Power Virtual Agents へのアクセス

このトピックには、Power Virtual Agents のライセンスに関する詳細が含まれています。 また、詳細については、「Microsoft Power Platform ライセンス ガイド」で確認することもできます。

ライセンスを既にお持ちの場合は、「ライセンスを割り当て、Power Virtual Agents へのアクセスを管理する」のトピックを参照してください。

Power Virtual Agents は、米国政府コミュニティ クラウド (GCC) プランで利用可能 です。

詳細について、またはサポートが必要な場合は、Power Virtual Agents コミュニティを参照してください。

Microsoft Teams プランの Power Virtual Agents

Microsoft Teams の Power Virtual Agents では、顧客が Microsoft Teams 内で会話型インターフェイスを構築できるようにします。 チャットボットは、標準コネクタを使って、Microsoft Dataverse for Teams またはその他多数のソースに保存されているデータを使用できます。

Microsoft Teams の Power Virtual Agents で利用可能な機能は、Microsoft Power Platform と Microsoft Teams 機能が搭載された一部の Microsoft 365 サブスクリプションの一環として利用可能ですが、米国政府環境 (GCC、GCC High、および DoD) と EDUA1 および SUBSKU の計画は除外されます。

この表は、Microsoft Teams 向けの Power Virtual Agents の主な機能 (一部の Microsoft 365 サブスクリプションで利用可能) と、スタンドアロンの Power Virtual Agents サブスクリプションの機能を比較したものです。 違いの詳しいリストについては、Microsoft Power Platform ライセンス ガイド を参照してください。

キャパシティに関するその他の考慮事項については、クォータ、制限、および構成値トピックも参照してください。

機能 Microsoft 365 サブスクリプションの選択 Power Virtual Agents のサブスクリプション
ボットをチャネルにデプロイする Microsoft Teams Power Virtual Agents でサポートされているチャネル
Power Automate コネクタ Power Virtual Agents からトリガーされるフローに使用できる標準コネクタ Power Virtual Agents からトリガーされるフローに使用できる Premium コネクタ
Web セキュリティ アクセスの保護はデフォルトで有効になっており、アクセスの保護を有効にするためのシークレットを生成する機能はない ボットの作成者が希望するとおりにシークレットを生成し、アクセスの保護をオンまたはオフにする機能
Microsoft Bot Framework スキルの使用 該当なし Microsoft Bot Framework スキルを使用して Power Virtual Agents ボットを拡張する機能
Power Virtual Agents ボットを Bot Framework スキルとして使用する 該当なし Power Virtual Agents ボットをスキルとして使用する
Microsoft Bot Framework ダイアログを統合する 該当なし Bot Framework Composer を使用してカスタム ダイアログを開発する
ライブ エージェントへのハンドオフのボット会話 該当なし ライブ エージェントへのハンドオフのトリガー

Note

Power Virtual Agents チャットボットのコンテキストでプレミアム コネクタを使用してフローを実行するには、有料のスタンドアロン Power Virtual Agents サブスクリプションが必要です。

同様に、有料のスタンドアロン Power Automate サブスクリプションの一部として利用可能な使用権と機能、自動化シナリオを提供し、Power Virtual Agents シナリオに適用することはできません。

ライセンスのアップグレード

Power Virtual Agents の全ての機能にアクセスするには、プランをスタンドアロンの Power Virtual Agentsサブスクリプションにアップグレードする必要があります。

ライセンスをアップグレードした後、同じ環境で同じボットを引き続き使用できます。 以前はスタンドアロン ライセンスでのみ利用可能であった機能を使えるようになります。 これらの機能には、Power Virtual Agents キャパシティ) が必要な有料セッションが必要となるものも含まれる可能性があります。

プロンプトが表示されたら、Microsoft Teams の Power Virtual Agents アプリ内からアップグレードできます。他のチャネルに公開する場合の例は次のとおりです。

You need an upgraded license to publish to channels other than Teams.

Power Virtual Agents の 60 日間無料の試用版を開始すると、すべての機能を試すことができます。 ライセンスなしでボットを作成しようとすると、トライアルにサインアップするよう求められます。

You are prompted to start a free trial or upgrade to a premium when creating a bot without a license.

Note

無料試用版を作成するオプションが無効になっている可能性があります。 詳細については、「セルフサービス サインアップが無効になっている」のセクションを参照してください。

スタンドアロンの Power Virtual Agents サブスクリプション

スタンドアロンの Power Virtual Agents サブスクリプションを使用すると、サポートされている任意のチャネルでチャットボットを作成し、Premium コネクタを使用して任意のデータに接続できます。

スタンドアロン Power Virtual Agents サブスクリプションは、Microsoft 365 管理センターから入手できます。 詳細については、「ライセンスを割り当て、Power Virtual Agents へのアクセスを管理する」のトピックを参照してください。

Power Virtual Agents を含む他のサブスクリプション

Power Virtual Agents の権利は、Dynamics 365 Customer Service のデジタル メッセージングおよびチャット アドオンに含まれています。 詳細については、Dynamics 365 ライセンス ガイド を参照してください。