オンプレミス ユーザーの Teams チャット データを検索する

組織に Exchange ハイブリッド展開がある場合 (または、組織がオンプレミス Exchange 組織を Office 365 と同期している場合)、Microsoft Teams を有効にしている場合、オンプレミス ユーザーは Teams チャット アプリケーションを使用してインスタント メッセージングを利用できます。 クラウドベースのユーザーの場合、Teams チャット データ (1x1 または 1xN チャット とも呼ばれます) は、プライマリ クラウドベースのメールボックスに保存されます。 オンプレミス ユーザーが Teams チャット アプリケーションを使用する場合、そのチャット メッセージはオンプレミスにあるプライマリ メールボックスに保存できません。 この制限を回避するために、Microsoft は、クラウドベースのストレージ領域を作成する新機能をリリースしました。これにより、電子情報開示ツールを使用して、オンプレミス ユーザーの Teams チャット データを検索およびエクスポートできます。

オンプレミス ユーザーがクラウドベースのストレージを有効にするための要件と制限は次のとおりです。

  • オンプレミスのディレクトリ サービス (Active Directory など) のユーザー アカウントは、Microsoft 365 のディレクトリ サービスである Azure Active Directory と同期する必要があります。 つまり、メール ユーザー アカウントは、Microsoft 365 で作成され、プライマリ メールボックスがオンプレミスの組織に存在するユーザーに関連付けられます。

  • プライマリ メールボックスがオンプレミスの組織にあるユーザーには、Microsoft Teams ライセンスと Exchange Online Plan 1 の最小ライセンスが割り当てられている必要があります。

  • 組織に Exchange ハイブリッド展開がない場合は、オンプレミスの Exchange スキーマを Azure Active Directory に同期する必要があります。 これを行わないと、オンプレミスの Exchange 組織にメール ボックスを持つユーザーのために Exchange Online で重複するクラウド ベースのメール ボックスを作成するリスクがあります。

  • オンプレミス ユーザーに関連付けられた Teams チャット データのみがクラウドベースのストレージ領域に保存されます。 オンプレミス ユーザーは、このストレージ領域にアクセスすることはできません。

注意

Teams チャネルに含まれる会話は、チームに関連付けられているクラウドベースのメールボックスに常に保存されます。つまり、チャネルの会話を検索できます。 Teams チャネルの会話の検索の詳細については、「Microsoft Teams と Microsoft 365 グループの検索」を参照してください。

メカニズム

Microsoft Teams 対応のユーザーがオンプレミスのメールボックスを持っていて、そのユーザー アカウント/ID がクラウドに同期されている場合、Microsoft は、オンプレミス ユーザーの 1xN Teams チャット データを関連付けるクラウドベースのストレージを作成します。 オンプレミス ユーザーの Teams チャット データは、検索用にインデックス化されます。 これにより、コンテンツ検索 (および Microsoft Purview 電子情報開示 (標準) と Microsoft Purview 電子情報開示 (プレミアム) ケースに関連する検索) を使用して、オンプレミス ユーザーの Teams チャット データを検索、プレビュー、エクスポートできます。 また、セキュリティとコンプライアンス センター PowerShell の *ComplianceSearch コマンドレットを使用して、オンプレミス ユーザー向け Teams チャット データを検索することもできます。

次の図は、オンプレミス ユーザー向け Teams チャット データの検索、プレビュー、エクスポートを行う方法を示しています。

Microsoft Teams のオンプレミスユーザー向けのクラウドベース ストレージ。

この機能に加えて、電子情報開示ツールを使用して、クラウドベースの SharePoint サイトの Teams コンテンツ、各 Microsoft チームに関連付けられた Exchange メールボックス、クラウドベースのユーザーの Exchange Online メールボックスの 1xN Teams チャット データを検索、プレビュー、エクスポートすることもできます。

オンプレミス ユーザーの Teams チャット コンテンツの検索

Microsoft Purview コンプライアンス ポータルのコンテンツ検索を使用して、オンプレミス ユーザーの Teams チャット データを検索する方法について示します。 電子情報開示 (標準) の検索ツールを使用して、オンプレミス ユーザーのチャット データを検索することもできます。

  1. コンプライアンス ポータルで、[コンテンツ検索] に移動します。

  2. [検索] タブで [新しい検索] をクリックし、新しい検索に名前を付けます。

  3. [場所] ページで、[Exchange メールボックス] トグルを [オン] に設定します。

  4. 特定のユーザー (オンプレミス ユーザーを含む) の Teams コンテンツを検索するには、[ユーザー、グループ、チームを選択] を選択し、検索に含める特定のユーザーを選択します。 特定のユーザーを一覧表示しない場合、オンプレミス ユーザーを含むすべてのユーザーが検索に含まれます。

  5. [オンプレミスのユーザー用にアプリ コンテンツを追加する] チェック ボックスがオンになっていることを確認します。 これにより、オンプレミス ユーザーのクラウド ベース ストレージが検索されます。

