Office 365 Government

重要

Microsoft Teams では、コロナウイルス (COVID-19) パンデミックが原因で、オンライン通話と音声/ビデオ会議が急増しています。

前例のない呼び出しの増加に対応し、継続性と可用性を確保するために、Microsoftでは、Microsoft Teams GCC のオーディオ/ビデオ サーバーが商用データセンターと政府機関のデータセンターの処理能力を活用できるようにします。

これらのオーディオ/ビデオ サーバーは、米国内Microsoft Azure FedRAMP High 認定境界サーバー内に存在し、顧客コンテンツは格納されません。 ただし、これらのサーバーは通話や会議のオーディオとビデオを処理しており、この中間期間中は商用スタッフの下で動作しています。

資格のあるスクリーニングされた担当者は、これらのサーバーへの対話型ログオンを確認することで、顧客データへの潜在的なアクセスを監視しています。 資格のある担当者は、顧客コンテンツへのアクセスに関する GCC 要件を満たしています。 スクリーニング要件の詳細については、 GCC サービスの説明を参照してください。

これらの特別な時代に当社のサービスが引き続き利用可能で信頼性が高い状態を維持するための措置を講じ、皆様のご支援に感謝します。

米国公共部門の固有かつ進化する要件に対応して、MicrosoftはOffice 365 Government計画(またはOffice 365 Government)を作成しました。 このサービスの説明では、米国環境に固有の機能の概要Office 365 Government説明します。 このサービスの説明は、他のMicrosoft 365 とOffice 365サービスの説明と共に読み取うことをお勧めします。

このサービスの説明を使用する方法

Office 365 Governmentサービス記述は、一般的なOffice 365サービス記述へのオーバーレイとして機能するように設計されています。 Office 365 Enterprise 製品と比較した独自のコミットメントと相違点を定義します。

Office 365 Government環境について

Office 365 Governmentプランは毎月のサブスクリプションであり、無制限のユーザーにライセンスを付与できます。

  • Office 365 GCC 環境では、FedRAMP High、Defense Federal Acquisition Regulations Supplement (DFARS) などのクラウド サービスの連邦要件と、刑事司法および連邦税情報システム (CJI および FTI データ型) の要件に準拠しています。

  • Office 365 GCC High および DoD 環境は、米国国防総省のセキュリティ要件のガイドライン、国防総省調達規則 (DFARS)、武器国際取引に関する規制 (ITAR) に準拠します。

Office 365の機能に加えて、Office 365 Governmentを使用する組織は、Office 365 Governmentに固有の次の機能を利用できます。

  • 組織の顧客コンテンツは、Microsoft の商用の Office 365 サービスの顧客コンテンツと論理的に分離されます。

  • 組織の顧客コンテンツは、米国内に格納されます。

  • 組織の顧客コンテンツへのアクセスは、審査された Microsoft の担当者にのみ制限されます。

  • Office 365 Governmentは、米国公共セクターのお客様に必要な認定と認定に準拠しています。

お客様の適格性

Office 365 Governmentは、(1) 米国連邦、州、地方、部族、および地域の政府機関、(2) 政府の規制と要件の対象となるデータを処理するその他のエンティティ、およびOffice 365 Governmentの使用がこれらの要件を満たすのに適している場合に利用できます。適格性の検証の対象となります。 Microsoft による適格性の検証には、武器国際取引に関する規制 (ITAR) の対象となるデータ、FBI の米国刑事司法情報サービス (CJIS) ポリシーの対象となる法律施行データ、またはその他の政府が規制または制御するデータの取り扱いに関する検証が含まれます。 検証には、ITAR データに関する米国国務省への登録の証明や、データの取り扱いに関する特定の要件についての政府機関による公的支援が必要な場合があります。 Office 365 DoD 環境は、米国国防総省専用です。

適格性基準はOffice 365 Governmentオファリング間で一貫していますが、Microsoftは GCC High 環境の ITAR 契約言語にのみ同意します。

Office 365 Governmentの適格性に関する質問があるエンティティは、アカウント チームに問い合わせてください。

Office 365 Governmentに対する顧客の契約の更新時に、適格性の再検証が必要です。

米国内の顧客コンテンツ

Office 365 Government サービスは、米国に物理的に配置されたデータセンターから提供されます。 顧客コンテンツは、米国内にのみ物理的に配置されたデータセンターに保存されます。これには、次のものが含まれますが、これらに限定されません。

