New-MoveRequest

このコマンドレットは、オンプレミスの Exchange およびクラウド ベースのサービスで使用できます。 一部のパラメーターおよび設定は、いずれかの環境専用となっている場合があります。

メールボックスまたは個人用アーカイブの非同期移動のプロセスを開始するには、New-MoveRequest コマンドレットを使用します。 また、WhatIf パラメーターを使用すると、移動に向けたメールボックスの準備状況も確認できます。

: 2020 年 4 月 15 日以降、このコマンドレットを使用して、Exchange Online組織内のメールボックスを手動で移動しないでください。 このコマンドレットは、Exchange Online 間での移行にのみ使用できます。 メールボックスに問題があり、Exchange Online組織内のメールボックスを移動して修正する場合は、代わりにMicrosoft サポート要求を開いてください。

以下の構文セクションのパラメーター セットの詳細については、「Exchangeのコマンドレット構文」を参照してください。

構文

New-MoveRequest
   [-Identity] <MailboxOrMailUserIdParameter>
   -RemoteHostName <Fqdn>
   [-Outbound]
   [-RemoteCredential <PSCredential>]
   [-RemoteGlobalCatalog <Fqdn>]
   [-AcceptLargeDataLoss]
   [-AllowLargeItems]
   [-ArchiveDomain <String>]
   [-ArchiveOnly]
   [-BadItemLimit <Unlimited>]
   [-BatchName <String>]
   [-CompleteAfter <DateTime>]
   [-CompletedRequestAgeLimit <Unlimited>]
   [-Confirm]
   [-DomainController <Fqdn>]
   [-ForceOffline]
   [-IgnoreRuleLimitErrors]
   [-IncrementalSyncInterval <TimeSpan>]
   [-InternalFlags <InternalMrsFlag[]>]
   [-LargeItemLimit <Unlimited>]
   [-MoveOptions <MultiValuedProperty>]
   [-MRSServer <Fqdn>]
   [-PreventCompletion]
   [-PrimaryOnly]
   [-Priority <RequestPriority>]
   [-Protect]
   [-ProxyToMailbox <MailboxIdParameter>]
   [-RemoteArchiveTargetDatabase <String>]
   [-RemoteOrganizationName <String>]
   [-RemoteTargetDatabase <String>]
   [-RequestExpiryInterval <Unlimited>]
   [-SkipMoving <SkippableMoveComponent[]>]
   [-StartAfter <DateTime>]
   [-Suspend]
   [-SuspendComment <String>]
   [-SuspendWhenReadyToComplete]
   [-TargetDeliveryDomain <Fqdn>]
   [-WhatIf]
   [-WorkloadType <RequestWorkloadType>]
   [<CommonParameters>]
New-MoveRequest
   [-Identity] <MailboxOrMailUserIdParameter>
   -RemoteHostName <Fqdn>
   [-Remote]
   [-RemoteCredential <PSCredential>]
   [-RemoteGlobalCatalog <Fqdn>]
   [-AcceptLargeDataLoss]
   [-AllowLargeItems]
   [-ArchiveDomain <String>]
   [-ArchiveOnly]
   [-ArchiveTargetDatabase <DatabaseIdParameter>]
   [-BadItemLimit <Unlimited>]
   [-BatchName <String>]
   [-CompleteAfter <DateTime>]
   [-CompletedRequestAgeLimit <Unlimited>]
   [-Confirm]
   [-DomainController <Fqdn>]
   [-ForceOffline]
   [-IgnoreRuleLimitErrors]
   [-IncrementalSyncInterval <TimeSpan>]
   [-InternalFlags <InternalMrsFlag[]>]
   [-LargeItemLimit <Unlimited>]
   [-MoveOptions <MultiValuedProperty>]
   [-MRSServer <Fqdn>]
   [-PreventCompletion]
   [-PrimaryOnly]
   [-Priority <RequestPriority>]
   [-Protect]
   [-ProxyToMailbox <MailboxIdParameter>]
   [-RemoteOrganizationName <String>]
   [-RequestExpiryInterval <Unlimited>]
   [-SkipMoving <SkippableMoveComponent[]>]
   [-StartAfter <DateTime>]
   [-Suspend]
   [-SuspendComment <String>]
   [-SuspendWhenReadyToComplete]
   [-TargetDatabase <DatabaseIdParameter>]
   [-TargetDeliveryDomain <Fqdn>]
   [-WhatIf]
   [-WorkloadType <RequestWorkloadType>]
   [<CommonParameters>]
New-MoveRequest
   [-Identity] <MailboxOrMailUserIdParameter>
   -RemoteCredential <PSCredential>
   -RemoteGlobalCatalog <Fqdn>
   [-RemoteLegacy]
   [-AcceptLargeDataLoss]
   [-AllowLargeItems]
   [-BadItemLimit <Unlimited>]
   [-BatchName <String>]
   [-CompleteAfter <DateTime>]
   [-CompletedRequestAgeLimit <Unlimited>]
   [-Confirm]
   [-DomainController <Fqdn>]
   [-ForceOffline]
   [-IgnoreRuleLimitErrors]
   [-IncrementalSyncInterval <TimeSpan>]
   [-InternalFlags <InternalMrsFlag[]>]
   [-LargeItemLimit <Unlimited>]
