Office アプリケーション サービスの説明

Microsoft 365 (旧称 Office アプリケーション) は、Word、Excel、PowerPoint など、既に使い慣れている Microsoft 365 アプリの最新バージョンを提供するサブスクリプション サービスです。

クラウドベースのサービスであっても、Microsoft 365 アプリはクラウドでは実行されません。 代わりに、ユーザーは Microsoft 365 ポータルからアプリをダウンロードし、Windows、Mac、IOS、および Android オペレーティング システムで使用できるローカル コンピューターにインストールします。 Microsoft では、クイック実行テクノロジを使用して、Microsoft 365 アプリのダウンロードとインストールを迅速かつ簡単にします。 クイック実行では、仮想化テクノロジを使用して、ローカル コンピューター上の自己完結型環境で Microsoft 365 アプリを実行します。これにより、ユーザーは以前のバージョンの Office と並行して Microsoft 365 アプリを実行できます。 Microsoft 365 アプリは、32 ビット* および 64 ビット エディションで利用できます。

Microsoft 365 アプリ サービスのユーザーを有効にするエンタープライズ サブスクリプションの詳細なプラン情報については、 完全なサブスクリプション比較表を参照してください。

使用できるプラン

Microsoft 365 アプリのユーザーを有効にするサブスクリプションの詳細なプラン情報については、「Microsoft 365 Enterpriseプランの比較」を参照してください。

機能の可用性

次の表に、プラン全体で使用できる Microsoft 365 アプリの主な機能の一覧を示します (詳細については、脚注を参照してください)。 この表を使用して、Microsoft Office 2013、Office 2016、Office 2019、およびOffice LTSCのプランとボリューム ライセンスエディション間で機能の可用性を比較します。

一部の Microsoft 365 for Business プランには、サブスクリプション用に購入できるアドオンがあります。 アドオンにより、サブスクリプションに追加機能が提供されます。 詳細については、「 アドオンを購入または編集する」を参照してください。

MICROSOFT 365 APPS 機能のプラン間での可用性

アプリケーション/機能 Office Professional Plus 2013/2016/2019 Office LTSC 2021 Microsoft 365 Apps for Enterprise Microsoft 365 Apps for business Microsoft 365 Business Basic Microsoft 365 Business Standardと Premium Office 365 E1 Office 365 E3/E5
Microsoft Word
Microsoft Excel
Microsoft PowerPoint
Microsoft OneNote
Microsoft Outlook
Microsoft Publisher
Microsoft Access
はい はい はい はい いいえ はい いいえ はい
Microsoft InfoPath はい1 いいえ いいえ いいえ いいえ いいえ いいえ はい
Windows 10 アプリ いいえ いいえ はい はい はい はい はい2 はい
Mac3 のMicrosoft 365 Apps
Outlook for Android3
いいえ いいえ はい はい いいえ はい いいえ はい
iPad/iPhone3 用 Office Mobile
Office Mobile for Android3
いいえ いいえ はい はい はい4 はい はい4 はい
Microsoft Teams いいえ はい はい はい はい はい はい はい

プラン間でのエンタープライズ機能の可用性

エンタープライズ価値 Office Professional Plus 2013/2016/2019 Office LTSC 2021 Microsoft 365 Apps for Enterprise Microsoft 365 Apps for business Microsoft 365 Business Basic Microsoft 365 Business Standardと Premium Office 365 E1 Office 365 E3/E5
PC または Mac3 にユーザーあたり 5 回インストール
バージョン アップグレード
いいえ いいえ はい はい いいえ はい いいえ はい
自動ユーザー アカウント プロビジョニング3
いいえ いいえ はい はい はい はい はい はい
クライアント プッシュ展開
クライアント アプリケーションのオフライン サポート
はい はい はい はい はい はい いいえ はい
社内 Exchange のクライアント サポート
社内 SharePoint のクライアント サポート
ソフトウェア更新の制御
PowerPivot for Excel6
はい はい はい はい いいえ はい いいえ はい
データベース比較6
Excel スプレッドシート比較6
Excel スプレッドシートの照会6
Office テレメトリ
はい はい はい いいえ いいえ いいえ いいえ はい
デスクトップ仮想化6 はい はい はい7 いいえ いいえ はい8 いいえ はい
Exchange Online と SharePoint Online のアーカイブとコンプライアンス はい9 はい はい10 はい いいえ はい いいえ はい
Information Rights Management はい はい はい はい はい はい はい はい
Microsoft Purview 情報保護 - 手動の感度ラベル付け No13 いいえ はい いいえ いいえ はい8 いいえ はい
Microsoft Purview 情報保護 - 自動感度ラベル付け No13 いいえ はい15 いいえ いいえ いいえ いいえ はい16
多言語ユーザー インターフェイス はい はい はい いいえ いいえ はい いいえ はい
Office アドイン
Activex
BHO サポート6
はい17 はい17 はい いいえ いいえ はい いいえ はい
SharePoint Server 上のノートブックへの OneNote クライアント アクセス
SharePoint Online
OneDrive for Business
Microsoft 365
はい18 はい18 はい はい いいえ はい いいえ はい
3D Maps(Power Map for Excel)6 はい19 はい はい いいえ いいえ いいえ いいえ はい
PowerQuery for Excel はい20 あり はい いいえ いいえ いいえ いいえ はい
PowerView for Excel6 はい いいえ いいえ いいえ いいえ いいえ いいえ いいえ
ローミング設定6 はい はい はい いいえ いいえ いいえ いいえ はい16
共有コンピューターのアクティブ化6 いいえ いいえ はい いいえ いいえ はい8 いいえ はい
クラウドベースのファイル ストレージのブロックのサポート6 はい はい はい はい いいえ はい8 いいえ はい16
グループ ポリシーサポート6 はい はい はい はい11 いいえ はい11,12 いいえ はい
クラウド ポリシーのサポート いいえ いいえ はい はい11 はい12 はい11 はい12 はい
タップしてコンテンツを検索し、再利用 いいえ いいえ いいえ いいえ いいえ はい6,21 いいえ はい
Volume activation (KMS/MAK) はい はい No22 いいえ いいえ いいえ いいえ いいえ

