New-AzSqlElasticPool

SQL Databaseのエラスティック データベース プールを作成します。

構文

New-AzSqlElasticPool
   [-ElasticPoolName] <String>
   [-Edition <String>]
   [-Dtu <Int32>]
   [-StorageMB <Int32>]
   [-DatabaseDtuMin <Int32>]
   [-DatabaseDtuMax <Int32>]
   [-Tags <Hashtable>]
   [-ZoneRedundant]
   [-LicenseType <String>]
   [-MaintenanceConfigurationId <String>]
   [-HighAvailabilityReplicaCount <Int32>]
   [-AsJob]
   [-ServerName] <String>
   [-ResourceGroupName] <String>
   [-DefaultProfile <IAzureContextContainer>]
   [-WhatIf]
   [-Confirm]
   [<CommonParameters>]
New-AzSqlElasticPool
   [-ElasticPoolName] <String>
   -Edition <String>
   [-StorageMB <Int32>]
   -VCore <Int32>
   -ComputeGeneration <String>
   [-DatabaseVCoreMin <Double>]
   [-DatabaseVCoreMax <Double>]
   [-Tags <Hashtable>]
   [-ZoneRedundant]
   [-LicenseType <String>]
   [-MaintenanceConfigurationId <String>]
   [-HighAvailabilityReplicaCount <Int32>]
   [-AsJob]
   [-ServerName] <String>
   [-ResourceGroupName] <String>
   [-DefaultProfile <IAzureContextContainer>]
   [-WhatIf]
   [-Confirm]
   [<CommonParameters>]

説明

New-AzSqlElasticPool コマンドレットは、Azure SQL Database 用のエラスティック データベース プールを作成します。 いくつかのパラメーター (-Dtu、-DatabaseDtuMin、および -DatabaseDtuMax) では、設定する値がそのパラメーターの有効な値の一覧から取得されている必要があります。 たとえば、Standard 100 eDTU プールの -DatabaseDtuMax は、10、20、50、または 100 にのみ設定できます。 有効な値の詳細については、 エラスティック プール内の特定のサイズ プールの表を参照してください。

例 1: DTU エラスティック プールを作成する

New-AzSqlElasticPool -ResourceGroupName "ResourceGroup01" -ServerName "Server01" -ElasticPoolName "ElasticPool01" -Edition "Standard" -Dtu 400 -DatabaseDtuMin 10 -DatabaseDtuMax 100

ResourceId        : /subscriptions/00000000-0000-0000-0000-000000000001/resourceGroups/resourcegroup01/providers/Microsoft.Sql/servers/server01/elasticPools/elasticpool01
ResourceGroupName : resourcegroup01
ServerName        : server01
ElasticPoolName   : elasticpool01
Location          : Central US
CreationDate      : 8/26/2015 10:00:17 PM
State             : Ready
Edition           : Standard
Dtu               : 400
DatabaseDtuMax    : 100
DatabaseDtuMin    : 10
StorageMB         : 409600
Tags              :

このコマンドは、ElasticPool01 という名前の Standard サービス レベルにエラスティック プールを作成します。 Server01 という名前のサーバーは、ResourceGroup01 という名前の Azure リソース グループに割り当てられ、エラスティック プールをホストします。 このコマンドは、プールとプール内のデータベースの DTU プロパティ値を指定します。

例 2: 仮想コア エラスティック プールを作成する

New-AzSqlElasticPool -ResourceGroupName "ResourceGroup01" -ServerName "Server01" -ElasticPoolName "ElasticPool01" -Edition "GeneralPurpose" -vCore 2 -ComputeGeneration Gen5

ResourceId          : /subscriptions/00000000-0000-0000-0000-000000000001/resourceGroups/ResourceGroup01/providers/Microsoft.Sql/servers/server01/elasticPools/ElasticPool01
ResourceGroupName   : ResourceGroup01
ServerName          : Server01
ElasticPoolName     : ElasticPool01
Location            : Central US
CreationDate        : 8/29/2019 2:16:40 AM
State               : Ready
Edition             : GeneralPurpose
SkuName             : GP_Gen5
Dtu                 : 2
DatabaseDtuMax      : 2
DatabaseDtuMin      : 0
Capacity            : 2
DatabaseCapacityMin : 0
DatabaseCapacityMax : 2
Family              : Gen5
MaxSizeBytes        : 34359738368
StorageMB           : 32768
Tags                :

このコマンドは、ElasticPool01 という名前の GengeralPurpose サービス レベルにエラスティック プールを作成します。 Server01 という名前のサーバーは、ResourceGroup01 という名前の Azure リソース グループに割り当てられ、エラスティック プールをホストします。 このコマンドは、プールとプール内のデータベースの仮想コア プロパティ値を指定します。