   [-MoveOptions <MultiValuedProperty>]
   [-MRSServer <Fqdn>]
   [-PreventCompletion]
   [-Priority <RequestPriority>]
   [-Protect]
   [-ProxyToMailbox <MailboxIdParameter>]
   [-RemoteTargetDatabase <String>]
   [-RequestExpiryInterval <Unlimited>]
   [-SkipMoving <SkippableMoveComponent[]>]
   [-StartAfter <DateTime>]
   [-Suspend]
   [-SuspendComment <String>]
   [-SuspendWhenReadyToComplete]
   [-TargetDatabase <DatabaseIdParameter>]
   [-TargetDeliveryDomain <Fqdn>]
   [-WhatIf]
   [-WorkloadType <RequestWorkloadType>]
   [<CommonParameters>]
New-MoveRequest
   [-Identity] <MailboxOrMailUserIdParameter>
   [-AcceptLargeDataLoss]
   [-AllowLargeItems]
   [-ArchiveOnly]
   [-ArchiveTargetDatabase <DatabaseIdParameter>]
   [-BadItemLimit <Unlimited>]
   [-BatchName <String>]
   [-CompleteAfter <DateTime>]
   [-CompletedRequestAgeLimit <Unlimited>]
   [-Confirm]
   [-DomainController <Fqdn>]
   [-DoNotPreserveMailboxSignature]
   [-ForceOffline]
   [-ForcePull]
   [-ForcePush]
   [-IgnoreRuleLimitErrors]
   [-IncrementalSyncInterval <TimeSpan>]
   [-InternalFlags <InternalMrsFlag[]>]
   [-LargeItemLimit <Unlimited>]
   [-MoveOptions <MultiValuedProperty>]
   [-MRSServer <Fqdn>]
   [-PreventCompletion]
   [-PrimaryOnly]
   [-Priority <RequestPriority>]
   [-Protect]
   [-ProxyToMailbox <MailboxIdParameter>]
   [-RequestExpiryInterval <Unlimited>]
   [-SkipMoving <SkippableMoveComponent[]>]
   [-StartAfter <DateTime>]
   [-Suspend]
   [-SuspendComment <String>]
   [-SuspendWhenReadyToComplete]
   [-TargetDatabase <DatabaseIdParameter>]
   [-WhatIf]
   [-WorkloadType <RequestWorkloadType>]
   [<CommonParameters>]
New-MoveRequest
   [-Identity] <MailboxOrMailUserIdParameter>
   -TargetDeliveryDomain <Fqdn>
   [-Outbound]
   [-AcceptLargeDataLoss]
   [-AllowLargeItems]
   [-BadItemLimit <Unlimited>]
   [-BatchName <String>]
   [-CompleteAfter <DateTime>]
   [-CompletedRequestAgeLimit <Unlimited>]
   [-Confirm]
   [-DomainController <Fqdn>]
   [-ForceOffline]
   [-IncrementalSyncInterval <TimeSpan>]
   [-InternalFlags <InternalMrsFlag[]>]
   [-LargeItemLimit <Unlimited>]
   [-MoveOptions <MultiValuedProperty>]
   [-PreventCompletion]
   [-Priority <RequestPriority>]
   [-Protect]
   [-ProxyToMailbox <MailboxIdParameter>]
   [-RequestExpiryInterval <Unlimited>]
   [-SkipMoving <SkippableMoveComponent[]>]
   [-StartAfter <DateTime>]
   [-Suspend]
   [-SuspendComment <String>]
   [-SuspendWhenReadyToComplete]
   [-WhatIf]
   [-WorkloadType <RequestWorkloadType>]
   [<CommonParameters>]
New-MoveRequest
   [-Identity] <MailboxOrMailUserIdParameter>
   -TargetDeliveryDomain <Fqdn>
   [-Remote]
   [-TargetDatabase <DatabaseIdParameter>]
   [-AcceptLargeDataLoss]
   [-AllowLargeItems]
   [-ArchiveTargetDatabase <DatabaseIdParameter>]
   [-BadItemLimit <Unlimited>]
   [-BatchName <String>]
   [-CompleteAfter <DateTime>]
   [-CompletedRequestAgeLimit <Unlimited>]
   [-Confirm]
   [-DomainController <Fqdn>]
   [-ForceOffline]
   [-IncrementalSyncInterval <TimeSpan>]
   [-InternalFlags <InternalMrsFlag[]>]
   [-LargeItemLimit <Unlimited>]
   [-MoveOptions <MultiValuedProperty>]
   [-PreventCompletion]
   [-Priority <RequestPriority>]
   [-Protect]
   [-ProxyToMailbox <MailboxIdParameter>]
   [-RequestExpiryInterval <Unlimited>]
   [-SkipMoving <SkippableMoveComponent[]>]
   [-StartAfter <DateTime>]
   [-Suspend]
   [-SuspendComment <String>]
   [-SuspendWhenReadyToComplete]
   [-WhatIf]
   [-WorkloadType <RequestWorkloadType>]
   [<CommonParameters>]

