Get-AzsSubscriberUsage

ユーザーからの UsageAggregates である SubscriberUsageAggregates のコレクションを取得します。

構文

Get-AzsSubscriberUsage
   -ReportedEndTime <DateTime>
   -ReportedStartTime <DateTime>
   [-SubscriptionId <String[]>]
   [-AggregationGranularity <String>]
   [-ContinuationToken <String>]
   [-SubscriberId <String>]
   [-DefaultProfile <PSObject>]
   [<CommonParameters>]

説明

ユーザーからの UsageAggregates である SubscriberUsageAggregates のコレクションを取得します。

例 1: 日別に集計された使用状況データを取得する

Get-AzsSubscriberUsage -ReportedStartTime "2019/12/30" -ReportedEndTime "2019-12-31" -AggregationGranularity Daily

プロバイダーの下のすべてのテナントの 2019 年 12 月 30 日 (UTC) の 1 日の使用状況データを日単位で集計して取得します。 形式 mm/dd/yyyyを使用して日付を指定します。
サービス管理者として呼び出された場合、これにより、すべてのテナントのすべての使用状況データが効果的に表示されます。

例 2: 時間単位で集計された使用状況データを取得する

Get-AzsSubscriberUsage -ReportedStartTime "12/30/2019 15:00" -ReportedEndTime "12/30/2019 16:00" -AggregationGranularity Hourly

2019 年 12 月 30 日 (UTC) 午後 3 時から午前 4 時までの使用状況データを時間単位で集計して取得します。 形式 mm/dd/yyyy HH:MMを使用して日付と時刻を指定します。
同様に、サービス管理者として呼び出された場合は、すべてのテナントのすべての使用状況データが効果的に表示されます。

パラメーター

-AggregationGranularity

集計の粒度。

Type:String
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False

-ContinuationToken

継続トークンです。

Type:String
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False

-DefaultProfile

Azure との通信のために使用される資格情報、アカウント、テナント、サブスクリプションです。

Type:PSObject
Aliases:AzureRMContext, AzureCredential
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False

-ReportedEndTime

報告された終了時刻 (排他)。

Type:DateTime
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False

-ReportedStartTime

報告された開始時刻 (両端を含む)。

Type:DateTime
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False

-SubscriberId

テナント サブスクリプション識別子。

Type:String
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False

-SubscriptionId

Microsoft Azure サブスクリプションを一意に識別するサブスクリプション資格情報。 サブスクリプション ID は、全ての修理依頼についてURI の一部を生じさせます。

Type:String[]
Position:Named
Default value:(Get-AzContext).Subscription.Id
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False

出力

Microsoft.Azure.PowerShell.Cmdlets.Commerce.Models.Api20150601Preview.IUsageAggregate