Remove-AzMonitorLogAnalyticsSolution

サブスクリプション内のソリューションを削除します。

構文

Remove-AzMonitorLogAnalyticsSolution
      -Name <String>
      -ResourceGroupName <String>
      [-SubscriptionId <String>]
      [-DefaultProfile <PSObject>]
      [-PassThru]
      [-Confirm]
      [-WhatIf]
      [<CommonParameters>]
Remove-AzMonitorLogAnalyticsSolution
      -InputObject <IMonitoringSolutionsIdentity>
      [-DefaultProfile <PSObject>]
      [-PassThru]
      [-Confirm]
      [-WhatIf]
      [<CommonParameters>]

説明

サブスクリプション内のソリューションを削除します。

例 1: 名前で監視ログ分析ソリューションを削除する

Remove-AzMonitorLogAnalyticsSolution  -ResourceGroupName azureps-manual-test -Name 'Containers(monitoringworkspace-2vob7n)'

このコマンドは、名前で監視ログ分析ソリューションを削除します。

例 2: オブジェクト別に監視ログ分析ソリューションを削除する

$monitor = Get-AzMonitorLogAnalyticsSolution -ResourceGroupName azureps-manual-test -Name 'Containers(monitoringworkspace-pevful)'
Remove-AzMonitorLogAnalyticsSolution -InputObject $monitor

このコマンドは、オブジェクト別の監視ログ分析ソリューションを削除します。

例 3: パイプライン別に監視ログ分析ソリューションを削除する

$monitor = Get-AzMonitorLogAnalyticsSolution -ResourceGroupName azureps-manual-test -Name 'Containers(monitoringworkspace-asdehu)' | Remove-AzMonitorLogAnalyticsSolution

このコマンドは、パイプライン別の監視ログ分析ソリューションを削除します。

パラメーター

-Confirm

コマンドレットの実行前に確認を求めるメッセージが表示されます。

Type:SwitchParameter
Aliases:cf
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False

-DefaultProfile

Azure との通信のために使用される資格情報、アカウント、テナント、サブスクリプションです。

Type:PSObject
Aliases:AzureRMContext, AzureCredential
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False

-InputObject

Identity Parameter To construct, see NOTES section for INPUTOBJECT properties and create a hash table.

Type:IMonitoringSolutionsIdentity
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:True
Accept wildcard characters:False

-Name

ユーザー ソリューション名。

Type:String
Aliases:SolutionName
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False

-PassThru

コマンドが成功したときに true を返します

Type:SwitchParameter
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False

-ResourceGroupName

取得するリソース グループの名前です。 名前の大文字と小文字は区別されます。

Type:String
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False

-SubscriptionId

Microsoft Azure サブスクリプションを一意に識別するサブスクリプション資格情報を取得します。 サブスクリプション ID は、全ての修理依頼についてURI の一部を生じさせます。

Type:String
Position:Named
Default value:(Get-AzContext).Subscription.Id
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False

-WhatIf

コマンドレットの実行時に発生する内容を示します。 このコマンドレットは実行されません。

Type:SwitchParameter
Aliases:wi
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False

入力

IMonitoringSolutionsIdentity

出力

Boolean

メモ

別名

複合パラメーターのプロパティ

以下で説明するパラメーターを作成するには、適切なプロパティを含むハッシュ テーブルを作成します。 ハッシュ テーブルの詳細については、Get-Help about_Hash_Tablesを実行します。

INPUTOBJECT <IMonitoringSolutionsIdentity>: IDENTITY パラメーター

  • [Id <String>]: リソース ID パス
  • [ManagementAssociationName <String>]: ユーザー管理関連付け名。
  • [ManagementConfigurationName <String>]: ユーザー管理構成名。
  • [ProviderName <String>]: 親リソースのプロバイダー名。
  • [ResourceGroupName <String>]: 取得するリソース グループの名前。 名前の大文字と小文字は区別されます。
  • [ResourceName <String>]: 親リソース名。
  • [ResourceType <String>]: 親リソースのリソースの種類
  • [SolutionName <String>]: ユーザー ソリューション名。
  • [SubscriptionId <String>]: Azure サブスクリプションを一意に識別するサブスクリプション資格情報Microsoft取得します。 サブスクリプション ID は、全ての修理依頼についてURI の一部を生じさせます。