説明

このコマンドレットを実行する際には、あらかじめアクセス許可を割り当てる必要があります。 このトピックにはこのコマンドレットのすべてのパラメーターが一覧表示されていますが、自分に割り当てられているアクセス許可に含まれていない一部のパラメーターにはアクセスできません。 コマンドレットを組織内で実行するために必要になるアクセス許可とパラメーターを調べるには、「 Find the permissions required to run any Exchange cmdlet」を参照してください。

例 1

New-MoveRequest -Identity 'tony@alpineskihouse.com' -TargetDatabase "DB01" -WhatIf

この例では、WhatIf スイッチを使用して、同じフォレスト内の新しいデータベース DB01 へのメールボックスの移動の対応準備およびコマンドの完全性をテストします。 WhatIf スイッチを使用すると、システムによってメールボックスのチェックが実行され、メールボックスの準備ができていない場合は、エラーが送信されます。

例 2

New-MoveRequest -Identity 'tony@alpineskihouse.com' -TargetDatabase "DB01"

この例では、Tony Smith のメールボックスを新しいデータベース DB01 に移動します。

例 3

Get-Mailbox -Database DB01 | New-MoveRequest -TargetDatabase DB02 -BatchName "DB01toDB02"

この例では、BatchName パラメーターの値に DB01toDB02 を指定して、データベース DB01 のすべてのメールボックスについてバッチ移動要求を作成し、データベース DB02 に移動します。

パラメーター

-AcceptLargeDataLoss

AcceptLargeDataLoss スイッチは、ソース メールボックス内に多数のアイテムがあり、対象のメールボックスにコピーできない場合でも要求を続行するように指定します。 このスイッチに値を指定する必要はありません。

Exchange 2013 以降または Exchange Online では、LargeItemLimit パラメーターの値を 51 以上に設定する場合、このスイッチを使用する必要があります。 使用しない場合、コマンドは失敗します。

Exchange 2010 では、BadItemLimit パラメーターの値を 51 以上に設定する場合、このスイッチを使用する必要があります。 使用しない場合、コマンドは失敗します。

Type:SwitchParameter
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False
Applies to:Exchange Server 2010, Exchange Server 2013, Exchange Server 2016, Exchange Server 2019, Exchange Online

-AllowLargeItems

このパラメーターは、オンプレミスの Exchange でのみ使用できます。

AllowLargeItems スイッチは、移動先メールボックスの制限を超えるアイテムがエラーなしにコピーされることを指定します。 このスイッチに値を指定する必要はありません。

このスイッチを LargeItemLimit パラメーターと併用することはできません。

Type:SwitchParameter
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False
Applies to:Exchange Server 2010, Exchange Server 2013, Exchange Server 2016, Exchange Server 2019

-ArchiveDomain

ArchiveDomain パラメーターは、アーカイブの移動先となる外部ドメインの完全修飾ドメイン名を指定します。 このパラメーターは、アーカイブをクラウドベースのサービスに移動するために使用されます。

Type:String
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False
Applies to:Exchange Server 2010, Exchange Server 2013, Exchange Server 2016, Exchange Server 2019, Exchange Online

-ArchiveOnly

ArchiveOnly スイッチは、メールボックスに関連付けられている個人用アーカイブのみを移動することを指定します。 このスイッチで値を指定する必要はありません。

このスイッチを PrimaryOnly スイッチと併用することはできません。

Type:SwitchParameter
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False
Applies to:Exchange Server 2010, Exchange Server 2013, Exchange Server 2016, Exchange Server 2019, Exchange Online

-ArchiveTargetDatabase

このパラメーターは、オンプレミスの Exchange でのみ使用できます。

ArchiveTargetDatabase パラメーターは、個人用アーカイブの移動先のメールボックス データベースを指定します。 データベースを一意に識別する、任意の値を使用できます。 以下に例を示します。

  • 名前
  • 識別名 (DN)
  • GUID

このパラメーターを使用しない場合、アーカイブはプライマリ メールボックスと同じデータベースに移動されます。

Type:DatabaseIdParameter
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False
Applies to:Exchange Server 2010, Exchange Server 2013, Exchange Server 2016, Exchange Server 2019

