Windows Autopilot FAQ

適用対象:

  • Windows 11
  • Windows 10

この記事では、OEM、パートナー、管理者、エンド ユーザーに、Autopilot を使用した Windows の展開に関してよく寄せられる質問に対する回答を提供します。

最後に、この記事で使用される省略形の 用語集 を示します。

Microsoft パートナー センター

パートナー センターでは、すべてのデバイス ファイルアップロードでテナント ID を指定する必要がありますか? ビジネス顧客がビジネス向け Microsoft Store (MSfB) 内のデバイスにアクセスできるようにする必要がありますか?

いいえ。 テナント ID の指定は、パートナー センターの 1 回限りのエントリであり、今後のデバイスアップロードで再利用できます。

MSfB でデバイスを要求する準備ができていることを、お客様またはテナントはどのように認識していますか?

パートナー センターでデバイス ファイルのアップロードが完了すると、テナントは MSfB で Windows Autopilot セットアップで使用できるデバイスを確認できます。 OEM は、テナントに MSfB にアクセスするようにアドバイスする必要があります。 MSfB からテナントへの自動通知が開発されています。

お客様は、OEM またはチャネル パートナーが顧客に代わって Autopilot デバイスを登録することを承認する方法を説明します。

OEM またはチャネル パートナーが顧客の Autopilot のデバイスを登録する前に、顧客は最初に同意する必要があります。 同意プロセスは、OEM またはチャネル パートナーが顧客にリンクを送信して、MSfB の同意ページに顧客を誘導します。 詳細については、「 登録」を参照してください。

ビジネス顧客が MSfB にデバイスを登録し、後でパートナー センターを使用してクラウド ソリューション プロバイダー (CSP) によってそれらのデバイスを管理する場合、制限はありますか?

ビジネス顧客は、CSP がパートナー センターでデバイスをアップロードおよび管理する前に、MSfB 内のデバイスを削除する必要があります。

Windows Autopilot では、ローカル管理者アカウントを有効にするオプションの削除がサポートされていますか?

いいえ。 Windows Autopilot では、ローカル管理者アカウントの削除はサポートされていません。 ただし、OOBE で Azure Active Directory (Azure AD) ドメイン参加を実行しているユーザーを標準アカウント (既定では管理者アカウント) に制限することはサポートされています。

パートナー センターで Windows Autopilot CSV ファイルをテストするにはどうすればよいですか?

パートナー センター ポータルにアクセスできるのは、CSP パートナーだけです。 CSP の場合は、ファイルをテストするためのデバイスにアクセスできるセールス エージェント ユーザー アカウントを作成できます。 このテストは、パートナー センターで現在行うことができます。

詳細については、「 ユーザー アカウントの作成」を参照してください。

Windows Autopilot に参加するには CSP になる必要がありますか?

この要件は、OEM Direct API を使用できるため、上位ボリューム OEM には適用されません。 MPC を使用してデバイスを登録する他のすべてのユーザーは、MPC にアクセスするために CSP になる必要があります。

Windows Autopilot に関しては、さまざまな CSP レベルに同じ機能がありますか?

Windows Autopilot の目的では、それぞれ異なるレベルの権限とアクセス権を持つ 3 種類の CSP があります。

  1. ダイレクト CSP: デバイスを登録するための直接承認を顧客から取得します
  2. 間接 CSP プロバイダー: CSP リセラー パートナーが顧客と関係を持つデバイスを登録するための暗黙的なアクセス許可を取得します。 間接 CSP プロバイダーは、Microsoft パートナー センターを通じてデバイスを登録します。
  3. 間接 CSP リセラー: デバイスを登録するための直接承認を顧客から取得します。 同時に、間接 CSP プロバイダー パートナーも承認を取得します。これは、間接プロバイダーまたは間接リセラーが顧客のデバイスを登録できることを意味します。 ただし、間接 CSP リセラーは、CSV ファイルを手動でアップロードすることで、パートナー センターのユーザー インターフェイスを介してデバイスを登録する必要があります。 間接 CSP プロバイダーは、パートナー センター API を使用してデバイスを登録できます。

単一の世界的な CSP アカウントなどはありますか?