1 Infopath 2013 は引き続きサポートされており、Office Professional Plus 2016インストールに含まれていますが、Office 2016 以降のバージョンの新しいバージョンはありません。 詳細についてはこちらをご覧ください。
2 Office 365 F3 では使用できません。
3 デバイスベースのバージョンのMicrosoft 365 Apps for enterpriseでは使用できません。 Microsoft 365 Apps for enterpriseのデバイス ベースのサブスクリプションの詳細を参照してください。
4 10.1 インチ以下の対角線を測定する統合された画面を持つデバイスに限定されます。
5 エンタープライズプランのMicrosoft 365 Appsには Teams サービスは含まれていませんが、Teams は引き続きMicrosoft 365 Appsと共にインストールされ、Microsoft Azure Active Directory (Azure AD) を持つ組織内のユーザーは Teams の探索的エクスペリエンスを開始できます。 この無料試用版の詳細と、ユーザーにアクセスを提供する方法については、「 Microsoft Teams Exploratory エクスペリエンスの管理」を参照してください。
6 Windows バージョンのMicrosoft 365 Appsでのみ使用できます。
Enterprise 用の 7 Microsoft 365 Appsは、ユーザー専用 Virtual Desktop Infrastructure (VDI) でサポートされています。 Microsoft 365 Apps for Enterprise では、ボリューム ライセンス プログラムを使用して購入した場合にのみリモート デスクトップ サービス (RDS) がサポートされます。
8 Microsoft 365 Business Standardでは使用できません。
9 Office Professional Plus 2013 では使用できません。
10 このバージョンの Office では、アーカイブ機能とコンプライアンス機能がサポートされていますが、Exchange Onlineプランと SharePoint Online プランは含まれず、個別に購入するか、サポートされているオンプレミス サーバーと同等の機能で使用する必要があります。
11 Web アプリのポリシーとクライアント アプリのプライバシー ポリシーに限定されます。
12 Web アプリのポリシーに制限されます。
13 Office 用の Azure Information Protection アドインを使用して、これらの SKU で秘密度ラベル付けを有効にすることができます。 これは含まれていませんが、別のアドオンとして購入できます。 詳細については、「Information Protection: 秘密度ラベル付け」を参照してください。
15 具体的には、Microsoft 365 E5、Office 365 E5、EMS E5、Microsoft 365 コンプライアンス、またはMicrosoft 365 E5 Information Protection ガバナンスが&必要です。
16 Office 365 E3では使用できません。
17 BHO サポートは Internet Explorer の拡張機能です。
18 OneNote アプリは、SharePoint Server、SharePoint Online、OneDrive for Business、Office 365上のノートブックにアクセスできます。
19 3D マップ (Power Map for Excel) は、Office 2013 Professional Plus では使用できません。
20 Power Query は、Microsoft Power Query for Excel でダウンロードできる無料のアドインです。有効にすると、Power Query機能はリボンの [Power Query] タブから使用できます。
21 Microsoft 365 Business Premiumでのみ使用できます。
Office 365 E3とMicrosoft 365 Apps for enterpriseの 22 ボリューム ライセンス認証は、RDS ロールが有効になっている Windows Server 2008 R2 以降のインストールまたは Windows To Go インストールに制限されます。 どちらの場合も、これらのインストールにアクセスするユーザーは、Office 365 E3またはMicrosoft 365 Apps for enterpriseのライセンスを持つユーザーである必要があります。

Mac のプランで Microsoft 365 アプリを利用できる

次の Office アプリケーションは、Microsoft 365 Apps for Enterprise for Mac および Office LTSC 2021 for Mac で使用できます。Microsoft WordMicrosoft ExcelMicrosoft PowerPointMicrosoft OneNoteMicrosoft OutlookMicrosoft Teams です。 Office for Macは、最新の 3 つのバージョンの Mac OS でサポートされています。 Mac OS の新しいメジャー バージョンが一般公開されると、Microsoft は最も古いバージョンのサポートを停止し、Mac OS の最新バージョンと以前の 2 つのバージョンをサポートします。 製品の機能と機能の可用性は、古いシステムによって異なる場合があります。 詳細については、「 Microsoft 365 および Microsoft 365 アプリのリソース」を参照してください。 次の Office アプリケーションは、Microsoft 365 Apps for Enterprise for Mac および Office LTSC 2021 for Mac では使用できません:Microsoft PublisherMicrosoft AccessMicrosoft InfoPath

政府機関向けプランでの Microsoft 365 アプリと機能の可用性

政府機関向けクラウドでは、次の Office アプリケーションを使用できます。ただし、一部のクラウドベースの機能は、 Office アプリケーションと Government プランの機能の可用性に示されているように、現在利用できない場合があります。

Microsoft 365 Education

Microsoft 365 Educationプランの詳細については、Microsoft 365 Educationページを参照してください。

詳細情報

Microsoft 365 アプリの詳細については、次のリソースを参照してください。