Microsoft Teams で組織のシフト アプリを管理する

シフトの概要

Microsoft Teams の Shifts アプリは、現場担当者の接続と同期を維持します。これは、チームの迅速かつ効果的な時間管理とコミュニケーションのために、最初にモバイルを構築しています。 シフトを使用すると、現場担当者とそのマネージャーはモバイル デバイスを使用してスケジュールを管理し、連絡を取り合うことができます。

  • マネージャーは、チームのシフト スケジュールを作成、更新、および管理します。 マネージャーは、メッセージを 1 人のユーザーに送ることも ("床が汚れています" など)、チーム全体に送ることもできます ("地区本部長があと 20 分で到着します" など)。 マネージャーは、ポリシー ドキュメント、ニュース速報、およびビデオを送信することもできます。
  • 従業員は、自分の今後のシフトの確認、自分の他にその日にスケジュールが入っている従業員の表示、シフトの入れ替えや申し出のリクエスト、および休暇のリクエストを行います。

Shifts は現在ゲストをサポートしていないことを知っておくべきことが重要です。 つまり、Teams でゲスト アクセスがオンになっていると、チームのゲストをシフト スケジュールに追加することも、チームのゲストがシフト スケジュールを使用することもできません。

注意

さまざまなプラットフォームでの Shifts 機能の詳細については、「プラットフォームごとの Teams の機能」を参照してください。

シフトの可用性

シフトは、Teams が使用可能なすべてのエンタープライズ SKU で使用できます。

注意

シフトは Government Community Cloud (GCC) 環境では使用できますが、GCC High または DoD 環境では使用できません。

シフトのデータの場所

シフト データは現在、アジア太平洋 (APAC)、欧州連合 (EU)、北米のデータ センターの Azure に格納されています。 データが保存される場所の詳細については、「データの保存場所」を参照してください。

Shifts データのストレージ、保持、取得、暗号化など、Shifts データの詳細については、「 Shifts データに関する FAQ」を参照してください。

シフトのセットアップ

組織のシフトを有効または無効にする

シフトは、組織内のすべての Teams ユーザーに対して既定で有効になっています。 組織レベルでアプリをオフまたはオンにするには、Microsoft Teams 管理センターの [アプリを管理] ページで行います。

  1. Microsoft Teams 管理センターの左側のナビゲーションで、[Teams アプリ]>[アプリを管理] の順に移動します。
  2. アプリの一覧で Shifts アプリを検索して選択し、[ 状態] トグルを [ブロック ] または [ 許可] に切り替えます。

組織内の特定のユーザーのシフトを有効または無効にする

組織内の特定のユーザーが Shifts を使用することを許可またはブロックするには、[ アプリの管理 ] ページで組織の Shifts がオンになっていることを確認します。 次に、アプリのアクセス許可のカスタム ポリシーを作成し、それらのユーザーに割り当てます。 詳細については、「Teams のアプリのアクセス許可ポリシーを管理する」を参照してください。

シフトを Teams にピン留めする

調整済みの現場アプリ エクスペリエンスを使用して、Shifts やその他のアプリを Teams にピン留めする

Teams のカスタマイズされたフロントライン アプリ エクスペリエンスは、 F ライセンスを持つユーザーにとって Teams で最も関連性の高いアプリをピン留めします。 ピン留めされたアプリには、Shifts、Walkie Talkie、Tasks、Approvals が含まれます。 既定では、この機能はオンになっており、現場のワーカーはニーズに合わせてすぐに使えるエクスペリエンスを提供します。

このアプリは、アプリ バー (Teams デスクトップ クライアントの横、および Teams モバイル クライアントの一番下にある) にピン留めされ、ユーザーはそこからすばやく簡単にアプリにアクセスできます。

その他設定したアプリ ポリシーでのエクスペリエンスの動作など、詳細については、「現場の従業員向けの Teams アプリの調整」を参照してください。

アプリセットアップ ポリシーを使用して Shifts を Teams にピン留めする

アプリセットアップ ポリシーを使用すると、ユーザーにとって最も重要なアプリをピン留めするように Teams をカスタマイズできます。

Shifts アプリを追加して、アプリセットアップ ポリシーでカスタム ポリシーを作成し、そのポリシーをユーザーに割り当てることができます。 または、Frontline Worker および Frontline Manager ポリシー パッケージの一部であるアプリセットアップ ポリシーを使用することもできます。

Teams の ポリシー パッケージ は、定義済みのポリシーとポリシー設定のコレクションであり、組織内で同様のロールを持つユーザーに割り当てることができます。 Frontline Worker および Frontline Manager ポリシー パッケージのポリシーのセットには、Shifts アプリとそのロールのコミュニケーションおよびコラボレーション アクティビティをサポートする他のアプリをピン留めするアプリセットアップ ポリシーが含まれています。

現場担当者のポリシーを管理するときに、現場担当者と現場担当者のポリシー パッケージを使用して、簡素化、合理化、一貫性を提供することをお勧めします。

Teams でシフトベースのタグを有効にする

Teams のタグを使用すると、ユーザーはチームの一部のユーザーと簡単に接続できます。 シフトベースのタグを使用すると、スケジュールとシフト グループ名に一致するタグが Shifts に自動的に割り当てられます。 タグは、チャットの [To] 行またはチームの任意の標準チャネルの投稿で使用@mentionsできます。

シフトベースのタグを使用すると、ユーザーはリアルタイムでシフトオンのユーザーにリーチできます。 通知は、タグがチャットまたはチャネル投稿で使用された時点でシフト中のユーザーにのみ送信されます。 次に例を示します。

  • ストア マネージャーは、 タグを @Cashiers 使用して、すべてのオンシフト レジ担当者のチャネルにアナウンスを投稿します。
  • 看護師はタグを @CardiologistsOnCall 使用して、すべてのオンコール心臓科医とのチャットを開始します。

この機能は、Microsoft Teams 管理センターでオンまたはオフにすることができます。 詳細については、「Teams でタグを管理する」を参照してください。

Teams でシフト イベントの監査ログを検索する

(プレビュー段階)

監査ログを検索して、組織内のシフト アクティビティを表示できます。 監査ログを検索する方法と、監査ログに記録されている Shifts アクティビティのリストを確認するには、「Teams 内でイベントの監査ログを検索するを参照してください。

監査ログを検索するには、まず セキュリティ & コンプライアンス センターで監査を有効にする必要があります。 詳細については、「監査ログの検索を有効または無効にする」を参照してください。 利用できる監査データは、監査を有効にした時点以降のデータのみであることにご注意ください。

フィードバックの提供/問題の報告

フィードバックを送信するには、Teams の左側のナビゲーション バーの下部にある [ヘルプ ] オプションを選択し、[ 問題の報告] を選択します。 [ その他] を選択し、発生している問題に関するフィードバックまたは詳細を入力します。 フィードバック レポートの冒頭で、シフトの問題を簡単に特定できるように、"Shifts" に関するフィードバックを送信していることを示します。