いいえ。 CSP 販売リージョンは、Azure AD テナントの場所によって異なります。 CSP パートナーは、同じ CSP リージョンにあるテナントを持つ顧客のみを販売または管理できます。 パートナーの CSP リージョンは、CSP パートナーが取引に使用しているテナントの場所に基づいています。 顧客テナントが米国で作成された場合、米国に CSP 登録を持つパートナーのみが、この顧客とのリセラー関係を確立できます。

Autopilot & Intuneの場合、エンド ユーザーまたはデバイスの場所は関係ありません。 ドイツにある従業員が使用するデバイスは、米国テナントで作成された Autopilot プロファイルを使用して登録でき、米国のIntune サービス インスタンスで管理できます。 ドイツのユーザーは、米国ベースの Azure AD インスタンスでも認証されます。

パートナーが顧客をグローバルに管理したい場合は、グローバルなプレゼンスを持つ必要があります。 ビジネスを行う各 CSP 販売リージョンに複数の CSP 登録が必要です。

すべての CSP テナントにアクセスできるユーザー アカウントを作成することはできません。 このシナリオでは、世界中のすべての顧客を管理する CSP 管理エージェントの 18 ユーザー アカウントに変換されます。

要約すると、ユーザーとデバイスの場所は関係ありません。 顧客テナントの場所が重要です。 国境を越えたデバイス登録は問題ありません。 問題は、CSP によるクロスボーダー売上です。

パートナー センターは、Intuneまたはビジネス向け Microsoft Storeで作成されたプロファイルにアクセスできますか?

いいえ。 パートナー センターは、Intuneまたはビジネス向け Microsoft Storeで作成されたプロファイルにアクセスできません。 パートナー センターを通じて作成された Autopilot プロファイルにのみアクセスできます。

製造

お客様の構成設定のファクトリ OS イメージで行う必要がある変更は何ですか?

Windows Autopilot の展開を有効にするために、ファクトリ フロアに変更は必要ありません。

Windows Autopilot の展開要件を満たす OA3 ツールのバージョンは何ですか?

Windows Autopilot は、任意のバージョンの OA3 ツールで動作できます。 サポートされているバージョンの Windows を使用して、4K ハードウェア ハッシュを生成することをお勧めします。

注文を行うときは、Windows Autopilot オプションの有無に関係なく、顧客に状態を指定する必要がありますか?

はい。 Windows Autopilot が必要な場合は、サポートされているバージョンの Windows が必要です。 また、CSV ファイルを受け取るか、代わりにファイルのアップロードを完了させる必要があります。

OEM は、顧客からカスタム イメージング ファイルを管理または収集する必要がありますか? Microsoftに画像をアップロードする必要がありますか?

いいえ。 OEM は、通常どおりに CCR をMicrosoftに送信するだけです。 Windows Autopilot を有効にするためにMicrosoftに画像は送信されません。 Windows Autopilot は OOBE のみをカスタマイズし、ポリシー構成を許可します。

Windows 8からWindows 10またはWindows 11へのアップグレードに関する顧客の問題はありますか?

Windows Autopilot 展開に登録するには、デバイスでサポートされているバージョンのWindows 10または一般提供チャネルWindows 11実行している必要があります。 それ以外の場合、一般的に問題はありません。 詳細については、「 Windows Autopilot - 既知の問題」を参照してください。

4K ハードウェア ハッシュを使用して既存の CBR に変更はありますか?

いいえ。

OEM からMicrosoftに送信する必要がある新しい情報は何ですか?

OEM が顧客の代わりにデバイスを登録することを選択しない限り、何もありません。 この場合、デバイス ID CSV ファイルをMicrosoft パートナー センターにアップロードするか、OEM ダイレクト API を使用する必要があります。

OEM が Autopilot 展開に参加するための契約または修正はありますか?

いいえ。

CSV スキーマ

CSV ファイルでコンマを使用できますか?

いいえ。

CSV ファイルに一覧表示できるデバイスの数に制限はありますか?

はい。 CSV ファイルには、1 つのプロファイルに適用する 1,000 台のデバイスのみを含めることができます。 プロファイルに 1,000 を超えるデバイスを適用する必要がある場合は、デバイスを複数の CSV ファイル経由でアップロードする必要があります。

MICROSOFT OEM が顧客に CSV ファイルを提供する方法に関する推奨事項はありますか?

ビジネス顧客に送信するときに CSV ファイルを暗号化し、MPC、MSfB、またはIntuneを介して Windows Autopilot デバイスを自己登録します。

ハードウェア ハッシュ

ハードウェア ハッシュに含める必要があるデータは何ですか?