-BadItemLimit

BadItemLimit パラメーターは、要求が失敗するまで許可される無効なアイテムの最大数を指定します。 無効なアイテムとは、移動先メールボックスにコピーできない、移動元メールボックスにある破損したアイテムのことです。 無効なアイテムの制限の対象には、見つからないアイテムも含まれます。 見つからないアイテムとは、移行元メールボックスのアイテムのうち、要求の完了間際になっても、移行先のメールボックスに見あたらないアイテムのことです。

このパラメーターの有効な入力値は、整数または値 unlimited です。 既定値は 0 です。つまり、無効なアイテムが 1 つでも検出されると要求は失敗します。 無効なアイテムが多少含まれても構わない場合は、要求を続行できるように、このパラメーターを妥当な値 (10 以下をお勧めします) に設定します。 検出された無効なアイテムが多すぎる場合は、New-MailboxRepairRequest コマンドレットを使用して移行元メールボックス内の破損したアイテムの修復を試み、要求を再試行してください。

Exchange 2010 では、この値を 51 以上に設定する場合は、AcceptLargeDataLoss スイッチも使用する必要があります。 使用しない場合、コマンドは失敗します。

: このパラメーターは、クラウドベースのサービスでは廃止される予定です。 このパラメーターを使用しない場合、今後は代わりとして、スキップされたアイテム承認セマンティクスが使用されます。

Type:Unlimited
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False
Applies to:Exchange Server 2010, Exchange Server 2013, Exchange Server 2016, Exchange Server 2019, Exchange Online

-BatchName

BatchName パラメーターは、メールボックスのバッチ移動について、わかりやすい名前を指定します。 Get-MoveRequest コマンドレットを使用する際は、BatchName パラメーターでこの名前を検索文字列として使用できます。

Type:String
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False
Applies to:Exchange Server 2010, Exchange Server 2013, Exchange Server 2016, Exchange Server 2019, Exchange Online

-CompleteAfter

CompleteAfter パラメーターは、要求が完了するまでの遅延を指定します。 開始された要求は、このパラメーターで指定する日付/時刻まで完了しません。

コマンドを実行するコンピューターの [地域のオプション] 設定で定義されている短い日付形式を使用します。 たとえば、短い日付形式 mm/dd/yyyy を使用するようにコンピューターが構成されている場合は、「09/01/2018」と入力して 2018 年 9 月 1 日を指定します。 日付のみを入力したり、日付と時刻を入力することもできます。 日付と時刻を入力する場合は、値を引用符 (”) で囲む必要があります (例: "09/01/2018 5:00 PM")。

PowerShell Exchange Onlineで、タイム ゾーンを指定せずに日付/時刻の値を指定した場合、値は協定世界時 (UTC) になります。

このパラメーターの日付/時刻値を指定するには、次のいずれかのオプションを使用します。

  • UTC で日付/時刻の値を指定します。たとえば、"2021-05-06 14:30:00z" です。
  • ローカル タイム ゾーンの日付/時刻を UTC に変換する数式として、日付/時刻の値を指定します(例: (Get-Date "5/6/2021 9:30 AM").ToUniversalTime())。 詳細については、「Get-Date」を参照してください。
Type:DateTime
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False
Applies to:Exchange Server 2013, Exchange Server 2016, Exchange Server 2019, Exchange Online

-CompletedRequestAgeLimit

CompletedRequestAgeLimit パラメーターは、要求が完了してから自動的に削除されるまでの、要求が保持される期間を指定します。 CompletedRequestAgeLimit の既定値は 30 日です。

Type:Unlimited
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False
Applies to:Exchange Server 2013, Exchange Server 2016, Exchange Server 2019, Exchange Online

-Confirm

Confirm スイッチは、確認プロンプトを表示するか非表示にするかを指定します。 このスイッチがコマンドレットにどのような影響を与えるかは、先に進む前にコマンドレットで確認が必要となるかどうかで決まります。

  • 破壊的なコマンドレット (Remove-* コマンドレットなど) には、続行する前にコマンドの確認を強制する組み込みの一時停止があります。 これらのコマンドレットでは、正確な構文-Confirm:$falseを使用して、確認プロンプトを省略できます。
  • 他のほとんどのコマンドレット (New-* コマンドレットや Set-* コマンドレットなど) には、一時停止が組み込まれています。 これらのコマンドレットの場合、値なしで Confirm スイッチを指定すると、先に進む前に、一時停止してコマンドを確認する必要があります。
Type:SwitchParameter
Aliases:cf
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False
Applies to:Exchange Server 2010, Exchange Server 2013, Exchange Server 2016, Exchange Server 2019, Exchange Online

-DomainController

このパラメーターは、オンプレミスの Exchange でのみ使用できます。

DomainController パラメーターは、このコマンドレットで Active Directory からのデータの読み取りまたは Active Directory へのデータの書き込みに使用されるドメイン コントローラーを指定します。 ドメイン コントローラーは、完全修飾ドメイン名 (FQDN) で識別します。 たとえば、dc01.contoso.com です。

