Configuration Manager用の更新プログラム 2111 をインストールするためのチェックリスト

Configuration Manager (現在のブランチ) に適用

Configuration Managerの現在のブランチを使用する場合は、バージョン 2111 のコンソール内更新プログラムをインストールして、以前のバージョンから階層を更新できます。

バージョン 2111 の更新プログラムを取得するには、階層の最上位サイトでサービス接続ポイントを使用する必要があります。 このサイト システムの役割は、オンライン モードまたはオフライン モードにすることができます。 サービス接続ポイントがオフラインのときに更新プログラムをダウンロードするには、 サービス接続ツールを使用します

階層がMicrosoftから更新パッケージをダウンロードした後、コンソールで見つけます。 [管理] ワークスペースで、[更新とサービス] ノードを選択します。

  • 更新プログラムが [使用可能] と表示されたら、更新プログラムをインストールする準備が整います。 バージョン 2111 をインストールする前に、 更新プログラム 2111 のインストールに関する 次の情報と、更新を開始する前に行う構成の 更新前チェックリスト を確認してください。

  • 更新プログラムが [ダウンロード 中] と表示され、変更されない場合は、 hman.logdmpdownloader.log で エラーがないか確認します。

    • dmpdownloader.log は、更新プログラムを確認する前に dmpdownloader プロセスが間隔を待機していることを示している可能性があります。 更新プログラムの再配布ファイルのダウンロードを再開するには、サイト サーバーで SMS_Executive サービスを再起動します。

    • もう 1 つの一般的なダウンロードの問題は、プロキシ サーバーの設定が 必要なインターネット エンドポイントからのダウンロードを妨げる場合に発生します。

更新プログラムのインストールの詳細については、「 コンソール内の更新プログラムとサービス」を参照してください。

現在のブランチ バージョンの詳細については、「 ベースラインバージョンと更新バージョン」を参照してください。

更新プログラム 2111 のインストールについて

サイト

階層の最上位サイトに更新プログラム 2111 をインストールします。 中央管理サイト (CAS) またはスタンドアロン プライマリ サイトからインストールを開始します。 最上位サイトに更新プログラムをインストールすると、子サイトの更新動作は次のようになります。

  • 子プライマリ サイトは、CAS が更新プログラムのインストールを完了した後に更新プログラムを自動的にインストールします。 サービス ウィンドウを使用して、サイトが更新プログラムをインストールするタイミングを制御できます。 詳細については、「 サイト サーバーのサービス ウィンドウ」を参照してください。

  • プライマリ親サイトが更新プログラムのインストールを完了した後、Configuration Manager コンソール内から各セカンダリ サイトを手動で更新します。 セカンダリ サイト サーバーの自動更新はサポートされていません。

サイト システムの役割

サイト サーバーは、更新プログラムをインストールすると、すべてのサイト システムの役割を自動的に更新します。 これらの役割は、サイト サーバー上にあるか、リモート サーバーにインストールされます。 更新プログラムをインストールする前に、各サイト システム サーバーが新しい更新プログラム バージョンの現在の前提条件を満たしていることを確認してください。

コンソールのConfiguration Manager

更新が完了した後にConfiguration Managerコンソールを初めて使用すると、その本体を更新するように求められます。 コンソールをホストするコンピューターでConfiguration Managerセットアップを実行し、コンソールを更新するオプションを選択することもできます。 更新プログラムをできるだけ早くコンソールにインストールします。 詳細については、「Configuration Manager コンソールのインストール」を参照してください。

重要

CAS に更新プログラムをインストールする場合は、すべての子プライマリ サイトも更新プログラムのインストールを完了するまでに存在する次の制限事項と遅延に注意してください。