例 3

SQL Databaseのエラスティック データベース プールを作成します。 (自動生成)

New-AzSqlElasticPool -ComputeGeneration Gen5 -Edition 'GeneralPurpose' -ElasticPoolName 'ElasticPool01' -ResourceGroupName 'ResourceGroup01' -ServerName 'Server01' -StorageMB 2097152 -VCore 2

パラメーター

-AsJob

バックグラウンドでコマンドレットを実行する

Type:SwitchParameter
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False

-ComputeGeneration

割り当てるコンピューティングの生成。

Type:String
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False

-Confirm

コマンドレットの実行前に確認を求めるメッセージが表示されます。

Type:SwitchParameter
Aliases:cf
Position:Named
Default value:False
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False

-DatabaseDtuMax

プール内の単一データベースで使用できるデータベース スループット ユニット (DTU) の最大数を指定します。 さまざまなエディションの既定値は次のとおりです。

  • 基本。 5 DTU
  • Standard。 100 DTU
  • Premium。 125 DTU 有効な値の詳細については、エラスティック プール内の特定のサイズ プールの表を参照してください
Type:Int32
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False

-DatabaseDtuMin

エラスティック プールがプール内のすべてのデータベースに対して保証する DTU の最小数を指定します。 既定値は 0 です。 有効な値の詳細については、 エラスティック プール内の特定のサイズ プールの表を参照してください。

Type:Int32
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False

-DatabaseVCoreMax

プール内で SqlAzure Database が使用できる仮想コアの最大数。

Type:Double
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False

-DatabaseVCoreMin

プールで使用できる SqlAzure Database の最小仮想コア数。

Type:Double
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False

-DefaultProfile

Azure との通信に使用される資格情報、アカウント、テナント、サブスクリプション

Type:IAzureContextContainer
Aliases:AzContext, AzureRmContext, AzureCredential
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False

-Dtu

エラスティック プールの共有 DTU の合計数を指定します。 さまざまなエディションの既定値は次のとおりです。

  • 基本。 100 DTU
  • Standard。 100 DTU
  • Premium。 125 DTU 有効な値の詳細については、 エラスティック プール内の特定のサイズ プールの表を参照してください。
Type:Int32
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False

-Edition

エラスティック プールに使用されるAzure SQL データベースのエディションを指定します。 このパラメーターの有効値は、次のとおりです。

  • None
  • Basic
  • Standard
  • Premium
  • DataWarehouse
  • Free
  • Stretch
  • GeneralPurpose
  • BusinessCritical
Type:String
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False

-ElasticPoolName

このコマンドレットによって作成されるエラスティック プールの名前を指定します。

Type:String
Aliases:Name
Position:2
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False

-HighAvailabilityReplicaCount

エラスティック プールに関連付けられている高可用性レプリカの合計数。

Type:Int32
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False

-LicenseType

Azure Sql データベースのライセンスの種類。

Type:String
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False

-MaintenanceConfigurationId

SQL エラスティック プールのメンテナンス構成 ID。

Type:String
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False

-ResourceGroupName

このコマンドレットがエラスティック プールを割り当てるリソース グループの名前を指定します。

Type:String
Position:0
Default value:None
Accept pipeline input:True
Accept wildcard characters:False

-ServerName

エラスティック プールをホストするサーバーの名前を指定します。

Type:String
Position:1
Default value:None
Accept pipeline input:True
Accept wildcard characters:False

-StorageMB

エラスティック プールの記憶域の制限をメガバイト単位で指定します。 このパラメーターを指定しない場合、このコマンドレットは Dtu パラメーターの値に依存する値を計算します。 使用可能な値については、eDTU とストレージの制限に関するセクションをご覧ください。

Type:Int32
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False

-Tags

キーと値のペアのディクショナリを、このコマンドレットがエラスティック プールに関連付けるハッシュ テーブルの形式で指定します。 例: @{key0="value0";key1=$null;key2="value2"}

Type:Hashtable
Aliases:Tag
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False

-VCore

Sql Azure エラスティック プールの仮想コアの合計共有数。

Type:Int32
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False

-WhatIf

コマンドレットの実行時に発生する内容を示します。 このコマンドレットは実行されません。

Type:SwitchParameter
Aliases:wi
Position:Named
Default value:False
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False

-ZoneRedundant

Azure Sql エラスティック プールに関連付けるゾーン冗長性

Type:SwitchParameter
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False

入力

String

出力

AzureSqlElasticPoolModel