共有メールボックスの問題を解決する

共有メールボックスの作成時または使用時にエラー メッセージが表示される場合は、次の解決策を試してください。

共有メールボックスを作成するときのエラー

エラー メッセージが表示された場合、 プロキシ アドレス "smtp:<shared mailbox name>" は、プロキシ アドレスまたは "<name>" の LegacyExchangeDN によって既に使用されています。別のプロキシ アドレスを選択してください。これは、共有メールボックスに既に使用されている名前を付けようとしていることを意味します。 たとえば、info@domain1 と info@domain2 という名前の共有メールボックスが必要とします。 このようにするには、次の 2 つの方法があります。

共有メールボックスを使用しているときに送信アクセス許可がないことに関するエラー

共有メールボックスを作成し、そこからメッセージを送信しようとすると、次のようになります。

このメッセージを送信できませんでした。 指定したユーザーに代わってメッセージを送信するアクセス許可がありません。

このメッセージは、Microsoft 365 でレプリケーション待機時間の問題が発生している場合に表示されます。 新しい共有メールボックス (または追加されたユーザー) に関する情報がすべてのデータ センターにレプリケートされると、1 時間ほどで削除されます。 1 時間待ってから、もう一度メッセージを送信してください。

共有メールボックスについて
共有メールボックス GWT を作成する (記事)
共有メールボックスを構成する (記事)
ユーザー メールボックスを共有メールボックスに変換する (記事)
共有メールボックスからライセンスを削除する (記事)