OEM によって送信されるすべてのハードウェア ハッシュには、次のデータが含まれている必要があります。

  • SMBIOS UUID: ユニバーサル一意識別子
  • MAC アドレス: ネットワーク カードの一意の識別子
  • 一意のディスクシリアル番号: Windows OEM ライセンス認証 3.0 ツールを使用する場合

Windows Autopilot は、クラウド構成に適用されるデバイスを一意に識別する機能に基づいているため、概説されている要件を満たすハードウェア ハッシュを送信することが重要です。

ハードウェア ハッシュの詳細に SMBIOS UUID、MAC アドレス、ディスクシリアル番号が必要な理由

ハードウェア ハッシュを作成するには、デバイスの一部が追加または削除されるため、デバイスを識別するためにこれらのフィールドが必要です。 Windows デバイスの一意の識別子がないため、これらのフィールドはデバイスを識別するための最適なロジックです。

OA3 ハードウェア ハッシュ、4K ハードウェア ハッシュ、Windows Autopilot ハードウェア ハッシュの違いは何ですか?

なし。 彼らは同じもののために異なる名前です。 OA3 ツールの出力は、サイズが 4K の OA3 ハッシュと呼ばれ、Windows Autopilot 展開シナリオで使用されます。

注:

サポートされていない古い Windows バージョンの OA3 ツールを使用すると、異なるサイズのハッシュが取得されます。 Windows Autopilot 展開では、このハッシュを使用できません。

ディスクやネットワーク カードなどのハードウェアを交換する必要がある場合、ハードウェア ハッシュが無効になりますか?

はい。 パーツを交換する場合は、新しいハードウェア ハッシュを生成する必要がある場合があります。 これは、置き換えられたもの、および部品の特性によって異なります。

たとえば、TPM またはマザーボードを交換する場合は、新しいデバイスであり、新しいハードウェア ハッシュを取得する必要があります。 1 つのネットワーク カードを交換すると、おそらく新しいデバイスではなく、デバイスは古いハードウェア ハッシュで機能します。

一般に、ハードウェアが変更された後、古いハードウェア ハッシュが無効であると想定し、新しいハードウェア ハッシュを取得します。 このプロセスは、部品を交換するたびに推奨されます。

マザーボードの交換

Autopilot はマザーボードの交換シナリオをどのように処理しますか?

マザーボードの交換は、Autopilot のスコープ外です。 Windows Autopilot のデバイスを識別する機能を変更する修復済みまたはサービス済みデバイスは、通常の OOBE プロセスを通過する必要があります。 適切な設定を手動で選択するか、カスタム イメージを適用する必要があります。

マザーボードの交換後に同じデバイスを Windows Autopilot に再利用するには、次のプロセスを使用します。

  1. Autopilot からデバイスの登録を解除します。
  2. マザーボードを交換します。
  3. 新しい 4K ハードウェア ハッシュを生成します。
  4. 新しい 4K ハードウェア ハッシュまたはデバイス ID でデバイスを登録します。

注:

OEM は、OEM ダイレクト API を使用してデバイスを再登録することはできません。これはタプルまたは PKID のみを受け入れます。 この場合、OEM は CSV ファイルを使用して新しい 4K ハードウェア ハッシュ情報を顧客に送信し、MSfB または Intuneを使用してデバイスを再登録できます。

Smbios

SMBIOS UUID の特定の要件はありますか?

これは、Windows ハードウェア要件で指定されているとおりに一意である必要があります。

Windows Autopilot ハードウェア ハッシュのニーズを満たすための SMBIOS テーブルの要件は何ですか?

すべての Windows ハードウェア要件を満たす必要があります。 詳細については、「 Windows ハードウェア互換性プログラムの仕様とポリシー」を参照してください。

SMBIOS で UUID とシリアル番号がサポートされている場合、OA3 ツールがハードウェア ハッシュを生成するのに十分ですか?

