次の方法で共有


Get-LocalGroup

ローカル セキュリティ グループを取得します。

構文

Get-LocalGroup
   [[-Name] <String[]>]
   [<CommonParameters>]
Get-LocalGroup
   [[-SID] <SecurityIdentifier[]>]
   [<CommonParameters>]

説明

このコマンドレットは Get-LocalGroup 、Security Account Manager のローカル セキュリティ グループを取得します。 このコマンドレットは、作成した既定の組み込みグループとローカル セキュリティ グループを取得します。

Note

Microsoft.PowerShell.LocalAccounts モジュールは、64 ビット システムの 32 ビット PowerShell では使用できません。

例 1: 管理istrators グループを取得する

Get-LocalGroup -Name "Administrators"

このコマンドは、ローカル 管理istrators グループを取得します。 このコマンドは、コンソールにグループのプロパティを表示します。

パラメーター

-Name

このコマンドレットが取得するセキュリティ グループの名前の配列を指定します。 ワイルドカード文字を使用できます。

Type:String[]
Position:0
Default value:None
Required:False
Accept pipeline input:True
Accept wildcard characters:False

-SID

このコマンドレットが取得するセキュリティ グループのセキュリティ ID (SID) の配列を指定します。

Type:SecurityIdentifier[]
Position:0
Default value:None
Required:False
Accept pipeline input:True
Accept wildcard characters:False

入力

String

このコマンドレットに文字列をパイプできます。

SecurityIdentifier

SID をこのコマンドレットにパイプできます。

出力

System.Management.Automation.SecurityAccountsManager.LocalGroup

このコマンドレットは、ローカル グループを返します。

メモ

Windows PowerShell には、次のエイリアスが Get-LocalGroup含まれています。

  • glg

PrincipalSource プロパティは、LocalUser、LocalGroupおよび LocalPrincipal オブジェクトのプロパティで、オブジェクトのソースを記述します。 考えられるソースは次のとおりです。

  • ローカル
  • Active Directory
  • Microsoft Entra グループ
  • Microsoft アカウント

PrincipalSource は、Windows 10、Windows Server 2016、およびそれ以降のバージョンの Windows オペレーティング システムでのみサポートされています。 以前のバージョンの場合、プロパティは空白です。