DocumentWindow オブジェクト (PowerPoint)

ドキュメント ウィンドウを表します。 DocumentWindow オブジェクトは、 DocumentWindows コレクションのメンバーです。 DocumentWindows コレクションには、すべての開いているドキュメント ウィンドウが含まれます。

注釈

指定したウィンドウで現在実行中のプレゼンテーションを取得するには、 Presentation プロパティを使用します。

選択内容を取得するには、 Selection プロパティを使用します。

標準表示でアウトライン ペインが占める幅の割合を取得するには、 SplitHorizontal プロパティを使用します。

標準表示でスライド ペインが占める高さの割合を取得するには、 SplitVertical プロパティを使用します。

指定したプレゼンテーション ウィンドウの表示モードを取得するには、 View プロパティを使用します。

Windows DocumentWindow オブジェクトを取得するには、インデックス がドキュメント ウィンドウのインデックス番号であるインデックス (index) を使用します。 次の使用例は、ドキュメント ウィンドウ 2 をアクティブにします。

Windows(2).Activate

DocumentWindows コレクションの先頭のメンバーである Windows(1) は、常に作業中のドキュメント ウィンドウを取得します。 この代わりに、 ActiveWindow プロパティを使用して、作業中のドキュメント ウィンドウを取得することもできます。 次の使用例は、作業中のウィンドウを最大化します。

ActiveWindow.WindowState = ppWindowMaximized

ドキュメント ウィンドウの標準ビュー、スライド ビュー、アウトライン ビュー、またはノート ページ ビュー内のウィンドウを操作するには、ウィンドウインデックス番号である Panes (index) を使用します。 次の使用例は、ペイン 3 (ノート ペイン) をアクティブにします。

ActiveWindow.Panes(3).Activate

ActivePane プロパティを使用して、ドキュメント ウィンドウ内のアクティブ なウィンドウを取得します。 次の使用例は、アクティブ なウィンドウがアウトライン ウィンドウである場合に確認します。 表示されていない場合は、アウトライン ウィンドウがアクティブ化されます。

mypane = ActiveWindow.ActivePane.ViewType

    If mypane <> 1 Then

        ActiveWindow.Panes(1).Activate

    End If

メソッド

名前
Activate
閉じる
ExpandSection
FitToPage
IsSectionExpanded
LargeScroll
NewWindow
PointsToScreenPixelsX
PointsToScreenPixelsY
RangeFromPoint
ScrollIntoView
SmallScroll

プロパティ

名前
Active
ActivePane
アプリケーション
BlackAndWhite
Caption
高さ
Panes
Parent
プレゼンテーション
選択内容
SplitHorizontal
SplitVertical
ページのトップへ
表示
ViewType
WindowState

関連項目

PowerPoint オブジェクト モデル リファレンス

サポートとフィードバック

Office VBA またはこの説明書に関するご質問やフィードバックがありますか? サポートの受け方およびフィードバックをお寄せいただく方法のガイダンスについては、Office VBA のサポートおよびフィードバックを参照してください。