ラーニング パス コンテンツの更新を管理する

Microsoft 365 Learning Pathways カタログは四半期ごとに更新されます。 カタログ コンテンツは、support.office.com でホストされている学習資産を指す JSON メタデータのセットであり、組織のテナント内のグローバル キャッシュに格納されます。 グローバル キャッシュは、ラーニング パスサイト コレクション管理者または所有者がラーニング パス管理ページを開いたときに自動的に更新されます。 さらに、ラーニング パスのグローバル キャッシュは 24 時間ごとに更新されます。 グローバル キャッシュが更新されると、カタログに対するコンテンツの更新がラーニング パス ユーザーに対して自動的に表示されます。 ラーニング パス管理者は、ユーザーが新しいコンテンツを利用できないようにしたい場合、サブカテゴリや再生リストを非表示にすることができます。

ラーニング パス管理者は、ラーニング パス管理ページを使用して、サブカテゴリとプレイリストの非表示と再表示を行います。 ラーニング パス管理ページに慣れていない場合は、「 管理ページにアクセスする」を参照してください。

カテゴリ別のコンテンツの非表示と再表示

  1. ラーニング パス サイトのホーム ページで、[ ホーム ] メニューをポイントし、[ ラーニング パス管理] を選択します。
  2. Microsoft 365 ラーニング パスで、サブカテゴリを選択します。
  3. 非表示にするサブカテゴリまたはプレイリストの右側にある目を選択します。 たとえば、Sway カテゴリとそのすべての再生リストを非表示にするには、Sway サブカテゴリの右側にある目を選択します。 すべての変更が自動的に保存されます。
  4. 変更が適用されたことを確認するには、ラーニング パス サイトからメニューから Microsoft 365 トレーニング を選択し、Web ブラウザーを更新します。
  5. コンテンツを再表示するには、手順 1 と手順 2 に従って、再表示するコンテンツの目の選択を解除します。

テクノロジでコンテンツを非表示および再表示するには

場合によっては、テクノロジによってコンテンツを非表示にすることもできます。 たとえば、[推奨] サブカテゴリの [製品] と Yammer 関連の再生リストの下に Yammer の再生リストを含め、Yammer に関連するすべてのコンテンツを非表示にしたい場合があります。

  1. ラーニング パス サイトの ホーム ページで、[ ホーム ] メニューをポイントし、[ ラーニング パス管理] を選択します。
  2. 右上のドロップダウン ボックスで、[ テクノロジ] を選択します。
  3. Microsoft 365 ラーニング パスで、テクノロジを選択します
  4. 非表示にするテクノロジの右側にある目を選択します。 たとえば、Yammer のコンテンツを非表示にするには、 Yammer テクノロジの 右側にある目を選択します。 すべての変更が自動的に保存されます。
  5. 変更が適用されたことを確認するには、ラーニング パス サイトからメニューから Microsoft 365 トレーニング を選択し、Web ブラウザーを更新します。 [ラーニング パス] ホーム ページから [推奨される再生リスト] を選択し、非表示にしたテクノロジのプレイリストが表示されないことを確認することもできます。