Type:Fqdn
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False
Applies to:Exchange Server 2010, Exchange Server 2013, Exchange Server 2016, Exchange Server 2019

-DoNotPreserveMailboxSignature

このパラメーターは、オンプレミスの Exchange でのみ使用できます。

DoNotPreserveMailboxSignature スイッチは、移動後にメールボックス マッピング署名が保持されないことを指定します。 このスイッチに値を指定する必要はありません。

このスイッチは、名前付きプロパティの識別子が使い果たされたことが原因で移動要求が失敗した場合にのみ使用することをお勧めします。 このパラメーターを指定した場合、移動要求の完了後にユーザーは Outlook を再起動する必要があります。

Type:SwitchParameter
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False
Applies to:Exchange Server 2010, Exchange Server 2013, Exchange Server 2016, Exchange Server 2019

-ForceOffline

ForceOffline スイッチは、メールボックスの移動をオフライン モードで強制的に実行します。 このスイッチに値を指定する必要はありません。

メールボックスをオフライン モードで移動すると、ユーザーはメールボックスの移動中に電子メールにアクセスできません。

Type:SwitchParameter
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False
Applies to:Exchange Server 2013, Exchange Server 2016, Exchange Server 2019, Exchange Online

-ForcePull

このパラメーターは、オンプレミスの Exchange でのみ使用できます。

ForcePull スイッチは、ローカルの移動の種類をプル移動に設定します。 このスイッチで値を指定する必要はありません。

このパラメーターはローカルの移動のためだけに使用します。

Type:SwitchParameter
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False
Applies to:Exchange Server 2013, Exchange Server 2016, Exchange Server 2019

-ForcePush

このパラメーターは、オンプレミスの Exchange でのみ使用できます。

ForcePush スイッチは、ローカルの移動の種類をプッシュ移動に設定します。 このスイッチで値を指定する必要はありません。

このパラメーターはローカルの移動のためだけに使用します。

Type:SwitchParameter
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False
Applies to:Exchange Server 2013, Exchange Server 2016, Exchange Server 2019

-Identity

Identity パラメーターは、メールボックスまたはメール ユーザーの ID を指定します。 次の値を使用できます。

  • GUID
  • 識別名 (DN)
  • Domain\Account
  • ユーザー プリンシパル名 (UPN)
  • LegacyExchangeDN
  • SMTP アドレス
  • エイリアス
Type:MailboxOrMailUserIdParameter
Position:1
Default value:None
Accept pipeline input:True
Accept wildcard characters:False
Applies to:Exchange Server 2010, Exchange Server 2013, Exchange Server 2016, Exchange Server 2019, Exchange Online

-IgnoreRuleLimitErrors

このパラメーターは Exchange Server 2010 または Exchange Server 2013 でのみ使用できます。

IgnoreRuleLimitErrors スイッチは、コマンドが Exchange を実行しているターゲット サーバーにユーザーのルールを移動しないことを指定します。 このスイッチで値を指定する必要はありません。

Type:SwitchParameter
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False
Applies to:Exchange Server 2010, Exchange Server 2013

-IncrementalSyncInterval

IncrementalSyncInterval パラメーターは、増分同期の間隔を指定します。 このパラメーターは、CompleteAfter パラメーターと併せて使用することで、初期同期の完了後の定期的な増分同期を実行する移動要求を作成します。

値を指定するには、dd.hh:mm:ss の形式で期間として入力します。ここで、dd = 日、hh = 時間、mm = 分、ss = 秒です。

有効な値は、00:00:00 から 120.00:00:00 (120 日) までです。 既定値は 24 時間です。

Type:TimeSpan
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False
Applies to:Exchange Server 2013, Exchange Server 2016, Exchange Server 2019, Exchange Online

-InternalFlags

このパラメーターは、オンプレミスの Exchange でのみ使用できます。

InternalFlags パラメーターは、省略可能な手順を要求で指定します。 このパラメーターは、主にデバッグ目的に使用されます。

Type:InternalMrsFlag[]
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False
Applies to:Exchange Server 2013, Exchange Server 2016, Exchange Server 2019

-LargeItemLimit

LargeItemLimit パラメーターは、要求が失敗するまで許可される大きなアイテムの最大数を指定します。 大きなアイテムとは、移行先メールボックスで許可される最大メッセージ サイズを超える移行元メールボックス内のメッセージのことです。 移行先メールボックスに具体的に構成された最大メッセージ サイズ値が設定されていない場合、組織全体用の値が使用されます。

最大メッセージ サイズ値の詳細については、次のトピックを参照してください。

このパラメーターの有効な入力値は、整数または値 unlimited です。 既定値は 0 です。つまり、大きなアイテムが 1 つでも検出されると要求は失敗します。 大きなアイテムが多少含まれても構わない場合は、要求を続行できるように、このパラメーターを妥当な値 (10 以下をお勧めします) に設定します。

