グループを比較する

Microsoft 365 管理センターの [グループ] セクションでは、次の種類のグループを作成および管理できます。

  • Microsoft 365 グループ は、社内外のユーザー間での共同作業に使用されます。 これには、SharePoint や Planner などのコラボレーション サービスが含まれます。
  • 配布グループ は、ユーザーのグループにメール通知を送信するのに使用されます。
  • セキュリティ グループ は、SharePoint サイトなどのリソースへのアクセスを許可するために使用されます。
  • メールが有効なセキュリティ グループ は、SharePoint などのリソースへのアクセスを許可し、それらのユーザーにメールで通知を送信するために使用されます。
  • 共有メールボックス は、会社情報やサポート メール アドレスなど、複数のユーザーが同じメールボックスにアクセスする必要がある場合に使用されます。
  • 動的配布グループ は、組織内でのメール メッセージやその他の情報の大量送信を促進するために作成されます。

一部のグループでは、動的メンバーシップまたはメールが許可されます。

Microsoft 365 グループ 配布グループ セキュリティ グループ メールが有効なセキュリティ グループ 共有メールボックス 動的配布グループ
メールが有効 はい はい 不要 はい はい はい
Azure AD での動的メンバーシップ はい 不要 はい 不要 不要 なし

これらのグループの種類はすべて、Power Automate で使用できます。

Microsoft 365 グループ

Microsoft 365 グループは、社内外のユーザー間での共同作業に使用されます。 各 Microsoft 365 グループでは、メンバーは会話用のグループ メールおよび共有ワークスペース、ファイル、カレンダー イベント、ストリーム、Planner を利用できます。

管理者によって有効にされている限り、組織の外部のユーザーをグループに追加できます。 外部の送信者がグループのメール アドレスにメールを送信できるようにすることもできます。

Microsoft 365 グループは Azure Active Directory の動的メンバーシップ用に構成でき、部署、場所、役職などのユーザー属性に基づいてグループ メンバーを自動的に追加または削除できます。

Microsoft 365 グループには、Outlook for iOS や Outlook for Android などのモバイル アプリからアクセスできます。

グループ メンバーは、管理者によって有効にされている場合、グループのメール アドレスとして送信したり、グループのメール アドレスの代わりに送信したりできます。

Microsoft 365 グループは、Azure Active Directory の動的グループを介した入れ子をサポートします。

Microsoft 365 グループは、SharePoint の 3 つのグループ (所有者、メンバー、訪問者) のいずれかに追加して、ユーザーにサイトへのアクセス許可を付与することができます。

配布グループ

配布グループは、ユーザーのグループに通知を送信するのに使用されます。 管理者によって有効にされている場合、外部メールを受信できます。

配布グループは、"建物 A のユーザー" や "Contoso の全員" など、一連のユーザーに情報をブロードキャストする必要がある状況に最適です。

配布グループは、Microsoft 365 グループにアップグレードできます。

配布グループは Microsoft Teams のチームに追加できますが、グループ自体ではなくメンバーのみが追加されます。

Microsoft 365 グループは、配布グループのメンバーにすることはできません。

動的配布グループ

動的配布グループは、部門や場所などの特定の属性を持つユーザーにメールを送信するために使用されるメール対応グループです。 これらの属性は、Azure AD ではなく Exchange 管理センターで定義されます。

定義済みのメンバーのセットを含む通常の配布グループとは異なり、動的配布グループのメンバーシップの一覧は、グループにメッセージが送信されるたびに、指定されたフィルターおよび条件に基づいて計算されます。動的配布グループに送信された電子メール メッセージは、そのグループに対して定義されている条件に一致する組織内のすべての受信者に配信されます。

セキュリティ グループ

セキュリティ グループは、SharePoint などの Microsoft 365 リソースへのアクセスを許可するために使用されます。 ユーザーを各リソースに個別に追加するのではなく、グループを管理するだけで済むため、管理が容易になります。

セキュリティ グループには、ユーザーまたはデバイスを含めることができます。デバイス用のセキュリティ グループの作成は、Intune などのモバイル デバイス管理サービスで使用できます。

セキュリティ グループは Azure Active Directory の動的メンバーシップ用に構成でき、部署、場所、役職などのユーザー属性、またはオペレーティング システムのバージョンなどのデバイス属性に基づいてグループ メンバーまたはデバイスを自動的に追加または削除できます。

セキュリティ グループをチームに追加できます。

Microsoft 365 グループは、セキュリティ グループのメンバーにすることはできません。

メールが有効なセキュリティ グループ

メールが有効なセキュリティ グループは通常のセキュリティ グループと同じように機能しますが、Azure Active Directory で動的に管理できず、デバイスを含めることができません。

グループのすべてのメンバーにメールを送信する機能が含まれます。

メール対応のセキュリティ グループをチームに追加できます。

共有メールボックス

共有メールボックスは、会社情報やサポート メール アドレス、受付デスク、または複数のユーザーが共有する可能性のあるその他の機能など、複数のユーザーが同じメールボックスにアクセスする必要がある場合に使用されます。

管理者が有効にしている場合、共有メールボックスは外部メールを受信できます。

共有メールボックスには、コラボレーションに使用できる予定表が含まれています。

グループ メールボックスへのアクセス許可を持つユーザーは、管理者がそのユーザーに対して必要なアクセス許可を付与している場合、メールボックスのメール アドレスとして送信したり、メールボックスのメール アドレスの代わりに送信したりできます。 これは、ユーザーが "Contoso サポート" や "フロントデスクの構築" からメールを送信できるため、ヘルプとサポートのメールボックスとして特に役立ちます。

現在、共有メールボックスを Microsoft 365 グループに移行することはできません。

Microsoft 365 グループについて

Outlook で配布リストを Microsoft 365 グループにアップグレードする

Outlook で配布リストをグループにアップグレードする理由