ConvertTo-SPOMigrationTargetedPackage

このコマンドレットを使用して、XML ファイルを新しい移行パッケージに変換します。

構文

ConvertTo-SPOMigrationTargetedPackage
              [-SourceFilesPath] <String>
              [-SourcePackagePath] <String>
              [[-OutputPackagePath] <String>]
              [-TargetWebUrl] <String>
              [-AzureADUserCredentials <CredentialCmdletPipeBind>]
              -Credentials <CredentialCmdletPipeBind>
              [-NoAzureADLookup]
              [-NoLogFile]
              [-ParallelImport]
              [-PartitionSizeInBytes <Int64>]
              -TargetDocumentLibraryPath <String>
              [-TargetDocumentLibrarySubFolderPath <String>]
              [-TargetEnvironment <TargetEnvironment>]
              [-UserMappingFile <String>]
              [<CommonParameters>]
ConvertTo-SPOMigrationTargetedPackage
              [-SourceFilesPath] <String>
              [-SourcePackagePath] <String>
              [[-OutputPackagePath] <String>]
              [-TargetWebUrl] <String>
              [-AzureADUserCredentials <CredentialCmdletPipeBind>]
              -Credentials <CredentialCmdletPipeBind>
              [-NoAzureADLookup]
              [-NoLogFile]
              [-ParallelImport]
              [-PartitionSizeInBytes <Int64>]
              [-TargetEnvironment <TargetEnvironment>]
              -TargetListPath <String>
              [-UserMappingFile <String>]
              [<CommonParameters>]

説明

このコマンドレットを使用して、パッケージの形式で 1 つのライブラリから別のライブラリへの移行パッケージを作成します。 XML ファイルを変換し、ターゲット ディレクトリにターゲット移行パッケージメタデータ ファイルの新しいセットとして保存します。

例 1

この例では、ターゲット サイト コレクション内のデータを検索することで、パッケージをターゲット パッケージに変換する方法を示します。 '-ParallelImport' パラメーターを使用して、ファイル共有の移行パフォーマンスを向上させます。

$finalPackages = ConvertTo-SPOMigrationTargetedPackage -ParallelImport -SourceFilesPath $sourceFiles -SourcePackagePath $sourcePackage -OutputPackagePath $targetPackage -Credentials $cred -TargetWebUrl $targetWeb -TargetDocumentLibraryPath $targetDocLib

パラメーター

-AzureADUserCredentials

Azure Active Directory ユーザー資格情報を受け取ります

Type:CredentialCmdletPipeBind
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False
Applies to:SharePoint Online

-Credentials

通常の資格情報を入力する (Get-Credential)

Type:CredentialCmdletPipeBind
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False
Applies to:SharePoint Online

-NoAzureADLookup

コマンドが Azure AD を検索する必要があるかどうかを示すパラメーターを切り替えます。

Type:SwitchParameter
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False
Applies to:SharePoint Online

-NoLogFile

パラメーターを切り替えて、ログ ファイルを取得する必要があるかどうかを判断します。

Type:SwitchParameter
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False
Applies to:SharePoint Online

-OutputPackagePath

出力パッケージのパス

Type:String
Position:2
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False
Applies to:SharePoint Online

-ParallelImport

パラメーターを切り替えて、ファイル共有の移行パフォーマンスを向上させます。

Type:SwitchParameter
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False
Applies to:SharePoint Online

-PartitionSizeInBytes

ターゲット パッケージが配置されるパーティション サイズをバイト単位で定義します。

Type:Int64
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False
Applies to:SharePoint Online

-SourceFilesPath

XML ソース ファイルを配置する一時パスを定義します。

Type:String
Position:0
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False
Applies to:SharePoint Online

-SourcePackagePath

ソース パッケージパスの場所を定義します。

Type:String
Position:1
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False
Applies to:SharePoint Online

-TargetDocumentLibraryPath

ターゲット ドキュメント ライブラリのパスを定義します。

Type:String
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False
Applies to:SharePoint Online

-TargetDocumentLibrarySubFolderPath

ターゲット ドキュメント ライブラリのサブフォルダー パスを定義します。

Type:String
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False
Applies to:SharePoint Online

-TargetEnvironment

ターゲット環境 (運用環境、ProductionChina、None、OnPremises) を定義します。

Type:TargetEnvironment
Accepted values:Production, ProductionChina, None, OnPremises
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False
Applies to:SharePoint Online

-TargetListPath

ターゲット リストパスを定義します

Type:String
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False
Applies to:SharePoint Online

-TargetWebUrl

パッケージのターゲット Web URL を定義します。

Type:String
Position:3
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False
Applies to:SharePoint Online

-UserMappingFile

ユーザーのファイル マッピングを定義します。

Type:String
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False
Applies to:SharePoint Online