  • クライアントのアップグレード は開始されません。 これには、クライアントと実稼働前クライアントの自動更新が含まれます。 また、最後のサイトが更新プログラムのインストールを完了するまで、運用前クライアントを運用環境に昇格させる必要はありません。 最後のサイトで更新プログラムのインストールが完了すると、構成の選択に基づいてクライアントの更新が開始されます。
  • 更新プログラムで有効にする新機能は使用できません。 この動作は、CAS が、その機能のサポートをまだインストールしていないサイトに、その機能に関連するデータをレプリケートしないようにするためです。 すべてのプライマリ サイトが更新プログラムをインストールすると、この機能を使用できるようになります。
  • CAS と子プライマリ サイト間のレプリケーション リンクは、アップグレードされていないと表示されます。 この状態は、レプリケーションの初期化を監視するための 警告が表示され、[完了] として更新プログラムのインストール状態に表示されます。 コンソールの [監視 ] ワークスペースでは、 リンクが構成されているときにこの状態が表示されます。

早期更新リング

2021 年 12 月 15 日の時点で、バージョン 2111 はすべてのお客様がインストールできるようにグローバルに利用できます。 以前に早期更新リングにオプトインした場合は、この現在のブランチ バージョンの更新を監視してください。

更新前チェックリスト

すべてのサイトでサポートされているバージョンのConfiguration Managerが実行されます

階層内の各サイト サーバーは、インストールを開始する前に、同じバージョンのConfiguration Managerを実行する必要があります。 バージョン 2111 に更新するには、バージョン 2006 以降を使用します。

製品ライセンスの状態を確認する

この更新プログラムをインストールするには、アクティブなソフトウェア アシュアランス (SA) 契約または同等のサブスクリプション権限が必要です。 サイトを更新すると、ソフトウェア アシュアランスの有効期限を確認するためのオプションが [ライセンス] ページに表示されます。

この値は省略できます。 ライセンスの有効期限の便利なリマインダーとしてを指定できます。 この日付は、将来の更新プログラムをインストールするときに表示されます。 更新プログラムのセットアップまたはインストール中に、この値を以前に指定していた可能性があります。 この値は、Configuration Manager コンソールでも指定できます。 [ 管理 ] ワークスペースで、[ サイトの構成] を展開し、[サイト] を選択 します。 リボンで [ 階層設定] を 選択し、[ ライセンス ] タブに切り替えます。

詳細については、「 ライセンスとブランチ」を参照してください。

.NET バージョンMicrosoft確認する

Configuration Managerでは、サイト サーバー、特定のサイト システム、クライアント、コンソールMicrosoft .NET Frameworkバージョン 4.6.2 が必要になりました。 セットアップを実行してサイトをインストールまたは更新する前に、まず .NET を更新し、システムを再起動します。 環境で可能であれば、最新バージョンの .NET バージョン 4.8 をインストールします。

このインストールにより、サイト システム サーバーが再起動保留中の状態になり、Configuration Manager コンポーネントの状態ビューアーにエラーが報告される可能性があります。 サーバー上の .NET アプリケーションでは、サーバーを再起動するまでランダムなエラーが発生する可能性があります。

再起動を管理する方法などの詳細については、「 サイトとサイト システムの前提条件」を参照してください。

Windows ADK のバージョンを確認する

Windows Assessment and Deployment Kit (ADK) のバージョンは、Configuration Manager バージョン 2111 でサポートされている必要があります。 詳細については、「 Windows ADK のサポート」を参照してください。 Windows ADK を更新する必要がある場合は、Configuration Managerの更新を開始する前に更新してください。 この順序により、既定のブート イメージが最新バージョンの Windows PE に自動的に更新されます。 サイトを更新した後、カスタム ブート イメージを手動で更新します。

Windows ADK を更新する前にサイトを更新する場合は、「 ブート イメージを使用して配布ポイントを更新する」を参照してください。

SQL Server Native Clientバージョンを確認する

TLS 1.2 のサポートを含む、SQL Server 2012 Native Client の最小バージョンをインストールします。 詳細については、「 前提条件チェックの一覧」を参照してください。