  • Exchange Onlineメールボックスのコンテンツ (メール本文、予定表エントリ、および電子メールの添付ファイルの内容)
  • SharePoint Online サイトのコンテンツと、そのサイト内に格納されているファイル
  • Teams の永続的なチャット スレッドをMicrosoftする
  • アーカイブされた会話、アップロードされたドキュメント、ホワイトボード セッションをSkype for Businessする
  • Microsoft Plannerプラン
  • フォーム データ
  • PowerApps/PowerAutomate データ

Office 365 Governmentおよびサード パーティのサービス

Office 365では、サード パーティ製アプリケーションを SharePoint Online サイト、Teams、Microsoft 365 Apps for enterpriseに含まれる Office アプリケーション (Word、Excel、PowerPoint、Outlook など)、およびOutlook Web Appに統合する機能が提供されます。 さらに、Office 365 はサード パーティ サービス プロバイダーとの統合をサポートしています。 これらのサード パーティのアプリケーションとサービスは、組織の顧客データを、Office 365 インフラストラクチャの外部にあるサード パーティのシステムに格納、送信、および処理する必要があるため、Office 365のコンプライアンスとデータ保護のコミットメントの対象にならない場合があります。 組織でのこれらのサービスの適切な使用を評価するときは、サード パーティによって提供されるプライバシーとコンプライアンスに関する声明を確認することをお勧めします。

管理者に制限されたデータ アクセス

Microsoft管理者によるOffice 365 Government顧客コンテンツへのアクセスは、スクリーニングされた担当者に制限されます。 担当者のスクリーニングの詳細については、各環境 (GCC または GCC High と DoD) のサービスの説明ページを参照してください。

FastTrack センターのオンボード アシスタンス

Office 365 1 の FastTrack センター特典を使用すると、FastTrack スペシャリストとリモートで連携して、Office 365環境を使用する準備を整え、組織内でのロールアウトと使用を計画できます。 FastTrack プロセスでは、オンボーディングと、ユーザー採用サービスが提供されます。

オンボーディングは、次のもので構成されます。

  • コア オンボード - 必要に応じて、テナントの構成と Azure Active Directory (Azure AD) との統合に必要なタスクです。 コア オンボーディングは、他の対象のサービスのオンボーディングのベースラインも提供します。

  • サービス オンボードと移行 - サービス オンボード タスクを使用すると、テナント内のシナリオが有効になります。 データの移行 (メールやファイルを含む) については、「 データ移行」を参照してください。2

ユーザー導入サービスは、ユーザーが適格なサービスを確実に認識し、それらを使用してビジネス価値を高めることができるガイダンスを提供するタスクで構成されます。 この支援は、オンボーディング アクティビティと並行して行われます。

FastTrack センター プロセスに関する具体的な情報については、 こちらを参照してください。 エンゲージメントの役割と責任の詳細については、「 FastTrack の責任 」と「 お客様の責任」を参照してください

1 FastTrack サービスを受信するには、 対象プラン の一覧から少なくとも 150 個のライセンスを購入する必要があります。
2 データ移行サービスは、500 以上のライセンスを持つOffice 365テナントで使用できます。

FastTrack によって実行されるデータ移行

FastTrack 移行特典を選択したお客様は、データ移行を管理するチームにアクセス権を付与する必要があります。 これらの担当者は米国市民であり、Office 365米国政府サービスの顧客に対して移行を実行する前に、次のバックグラウンド チェックを受けます。

背景調査 GCC GCC High および DoD
米国市民権の検証 はい はい
雇用履歴チェック はい はい
教育の検証 はい はい
社会保障番号 (SSN) 検索 はい はい
犯罪歴チェック(7年) はい はい

Office 365 US Government および Azure Government ExpressRoute

Office 365米国政府のお客様は、Azure Government ExpressRoute サービスを使用して、パブリック インターネット経由で接続するのではなく、サポートされているOffice 365 サービスにプライベートに接続できます。

サポートされているプロバイダー、価格モデルなどの詳細については、 Azure ExpressRoute の情報を確認してください。

Azure ExpressRoute の Office 365 サポートの詳細については、「Azure ExpressRoute for Office 365」をご覧ください。

システム要件

Office 365 US Government プランのシステム要件については、office.com 製品サイトの「 Office のシステム要件」を参照してください。

Microsoft 365 Defender ポータルと Microsoft Purview コンプライアンス ポータル

Microsoft Defender ポータルとMicrosoft Purview コンプライアンス ポータルに関する詳細、リンク、可用性、および情報については、「Microsoft 365 セキュリティ & コンプライアンスに関するガイダンス」を参照してください。