    [場所] ウィザード ページの [オンプレミスのユーザー用に Office アプリ コンテンツを追加する] チェック ボックスをオンにします。

  6. [検索条件の定義] ページで、キーワード クエリを作成し、必要に応じて検索クエリに条件を追加します。 Team チャット データのみを検索するには、[キーワード] ボックスに次のクエリを追加します。

    kind:im AND kind:microsoftteams
    
  7. 検索を送信して実行します。 オンプレミス ユーザーの検索結果は、他の検索結果と同様にプレビューできます。 検索結果 (Teams チャット データを含む) を PST ファイルにエクスポートすることもできます。 詳細については、以下を参照してください。

PowerShell を使用してオンプレミス ユーザーの Teams チャット データを検索する

セキュリティ/コンプライアンス センター PowerShell の New-ComplianceSearch コマンドレットを使用して、オンプレミス ユーザーの Teams チャット データを検索することもできます。 前に説明したように、PowerShell を使用してオンプレミス ユーザーの Teams チャット データを検索するために、サポート要求を送信する必要はありません。

  1. セキュリティ/コンプライアンス PowerShell に接続します

  2. 次の PowerShell コマンドを実行して、オンプレミス ユーザーの Teams チャット データを検索するコンテンツ検索を作成します。

    New-ComplianceSearch <name of new search> -ContentMatchQuery <search query> -ExchangeLocation <on-premises user> -IncludeUserAppContent $true -AllowNotFoundExchangeLocationsEnabled $true  
    

    IncludeUserAppContent パラメーターを使用して、ExchangeLocation パラメーターで指定されたユーザーのクラウドベースのストレージを指定します。 AllowNotFoundExchangeLocationsEnabled を使用すると、オンプレミス ユーザーのクラウドベースのストレージを検索できます。 このパラメーターに $true 値を使用すると、検索はメールボックスの存在を検証してから実行されます。 このクラウドベースのストレージは通常のクラウドベースのメールボックスとして解決されないため、これはオンプレミス ユーザーのクラウドベースのストレージを検索するために必要です。

    次の例では、Contoso 組織のオンプレミス ユーザーである Sara Davis のクラウドベースのストレージで、キーワード "redstone" を含む Teams チャットを検索します。

    New-ComplianceSearch "Redstone_Search" -ContentMatchQuery "redstone AND (kind:im AND kind:microsoftteams)" -ExchangeLocation sarad@contoso.com -IncludeUserAppContent $true -AllowNotFoundExchangeLocationsEnabled $true  
    

    検索を作成したら、必ず Get-compliancesearch コマンドレットを使用して、検索を実行してください。

これらのコマンドレットの詳細については、以下を参照してください。

既知の問題

  • 現在、オンプレミス ユーザーの Teams チャット データを検索、プレビュー、およびエクスポートできます。 また、オンプレミス ユーザーの Teams チャット データをコアまたは電子情報開示 (プレミアム) ケースに関連付けられた状態で保留に設定し、オンプレミス ユーザーの Teams チャットまたはチャネル メッセージに保持ポリシーを適用することもできます。 ただし、現時点では、オンプレミス ユーザーの他のコンテンツの場所 (Exchange メールボックスや SharePoint サイトなど) に保持ポリシーを適用することはできません。

よく寄せられる質問

オンプレミス ユーザーのチャット メッセージの検索にサポート リクエストを送信する必要がありますか?

いいえ。 すべての組織で、この機能は既定で有効になっています。 以前は Microsoft サポートに連絡する必要がありましたが、現在は必要ありません。

すべての組織でこの機能が既定で有効になる前の、オンプレミス ユーザーの古い Teams チャット データを、電子情報開示ツールで検索できますか?

Microsoft では 2018 年 1 月 31 日よりオンプレミス ユーザーの Teams チャット データの保存を開始しました。そのため、オンプレミスの Teams ユーザーの ID が、この日付以降に Microsoft 365 のオンプレミスの Active Directory と Azure Active Directory 間で同期されている場合、Teams チャット データはクラウドに保存されており、電子情報開示ツールを使用して検索することができます。

オンプレミス ユーザーは、クラウドに Teams チャット データを保存するためにライセンスが必要ですか?

はい。クラウドベースのストレージにオンプレミス ユーザーの Teams チャット データを保存するには、そのユーザーに Office 365 (または Microsoft 365) の Microsoft Teams ライセンスと Exchange Online プランのライセンスが割り当てられている必要があります。

オンプレミス ユーザー向けのクラウドベースのストレージはどこにありますか?

Teams のチャット データは、オンプレミスのユーザーのデータの既定の場所 (PDL) に保存されます。 PDL は、Single-Geo 環境と Multi-Geo 環境の両方で適用されます。 詳細については、「Microsoft 365 Multi-Geo」を参照してください。

ユーザーのオンプレミス メールボックスがクラウドに移行された場合、Teams チャット データが失われるリスクはありますか?

いいえ。オンプレミス ユーザーのプライマリ メールボックスをクラウドに移行すると、そのユーザーの Teams チャット データは、新しいクラウドベースのプライマリ メールボックスに移行されます。

電子情報開示の保留ポリシーまたはアイテム保持ポリシーをオンプレミス ユーザーに適用することはできますか?

はい。 オンプレミス ユーザーの Teams チャットおよびチャネル メッセージに電子情報開示の保留または保持ポリシーを適用できます。 ただし、オンプレミス ユーザーの Teams コンテンツを保留または保持するには、オンプレミス ユーザーに Exchange Online のプラン 2 のライセンスが割り当てられている必要があります。