未解決の問題についてサイトと階層の状態を確認する

サイトの更新は、既存の運用上の問題のために失敗する可能性があります。 サイトを更新する前に、次のシステムのすべての運用上の問題を解決します。

  • サイト サーバー
  • サイト データベース サーバー
  • 他のサーバー上のリモート サイト システムの役割

詳細については、「 ステータス システムを使用する」を参照してください。

サイト間のファイルとデータのレプリケーションを確認する

サイト間のファイルとデータベースのレプリケーションが操作可能であり、現在の状態であることを確認します。 いずれかの遅延またはバックログによって、更新が正常に行えなくなる可能性があります。

データベースのレプリケーション

データベース レプリケーションの場合、更新を開始する前に問題を解決するには、レプリケーション リンク アナライザー (RLA) を使用します。 詳細については、「 データベース レプリケーションの監視」を参照してください。

RLA を使用して、次の質問に回答します。

  • グループごとのレプリケーションは適切な状態ですか?
  • リンクが低下していますか?
  • エラーはありますか?

バックログがある場合は、クリアされるまで待ちます。バックログが数百万件のレコードなど大きい場合、リンクの状態が悪くなります。 サイトを更新する前に、レプリケーションの問題を解決してください。 さらにサポートが必要な場合は、Microsoft サポートにお問い合わせください。

ファイルベースのレプリケーション

ファイル ベースのレプリケーションの場合は、すべての受信トレイで、送受信サイトの両方でバックログを確認します。 多数のスタックまたは保留中のレプリケーション ジョブがある場合は、クリアされるまで待ちます。

  • 送信サイトで、 sender.log を確認します。
  • 受信サイトで、 despooler ログを確認します

該当するすべての重要な Windows 更新プログラムをインストールする

Configuration Managerの更新プログラムをインストールする前に、該当するサイト システムごとに重要な OS 更新プログラムをインストールします。 これらのサーバーには、サイト サーバー、サイト データベース サーバー、およびリモート サイト システムの役割が含まれます。 インストールする更新プログラムで再起動が必要な場合は、アップグレードを開始する前に該当するサーバーを再起動します。

プライマリ サイトの管理ポイントのデータベース レプリカを無効にする

Configuration Manager、管理ポイントのデータベース レプリカが有効になっているプライマリ サイトを正常に更新できません。 Configuration Managerの更新プログラムをインストールする前に、データベース レプリケーションを無効にします。

詳細については、「 管理ポイントのデータベース レプリカ」を参照してください。

可用性グループSQL Server Always On手動フェールオーバーに設定する

可用性グループを使用する場合は、更新プログラムのインストールを開始する前に、可用性グループが手動フェールオーバーに設定されていることを確認してください。 サイトが更新されたら、フェールオーバーを自動に復元できます。 詳細については、「 可用性グループを使用するための準備」を参照してください。

各サイトでサイトのメンテナンス タスクを無効にする

更新プログラムをインストールする前に、更新プロセスがアクティブな間に実行される可能性があるサイト メンテナンス タスクを無効にします。 たとえば、次に限定されません。

  • バックアップ サイト サーバー
  • 期限切れのクライアント操作を削除する
  • 期限切れの検出データを削除する

更新プログラムのインストール中にサイト データベースのメンテナンス タスクが実行されると、更新プログラムのインストールが失敗する可能性があります。 タスクを無効にする前に、更新プログラムのインストール後に構成を復元できるように、タスクのスケジュールを記録します。

詳細については、「メンテナンス タスク」および「メンテナンス タスクのリファレンス」を参照してください

ウイルス対策ソフトウェアを一時的に停止する

サイトを更新する前に、Configuration Manager サーバー上のウイルス対策ソフトウェアを停止します。 ウイルス対策ソフトウェアは、更新が失敗する原因となる更新が必要な一部のファイルをロックできます。