各プランのサービスの可用性

各 Office 365 プランには、Exchange Online や SharePoint Online などの個別のサービスが複数含まれています。 次の表に、各 Office 365 US Government プランで使用できるサービスを示します。

Office 365 サービス Office 365 Government G1 Office 365 Government G3 Office 365 Government G5 Office 365 Government F3
Microsoft 365 for the web はい はい はい はい
Microsoft 365 Apps for Enterprise いいえ はい はい いいえ
Exchange Online はい はい はい はい
Exchange Online Protection はい はい はい はい
SharePoint Online はい はい はい はい
OneDrive for Business はい はい はい はい
Skype for Business (Instant Messaging & Presence) はい はい はい はい
Power BI Pro いいえ1 いいえ1 はい いいえ1
Project Online いいえ1 いいえ1 いいえ1 いいえ1
音声 - 電話システム、電話会議 いいえ1 いいえ1 はい3 不要
Web 用 Visio いいえ4 いいえ4 いいえ4 いいえ4
Yammer Enterprise2 いいえ2 いいえ2 いいえ2 いいえ2

1 含まれていませんが、別のアドオンとして購入できます。 Project Onlineには、サブスクリプションProject Online一部としてデスクトップ クライアントが含まれます。
2 Yammer Enterprise は、米国政府機関Office 365コンポーネントではありませんが、GCC でOffice 365ライセンスが付与されたユーザーごとにスタンドアロン オファーとして無償で取得される場合があります。 この提供は現在、エンタープライズ契約およびエンタープライズ サブスクリプション契約に基づいて Office 365 GCC を購入するお客様に限定されています。 Yammer は、GCC High または DoD では利用可能ではありません。
3 通話プランはアドオンです (言語を追加するか、独自のトランクを持ち込みます)。
4 含まれていませんが、別のアドオンとして購入できます。 Visio for the web には、サブスクリプションの一部として Visio デスクトップ アプリが含まれています。

