Get-SPOAppErrors

アプリケーション エラーを返します。

構文

Get-SPOAppErrors
   [-EndTimeInUtc <DateTime>]
   -ProductId <Guid>
   [-StartTimeInUtc <DateTime>]
   [<CommonParameters>]

説明

このコマンドレットは Get-SPOAppErrors 、世界協定時刻 (UTC) の StartTimeInUtc と UTC の EndTimeInUtc の間で ProductId によって指定されたアプリケーションのアプリケーション監視エラー (使用可能な場合) を返します。

Based on server configuration, errors are available for a limited time. The default is seven days. Older errors are purged. Date time values that are older than 50 years or later than 20 years from today are considered invalid

各エラーには、エラー メッセージ、エラーが発生した UTC 時刻、エラーが発生したサイト、エラーの種類が含まれます。 エラーの種類の値は、0 - なし、1 - インストール エラー、2 - アップグレード エラー、3 - ランタイム エラーです。

コマンドレットを実行するには、SharePoint Online 管理者またはグローバル管理者である必要があります。

SharePoint Online の Windows PowerShell のアクセス許可と最新の情報については、「SharePoint Online 管理シェルの概要」を参照してください。

------------ 例 1 --------------------

Get-SPOAppErrors -ProductId ba51729b-e017-409d-681a-66f1dd18f0f4

この例は、GUID が ba51729b-e017-409d-681a-66f1dd18f0f4 のアプリケーションに対する監視エラー メッセージのコレクションを返します。

------------ 例 2 --------------------

Get-SPOAppErrors -ProductId ba51729b-e017-409d-681a-66f1dd18f0f4 -StartTimeInUtc (Get-Date).AddHours(-1).ToUniversalTime()

この例では、過去 1 時間に GUID が ba51729b-e017-409d-681a-66f1ddd18f0f4 であるアプリケーションの監視エラー メッセージのコレクションを返します。

パラメーター

-EndTimeInUtc

Specifies the end time in UTC to search for monitoring errors. If no end time is given, the default value current time in UTC is used.

Type:DateTime
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False
Applies to:SharePoint Online

-ProductId

アプリケーションの GUID を指定します。

Type:Guid
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False
Applies to:SharePoint Online

-StartTimeInUtc

監視エラーを検索する開始時刻を UTC で指定します。 開始時刻を指定しない場合、現在時刻の 72 時間前という既定値が使用されます。

Type:DateTime
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False
Applies to:SharePoint Online