Microsoft Defender 脆弱性の管理サービスを比較する

重要

この記事の一部の情報は、一般公開前に大幅に変更される可能性があるプレリリース製品/サービスに関連しています。 Microsoft は、ここに記載された情報に関して、明示または黙示を問わず、いかなる保証も行いません。

適用対象

注:

Microsoft Defender 脆弱性の管理、新しいスタンドアロン オファリングにより、この記事で説明する脆弱性ツールと機能の完全なセットが提供されます。 詳細については、「Microsoft Defender 脆弱性の管理とは」を参照してください。

注:

Microsoft Defender 脆弱性の管理を体験するには Microsoft Defender 脆弱性の管理パブリック プレビュー試用版にサインアップする方法について説明します。

この記事は、次のプランに含まれる Defender 脆弱性管理機能を明確にするのに役立ちます。

Defender 脆弱性の管理

Defender for Endpoint Plan 2 のコア機能の一部

Microsoft Defender 脆弱性の管理

Defender for Endpoint Plan 2 の追加機能

Defender 脆弱性管理スタンドアロン

完全な脆弱性管理機能

デバイス検出

デバイス一覧

脆弱性評価

構成評価

リスクベースの優先順位付け

修復の追跡

継続的監視

ソフトウェア評価

ソフトウェアの使用状況に関する分析情報

セキュリティ ベースラインの評価

脆弱なアプリケーションをブロックする

ブラウザー拡張機能

デジタル証明書の評価

ネットワーク共有分析

デバイス検出

デバイス一覧

脆弱性評価

継続的監視

リスクベースの優先順位付け

修復の追跡

構成評価

ソフトウェア評価

ソフトウェアの使用状況に関する分析情報

セキュリティ ベースラインの評価

脆弱なアプリケーションをブロックする

ブラウザー拡張機能

デジタル証明書の評価

ネットワーク共有分析

注:

Microsoft 365 Business Premiumとスタンドアロン バージョンのMicrosoft Defender for Businessには、前の表の Defender for Endpoint Plan 2 のコア機能の一部に記載されている機能が含まれています。

次の手順