プラットフォーム機能

以下の表は、Office 365 US Government プラン全体で利用可能なプラットフォームの機能やサービスの一覧です。

機能 Office 365 Government G1 Office 365 Government G3 Office 365 Government G5 Office 365 Government F3
Office 365 管理
Microsoft 365 管理センターを使用してOffice 365を管理する はい13 はい13 はい はい13
Office 365 からのコア サービスの設定の管理 はい はい はい はい
Windows PowerShell を使用して Office 365 を管理する はい はい はい はい
Azure Information Protection を使用してコンテンツを保護する いいえ1 はい12 はい12 はい12
Office 365 スイート機能 Office 365 Government G1 Office 365 Government G3 Office 365 Government G5 Office 365 Government F3
Microsoft の予約 いいえ はい18 はい18 いいえ
Microsoftブリーフィングメール いいえ いいえ いいえ いいえ
Microsoft Power Automate はい はい はい はい
Microsoft Forms はい はい はい
はい
Microsoft Graph API はい はい はい はい
Microsoft MyAnalytics いいえ いいえ はい14 いいえ
Microsoft Planner はい はい はい はい
Microsoft PowerApps あり はい はい はい
Teams のシフト (Microsoft StaffHub に置き換わる)23 はい はい はい はい
Microsoft Stream (従来) はい16、21 はい16、21 はい16、21 はい16、17、21
Microsoft Stream (SharePoint 上) はい22 はい22 はい22 はい22
Microsoft Sway いいえ いいえ いいえ いいえ
Microsoft Teams はい はい はい はい
Office Delve はい14 はい14 はい14 はい14
Office 365 グループ はい はい はい はい
ユーザー アカウント管理 Office 365 Government G1 Office 365 Government G3 Office 365 Government G5 Office 365 Government F3
クラウド ID、フェデレーション ID、多要素認証 はい はい はい はい
Office 365 デスクトップ セットアップ はい はい はい はい
Office 365 によるユーザーの管理 はい はい はい はい
CSV ファイルを使用する一括アップロード はい7 はい7 はい7 はい7
ディレクトリ同期ツール はい はい はい はい
Exchange のシンプルな (一括) 移行 はい はい はい はい
アカウントを削除し、Microsoft 365 から、または Windows PowerShell 3 を使用してユーザー パスワードをリセットする はい はい はい はい
ユーザーが自分のパスワードを変更できる4 はい はい はい はい
ライセンスを管理する はい5、6 はい5、6 はい5、6 はい5、6
Office 365 からセキュリティ グループを管理する はい はい はい はい
複数の管理者役割を使用できる はい はい はい はい
パートナーに Office 365 の管理を許可する はい9 はい9 はい9 はい9
Azure Active Directory サービス はい はい はい はい
ドメイン Office 365 Government G1 Office 365 Government G3 Office 365 Government G5 Office 365 Government F3
fourthcoffee.com などのカスタム第 2 レベル ドメインの追加 はい はい はい はい
marketing.fourthcoffee.com などのカスタム第 3 レベル ドメインの追加 はい はい はい はい
最大 900 のカスタム ドメインの追加 はい はい はい はい
カスタム ドメインに必要なドメイン所有権の検証 はい はい はい はい
サービスの正常性および継続性 Office 365 Government G1 Office 365 Government G3 Office 365 Government G5 Office 365 Government F3
[ サービス正常性] または [ サービスの状態] ページで利用可能な状態に関する情報 はい はい はい はい
Microsoft 365 管理センター ダッシュボードで使用可能な個々のアラートの状態 はい はい はい はい
[ サービスの正常性] RSS フィード はい はい はい はい
レポート Office 365 Government G1 Office 365 Government G3 Office 365 Government G5 Office 365 Government F3
アクティビティ レポート はい はい はい はい
グラフ使用状況レポート API のMicrosoft はい はい はい はい
Microsoft Graph API (BETA) はい はい はい はい
サービスの更新情報 Office 365 Government G1 Office 365 Government G3 Office 365 Government G5 Office 365 Government F3
すべてのカスタマーに提供される定期的な更新プログラム はい はい はい はい
アクションが必要な場合にメッセージ センターに通知を送信 はい14 はい14 はい14 はい14
一部のサービス更新の Roadmap.office.com No10, 12 No10, 12 No10, 12 No10, 12
対象のリリースを有効にするオプション はい8 はい8 はい8 はい8
ヘルプとトレーニング Office 365 Government G1 Office 365 Government G3 Office 365 Government G5 Office 365 Government F3
オンライン ヘルプ はい はい はい はい
コミュニティ はい はい はい はい
その他のセルフヘルプ リソース はい はい はい はい
自己学習トレーニング はい はい はい はい
ネットワーク Office 365 Government G1 Office 365 Government G3 Office 365 Government G5 Office 365 Government F3
IPv4 および IPv6 プロトコル はい はい はい はい
信頼 Office 365 Government G1 Office 365 Government G3 Office 365 Government G5 Office 365 Government F3
プライバシー、セキュリティ、および透明性
Microsoft Defender for Cloud Apps (旧 Microsoft Cloud App Security) No10, 16 No10, 16 はい16 No10, 16
Microsoft Defender for Office 365 No10, 15 No10, 15 はい15 No10, 15
Microsoft Purview カスタマー ロックボックス No10 No10 はい No10
Microsoft Purview カスタマー キー19 いいえ いいえ はい いいえ
Microsoft Purview 電子情報開示 (プレミアム) No10 No10 はい No10
Microsoft Purview 監査 (Standard)20 はい はい はい はい
Microsoft Purview 監査 (Premium)20 いいえ いいえ はい いいえ
セキュリティ スコア11 のMicrosoft はい7、12 はい7、12 はい7、12 はい7、12
脅威インテリジェンス No10 No10 はい No10
コンプライアンス
SAS 70/SSAE16 の評価 はい はい はい はい
ISO 27001 認定 はい はい はい はい
EU モデル条項 はい はい はい はい
EU セーフ ハーバー はい はい はい はい
HIPAA ビジネス アソシエイト契約 はい はい はい はい
FISMA 運用認可 はい はい はい はい
Microsoft データ処理契約 はい はい はい はい
PCI DSS レベル 1 はい はい はい はい
PCI 準拠 PAN データ いいえ いいえ いいえ いいえ
BlackBerry Office 365 Government G1 Office 365 Government G3 Office 365 Government G5 Office 365 Government F3
BlackBerry Internet Service (BIS) の使用 いいえ2 いいえ2 いいえ2 いいえ2
パートナー
指定されたプランを使用しているカスタマーに対する試用版への招待および発注書の作成 いいえ9 いいえ9 いいえ9 いいえ9
代理管理の提供 いいえ9 いいえ9 いいえ9 いいえ9
サービス レベル契約 はい はい はい はい
製品使用権 はい はい はい はい