いいえ。 少なくとも、次の SMBIOS フィールドには一意の値が必要です。

  • ProductKeyID
  • SmbiosSystemManufacturer
  • SmbiosSystemProductName
  • SmbiosSystemSerialNumber
  • SmbiosSkuNumber
  • SmbiosSystemFamily
  • MacAddress
  • SmbiosUuid
  • DiskSerialNumber
  • TPM
  • EkPub

技術インターフェイス

MAC アドレスとディスクシリアル番号を取得するインターフェイスは何ですか? OA ツールでこの情報を取得する方法

この情報を取得する方法はシナリオによって異なりますが、一般的には次のようになります。

  • ディスクのシリアル番号は から取得 IOCTL_STORAGE_QUERY_PROPERTY されます StorageDeviceProperty/PropertyStandardQuery

  • ネットワーク MAC アドレスは からIOCTL_NDIS_QUERY_GLOBAL_STATSOID_802_3_PERMANENT_ADDRESSです。

デバイスに複数のネットワーク カードまたはディスクがある場合、OA3 ツールは使用する MAC アドレスとディスクシリアル番号をどのように選択しますか?

使用可能なすべての値が使用されますが、特定の使用規則が存在する可能性があります。 システム ディスクのシリアル番号は、使用可能な他のディスクよりも重要です。 リムーバブルであるネットワーク インターフェイスは、リムーバブルであるために検出された場合は使用しないでください。 両方が使用されるため、LAN と WLAN は関係ありません。

エンドユーザーのエクスペリエンス

autopilot を受け取った操作方法は?

Autopilot 構成を受け取ったが、選択ページをスキップしてもまだ適用されておらず、一般的なサインイン ページまたはカスタマイズされたサインイン ページにすぐに移動したことを伝えることができます。

Autopilot プロファイルが構成されていない場合、ユーザーが管理者になったのはなぜですか?

この構成を無効にするように Windows Autopilot が構成されている場合でも、Azure AD 管理者はローカル管理者になります。

トラブルシューティングを行うには、(キャビネット) ファイルを .cab 実行licensingdiag.exeして にAutopilotHelp@microsoft.com送信します。 可能であれば、Windows パフォーマンス レコーダー (WPR) から ETL も収集します。

多くの場合、ユーザーは適切な Azure AD テナントにサインインしていないか、ローカル ユーザー アカウントを作成しています。

サポート オプションの完全な一覧については、「 Windows Autopilot サポート」を参照してください。

既存の Autopilot プロファイルに変更を加えた場合、そのプロファイルが割り当てられ、既に展開されているデバイスで変更が有効になりますか?

いいえ。 Windows Autopilot プロファイルは、デバイスに常駐していません。 OOBE 中にダウンロードされ、その時点で定義された設定が適用されます。 その後、プロファイルはデバイス上で破棄されます。 デバイスが再イメージ化またはリセットされた場合、新しいプロファイル設定は、次回デバイスが OOBE を通過した場合に有効になります。

デバイスが登録されていない場合、またはエンド ユーザーが自己展開を試みる前に Windows Autopilot を構成していない場合のエクスペリエンスは何ですか?

デバイスが登録されていない場合、Windows Autopilot エクスペリエンスは受信せず、エンド ユーザーは通常の OOBE を経由します。 Windows Autopilot 構成は、登録後にユーザーが OOBE を再度実行するまで適用されません。 MDM プロファイルが作成される前にデバイスが起動された場合、デバイスは標準の OOBE エクスペリエンスを通過します。 その後、そのデバイスを MDM に手動で登録する必要があります。 次回デバイスがリセットされると、Windows Autopilot OOBE エクスペリエンスが実行されます。

Autopilot 中にカスタマイズされたサインイン画面が表示されなかったのはなぜですか?

カスタマイズされたサインイン エクスペリエンスを受け取るには、Azure portalでテナント のブランド化を構成します。

デバイスが Azure AD に登録されていても、Windows Autopilot プロファイルが割り当てられない場合はどうなりますか?

Windows Autopilot プロファイルがデバイスに割り当てられていないため、ユーザーには既定の OOBE が表示されます。

Autopilot でログを収集するにはどうすればよいですか?

Windows Autopilot のパフォーマンスでログを収集する最善の方法は、OOBE 中に WPR トレースを収集することです。 このトレースの XML ファイル (WPRP 拡張子) は、要求に応じて提供される場合があります。

MDM

Autopilot では、Microsoft Intuneの使用が必要ですか?

いいえ。 どの MDM でも Autopilot で動作しますが、他の MDM には、Intuneと同じ完全な Windows Autopilot 機能が含まれていない場合があります。 あなたはIntuneで最高の経験を得るでしょう。

Intuneは Win32 アプリのプレインストールをサポートしていますか?

