一般法人向け Microsoft 365 のサブスクリプションが終了したとき、データとアクセスはどうなりますか?

期限切れ、または解約を決定したためにサブスクリプションが終了した場合、Microsoft 365 サービス、アプリケーション、および顧客データへのアクセスは、サブスクリプションが完全にオフまたは削除される前に複数の状態を経ます。 この進行を認識している場合、手遅れになる前にサブスクリプションをアクティブな状態に戻すか、Microsoft 365 を終了する場合には、最終的に削除される前にデータをバックアップする必要があります。

Microsoft 365 サポートに問い合わせる前に、この重要な情報をお読みください。

注:

一部のサブスクリプションでは、サブスクリプションを購入または更新した後、限られた時間内にのみキャンセルできます。 キャンセル期間が過ぎた場合は、定期的な請求をオフにして、期間の終了時にサブスクリプションをキャンセルします。

サブスクリプションが期限切れになると、データはどうなりますか?

  • サブスクリプションの有効期限が切れると、次の段階を経ます: 期限切れ/無効/削除。 期限切れステージは、サブスクリプションが終了日に達するとすぐに始まります。
  • 年間サブスクリプションで継続請求をオフにすると、有効期限が切れたサブスクリプションと同じステージを経ます。 最初のステージの開始は、年次サブスクリプションの応当日からであり、サブスクリプションの継続請求設定をオフにした日付からではありません。
  • 月次サブスクリプションを解約すると、すぐに (解約の日付で) 無効になります。 つまり、ユーザーはすぐに Microsoft 365 の資産にアクセスできなくなり、その後 90 日間は管理者のみがデータにアクセスできます。

以下の表は、購入した一般法人向け Microsoft 365 サブスクリプションの有効期限が切れたときの流れを説明しています。

有効 期限切れ
(30 日*)
無効
(90 日*)
削除済み
すべてのユーザーがデータ アクセス可能 すべてのユーザーがデータ アクセス可能 管理者のみがデータ アクセス可能 削除されたデータ
他のサービスで使用されていない場合、Azure Active Directory は削除されます
ユーザーは Microsoft 365、ファイル、およびアプリケーションに通常通りアクセスできます ユーザーは Microsoft 365、ファイル、およびアプリケーションに通常通りアクセスできます ユーザーは Microsoft 365、ファイル、またはアプリケーションにアクセスできません ユーザーは Microsoft 365、ファイル、またはアプリケーションにアクセスできません
管理者は Microsoft 365、データ、および Office アプリケーションに通常通りアクセスできます 管理者は管理センターにアクセスできます 管理者は管理センターにアクセスできますが、ユーザーにライセンスを割り当てることはできません 管理者は管理センターにアクセスし、他のサブスクリプションを購入して管理することができます
グローバル管理者または課金管理者は、管理センターでサブスクリプションを再アクティブ化できます グローバル管理者または課金管理者は、管理センターでサブスクリプションを再アクティブ化できます

*ほとんどの国と地域で、ほとんどのオファーについて。

注:

"顧客データ" とは何ですか? Microsoft オンライン サービス使用条件に定義されている顧客データとは、お客様自身が Microsoft 365 サービスを使用することによって、または代理によって Microsoft に提供されるすべてのテキスト、サウンド、または画像ファイルを含むすべてのデータを指します。 顧客データの保護の詳細については、「Microsoft Service Trust Portal の使用を開始する」を参照してください。

サブスクリプションをキャンセルした場合

期間の終了日より前にサブスクリプションをキャンセルすると、サブスクリプションは期限切れステージをスキップし、ほとんどの国と地域で無効ステージ (ほとんどのサブスクリプションにおいて 90 日間) に直接移行します。 キャンセルする前にデータをバックアップすることをお勧めしますが、管理者として、無効ステージにあっても組織のデータに引き続きアクセスしてバックアップすることができます。 残された顧客データは 90 日後に削除され、キャンセル後、180 日以内に削除されます。

