Microsoft 365 Multi-Geo

Microsoft 365 Multi-Geo 機能アドオンを使用すると、Enterprise Agreementのお客様は、1 つの既存の Microsoft 365 テナント内の複数の地理的リージョンに Microsoft 365 プレゼンスを拡張できます。 Multi-Geo を使用すると、ユーザー、SharePoint サイト、Microsoft 365 グループ、Microsoft Teams の各チーム レベルについて、保存データの場所をきめ細かいレベルで管理できます。 Multi-Geo は、データ所在地の要件を満たすために複数の地域にデータを格納する必要があるお客様を対象としています。

2023 年 6 月 1 日から、CSP パートナーは、Microsoft 365、Office 365、Exchange、OneDrive、SharePoint サブスクリプションを使用している顧客向けに複数地域機能を購入できます。 Microsoft 365 Multi-Geo を使用すると、CSP パートナーは顧客がデータ所在地の要件を確実に満たすことができます。

Microsoft 365 Multi-Geo は、必要に応じてユーザー間のシングルテナント管理と完全に忠実なコラボレーション エクスペリエンスを維持しながら、データ所在地の要件を満たすように設計されています。

お客様が Microsoft 365 のパフォーマンス最適化機能を必要とする場合は、「Microsoft 365 のネットワーク計画とパフォーマンスチューニング 」を参照するか、サポート グループにお問い合わせください。

注意

Exchange Online、SharePoint、OneDrive、および Microsoft Teams は、Multi-Geo 構成に使用できます。 データ所在地のコミットメントの詳細については、「Exchange OnlineSharePoint と OneDriveおよび Microsoft Teams」を参照してください。

Microsoft 365 Multi-Geo のビデオの概要については、「SharePoint とOneDrive Multi-Geo」を参照して、データの場所を制御します

Multi-Geo アーキテクチャ

複数地域環境では、Microsoft 365 テナント は、中央の場所 (Microsoft 365 サブスクリプションが最初にプロビジョニングされた場所) と 1 つ以上のサテライトの場所で構成されます。 複数地域対応テナントでは、地理的な場所、グループ、およびユーザー情報に関する情報は、Microsoft Entra ID でマスターされます。 テナント情報は一元的にマスターされ、各地理的な場所に同期されるため、会社の誰もが関与する共有とエクスペリエンスにはグローバルな認識が含まれます。

SharePoint 管理センター メニューの複数地域マップのスクリーンショット。

ライセンス

Microsoft 365 Multi-Geo は、次の Microsoft 365 サブスクリプション プランのアドオンとして利用できます。

Enterprise Agreement顧客は、対象となるユーザー全体の 5% 以上の複数地域ライセンスを購入する必要があります。 同様に、CSP パートナーは、顧客の対象となる Microsoft 365 ユーザーの合計の 5% 以上の複数地域ライセンスを購入して割り当てる必要があります。 Enterprise のお客様の場合、ユーザー サブスクリプション ライセンスは、Multi-Geo Services ライセンスと同じEnterprise Agreement上にある必要があります。 詳細については、Microsoft アカウント チームにお問い合わせください。

  • Microsoft 365 F1、F3、E3、または E5
  • Office 365 F3、 E1、 E3、または E5
  • スタンドアロン Exchange Online プラン 1 またはプラン 2
  • スタンドアロン OneDrive プラン 1 またはプラン 2
  • スタンドアロン SharePoint プラン 1 またはプラン 2

上記のリストの要素が含まれている場合でも、Small Business 製品は現在 Multi-Geo の対象ではありません。

Microsoft 365 の Multi-Geo 機能は、ユーザー レベルのアドオン ライセンスであることに注意してください。 サテライト地域の場所でホストする各ユーザーのライセンスが必要です。 サテライト地域の場所にユーザーを追加すると、時間の経過に伴ってさらにライセンスを追加できます。

SharePoint サイト、Microsoft 365 グループ、Microsoft Teams チームなどの共有リソースに固有の複数地域ライセンスはありません。 十分な Multi-Geo ユーザー ライセンスが取得されている場合、お客様は制限なく共有リソースで Multi-Geo を使用できます。

Microsoft 365 Multi-Geo の利用可能地域

現在、Microsoft 365 Multi-Geo は次のリージョンで提供されています。

地域の場所 コード 電子情報開示データの場所
マクロ領域地理 2 - Asia-Pacific APC 東南アジアまたは東アジアのデータ センター
オーストラリア AUS 東南アジアまたは東アジアのデータ センター
ブラジル BRA (電子情報開示データの場所は近日公開予定)
カナダ CAN 米国のデータセンター
マクロ地域地域 1 - EMEA EUR ヨーロッパのデータセンター
フランス FRA ヨーロッパのデータセンター
ドイツ DEU ヨーロッパのデータセンター
インド IND 東南アジアまたは東アジアのデータ センター
イスラエル Isr (電子情報開示データの場所は近日公開予定)
イタリア Ita (電子情報開示データの場所は近日公開予定)
日本 JPN 東南アジアまたは東アジアのデータ センター
韓国 KOR 東南アジアまたは東アジアのデータ センター
マクロ地域地理 3 - 南北アメリカ NAM 米国のデータセンター
ノルウェー NOR (電子情報開示データの場所は近日公開予定)
ポーランド ポル (電子情報開示データの場所は近日公開予定)
カタール Qat (電子情報開示データの場所は近日公開予定)
南アフリカ ZAF ヨーロッパのデータセンター
スウェーデン SWE ヨーロッパのデータセンター
スイス CHE ヨーロッパのデータセンター
アラブ首長国連邦 ARE 東南アジアまたは東アジアのデータ センター
英国 GBR ヨーロッパのデータセンター

はじめに

顧客の Microsoft 365 サブスクリプションを管理している CSP パートナーか、独自のサブスクリプションを管理しているEnterprise Agreement顧客かにかかわらず、次の手順に従って Multi-Geo の使用を開始できます。

  1. Microsoft 365 サブスクリプションの対象ユーザー全体の少なくとも 5% に対して Multi-Geo を購入していることを確認します。 サテライト地域の場所でホストする各ユーザーのライセンスが必要です。

  2. Microsoft 365 Multi-Geo の使用を開始する前に、Microsoft は複数地域のサポートのために テナント を構成する必要があります。 この 1 回限りの自動構成プロセスは、 Microsoft 365 で Multi-Geo 機能 を注文し、ライセンスが テナントに表示された後にトリガーされます。 テナントが各ワークロードの構成プロセスを完了すると、Microsoft 365 メッセージ センターでワークロード固有の通知を受け取り、Microsoft 365 Multi-Geo 機能の構成と使用を開始できます。 Multi-Geo サポート用のテナントの構成に必要な時間はテナントによって異なりますが、ほとんどのテナントは機能ライセンスを受け取ってから 1 か月以内に完了します。 大規模または複雑な テナントでは、 構成プロセスを完了するためにより多くの時間が必要になる場合があります。

  3. OneDrive for Business 複数地域の計画」を参照します。

  4. 複数地域環境の管理および環境でのユーザー エクスペリエンスについて確認します。

  5. Microsoft 365 Multi-Geo を設定する準備ができたら、 テナントをマルチ geo 用に構成します

  6. 検索を設定します

注意

Multi-Geo をサポートする Microsoft 365 サービスの詳細については、 EXOODSPTeams ワークロード データ所在地に関するページを参照してください。

関連項目

Exchange OnlineとOneDriveでの複数地域機能

OneDrive と SharePoint の複数地域機能

Exchange Online の複数地域機能

複数地域環境での Teams エクスペリエンス