会議のレコーディングに関する問題

Microsoft Teams で次のいずれかの問題が発生します。

  • 会議のレコーディング ボタンが見つからない。
  • 会議のレコーディング リンクがチャット ウィンドウに含まれていないか、表示されない。

アカウントに問題が発生したかどうかを確認するには、Teams 会議のレコーディング テストを実行します。 この診断は、アカウントが Teams で会議をレコーディングするためのすべての要件を満たしているかどうかを確認します。 問題が解決しない場合は、次の情報に進む必要があります。

問題のトラブルシューティングを行うには、まず、Microsoft 365 管理センターで利用できる会議のレコーディング サポート診断を実行するように管理者に依頼します。

診断では、Teams 会議のレコーディングに関する次の前提条件を確認できます。

  • 正しいライセンスの割り当てが必要です。
  • 正しい会議ポリシーが必要です。
  • サポートされている保存場所 (Stream、OneDrive for Business、または SharePoint) が必要です。

Teams 会議のレコーディングのユーザー要件の詳細については、「Teams クラウド会議のレコーディングのための前提条件」を参照してください。

会議のレコーディング サポート診断を実行する

Microsoft 365 管理者ユーザーは、テナント内で実行できる診断ツールにアクセスして、ユーザーがチームで会議をレコーディングするように正しく構成されていることを確認できます。

注:

この機能は、Microsoft 365 Government、21Vianet が運用している Microsoft 365、または Microsoft 365 Germany では使用できません。

[テストの実行] リンクを選択します。 これにより、Microsoft 365 管理センターに診断が入力されます。

[ヘルプが必要ですか] パネルから会議のレコーディング サポート診断を開始するスクリーンショット。

組織が Microsoft Stream ストレージ用に構成されていると診断で報告されたが、Stream でまだサポートされていない国/地域にいる場合は、次のいずれかのオプションを使用します。

回避策

まず、最新の Teams 更新プログラムがインストールされていることを確認します。

更新プログラムで問題が解決しない場合は、次の回避策を使用して適切な問題を解決します。

問題 1: 会議のレコーディング ボタンが見つからない

  • 会議を離れ、再参加します。 これにより、レコーディング機能が復元される場合があります。
  • Teams Web クライアントを使用して、会議に参加してレコーディングします。
  • 1:1 通話ではなく、会議をレコーディングしようとしていることを確認します。 通話のレコーディングは、Teams の通話ポリシーの AllowCloudRecordingForCalls パラメーターによって制御されます。
  • 影響を受けるユーザーに対して 1:1 通話のレコーディング診断を実行します。
    1. Microsoft 365 管理センターにサインインし、[ヘルプが必要ですか?] 検索ボックスに「診断: Teams 1:1 通話のレコーディング」と入力します。
    2. セッション開始プロトコル (SIP) アドレスを入力し、[テストの実行] を選択します。

もう一度やり直して会議をレコーディングします。 それでも問題が解決しない場合は、管理者に Microsoft のサポート チケットを開くように依頼します。

大量のチャット セッションでは、既知の問題により、1 人以上のユーザーに会議のレコーディング リンクが表示されません。

チャット ウィンドウの一番上までスクロールしてから、一番下までスクロールします。 このアクションにより、チャット サービス イベントがトリガーされ、会議のレコーディング リンクが復元される場合があります。

それでも会議のレコーディング リンクが表示されない場合は、保存場所に応じて、次のいずれかの方法を使用して記録を見つけます。 場所は診断レポートに表示されます。

方法 1: 会議のレコーディングを Stream に保存する

  1. Microsoft Streamにサインインします

  2. Stream ナビゲーション バーで、[ マイ コンテンツ>会議 ] を選択して [会議] ページを開きます。

    [個人用コンテンツ] の [会議] ボタンのスクリーンショット。

    [個人用コンテンツ] メニューのオプションは、各ページの上部にあるバーに表示されます。 バーの [会議] タブを選択すると、任意のページから Teams 会議のレコーディングにピボットできます。

    [個人用コンテンツ] の他のページの [会議] ボタンのスクリーンショット。

詳細については、「Microsoft Stream で会議を検索する」を参照してください。

方法 2: 会議のレコーディングを OneDrive for Business または SharePoint に保存する

  • チャネル以外の会議の場合、レコーディングは [マイ ファイル] の [レコーディング] フォルダーに保存されます。

    例: <ユーザーのOneDrive for Business>/マイ ファイル/レコーディングを記録する

    会議のレコーディングを保存するための OneDrive の場所のスクリーンショット。

  • チャネル会議の場合、レコーディングは SharePoint の [レコーディング] フォルダーにある Teams サイトのドキュメント ライブラリに保存されます。

    Teams チャネルでレコーディング リンクを見つけるには、[ファイル]、[レコーディング]、[SharePoint で開く] の順に選択します。

    Teams の例: <Teams チャネル名>/ファイル/レコーディング

    会議のレコーディングを保存するためのチームの場所のスクリーンショット。

    管理者は、SharePoint の [ドキュメント] の [レコーディング] フォルダーから、ユーザーのレコーディング リンクを直接見つけることもできます。

    SharePoint の例: <SharePoint/Documents/Channel name>/Recordings

    会議のレコーディングを保存するための SharePoint の場所のスクリーンショット。