Add-AzLoadBalancerProbeConfig

プローブの構成をロード バランサーに追加します。

構文

Add-AzLoadBalancerProbeConfig
   -LoadBalancer <PSLoadBalancer>
   -Name <String>
   [-Protocol <String>]
   -Port <Int32>
   -IntervalInSeconds <Int32>
   -ProbeCount <Int32>
   [-ProbeThreshold <Int32>]
   [-RequestPath <String>]
   [-DefaultProfile <IAzureContextContainer>]
   [-WhatIf]
   [-Confirm]
   [<CommonParameters>]

説明

Add-AzLoadBalancerProbeConfig コマンドレットは、Azure ロード バランサーにプローブ構成を追加します。

例 1: ロード バランサーにプローブ構成を追加する

Get-AzLoadBalancer -Name "myLb" -ResourceGroupName "myRg" | Add-AzLoadBalancerProbeConfig -Name "probeName" -RequestPath healthcheck2.aspx -Protocol http -Port 81 -IntervalInSeconds 16 -ProbeCount 3 -ProbeThreshold 3 | Set-AzLoadBalancer

このコマンドは、myLb という名前のロード バランサーを取得し、指定したプローブ構成を追加してから、 Set-AzLoadBalancer コマンドレットを使用してロード バランサーを更新します。

パラメーター

-Confirm

コマンドレットの実行前に確認を求めるメッセージが表示されます。

Type:SwitchParameter
Aliases:cf
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False

-DefaultProfile

Azure との通信に使用される資格情報、アカウント、テナント、サブスクリプション。

Type:IAzureContextContainer
Aliases:AzContext, AzureRmContext, AzureCredential
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False

-IntervalInSeconds

負荷分散サービスの各インスタンスへのプローブ間の間隔を秒単位で指定します。

Type:Int32
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:True
Accept wildcard characters:False

-LoadBalancer

LoadBalancer オブジェクトを指定します。 このコマンドレットは、このパラメーターが指定するプローブ構成をロード バランサーに追加します。

Type:PSLoadBalancer
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:True
Accept wildcard characters:False

-Name

追加するプローブ構成の名前を指定します。

Type:String
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False

-Port

プローブが負荷分散サービスに接続する必要があるポートを指定します。

Type:Int32
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:True
Accept wildcard characters:False

-ProbeCount

インスタンスが異常と見なされるインスタンスごとに連続するエラーの数を指定します。

Type:Int32
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:True
Accept wildcard characters:False

-ProbeThreshold

このエンドポイントへのトラフィックの配信を許可または拒否するために、連続した成功または失敗したプローブの数を指定します。

Type:Int32
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:True
Accept wildcard characters:False

-Protocol

プローブに使用するプロトコルを指定します。 このパラメーターに使用できる値は、Tcp または Http です。

Type:String
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:True
Accept wildcard characters:False

-RequestPath

正常性を判断するためにプローブする負荷分散サービスのパスを指定します。

Type:String
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:True
Accept wildcard characters:False

-WhatIf

コマンドレットの実行時に発生する内容を示します。 このコマンドレットは実行されません。

Type:SwitchParameter
Aliases:wi
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False

入力

PSLoadBalancer

String

Int32

出力

PSLoadBalancer