現場担当者向けの PowerShell を使用して、現場の静的チームを大規模にデプロイする

概要

organizationでは、多数のチームを使用して、現場の従業員間のコミュニケーションとコラボレーションを推進していますか? この記事は、大規模なチームを作成して管理する必要がある場合に適しています。

PowerShell を使用すると、最大 500 チームをデプロイし、一度にチームごとに最大 25 人のユーザーを追加できます。 既存のチームのユーザーを大規模に追加および削除することもできます。 このソリューションを使用して、organizationの規模のニーズを満たし、デプロイ時間を大幅に短縮します。

Teams を大規模に展開すると、次のことが可能になります。

  • 事前構築済みテンプレートまたは独自のカスタム テンプレートを使用してチームを作成します。
  • 所有者またはメンバーとしてチームにユーザーを追加します。
  • 既存のチームにユーザーを追加または削除して、大規模なチームを管理します。
  • 完了、状態、エラー (存在する場合) など、電子メールで通知を受け取ります。 展開するチームの各バッチの状態について、最大 5 人のユーザーに通知することができます。 チームの所有者とメンバーは、チームに追加されると自動的に通知されます。

この記事では、Teams を大規模に展開する方法について説明します。

Teams を大規模に展開する方法の手順の概要。

チームを設定してデプロイする

重要

チーム所有者には Teams ライセンスが必要です。 これらの手順を使用してチームを展開する前に、すべてのチーム所有者にライセンスがあることを確認してください。

次の手順に従って、一度に最大 500 チームをデプロイします。

手順 1: CSV ファイルを準備する

デプロイするチームのバッチごとに、次の 2 つの CSV ファイルを作成する必要があります。

  • 作成するチームを定義する CSV ファイル。 このファイルにはタイトル行が必要で、最初の列から始まる次の順序で、これらの必須列を含める必要があります。

    列名 説明
    チーム名 チームの名前。
    既存のチーム ID 既存のチームにユーザーを追加または削除する場合は、チームのチーム ID を指定します。
    Visibility チームがパブリック (組織内のすべてのユーザーが参加可能) かプライベート (ユーザーが参加するにはチーム所有者の承認が必要) かどうか。 オプションは パブリックプライベートです。
    チーム テンプレート ID 事前構築済みテンプレートまたはカスタム テンプレートからチームを作成する場合は、チーム テンプレート ID を指定します。 事前構築済みのチーム テンプレートと ID の一覧については、「Teams 管理センターで Teams テンプレートの使用を開始する」をご覧ください。 標準の既定のチーム テンプレートを使用する場合は、この空白のままにします。
  • 追加するユーザーを各チームにマップする CSV ファイル。 このファイルにはタイトル行が必要で、最初の列から始まる次の順序で、これらの必須列を含める必要があります。

    列名 説明
    ユーザーの完全な名前 ユーザーの表示名。
    ユーザー UPN または ID ユーザーのユーザー プリンシパル名 (UPN) または ID。 たとえば、「 averyh@contoso.com 」のように入力します。
    チーム名 チームの名前。
    ActionType ユーザーをチームに追加するか、チームから削除するか。 オプションは AddMemberRemoveMemberです。
    所有者またはメンバー ユーザーがチーム所有者かチーム メンバーか。 オプションは OwnerMemberです。

次の例を使用して、CSV ファイルを作成します。 ここでは、ファイル、Teams.csv、Users.csvという名前を付けました。

Teams.csv

チーム名 既存のチーム ID 表示/非表示 チーム テンプレート ID
Contoso Store 1 パブリック com.microsoft.teams.template.retailStore
Contoso Store 2 パブリック com.microsoft.teams.template.retailStore
Contoso Store 3 パブリック com.microsoft.teams.template.retailStore
Contoso Store 4 パブリック com.microsoft.teams.template.retailStore
Contoso Store 5 パブリック com.microsoft.teams.template.ManageAProject
Contoso Store 6 パブリック com.microsoft.teams.template.ManageAProject
Contoso Store 7 パブリック
Contoso Store 8 プライベート com.microsoft.teams.template.OnboardEmployees
Contoso Store 9 プライベート com.microsoft.teams.template.OnboardEmployees
Contoso Store 10 プライベート com.microsoft.teams.template.OnboardEmployees