この値を 51 以上に設定する場合は、AcceptLargeDataLoss スイッチも使用する必要があります。 使用しない場合、コマンドは失敗します。

: このパラメーターは、クラウドベースのサービスでは廃止される予定です。 このパラメーターを使用しない場合、今後は代わりとして、スキップされたアイテム承認セマンティクスが使用されます。

Type:Unlimited
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False
Applies to:Exchange Server 2013, Exchange Server 2016, Exchange Server 2019, Exchange Online

-MoveOptions

MoveOptions パラメーターは、デバッグの目的でスキップする移動の段階を指定します。 Microsoft カスタマー サービスおよびサポートからの指示または特定のドキュメントによる指示がない場合、このパラメーターは使用しないでください。

このパラメーターは SkipMoving パラメーターと併用できません。

Type:MultiValuedProperty
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False
Applies to:Exchange Server 2016, Exchange Server 2019, Exchange Online

-MRSServer

このパラメーターは Exchange Server 2010 でのみ使用できます。

MRSServer パラメーターは、Microsoft Exchange Mailbox Replication サービス (MRS) のインスタンスを実行しているクライアント アクセス サーバーの FQDN を指定します。 このパラメーターは、デバッグ目的にのみ使用されます。 このパラメーターは、サポート担当者によって指示された場合にのみ使用します。

Type:Fqdn
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False
Applies to:Exchange Server 2010

-Outbound

Outbound スイッチは、このメールボックス移動がフォレスト間移動であり、移動元フォレストから開始されることを指定します。 このスイッチに値を指定する必要はありません。

このスイッチを Remote スイッチと併用することはできません。

Type:SwitchParameter
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False
Applies to:Exchange Server 2010, Exchange Server 2013, Exchange Server 2016, Exchange Server 2019, Exchange Online

-PreventCompletion

PreventCompletion スイッチは、移動要求を実行するかどうかを指定しますが、完了は許可しません。 このスイッチで値を指定する必要はありません。

このスイッチの代わりに、CompleteAfter パラメーターを使用することをお勧めします。

Type:SwitchParameter
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False
Applies to:Exchange Server 2013, Exchange Server 2016, Exchange Server 2019, Exchange Online

-PrimaryOnly

PrimaryOnly スイッチは、コマンドがプライマリ メールボックスのみを移動し、個人用アーカイブを移動しないことを指定します。 このスイッチに値を指定する必要はありません。

移動したくない個人用アーカイブをユーザーが持っている場合のみ、このスイッチを使用します。 ユーザーが個人用アーカイブを持っていない場合は、このスイッチを使用しないでください。

ArchiveOnly シッチでは、このスイッチを使用できません。

Type:SwitchParameter
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False
Applies to:Exchange Server 2010, Exchange Server 2013, Exchange Server 2016, Exchange Server 2019, Exchange Online

-Priority

このパラメーターは、オンプレミスの Exchange でのみ使用できます。

Priority パラメーターは、この要求を要求キューで処理する順序を指定します。 要求は、サーバーの正常性、状態、優先度、および最終更新時刻に基づいて順番に処理されます。 有効な Priority 値は次のとおりです。

  • Lowest
  • Lower
  • Low
  • Normal: 既定値です。
  • High
  • Higher
  • Highest
  • Emergency
Type:RequestPriority
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False
Applies to:Exchange Server 2010, Exchange Server 2013, Exchange Server 2016, Exchange Server 2019

-Protect

このパラメーターは、オンプレミスの Exchange でのみ使用できます。

このパラメーターは、Microsoft の内部使用のために予約されています。

Type:SwitchParameter
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False
Applies to:Exchange Server 2010, Exchange Server 2013, Exchange Server 2016, Exchange Server 2019

-ProxyToMailbox

このパラメーターは、クラウドベースのサービスでのみ使用できます。

ProxyToMailbox パラメーターは、指定されたメールボックスの場所によって移動先を指定します (プロキシ化とも呼ばれます)。 メールボックスを一意に識別する任意の値を使用できます。 次に例を示します。

  • 名前
  • Alias
  • 識別名 (DN)
  • 正規 DN
  • Domain\Username
  • 電子メール アドレス
  • GUID
  • LegacyExchangeDN
  • SamAccountName
  • ユーザー ID またはユーザー プリンシパル名 (UPN)
Type:MailboxIdParameter
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False
Applies to:Exchange Online

-Remote

Remote スイッチは、移動が組織外の移動であり、移動先フォレストから開始されることを指定します。 このスイッチに値を指定する必要はありません。

このスイッチを Outbound スイッチと併用することはできません。

Type:SwitchParameter
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False
Applies to:Exchange Server 2010, Exchange Server 2013, Exchange Server 2016, Exchange Server 2019, Exchange Online

