PowerShell を使用して Skype for Business Online を管理する

この記事は、Microsoft 365 Enterprise および Office 365 Enterprise の両方に適用されます。

Skype for Business Online のユーザー アカウントの多くのプロパティを管理するには、PowerShell for Microsoft 365 でポリシーのプロパティとして指定する必要があります。

はじめに

次の手順にしたがってコマンドを実行するためのセットアップを行います (すでに終わっている場合はこれらの手順は省略可能です)。

注:

Skype for Business Online Connector は現在、最新の Teams PowerShell モジュールに含まれています。 最新の Teams PowerShell パブリック リリースをご利用の場合は、Skype for Business Online Connector をインストールする必要はありません。

  1. Teams PowerShell モジュールをインストールします。

  2. Windows PowerShell コマンド プロンプトを開いて次のコマンドを実行します:

    Import-Module MicrosoftTeams
    $userCredential = Get-Credential
    Connect-MicrosoftTeams -Credential $userCredential
    

    ダイアログ ボックスが表示されたら、Skype for Business Online 管理者のアカウント名とパスワードを入力します。

ユーザー アカウント ポリシーの管理

多くの Skype for Business Online ユーザー アカウント プロパティは、ポリシーを使用して設定します。 ポリシーは、1 人以上のユーザーに適用可能な設定の集合に過ぎません。 ポリシーの構成方法については、FederationAndPICDefault ポリシーに関するサンプル コマンドを実行して確認できます。

Get-CsExternalAccessPolicy -Identity "FederationAndPICDefault"

これにより、次のように表示されるはずです。

Identity                          : Tag:FederationAndPICDefault
Description                       :
EnableFederationAccess            : True
EnableXmppAccess                  : False
EnablePublicCloudAccess           : True
EnablePublicCloudAudioVideoAccess : True
EnableOutsideAccess               : True

このポリシー内の値は、ユーザーがフェデレーション ユーザーとの通信に関して実際にできることとできないことを示しています。 たとえば、組織外部のユーザーと通信できるようにするためには、EnableOutsideAccess プロパティを True に設定する必要があります。 このプロパティはMicrosoft 365 管理センターに表示されないことに注意してください。 代わりに、このプロパティはその他の選択内容に基づいて自動的に True または False に設定されます。 関心のある他の 2 つのプロパティについては、次のようになります。

  • EnableFederationAccess は、ユーザーがフェデレーション ドメインからのユーザーと通信できるかどうかを示します。

  • EnablePublicCloudAccess は、ユーザーが Windows Live ユーザーと通信できるかどうかを示します。

そのため、ユーザー アカウントのフェデレーション関連のプロパティを直接変更することはありません (たとえば、 Set-CsUser -EnableFederationAccess $True)。 代わりに、必要なプロパティ値が事前構成されている外部アクセス ポリシーをアカウントに割り当てます。 ユーザーがフェデレーション ユーザーと Windows Live ユーザーと通信できるようにするには、そのユーザー アカウントに、そのような種類の通信を許可するポリシーを割り当てる必要があります。

特定のユーザーが組織外部のユーザーと通信できるかどうかを知りたい場合は、次のようにする必要があります。

  • そのユーザーに割り当てられている外部アクセス ポリシーを特定します。

  • そのポリシーで許可または禁止されている機能を特定します。

設定するには、次のコマンドを使用します。

Get-CsOnlineUser -Identity "Alex Darrow" | ForEach {Get-CsExternalAccessPolicy -Identity $_.ExternalAccessPolicy}

このコマンドでは、ユーザーに割り当てられたポリシーを探してから、そのポリシー内で有効または無効になっている機能を探します。

PowerShell で Skype for Business Online ポリシーを管理するには、次のコマンドレットを参照してください。

注:

Skype for Business Online ダイヤル プランは、名前以外はポリシーそのものです。 「ダイヤル プラン」という名前は、Office Communications Server と Exchange との下位互換性を維持するために「ダイヤル ポリシー」の代わりに選択されたものです。

たとえば、用途に使用可能なすべての音声ポリシーを調べるには、次のコマンドを実行します。

Get-CsVoicePolicy

注:

このコマンドは、使用可能なすべての音声ポリシーのリストを返します。 ただし、すべてのポリシーをすべてのユーザーに割り当てることができるわけではありません。 これは、ライセンスと地理的な場所に関するさまざまな制限が原因です。 (いわゆる "使用場所")。特定のユーザーに割り当てることができる外部アクセス ポリシーと会議ポリシーを知りたい場合は、次のようなコマンドを使用します。

Get-CsConferencingPolicy -ApplicableTo "Alex Darrow"
Get-CsExternalAccessPolicy -ApplicableTo "Alex Darrow"

ApplicableTo パラメーターは、返すデータを、指定されたユーザー (Alex Darrow など) に割り当てることが可能なポリシーに限定します。 ライセンスと利用場所の制限によっては、使用可能なすべてのポリシーの一部しか表示しない場合があります。

場合によっては、ポリシーのプロパティは Microsoft 365 では使用されませんが、他のプロパティは Microsoft サポート担当者のみが管理できます。

Skype for Business Online を使用している場合は、何らかのポリシーによってユーザーを管理する必要があります。 有効なポリシーに関連するプロパティが空白の場合、当該ユーザーには、ユーザーごとのポリシーが割り当てられていない場合に自動的に適用されるグローバル ポリシーによって管理されていることを意味します。 ユーザー アカウントではクライアント ポリシーが表示されていないため、グローバル ポリシーによって管理されています。 グローバル クライアント ポリシーを設定するには次のコマンドを使用します。

Get-CsClientPolicy -Identity "Global"

関連項目

PowerShell を使用して Skype for Business Online を管理する

PowerShell で Microsoft 365を管理する

Microsoft 365 用 PowerShell の使用を開始する