はい。 Intuneでは、MSI ラッパーと MSIX ラッパーを使用した Win32 アプリがサポートされます。

共同管理とは

共同管理を使用すると、Microsoft エンドポイント Configuration ManagerとMicrosoft Intuneの両方を使用して、Windows 10以降のデバイスを同時に管理できます。 このようにすると、新しい機能を追加することにより、Configuration Manager への既存の投資をクラウドに接続できます。 共同管理を使用すると、お客様の組織に最適なテクノロジ ソリューションを柔軟に使用できます。

Windows デバイスにConfiguration Manager クライアントがあり、Intuneに登録されている場合、両方のサービスの利点が得られます。 管理者は、ワークロードが存在する場合、どのワークロードのオーソリティを Configuration Manager から Intune に切り替えるかを制御します。 Configuration Manager は、管理者が Intune に切り替えなかったワークロードを含む他のすべてのワークロード、および共同管理がサポートしていない Configuration Manager の他のすべての機能を引き続き管理します。

詳細については、次の記事を参照してください。

Autopilot にはConfiguration Managerが必要ですか?

いいえ。 必須ではありませんが、次のシナリオでは Autopilot と共に使用できます。

機能

自己展開モードとは

自己展開モードでは、ユーザーがデバイスの電源をオンにする必要があります。 これは、標準ユーザー アカウントが必要ないシナリオに役立ちます。 たとえば、共有デバイスやキオスク デバイスなどです。

詳細については、「 Windows Autopilot 自己展開モード」を参照してください。

ハイブリッド Azure AD 参加とは

ハイブリッド Azure AD 参加済みデバイスは、オンプレミスの Active Directory ドメインと Azure AD に接続します。

詳細については、「 Azure Active Directory でのデバイス管理の概要」を参照してください。

Windows Autopilot リセットとは

Windows Autopilot リセットでは、デバイスからユーザー アプリと設定が削除されますが、Azure AD ドメイン参加と MDM 登録は維持されます。 この機能は、あるユーザーから別のユーザーにデバイスを転送する場合に便利です。

詳細については、「 Windows Autopilot リセット」を参照してください。

Autopilot のパーソナル化とは

OOBE エクスペリエンスには、次のカスタマイズを追加できます。

  • パーソナライズされたウェルカム メッセージ
  • ユーザー名ヒントをカスタマイズする
  • 組織のロゴ

既存のデバイスの Autopilot とは

既存のデバイスの Autopilot には、既存のすべてのWindows 8.1 デバイスのWindows 10またはWindows 11へのアップグレード パスが用意されています。

詳細については、「 既存のデバイスの Autopilot」を参照してください。

一般

マシンをワイプして再起動しても、Windows Autopilot を受け取りますか?

はい。 デバイスがまだ Autopilot に登録されていて、サポートされているバージョンの Windows を実行している場合は、Autopilot エクスペリエンスを受け取ります。

既存のデバイスでデバイスフィンガープリントを収集できますか?

はい。 デバイスがサポートされているバージョンの Windows を実行している場合は、登録のためにデバイスフィンガープリントを収集できます。 以前のリリースに機能をバックポートする予定はありません。 サポートされていないバージョンの Windows を実行しているデバイスで収集する方法はありません。

Windows Autopilot は、Surface Hub、HoloLens、Windows Mobile など、他の SKU でサポートされていますか?

Surface Hub、Windows Mobile、およびその他の SKU の場合、Windows Autopilot はサポートされていません。 HoloLens 1 では、Windows Autopilot もサポートされていません。 Windows Holographic バージョン 2004 以降、HoloLens 2では、Microsoft Intuneを使用した Windows Autopilot 自己展開モードがサポートされています。 サード パーティの MDM プロバイダーはサポートされていません。

HoloLens 2の詳細については、「Windows Autopilot for HoloLens 2」を参照してください。

MBR またはイメージの再インストール後に Windows Autopilot は機能しますか?

はい。 詳細については、「 Windows Autopilot マザーボード交換シナリオのガイダンス」を参照してください。

このエラー メッセージの意味 このユーザーは登録を承認されていません。エラー コード 801c0003。

特定の Azure AD ユーザーが Azure AD に登録できるデバイスの数と、Intuneのユーザーごとにサポートされているデバイスの数には制限があります。 これらの制限は構成可能ですが、無限ではありません。 デバイスを再利用したり、以前の仮想マシン スナップショットにロールバックしたりすると、このエラーが頻繁に表示されます。

デバイスが悪意のあるエージェントに登録されている場合はどうなりますか?