-RemoteArchiveTargetDatabase

RemoteArchiveTargetDatabase パラメーターは、個人用アーカイブの移動先となるリモート フォレスト内の移動先データベース名を指定します。 このパラメーターは、アーカイブを持つユーザーをローカル フォレストからリモート フォレストに移動する場合に使用します。 リモート フォレストからローカル フォレストへの移動の場合は、ArchiveTargetDatabase パラメーターを使用します。

このパラメーターを使用する場合は、Remote パラメーターまたは RemoteLegacy パラメーターを指定する必要があります。

Type:String
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False
Applies to:Exchange Server 2010, Exchange Server 2013, Exchange Server 2016, Exchange Server 2019, Exchange Online

-RemoteCredential

RemoteCredential パラメーターは、メールボックス移動を実行する権限を持つ管理者のユーザー名とパスワードを指定します。

このパラメーターの値には、Get-Credential コマンドレットが必要です。 このコマンドを一時停止し、資格情報の入力を求めるメッセージを表示するには、値(Get-Credential)を使用します。 または、このコマンドを実行する前に、資格情報を変数 (たとえば、$cred = Get-Credential) に保存し、このパラメーターに変数名 ($cred) を使用します。 詳細については、Get-Credentialに関するページをご覧ください。

Type:PSCredential
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False
Applies to:Exchange Server 2010, Exchange Server 2013, Exchange Server 2016, Exchange Server 2019, Exchange Online

-RemoteGlobalCatalog

RemoteGlobalCatalog パラメーターは、リモート フォレストのグローバル カタログ サーバーの完全修飾ドメイン名 (FQDN) を指定します。

Type:Fqdn
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False
Applies to:Exchange Server 2010, Exchange Server 2013, Exchange Server 2016, Exchange Server 2019, Exchange Online

-RemoteHostName

RemoteHostName パラメーターは、メールボックスの移動元となるフォレスト間組織の完全修飾ドメイン名を指定します。

Type:Fqdn
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False
Applies to:Exchange Server 2010, Exchange Server 2013, Exchange Server 2016, Exchange Server 2019, Exchange Online

-RemoteLegacy

このパラメーターは、オンプレミスの Exchange でのみ使用できます。

RemoteLegacy スイッチは、このメールボックスの移動が、Exchange 2010 サーバーのみがインストールされているリモート フォレストからの移動であることを指定します。 このスイッチに値を指定する必要はありません。

Type:SwitchParameter
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False
Applies to:Exchange Server 2010, Exchange Server 2013, Exchange Server 2016, Exchange Server 2019

-RemoteOrganizationName

このパラメーターは、Microsoft の内部使用のために予約されています。

Type:String
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False
Applies to:Exchange Server 2010, Exchange Server 2013

-RemoteTargetDatabase

RemoteTargetDatabase パラメーターは、リモート フォレストの移動先データベースの名前を指定します。 このパラメーターは、ローカル フォレストからリモート フォレストにメールボックスを移動する場合に使用します。 リモート フォレストからローカル フォレストへの移動の場合は、TargetDatabase パラメーターを使用します。

このパラメーターを使用する場合は、Remote パラメーターまたは RemoteLegacy パラメーターを指定する必要があります。

Type:String
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False
Applies to:Exchange Server 2010, Exchange Server 2013, Exchange Server 2016, Exchange Server 2019, Exchange Online

-RequestExpiryInterval

RequestExpiryInterval パラメーターは、完了または失敗した要求の保存期間を指定します。 このパラメーターを使用する場合、指定した期間が経過した後、完了または失敗した要求は自動的に削除されます。 このパラメーターを使用しない場合は、次のことが起こります。

  • 完了した要求は CompletedRequestAgeLimit パラメーターの値に基づいて自動的に削除されます。
  • 要求が失敗した場合は、対応する Remove-*Request コマンドレットを使用して手動で削除する必要があります。

値を指定するには、dd.hh:mm:ss の形式で期間として入力します。ここで、dd = 日、hh = 時間、mm = 分、ss = 秒です。

値 Unlimited を使用した場合、完了した要求は自動的に削除されません。

Type:Unlimited
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False
Applies to:Exchange Server 2016, Exchange Server 2019, Exchange Online

-SkipMoving

このパラメーターは MoveOptions パラメーターに置き換えられました。

SkipMoving パラメーターは、デバッグの目的でスキップする移動の段階を指定します。 Microsoft カスタマー サービスおよびサポートからの指示または特定のドキュメントによる指示がない場合、このパラメーターは使用しないでください。

Type:SkippableMoveComponent[]
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False
Applies to:Exchange Server 2013, Exchange Server 2016, Exchange Server 2019, Exchange Online

