次の方法で共有


Invoke-AzVMReimage

Azure 仮想マシンを再イメージ化します。

構文

Invoke-AzVMReimage
      [-ResourceGroupName] <String>
      [-VMName] <String>
      [-TempDisk]
      [-AsJob]
      [-ExactVersion <String>]
      [-CustomData <String>]
      [-AdminPassword <String>]
      [-DefaultProfile <IAzureContextContainer>]
      [-WhatIf]
      [-Confirm]
      [<CommonParameters>]

説明

Invoke-AzVMReimage コマンドレットは、Azure 仮想マシンを再イメージ化します。

例 1

Invoke-AzVMReimage -ResourceGroupName "ResourceGroup11" -Name "VirtualMachine07"

このコマンドは、ResourceGroup11 の VirtualMachine07 という名前の仮想マシンを再イメージ化します。

例 2

$SecurePassword = ConvertTo-SecureString "password" -AsPlainText 
Invoke-AzVMReimage -ResourceGroupName "ResourceGroup11" -Name "VirtualMachine07" -TempDisk -CustomData $CustomData -AdminPassword $SecurePassword -ExactVersion "10.0.14393.0"

SecureString と他のパラメーターを使用して -AdminPassword を渡して、仮想マシンを再イメージ化します。

パラメーター

-AdminPassword

管理者アカウントのパスワードを指定します。

最小長 (Windows): 8 文字

最小長 (Linux): 6 文字

最大長 (Windows): 123 文字

最大長 (Linux): 72 文字

複雑さの要件: 以下の 4 つの条件のうち 3 つを満たす必要があります
文字が小さい
上の文字を含む
数字を含む
特殊文字を持つ (Regex match [\W_])

許可されていない値: "abc@123"、"P@$$w 0rd"、"P@ssw0rd"、"P@ssword123"、"Pa$$word"、"pass@word1"、"Password!"、"Password1"、"Password22"、"iloveyou!"

パスワードのリセットについては、「 Windows VM でリモート デスクトップ サービスまたはそのログイン パスワードをリセットする方法」を参照してください。

ルート パスワードのリセットについては、「 VMAccess 拡張機能を使用して Azure Linux VM のユーザー、SSH を管理し、ディスクを確認または修復する」を参照してください。

型:String
配置:Named
規定値:None
必須:False
パイプライン入力を受け取る:True
ワイルドカード文字を受け取る:False

-AsJob

バックグラウンドでコマンドレットを実行する

型:SwitchParameter
配置:Named
規定値:None
必須:False
パイプライン入力を受け取る:False
ワイルドカード文字を受け取る:False

-Confirm

コマンドレットの実行前に確認を求めるメッセージが表示されます。

型:SwitchParameter
Aliases:cf
配置:Named
規定値:None
必須:False
パイプライン入力を受け取る:False
ワイルドカード文字を受け取る:False

-CustomData

カスタム データの base-64 でエンコードされた文字列を指定します。 base-64 でエンコードされた文字列は、仮想マシン上のファイルとして保存されるバイナリ配列にデコードされます。 バイナリ配列の最大長は 65535 バイトです。

注: customData プロパティでシークレットやパスワードを渡さないでください

このプロパティは、VM の作成後に更新できません。

customData は、ファイルとして保存される VM に渡されます。詳細については、「azure VM 上の Custom データ」を参照してください

Linux VM に cloud-init を使用する方法については、「 cloud-init を使用して作成時に Linux VM をカスタマイズする」を参照してください。

型:String
配置:Named
規定値:None
必須:False
パイプライン入力を受け取る:True
ワイルドカード文字を受け取る:False

-DefaultProfile

Azure との通信のために使用される資格情報、アカウント、テナント、サブスクリプションです。

型:IAzureContextContainer
Aliases:AzContext, AzureRmContext, AzureCredential
配置:Named
規定値:None
必須:False
パイプライン入力を受け取る:False
ワイルドカード文字を受け取る:False

-ExactVersion

OS ディスクの再イメージ化の対象となるバージョンを 10 進数で指定します。 正確なバージョンが指定されていない場合、OS ディスクは既存のバージョンの OS ディスクに再イメージ化されます。

型:String
配置:Named
規定値:None
必須:False
パイプライン入力を受け取る:True
ワイルドカード文字を受け取る:False

-ResourceGroupName

仮想マシンのリソース グループの名前を指定します。

型:String
配置:0
規定値:None
必須:True
パイプライン入力を受け取る:True
ワイルドカード文字を受け取る:False

-TempDisk

一時ディスクを再イメージ化するかどうかを指定します。

型:SwitchParameter
配置:Named
規定値:None
必須:False
パイプライン入力を受け取る:False
ワイルドカード文字を受け取る:False

-VMName

仮想マシン名。

型:String
Aliases:Name
配置:1
規定値:None
必須:True
パイプライン入力を受け取る:True
ワイルドカード文字を受け取る:False

-WhatIf

コマンドレットの実行時に発生する内容を示します。 このコマンドレットは実行されません。

型:SwitchParameter
Aliases:wi
配置:Named
規定値:None
必須:False
パイプライン入力を受け取る:False
ワイルドカード文字を受け取る:False

入力

String

出力

PSOperationStatusResponse