ConvertTo-SPOMigrationEncryptedPackage

XML ファイルを新しい暗号化された移行パッケージに変換するには、このコマンドレットを使用します。

構文

ConvertTo-SPOMigrationEncryptedPackage
              -EncryptionParameters <EncryptionParameters>
              -MigrationSourceLocations <MigrationPackageLocation>
              [-NoLogFile]
              -TargetFilesPath <String>
              -TargetPackagePath <String>
              [<CommonParameters>]
ConvertTo-SPOMigrationEncryptedPackage
              -EncryptionParameters <EncryptionParameters>
              [-NoLogFile]
              -SourceFilesPath <String>
              -SourcePackagePath <String>
              -TargetFilesPath <String>
              -TargetPackagePath <String>
              [<CommonParameters>]

説明

このコマンドは、一時 XML フォルダー ファイル上の XML ファイルを、ターゲット ディレクトリへの移行暗号化されたメタデータ ファイルの新しいセットに変換します。

例 1

ConvertTo-SPOMigrationEncryptedPackage -EncryptionParameters SHA256 -MigrationSourceLocations $MigrationPackageLocation -NoLogFile -TargetFilesPath $TargetFilesPath -TargetPackagePath $TargetPackagePath

現在のテナントのログ ファイルを使用して、移行パッケージを "migrationSourceLocations" の移行暗号化されたパッケージに変更します

例 2

ConvertTo-SPOMigrationEncryptedPackage -EncryptionParameters SHA384 -MigrationSourceLocations $MigrationPackageLocation  -TargetFilesPath $TargetFilesPath -TargetPackagePath $TargetPackagePath

例 1 と同じですが、ログ ファイルを使用せず、暗号化の種類 SHA384 を使用する

パラメーター

-EncryptionParameters

暗号化のパラメーターでは、ワイルドカード文字は受け入れられません。 これは、SHA384、SHA256 などのパラメーターを受け入れます。

Type:EncryptionParameters
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False
Applies to:SharePoint Online

-MigrationSourceLocations

移行する可能性のあるソースの場所

Type:MigrationPackageLocation
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False
Applies to:SharePoint Online

-NoLogFile

[パラメーター] を切り替えて、ログ ファイルを取得する必要があるかどうかを判断します。

Type:SwitchParameter
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False
Applies to:SharePoint Online

-SourceFilesPath

XML ソース ファイルが配置されている一時パスを定義します。

Type:String
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False
Applies to:SharePoint Online

-SourcePackagePath

ソース パッケージのパスの場所を定義します。

Type:String
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False
Applies to:SharePoint Online

-TargetFilesPath

XML ソース ファイルが配置されている一時パスを定義します。

Type:String
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False
Applies to:SharePoint Online

-TargetPackagePath

暗号化するパッケージのソース パッケージ パスの場所を定義します。

Type:String
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False
Applies to:SharePoint Online