サブスクリプションをキャンセルした場合に想定される動作を説明します。

  • 管理者アクセス 管理者は、サインインして管理センターにアクセスでき、必要に応じて、他のサブスクリプションを購入できます。 全体管理者または課金管理者の場合は、すべてのデータを維持したままサブスクリプションを再アクティブ化することができる期間が 90 日間あります。

  • ユーザー アクセス ユーザーは、OneDrive for Business などのサービスの使用や、顧客データ (チーム サイトのメール、ドキュメントなど) へのアクセスができなくなります。 Word、Excel などの Office アプリケーションは、最終的に読み取り専用の機能制限モードになり、 ライセンスのない製品通知が表示されます。

キャンセルする方法については、「サブスクリプションをキャンセルする」を参照してください。

重要

一般的な無効ステージが終了する前にサブスクリプション データを削除する場合は、アカウントの使用を停止することができます。

注:

サブスクリプションを明示的に削除すると、期限切れや無効なステージはスキップされ、OneDrive を含む SharePoint Online のデータやコンテンツは直ちに削除されます。

サブスクリプションの有効期限切れが近い場合

サブスクリプションの有効期間中、自分と自分が管理するユーザーは、自分のデータ、サービス (メール、OneDrive for Business など)、Office アプリケーションに通常どおりアクセスできます。 管理者には、サブスクリプションの期限日が近いことが、メールと管理センター経由で通知されます。

実際にサブスクリプションの期限日になる前は、以下のことを行うことができます。

  • サブスクリプションの継続請求を有効にします。
    • 継続請求が既に有効になっている場合は、何もする必要はありません。 サブスクリプションは自動的に請求され、現在の支払頻度に応じて、追加された年分または月分の料金が課せられます。 何らかの理由で [継続請求] を無効にした場合は、いつでも継続請求を有効に戻すことができます。
    • プリペイド カードで Microsoft 365 Apps for business を購入した場合は、サブスクリプションの継続請求を有効にできます。
    • プリペイドの 1 年間のサブスクリプションを使用するオープン ボリュ​​ーム ライセンスのお客様の場合は、パートナーに連絡して新しいプロダクト キーを購入してください。 ボリューム ライセンス サービス センターでキーのライセンス認証を行う手順をメールで受信します。 新しいパートナー、または過去に協力したことがあるパートナーを見つける方法については、「パートナーまたは販売店を検索する」をご覧ください。
    • Microsoft 365 Apps for business をお持ちの場合、「サブスクリプションの継続請求を管理する」を参照してください。
  • そのままサブスクリプションを期限切れにします。
    • クレジット カードまたは請求書を使って支払っており、サブスクリプションを継続しない場合は、継続請求を無効にします。 有効期限日を過ぎるとサブスクリプションは期限切れになり、関連するメール通知はすべて無視できます。
    • パートナーと連携しているオープン ボリューム ライセンス ユーザーの場合は、手続きを取らなければ、サブスクリプションを期限切れにすることができます。
    • Microsoft 365 Business Standard ユーザーであり、サブスクリプションの支払いとプロダクト キーによるアクティブ化が終わっている場合は、手続きを取らなければ、サブスクリプションを期限切れにすることができます。
  • サブスクリプションの有効期限が切れる前にキャンセルします。 詳細については、「サブスクリプションをキャンセルする」を参照してください。

サブスクリプションの有効期限が切れた場合

サブスクリプションの有効期限が切れた場合、最終的に削除される前に複数の状態を経ます。 これにより管理者には、サービスを継続する場合は再アクティブ化する時間、今後サブスクリプションを使用しない場合はデータをバックアップする時間があります。

サブスクリプションの各状態で想定される動作について説明します。

状態: 期限切れ

想定される動作: 期限切れステージは、Microsoft Open 経由で購入したサブスクリプションを含む、ほとんどのサブスクリプションおよびほとんどの国と地域で 30 日間です。 Microsoft Open を除くボリューム ライセンス製品の場合、期限切れステージは 90 日間です。