-StartAfter

StartAfter パラメーターは、要求が開始されるまでの遅延を指定します。 要求は、このパラメーターで指定する日付/時刻まで開始されません。

コマンドを実行するコンピューターの [地域のオプション] 設定で定義されている短い日付形式を使用します。 たとえば、短い日付形式 mm/dd/yyyy を使用するようにコンピューターが構成されている場合は、「09/01/2018」と入力して 2018 年 9 月 1 日を指定します。 日付のみを入力したり、日付と時刻を入力することもできます。 日付と時刻を入力する場合は、値を引用符 (”) で囲む必要があります (例: "09/01/2018 5:00 PM")。

PowerShell Exchange Onlineで、タイム ゾーンを指定せずに日付/時刻の値を指定した場合、値は協定世界時 (UTC) になります。

このパラメーターの日付/時刻値を指定するには、次のいずれかのオプションを使用します。

  • UTC で日付/時刻の値を指定します。たとえば、"2021-05-06 14:30:00z" です。
  • ローカル タイム ゾーンの日付/時刻を UTC に変換する数式として、日付/時刻の値を指定します(例: (Get-Date "5/6/2021 9:30 AM").ToUniversalTime())。 詳細については、「Get-Date」を参照してください。
Type:DateTime
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False
Applies to:Exchange Server 2013, Exchange Server 2016, Exchange Server 2019, Exchange Online

-Suspend

Suspend スイッチは、要求を中断するかどうかを指定します。 このスイッチで値を指定する必要はありません。

このスイッチを使用すると要求がキューに入りますが、関連する再開コマンドレットを使用して要求を再開しないと InProgress の状態にはなりません。

Type:SwitchParameter
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False
Applies to:Exchange Server 2010, Exchange Server 2013, Exchange Server 2016, Exchange Server 2019, Exchange Online

-SuspendComment

SuspendComment パラメーターは、要求が中断された理由の説明を指定します。 このパラメーターは、Suspend パラメーターを指定する場合にのみ使用できます。

Type:String
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False
Applies to:Exchange Server 2010, Exchange Server 2013, Exchange Server 2016, Exchange Server 2019, Exchange Online

-SuspendWhenReadyToComplete

SuspendWhenReadyToComplete スイッチは、CompletionInProgress のステータスに達する前に移動要求を中断するかどうかを指定します。 このスイッチで値を指定する必要はありません。

このスイッチの代わりに、CompleteAfter パラメーターを使用することをお勧めします。

Type:SwitchParameter
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False
Applies to:Exchange Server 2010, Exchange Server 2013, Exchange Server 2016, Exchange Server 2019, Exchange Online

-TargetDatabase

このパラメーターは、オンプレミスの Exchange でのみ使用できます。

TargetDatabase パラメーターは、メールボックスの移動先のメールボックス データベースを指定します。 データベースを一意に識別する、任意の値を使用できます。 以下に例を示します。

  • 名前
  • 識別名 (DN)
  • GUID

このパラメーターを使用しない場合、自動配布ロジックにより、コマンドを実行している Active Directory サイト内でランダムなデータベースが選択されます。

Type:DatabaseIdParameter
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False
Applies to:Exchange Server 2010, Exchange Server 2013, Exchange Server 2016, Exchange Server 2019

-TargetDeliveryDomain

TargetDeliveryDomain パラメーターは、移動要求が完了するときに、メールが有効なユーザー用に、移動元フォレストで作成される外部電子メール アドレスの完全修飾ドメイン名を指定します。 このパラメーターは、Remote パラメーターまたは RemoteLegacy パラメーターでリモートの移動を実行する場合にのみ許可されます。

Type:Fqdn
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False
Applies to:Exchange Server 2010, Exchange Server 2013, Exchange Server 2016, Exchange Server 2019, Exchange Online

-WhatIf

WhatIf スイッチは、コマンドの操作をシミュレートします。 このスイッチを使用すると、実際にその変更内容を適用せずに、発生する変更を確認できます。 このスイッチで値を指定する必要はありません。

このスイッチを使用すると、メールボックスを移動要求キューに追加しなくても、メールボックスの移動の対応準備をテストして、発生するエラーを確認できます。

Type:SwitchParameter
Aliases:wi
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False
Applies to:Exchange Server 2010, Exchange Server 2013, Exchange Server 2016, Exchange Server 2019, Exchange Online

-WorkloadType

このパラメーターは、オンプレミスの Exchange でのみ使用できます。

このパラメーターは、Microsoft の内部使用のために予約されています。

Type:RequestWorkloadType
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False
Applies to:Exchange Server 2013, Exchange Server 2016, Exchange Server 2019

入力

Input types

このコマンドレットに使用できる入力の種類を確認するには、「コマンドレットの入力および出力の種類」をご覧ください。 コマンドレットで入力の種類のフィールドが空白の場合、そのコマンドレットには入力データを指定できません。

出力

Output types

このコマンドレットに使用できる戻り値の型 (出力の種類) を確認するには、「コマンドレットの入力および出力の種類」をご覧ください。 出力の種類のフィールドが空白の場合、コマンドレットはデータを返しません。