1 Azure Information Protectionは含まれていませんが、個別のアドオンとして購入でき、サポートされている Information Rights Management (IRM) 機能が有効になります。 一部の Azure Information Protection 機能では、Office 365 Government G1に含まれていないサブスクリプションをMicrosoft 365 Apps for enterpriseする必要があります。
2 既存のBBCSおよびBISのお客様は、サービスの使用を継続できます。 新規のお客様の受け付けはしていません。
3 ディレクトリ同期を使用する場合は、Office 365 ポータルではなく、またはWindows PowerShellに Azure Active Directory モジュールを使用して、Active Directory を使用してアカウントを削除するか、パスワードを変更する必要があります。
4 ユーザーのセルフサービス パスワード管理ポリシーを設定する方法については、「 セキュリティ情報を使用して職場または学校のパスワードをリセットする」を参照してください。
5 Reducing seats that were purchased with a term discount may be subject to an early termination fee. これは月単位で支払われるサブスクリプションには適用されません。
6 次のプランでは、Microsoft 365 管理センターからのライセンス シートの変更はサポートされていません:Office 365 Government G1、Office 365 Government G3、Office 365 Government F3。
7 GCC High ではまだ利用できませんが、近日公開予定です。
8 Office 365 Government G1、G3、F3 の場合、ビジネス ロードマップのOffice 365が適用されます。ただし、コンプライアンス要件により、特定のサービス更新プログラムに若干の違いまたは遅延が生じる場合があります。
9 Office 365 Governmentオファリングではまだ利用できませんが、近日公開予定です。
10 含まれていませんが、GCC で別のアドオンとして購入できます。
11https://securescore.office.com使用できます。 管理者のアクセス許可が必要です。 詳細については、「セキュリティ スコアのMicrosoft」を参照してください。
12 DoD 環境ではまだ使用できませんが、近日公開予定です。
13 管理 センターには、DoD または GCC High 環境での使用状況分析は含まれません。
14 GCC High または DoD 環境ではサポートされていません。
15 ユーザーとドメインの偽装となりすましインテリジェンスに対するフィッシング対策は、GCC High と DoD ではまだ利用できません。
16 GCC 環境ではまだ利用できませんが、近日公開予定です。
17 Microsoft Streamに対してのみ消費: 公開または共有なし。
18 Microsoft Graph API または Microsoft Teams では使用できません。
19 詳細については、「 カスタマー キーを使用したサービス暗号化」を参照してください。
Microsoft 365 の 20 監査により、組織は、Microsoft 365 のさまざまなサービスにわたってさまざまな種類の監査されたアクティビティを可視化できます。 セキュリティ & コンプライアンス ポータルの監査ログ検索を使用して、組織内のユーザーと管理者のアクティビティを表示します。 Office 365 Management Activity API を使用して、統合監査ログからイベントを取得することもできます。 監査されたアクティビティがユーザーまたは管理者によって実行されると、監査レコードが生成され、顧客組織の監査ログに格納されます。 監査レコードが保持される時間 (および監査ログで検索可能) の長さは、顧客のOffice 365またはMicrosoft 365 Enterpriseサブスクリプション、および特定のユーザーに割り当てられたライセンスの種類によって異なります。
21 Stream (クラシック) は最終的に Stream (SharePoint 上) に置き換えられます。
22 Stream (SharePoint 上) は、ビデオを SharePoint、OneDrive、Teams にアップロードするために使用されます。 これは、すべての Government オファリングで既にサポートされています。 Office の Stream スタート ページ、クローズド キャプション、トランスクリプトなどのその他の機能強化は、Microsoft 365 ロードマップにあります。
Teams の 23 シフトは、Teams が利用可能なすべての Enterprise SKU で使用できます。 シフトは GCC 環境では使用できますが、GCC High または DoD 環境では使用できません。