この状態で、ユーザーは、Microsoft 365 ポータル、Office アプリケーション、サービス (メールや SharePoint Online など) に正常にアクセスできます。

管理者は、引き続き管理センターにアクセスできます。 心配する必要はありません。グローバル管理者または課金管理者は、サブスクリプションを再アクティブ化して、Microsoft 365 の使用を継続することができます。 再アクティブ化しない場合は、データをバックアップしてください。

状態: 無効

想定される動作: 期限切れステージのときにサブスクリプションを再アクティブ化しなければ、無効ステージに移行します。期間は、ほとんどのサブスクリプションおよびほとんどの国と地域で 90 日間です。 ボリューム ライセンス製品の場合、期限切れステージは 30 日間です。

この状態では、アクセス権が大幅に減少します。 ユーザーはサインインすることも、メールや SharePoint Online などのサービスにアクセスすることもできません。 Office アプリケーションは最終的に読み取り専用の機能制限モードに移り、ライセンスのない製品通知が表示されます。 サインインして管理センターにアクセスすることはできますが、ユーザーにライセンスを割り当てることはできません。 すべてのユーザー データ、メール、チーム サイト上のファイルを含む顧客データは、あなたと他の管理者のみが利用できます。

全体管理者または課金管理者は、サブスクリプションを再アクティブ化し、すべての顧客データをそのまま残して Microsoft 365 を引き続き使用することができます。 再アクティブ化しない場合は、データをバックアップしてください。

状態: 削除済み

想定される動作: 期限切れ状態または無効状態でサブスクリプションを再アクティブ化しない場合は、サブスクリプションが削除されます。

管理者とユーザーは、サブスクリプションに付属するサービスや Office アプリケーションへアクセスすることができなくなります。 すべての顧客データ (ユーザー データ、ドキュメント、メールなど) は完全に削除され、復元できません。

この時点では、サブスクリプションを再アクティブ化することはできません。 しかし、全体管理者または課金管理者は、引き続き管理センター にアクセスして、他のサブスクリプションの管理や、ビジネス ニーズに合わせた新しいサブスクリプションの購入を行うことができます。

注:

  • 削除された同じ種類の新しいサブスクリプションを追加しても、削除されたサブスクリプションに関連付けられていたデータは復元されません。
  • CSP ライセンスが中断された場合、30 日間の期限切れステージはなくなり、サービスはすぐに無効になります。 新しいライセンスを追加してテナントを再アクティブ化しない場合、データは 90 日後に削除されます。

試用期間が終了した場合

試用期間が終了すると、Microsoft 365 を無料で使えなくなります。 この場合、いくつかの選択肢があります。

  • Microsoft 365 を購入します。 試用期間が経過すると、期限切れステージに入り、Microsoft 365 を購入するまでの期間がさらに 30 日間与えられます (ほとんどの国と地域のほとんどの試用版が対象)。 試用版を有料サブスクリプションに切り替える方法については、「無料試用版からサブスクリプションを購入する」を参照してください。
  • 試用期間を延長します。 Microsoft 365 の評価にもっと時間が必要ですか? 場合によっては、試用期間を延長できます。
  • 試用版を終了するか、期限切れにします。 Microsoft 365 を購入しない場合は、試用期間を終了するか、キャンセルすることができます。 保持するデータをバックアップします。 30 日間の期限切れステージの直後に、試用版アカウントの情報とデータが完全に消去されます。

注:

このページに記載された情報には、「Microsoft ポリシーの免責事項および変更に関する通知 (英語)」が適用されます。 このサイトに定期的にアクセスして、変更がないか確認してください。

サブスクリプションを解約する (記事)
ビジネス向け Microsoft 365 を更新する (記事)
サブスクリプションを再アクティブ化する (記事)\