Users.csv

ユーザーの完全な名前 ユーザー UPN または ID チーム名 ActionType 所有者またはメンバー
Avery Howard averyh@contoso.com Contoso Store 1 AddMember Owner
Casey Jensen caseyj@contoso.com Contoso Store 2 AddMember Owner
Jessie Irwin jessiei@contoso.com Contoso Store 3 AddMember Owner
Manjeet Bhatia manjeetb@contoso.com Contoso Store 4 AddMember Owner
Mikaela Lee mikaelal@contoso.com Contoso Store 5 AddMember Owner
Morgan Conners morganc@contoso.com Contoso Store 6 AddMember Member
Oscar Ward oscarw@contoso.com Contoso Store 7 AddMember Member
Rene Pelletier renep@contoso.com Contoso Store 8 AddMember Member
Sydney Mattos sydneym@contoso.com Contoso Store 9 AddMember Member
Violet Martinez violetm@contoso.com Contoso Store 10 AddMember Member

手順 2: 環境を設定する

最新バージョンの Teams PowerShell モジュールをインストールして接続するには、次の手順に従います。

  1. PowerShell バージョン 7 以降をインストールします。 詳細なガイダンスについては、「Windows への PowerShell のインストール」を参照してください。

  2. 管理者モードで PowerShell を実行します。

  3. 以前にインストールされた Teams PowerShell モジュールをアンインストールするには、次を実行します。

    Uninstall-module -Name MicrosoftTeams -Force -Allversions
    

    エラー メッセージが表示された場合は、既に設定されています。 次の手順に進みます。

  4. Teams PowerShell モジュールの最新バージョンをダウンロードしてインストールします。 バージョン 4.7.0 (プレビュー) 以降を実行している必要があります。

  5. Teams に接続するには、次を実行します。

    Connect-MicrosoftTeams
    

    メッセージが表示されたら、管理者の資格情報を使用してサイン インします。

  6. Teams PowerShell モジュールのコマンドの一覧を取得するには、次のコマンドを実行します。

    Get-Command -Module MicrosoftTeams
    

    New-CsBatchTeamsDeploymentGet-CsBatchTeamsDeploymentStatus が一覧表示されていることを確認します。

手順 3: チームをデプロイする

CSV ファイルを作成し、環境を設定したので、チームをデプロイする準備ができました。

New-CsBatchTeamsDeployment コマンドレットを使用して、作成するチームのバッチを送信します。 バッチごとにオーケストレーション ID が生成されます。 その後、 Get-CsBatchTeamsDeploymentStatus コマンドレットを使用して、各バッチの進行状況と状態を追跡できます。

  1. 次を実行して、チームのバッチをデプロイします。 このコマンドでは、CSV ファイルへのパスと、この展開について通知する最大 5 人の受信者の電子メール アドレスを指定します。

    New-CsBatchTeamsDeployment -TeamsFilePath "Your CSV file path" -UsersFilePath "Your CSV file path" -UsersToNotify "Email addresses" 
    

    受信者は、展開の状態に関する電子メール通知を受け取ります。 電子メールには、送信したバッチのオーケストレーション ID と、発生した可能性のあるエラーが含まれています。

    例:

    New-CsBatchTeamsDeployment -TeamsFilePath "C:\dscale\Teams.csv" -UsersFilePath "C:\dscale\Users.csv" -UsersToNotify "adminteams@contoso.com,adelev@contoso.com"
    
  2. 次を実行して、送信したバッチの状態を確認します。

    Get-CsBatchTeamsDeploymentStatus -OrchestrationId "OrchestrationId"
    

現場チームの使用状況に関する分析を取得する

Teams 管理センターの Teams 使用状況レポート には、Teams の使用状況アクティビティの概要が表示されます。 レポートを使用すると、アクティブ ユーザー、アクティブ チャネル、開催された会議の合計、最終アクティビティの日付、その他の情報など、現場チームの使用状況の詳細を表示できます。

  1. Teams 管理センターの左側のナビゲーションで、[分析] & [レポート] [使用状況レポート>] を選択します

  2. [ レポートの表示 ] タブの [ レポート] で、[ Teams の使用状況] を選択します。

  3. [ 日付範囲] で、7 日、30 日、90 日、または 180 日の日付範囲を選択します。 次に、[レポートの実行] を選択します。

  4. 右上隅の [Excel >にエクスポート][テーブルを CSV としてエクスポート] を選択します。

  5. 現場のチーム ID に基づいてスプレッドシートをフィルター処理します。

    注:

    チームをデプロイすると、現場のチーム ID が PowerShell 出力に一覧表示されます。