Office アプリケーションの可用性とエンタープライズ価値

次の表には、Office 365 US Government プラン全体にわたって利用可能な Office アプリケーション機能が示されています。

アプリケーション/機能 Office 365 Government G1 Office 365 Government G3 Office 365 Government G5 Office 365 Government F3
Office アプリケーション
Word 7 をMicrosoftする いいえ はい はい いいえ
Excel7 Microsoft いいえ はい はい いいえ
PowerPoint 7 のMicrosoft いいえ はい はい いいえ
Microsoft OneNote7 いいえ はい はい いいえ
Outlook 7のMicrosoft いいえ はい はい いいえ
Microsoft Forms 7 はい はい はい いいえ
Microsoft ホワイトボード7 いいえ はい はい いいえ
Microsoft Publisher いいえ はい はい いいえ
Microsoft Access いいえ はい はい いいえ
Skype for Business はい3 はい はい はい3
Office for Mac for Office 365 いいえ はい はい いいえ
IPad/iPhone 用 Office Mobile はい はい はい はい
Android 用 Office Mobile はい はい はい はい
Windows Phone 用 Office Mobile はい はい4 はい4 はい
Office Mobile for Windows 10 tablets はい はい はい はい
iOS および Android5、4 用 Outlook はい はい はい はい
企業にとっての利点 Office 365 Government G1 Office 365 Government G3 Office 365 Government G5 Office 365 Government F3
PC または Mac 上のユーザーごとに 5 個のインストール いいえ はい はい いいえ
自動化されたユーザー アカウント プロビジョニング はい はい はい はい
多言語ユーザー インターフェイス いいえ はい はい いいえ
クライアント プッシュ展開 いいえ はい4 はい4 いいえ
社内 Exchange のクライアント サポート いいえ はい はい いいえ
社内 SharePoint のクライアント サポート いいえ はい はい いいえ
ソフトウェア更新の制御 いいえ はい はい いいえ
データベース比較 いいえ はい はい いいえ
デスクトップの仮想化 いいえ はい はい いいえ
Excel スプレッドシート比較 いいえ はい はい いいえ
Excel スプレッドシート検査 いいえ はい はい いいえ
Exchange Online と SharePoint Online のアーカイブとコンプライアンス いいえ はい はい いいえ
グループ ポリシーのサポート いいえ はい はい いいえ
Azure Information Protection を使用した Information Rights Management いいえ1 はい6 はい6 いいえ1
Windows Server AD RMS を使用した Information Rights Management はい2 はい2 はい2 はい2
Office アドイン、ActiveX、および BHO のサポート いいえ はい はい いいえ
OneNote クライアントから SharePoint Server、SharePoint Online、OneDrive for Business、Office 365 上のノートブックへのアクセス いいえ はい はい いいえ
Office Lens いいえ いいえ いいえ いいえ
Office テレメトリ いいえ はい4 はい4 いいえ
クライアント アプリケーションのオフライン サポート いいえ はい はい いいえ
最適化されたサイド バイ サイド クライアント インストール いいえ はい はい いいえ
3D Maps(Power Map for Excel) いいえ いいえ いいえ いいえ
Power Pivot for Excel いいえ はい4 はい4 いいえ
Power Query for Excel いいえ はい4 はい4 いいえ
ローミング設定 いいえ はい はい いいえ
共有コンピューターのライセンス認証 いいえ はい はい いいえ
クラウドベース ファイル ストレージのブロックのサポート いいえ はい はい いいえ
バージョン アップグレード いいえ はい4 はい4 いいえ
Volume activation (KMS/MAK) いいえ いいえ いいえ いいえ

1 Azure Information Protectionは含まれていませんが、個別のアドオンとして購入でき、サポートされている Information Rights Management (IRM) 機能が有効になります。 一部の Azure Information Protection機能では、Office 365 Government G1または F3 Office 365 Governmentに含まれていないサブスクリプションをMicrosoft 365 Apps for enterpriseする必要があります。
2 Windows Server AD RMS は、サポートされている IRM 機能を有効にするために個別に購入および管理する必要があるオンプレミス サーバーです。
3 Skype for Business Basic はすべての顧客に利用できます。 Skype for Business デスクトップ クライアントは、Skype for Business Online を含む Office 365 プランのプレゼンス機能、インスタント メッセージング機能、会議機能を提供するローカルにインストールされるアプリケーションです。 Microsoft 365 Apps for enterpriseとOffice 365 Enterprise E3 には、完全な Skype アプリケーションが含まれています。これには、高度なテレフォニー サポート、アーカイブ、コンプライアンス機能などの追加機能が含まれています。 Skype for Business Online のライセンスは、ユーザーごとに割り当てる必要があります。 For more information on Lync Basic features, see Skype for Business Online client comparison tables.
4 GCC High または DoD 環境ではまだ使用できませんが、近日公開予定です。
5 詳細については、「 Government Community Cloud での Outlook for iOS と Android の使用 」を参照してください。
6 Office 365 DoD 環境ではまだ使用できませんが、近日公開予定です。
7 アプリケーションは、現時点では使用できない特定の機能を除き、政府のクラウドで完全に利用できます。 詳細については、「 Office アプリケーション機能の可用性」 を参照してください。