設計上、Windows Autopilot は、ユーザーが Azure AD サインイン プロセスを使用して構成されたプロファイルの一致するテナントでサインインするまでプロファイルを適用しません。 たとえば、 badguys.comcontoso.com所有するデバイスを登録します。 最悪の場合、ユーザーは にサインインするように badguys.com指示されます。 ユーザーが電子メールとパスワードを入力すると、サインイン情報は Azure AD 経由で適切な Azure AD 認証にリダイレクトされ、ユーザーは に contoso.comサインインするように求められます。 contoso.comテナントと一致badguys.comしないため、悪意のあるプロファイルは適用されておらず、ユーザーには通常の OOBE が表示されます。

Windows Autopilot データはどこに保存されますか?

Windows Autopilot データは、米国 (米国) に格納されます。 Azure AD テナントがソブリン クラウドに登録されている場合でも、ソブリン クラウドには格納されません。 このストレージは、Autopilot の展開に使用されるポータルに関係なく、すべての Windows Autopilot データに適用されます。

Windows Autopilot データがソブリン クラウドではなく米国に格納されているのはなぜですか?

顧客データは保存されません。Microsoftがサービスを提供できるようにするビジネス データのみです。 そのため、データを米国に格納するのが適切です。 お客様はいつでもサービスのサブスクライブを停止できます。 その場合、ビジネス データはMicrosoftによって削除されます。 Autopilot は現在、ソブリン クラウドではサポートされていません。

Windows Autopilot にデバイスを登録する方法はいくつですか?

プロセスを実行するユーザーに応じて、デバイスを登録する方法は 6 つあります。

  1. OEM ダイレクト API。TVO でのみ使用できます
  2. MPC API を使用した MPC。CSP でのみ使用できます
  3. UI での CSV ファイルの手動アップロードを使用した MPC。CSP でのみ使用できます
  4. CSV ファイルのアップロードを使用した MSfB
  5. CSV ファイルのアップロードを使用したIntune
  6. CSV ファイルのアップロードを使用したポータルのMicrosoft 365 Business Premium

Windows Autopilot プロファイルを作成する方法はいくつですか?

Windows Autopilot プロファイルを作成して割り当てるには、次の 4 つの方法があります。

  1. MPC を使用します。これは CSP でのみ使用できます
  2. MSfB 経由
  3. Intuneまたは別の MDM サービスを通じて
  4. Microsoft 365 Business Premium ポータル

Microsoftでは、Intuneを使用してプロファイルの作成と割り当てを行うことをお勧めします。

登録エラーの一般的な原因は何ですか?

  1. ハードウェア ハッシュ エントリが正しくないか見つからないと、登録試行が失敗する可能性があります
  2. CSV ファイル内の非表示の特殊文字。 この問題を回避するには、CSV ファイルを作成した後、メモ帳で開き、非表示の文字、末尾のスペース、またはその他の破損を探します。

Autopilot はすべてのリージョン/国でサポートされていますか?

Autopilot では、グローバル Azure を使用するお客様のみがサポートされます。 グローバル Azure には、次の 3 つのエンティティは含まれません。

  • Azure Germany
  • Azure China 21Vianet
  • Azure Government

グローバル Azure を使用する場合、リージョンの制限はありません。 たとえば、Contoso はグローバル Azure を使用しますが、従業員は中国で働いています。 中国で働く Contoso の従業員は、Autopilot を使用してデバイスを展開できます。 Contoso が Azure China 21Vianet を使用している場合、Contoso の従業員は Autopilot を使用できません。

デバイスでの初回起動時に TPM プロビジョニング/構成証明に時間がかかるのはなぜですか?

TPM プロビジョニングには、強力な暗号化キーの生成と処理が含まれます。 デバイスで使用される TPM ハードウェアの特性によっては、初回起動時に 1 分以上かかる場合があります。

用語集

用語集

用語 意味
CSV Excel スプレッドシートに似たファイルの種類であるコンマ区切り値の形式
Mpc Microsoft パートナー センター
MDM モバイル デバイス管理
OEM オリジナル機器メーカー
Csp クラウド ソリューション プロバイダー
MSfB ビジネス向け Microsoft Store
Azure AD Azure Active Directory
4K HH 4K ハードウェア ハッシュ
Cbr コンピューター ビルド レポート
Ec Enterprise Commerce
Dds Device Directory Service
Oobe すぐに使えるエクスペリエンス
UUID ユニバーサル一意識別子