Application.Wait メソッド (Excel)

実行中のマクロを指定の時刻まで停止します。 指定の時間に達した場合、True を返します。

構文

expression.Wait (Time)

expression Application オブジェクトを 表す変数。

パラメーター

名前 必須 / オプション データ型 説明
Time 必須 Variant マクロを再開する時刻を Excel の日付の書式で指定します。

戻り値

ブール型 (Boolean)

注釈

Wait メソッドによって、Microsoft Excel のすべての動作を一時停止し、Wait が有効な間はユーザーがコンピューターで他の操作を実行できないようにします。 ただし、印刷や再計算などのバックグラウンド処理は続行されます。

次の例では、実行中のマクロを当日の午後 6 時 23 分まで 停止します。

Application.Wait "18:23:00"

次の使用例は、実行中のマクロを約 10 秒間停止します。

newHour = Hour(Now()) 
newMinute = Minute(Now()) 
newSecond = Second(Now()) + 10 
waitTime = TimeSerial(newHour, newMinute, newSecond) 
Application.Wait waitTime

次の使用例は、10 秒を過ぎるとメッセージを表示します。

If Application.Wait(Now + TimeValue("0:00:10")) Then 
 MsgBox "Time expired" 
End If

サポートとフィードバック

Office VBA またはこの説明書に関するご質問やフィードバックがありますか? サポートの受け方およびフィードバックをお寄せいただく方法のガイダンスについては、Office VBA のサポートおよびフィードバックを参照してください。