サイト データベースのバックアップを作成する

サイトを更新する前に、CAS サイトとプライマリ サイトでサイト データベースをバックアップします。 このバックアップにより、ディザスター リカバリーに使用するバックアップが正常に作成されます。

詳細については、「 バックアップと回復」を参照してください。

カスタマイズされたファイルをバックアップする

自分またはサードパーティ製品がConfiguration Manager構成ファイルをカスタマイズする場合は、カスタマイズのコピーを保存します。

たとえば、Configuration Manager インストール ディレクトリのフォルダー内のosdinjection.xml ファイルにbin\X64カスタム エントリを追加します。 Configuration Managerを更新した後、これらのカスタマイズは保持されません。 カスタマイズを再適用します。

ハードウェア インベントリのカスタマイズを確認する

クライアント設定でハードウェア インベントリ クラスの状態を変更した場合、サイトを更新すると、一部のクラスが既定の状態に戻る可能性があります。 たとえば、 クラスまたは SMS_Windows8ApplicationUserInfo クラスをSMS_Windows8Application無効にすると、Configuration Manager更新プログラムをインストールした後に有効になります。

ハードウェア インベントリ クラスをカスタマイズするときは、更新プログラムをインストールする前に、その構成に注意してください。

クライアントのパイロットを計画する

クライアントも更新するサイト更新プログラムをインストールする場合は、すべての運用クライアントを更新する前に、運用前にその新しいクライアント更新プログラムをテストします。 このオプションを使用するには、更新プログラムのインストールを開始する前に、運用前の自動アップグレードをサポートするようにサイトを構成します。

詳細については、「クライアントの アップグレード 」と「 運用前のコレクションでクライアントのアップグレードをテストする方法」を参照してください。

注:

バージョン 2107 以降に更新すると、PKI 証明書を持つクライアントは自己署名証明書を再作成しますが、サイトに再登録しません。 PKI 証明書を持たないクライアントはサイトに再登録します。これにより、サイトで余分な処理が発生する可能性があります。 クライアントを更新するプロセスでランダム化が許可されていることを確認します。 多数のクライアントを同時に更新すると、サイト サーバーにバックログが発生する可能性があります。

サービス ウィンドウの使用を計画する

サイト サーバーの更新プログラムをインストールできる期間を定義するには、サービス ウィンドウを使用します。 これらは、階層内のサイトが更新プログラムをインストールするタイミングを制御するのに役立ちます。 詳細については、「 サイト サーバーのサービス ウィンドウ」を参照してください。

サポートされている拡張機能を確認する

Microsoft、Microsoft パートナー、またはサード パーティベンダーの他の製品とConfiguration Managerを拡張する場合は、それらの製品がサポートされ、バージョン 2111 と互換性があることを確認してください。 この情報については、製品ベンダーに問い合わせてください。

ヒント

Configuration Managerにサード パーティ製のアドオンを開発する場合は、毎月のテクニカル プレビュー ブランチ リリースごとにアドオンをテストする必要があります。 定期的なテストは互換性を確認するのに役立ち、標準インターフェイスに関する問題を早期に報告できます。

カスタム ソリューションを無効にする

サイトに Configuration Manager SDK または PowerShell に基づくカスタム ソリューションがある場合は、サイトを更新する前に、このコードを無効にします。 ラボ環境でこのカスタム コードをテストして、新しいバージョンと互換性があることを確認してください。

注:

バージョン 2111 以降では、Microsoft .NET Frameworkを使用し、Configuration Manager ライブラリに依存するサード パーティ製アドオンでも、.NET 4.6.2 以降を使用する必要があります。 詳細については、「 外部依存関係には .NET 4.6.2 が必要です」を参照してください。

リリース ノートを読む

更新を開始する前に、現在のリリース ノートを確認してください。 Configuration Managerでは、製品リリース ノートは緊急の問題に限定されます。 これらの問題は、製品ではまだ修正されていません。また、Microsoft サポートの記事で詳しく説明されています。

