PowerShell を使用した API のMicrosoft Defender for Endpoint

適用対象:

重要

Defender for Business には高度なハンティング機能は含まれていません。 「Microsoft Defender for Businessとプラン 1 とプラン 2 Microsoft Defender for Endpoint比較する」を参照してください。

Microsoft Defender ATP を試してみたいですか? 無料試用版にサインアップしてください。

注:

米国政府機関のお客様の場合は、米国政府機関のお客様のMicrosoft Defender for Endpointに記載されている URI を使用してください。

ヒント

パフォーマンスを向上させるために、地理的な場所に近いサーバーを使用できます。

  • api-us.securitycenter.microsoft.com
  • api-eu.securitycenter.microsoft.com
  • api-uk.securitycenter.microsoft.com

Microsoft Defender ATP を試してみたいですか? 無料試用版にサインアップしてください。

Microsoft Defender for Endpointから複数の API を使用する完全なシナリオ。

このセクションでは、PowerShell サンプルを

  • トークンを取得する
  • トークンを使用して、Microsoft Defender for Endpointの最新のアラートを取得する
  • アラートごとに、アラートの優先度が中程度または高く、まだ進行中の場合は、デバイスが不審な URL に接続した回数を確認します。

前提条件: 最初に アプリを作成する必要があります。

準備手順

  • PowerShell のウィンドウを開きます。
  • ポリシーで PowerShell コマンドを実行できない場合は、次のコマンドを実行できます。
    Set-ExecutionPolicy -ExecutionPolicy Bypass
    

詳細については、PowerShell のドキュメントを参照してください

トークンを取得する

以下を実行します。

  • $tenantId: クエリを実行するテナントの ID (つまり、このテナントのデータに対してクエリが実行されます)

  • $appId: AAD アプリの ID (アプリには Defender for Endpoint に対する "高度なクエリの実行" アクセス許可が必要です)

  • $appSecret: Azure AD アプリのシークレット

  • $suspiciousUrl: URL

$tenantId = '00000000-0000-0000-0000-000000000000' # Paste your own tenant ID here
$appId = '11111111-1111-1111-1111-111111111111' # Paste your own app ID here
$appSecret = '22222222-2222-2222-2222-222222222222' # Paste your own app secret here
$suspiciousUrl = 'www.suspiciousUrl.com' # Paste your own URL here

$resourceAppIdUri = 'https://securitycenter.onmicrosoft.com/windowsatpservice'
$oAuthUri = "https://login.microsoftonline.com/$TenantId/oauth2/token"
$authBody = [Ordered] @{
    resource = "$resourceAppIdUri"
    client_id = "$appId"
    client_secret = "$appSecret"
    grant_type = 'client_credentials'
}
$authResponse = Invoke-RestMethod -Method Post -Uri $oAuthUri -Body $authBody -ErrorAction Stop
$aadToken = $authResponse.access_token


#Get latest alert
$alertUrl = "https://api.securitycenter.microsoft.com/api/alerts?`$top=10"
$headers = @{ 
    'Content-Type' = 'application/json'
    Accept = 'application/json'
    Authorization = "Bearer $aadToken" 
}
$alertResponse = Invoke-WebRequest -Method Get -Uri $alertUrl -Headers $headers -ErrorAction Stop
$alerts =  ($alertResponse | ConvertFrom-Json).value

$machinesToInvestigate = New-Object System.Collections.ArrayList

Foreach($alert in $alerts)
{
    #echo $alert.id $alert.machineId    $alert.severity $alert.status

    $isSevereAlert = $alert.severity -in 'Medium', 'High'
    $isOpenAlert = $alert.status -in 'InProgress', 'New'
    if($isOpenAlert -and $isSevereAlert)
    {
        if (-not $machinesToInvestigate.Contains($alert.machineId))
        {
            $machinesToInvestigate.Add($alert.machineId) > $null
        }
    }
}

$commaSeparatedMachines = '"{0}"' -f ($machinesToInvestigate -join '","')

$query = "NetworkCommunicationEvents
| where MachineId in ($commaSeparatedMachines)
| where RemoteUrl  == `"$suspiciousUrl`"
| summarize ConnectionsCount = count() by MachineId"

$queryUrl = "https://api.securitycenter.microsoft.com/api/advancedqueries/run"

$queryBody = ConvertTo-Json -InputObject @{ 'Query' = $query }
$queryResponse = Invoke-WebRequest -Method Post -Uri $queryUrl -Headers $headers -Body $queryBody -ErrorAction Stop
$response =  ($queryResponse | ConvertFrom-Json).Results
$response

関連項目