;

パラメーター

戻り値

void

/**
 * This script sets the page size for printing.
 */
function main(workbook: ExcelScript.Workbook) {
  // Go to each worksheet so the print settings are consistent.
  workbook.getWorksheets().forEach((sheet) => {
    const pageLayout = sheet.getPageLayout();
    // Print on 8.5"x11" paper.
    pageLayout.setPaperSize(ExcelScript.PaperType.letter);
  });
}

setPrintArea(printArea)

ワークシートの印刷範囲を設定します。

setPrintArea(printArea: Range | RangeAreas | string): void;

パラメーター

printArea

ExcelScript.Range | ExcelScript.RangeAreas | string

印刷するコンテンツの範囲または範囲。

戻り値

void

setPrintComments(printComments)

印刷時にワークシートのコメントを表示するかどうかを指定します。

setPrintComments(printComments: PrintComments): void;

パラメーター

戻り値

void

/**
 * This script makes the comments print at the end of the worksheet
 * when the workbook is printed.
 */
function main(workbook: ExcelScript.Workbook) {
  // Access every worksheet in the workbook.
  workbook.getWorksheets().forEach(worksheet => {
    // Get the page layout for each sheet.
    const layout = worksheet.getPageLayout();

    // Change the comment printing settings to print them at the end of the sheet.
    layout.setPrintComments(ExcelScript.PrintComments.endSheet);
  });
}

setPrintErrors(printErrors)

ワークシートの印刷エラー オプション。

setPrintErrors(printErrors: PrintErrorType): void;

パラメーター

戻り値

void

setPrintGridlines(printGridlines)

ワークシートの目盛線を印刷するかどうかを指定します。

setPrintGridlines(printGridlines: boolean): void;

パラメーター

printGridlines

boolean

戻り値

void

setPrintHeadings(printHeadings)

ワークシートの見出しを印刷するかどうかを指定します。

setPrintHeadings(printHeadings: boolean): void;

パラメーター

printHeadings

boolean

戻り値

void

setPrintMargins(unit, marginOptions)

ワークシートのページ余白を単位で設定します。

setPrintMargins(
            unit: PrintMarginUnit,
            marginOptions: PageLayoutMarginOptions
        ): void;

パラメーター

unit
ExcelScript.PrintMarginUnit

提供された余白の測定単位。

marginOptions
ExcelScript.PageLayoutMarginOptions

設定する余白の値。 指定されていない余白は変更されません。

戻り値

void

setPrintOrder(printOrder)

ワークシートのページ印刷順序オプション。 これによって、印刷されるページ番号の処理に使用する順序が指定されます。

setPrintOrder(printOrder: PrintOrder): void;

パラメーター

戻り値

void

/**
 * This script sets the print order for every worksheet in the workbook.
 * The order of printed content will go over (e.g., left-to-right) 
 * then down (i.e., top-to-bottom).
 */
function main(workbook: ExcelScript.Workbook) {
  // Access every worksheet in the workbook.
  workbook.getWorksheets().forEach(worksheet => {
    // Get the page layout for each sheet.
    const layout: ExcelScript.PageLayout = worksheet.getPageLayout();

    // Set the print order to over-then-down.
    layout.setPrintOrder(ExcelScript.PrintOrder.overThenDown);
  });
}

setPrintTitleColumns(printTitleColumns)

セルを含む列を、印刷時、ワークシートの各ページの左で繰り返すように設定します。

setPrintTitleColumns(printTitleColumns: Range | string): void;

パラメーター

printTitleColumns

ExcelScript.Range | string

各ページの左側に繰り返される列。 範囲は、有効にするには列全体にまたがる必要があります。

戻り値

void

setPrintTitleRows(printTitleRows)

セルを含む行を、印刷時、ワークシートの各ページの上で繰り返すように設定します。

setPrintTitleRows(printTitleRows: Range | string): void;

パラメーター

printTitleRows

ExcelScript.Range | string

各ページの上部で繰り返される行。 範囲は、有効にするには行全体にまたがる必要があります。

戻り値

void

setRightMargin(rightMargin)

印刷時に使用するワークシートの右余白をポイント単位で指定します。

setRightMargin(rightMargin: number): void;

パラメーター

rightMargin

number

戻り値

void

setTopMargin(topMargin)

印刷時に使用するワークシートの上余白をポイント単位で指定します。

setTopMargin(topMargin: number): void;

パラメーター

topMargin

number

戻り値

void

setZoom(zoom)

ワークシートの印刷ズーム オプション。 PageLayoutZoomOptions オブジェクトは JSON オブジェクトとして設定する必要があります (x.zoom.scale = ...ではなくx.zoom = {...}を使用します)。

setZoom(zoom: PageLayoutZoomOptions): void;

パラメーター

戻り値

void

/**
 * This script changes the scale-to-fit of the page layout.
 */
function main(workbook: ExcelScript.Workbook) {
    // Get the current worksheet.
    const sheet = workbook.getActiveWorksheet();

    // Scale the layout to half size for printing.
    const layout = sheet.getPageLayout();
    const zoomOptions: ExcelScript.PageLayoutZoomOptions = {
        scale: 50
    }
    layout.setZoom(zoomOptions)
}