機能固有のドキュメントには、コア シナリオに影響する既知の問題に関する情報が含まれる場合があります。

詳細については、リリース ノートを参照してください。

更新プログラムをインストールする

セットアップの前提条件チェッカーを実行する

コンソールに更新プログラムが [使用可能] と表示されたら、更新プログラムをインストールする前に前提条件チェッカーを実行できます。 (サイトに更新プログラムをインストールすると、前提条件チェッカーが再度実行されます)。

コンソールから前提条件チェックを実行するには、[管理] ワークスペースに移動し、[更新とサービス] を選択します。 Configuration Manager 2111 更新プログラム パッケージを選択し、リボンで [前提条件チェックの実行] を選択します。

詳細については、「コンソール内 の更新プログラムをインストールする前に」の「更新プログラムをインストールする前に前提条件チェッカーを実行 する」のセクション 参照してください。

重要

前提条件チェッカーを実行すると、サイトメンテナンスタスクに使用される一部の製品ソース ファイルがプロセスによって更新されます。 前提条件チェッカーを実行した後、更新プログラムをインストールする前に、サイト メンテナンス タスクを実行する必要がある場合は、サイト サーバーの CD.Latest フォルダーから Setupwpf.exe (Configuration Manager セットアップ) を実行します。

サイトを更新する

これで、階層の更新プログラムのインストールを開始する準備ができました。 更新プログラムのインストールの詳細については、「 コンソール内の更新プログラムをインストールする」を参照してください。

通常の営業時間外に更新プログラムをインストールする予定がある場合があります。 プロセスがビジネス操作に最も影響を与えるのが最も少ないタイミングを決定します。 更新プログラムとそのアクションをインストールすると、サイト コンポーネントとサイト システムの役割が再インストールされます。

詳細については、「Configuration Managerの更新」を参照してください。

更新後のチェックリスト

サイトの更新後、次のチェックリストを使用して、一般的なタスクと構成を完了します。

バージョンの確認と再起動 (必要な場合)

各サイト サーバーとサイト システムの役割がバージョン 2111 に更新されていることを確認します。 コンソールで、[管理] ワークスペースの [サイト] ノードと [配布ポイント] ノードに [バージョン] 列を追加します。 必要に応じて、サイト システムの役割が自動的に再インストールされ、新しいバージョンに更新されます。

最初に正常に更新されないリモート サイト システムを再起動することを検討してください。 サイト インフラストラクチャを確認し、該当するサイト サーバーとリモート サイト システム サーバーが正常に再起動されたことを確認します。 通常、サイト サーバーは、サイト システムの役割の前提条件として .NET をインストールConfiguration Manager場合にのみ再起動します。

サイト間レプリケーションがアクティブであることを確認する

Configuration Manager コンソールで、次の場所に移動して状態を表示し、レプリケーションがアクティブであることを確認します。

  • 監視 ワークスペース、 サイト階層 ノード

  • 監視 ワークスペース、 データベース レプリケーション ノード

詳細については、次の記事を参照してください。

Configuration Manager コンソールを更新する

すべてのリモート Configuration Manager コンソールを同じバージョンに更新します。 次の場合にコンソールを更新するように求められます。

  • コンソールを開きます。

  • コンソールで新しいノードに移動します。

管理ポイントのデータベース レプリカを再構成する

プライマリ サイトを更新した後、サイトを更新する前にアンインストールした管理ポイントのデータベース レプリカを再構成します。 詳細については、「 管理ポイントのデータベース レプリカ」を参照してください。

可用性グループを再構成する

可用性グループを使用する場合は、フェールオーバー構成を自動にリセットします。 詳細については、「 可用性グループを使用するための準備」を参照してください。

無効になっているメンテナンス タスクを再構成する

更新プログラムをインストールする前にサイトでデータベース メンテナンス タスク を無効にした場合は、それらのタスクを再構成します。 更新前の設定と同じ設定を使用します。

ハードウェア インベントリのカスタマイズを復元する

クライアント設定でハードウェア インベントリ クラスの状態を変更した場合、サイトを更新すると、一部のクラスが既定の状態に戻る可能性があります。 たとえば、 クラスまたは SMS_Windows8ApplicationUserInfo クラスをSMS_Windows8Application無効にすると、Configuration Manager更新プログラムをインストールした後に有効になります。

ハードウェア インベントリ クラスをカスタマイズする場合は、更新プログラムのインストール後に構成を確認して、意図したとおりに構成されていることを確認します。

アクティブなデプロイからユーザーの状態を復元する

アクティブなユーザー状態の移行がある場合は、それらのデバイスでConfiguration Manager クライアントを更新する前に、ユーザーの状態を復元します。 バージョン 2103 の暗号化アルゴリズムが変更されたため、更新されたクライアントは、別の暗号化アルゴリズムを使用しようとすると、ユーザーの状態を復元できません。

クライアントの更新

特に、更新プログラムをインストールする前にクライアント のパイロットを構成した場合は、作成したプランごとにクライアントを更新します。 詳細については、「 Windows コンピューターのクライアントをアップグレードする方法」を参照してください。

サード パーティの拡張機能

拡張機能を使用してConfiguration Managerする場合は、Configuration Manager バージョン 2111 をサポートし、互換性のあるバージョンに更新します。

カスタム ソリューションを有効にする

バージョン 2111 のラボ環境で既にテスト済みの Configuration Manager SDK または PowerShell に基づいて、カスタム ソリューションを有効にします。

ブート イメージとメディアを更新する

既定のブート イメージでもカスタム ブート イメージでも、使用するすべてのブート イメージに対して [ 配布ポイントの更新] アクションを使用します。 このアクションにより、クライアントが最新バージョンを使用できるようになります。 Windows ADK の新しいバージョンがない場合でも、Configuration Manager クライアント コンポーネントは更新プログラムによって変更される可能性があります。 ブート イメージとメディアを更新しない場合、デバイスでのタスク シーケンスのデプロイが失敗する可能性があります。

サイトを更新すると、既定のブート イメージConfiguration Manager自動的に更新されます。 更新されたコンテンツは配布ポイントに自動的に配布されません。 ネットワーク全体にこのコンテンツを配布する準備ができたら、特定のブート イメージに対して [配布ポイントの更新 ] アクションを使用します。

注:

既定のブート イメージの場合、サイトは常に、サイトのバージョンと一致するConfiguration Manager クライアントの現在のバージョンを使用します。実稼働前コレクションを使用するようにクライアントの自動アップグレードを構成した場合でも、その機能はブート イメージには適用されません。

サイトを更新した後、 カスタム ブート イメージを手動で更新します。 このアクションは、必要に応じて最新のクライアント コンポーネントでブート イメージを更新し、必要に応じて現在の Windows PE バージョンで再読み込みし、コンテンツを配布ポイントに再配布します。

詳細については、「 ブート イメージを使用して配布ポイントを更新する」を参照してください。

PowerShell ヘルプ コンテンツを更新する

Configuration Manager PowerShell モジュールの最新情報を取得するには、Update-Help コマンドレットを使用します。 Configuration Manager コンソールを使用して、すべてのコンピューターでこのコマンドレットを実行します。 このヘルプ コンテンツは、 ConfigurationManager モジュールに発行されているものと同じです。

詳細については、「PowerShell コマンドレットのConfiguration Manager: ヘルプの更新」を参照してください。

次の手順

リリース ノートを確認します。 この記事は、特に新しい現在のブランチ リリースの直後に定期的に更新できます。 RSS を使用して、このページが更新されたときに通知を受け取ることができます。 詳細については、「ドキュメントの 使い方」を参照してください。