Get-SPOMigrationJobStatus

: このコマンドレットは非推奨になりました。 PowerShell を使用して SharePoint と Microsoft 365 に移行するには、「PowerShell を使用して SharePoint に移行する」を参照してください。

このコマンドレットを使用して、送信された SharePoint Online 移行ジョブの状態を監視します。

構文

Get-SPOMigrationJobStatus
   -Credentials <CredentialCmdletPipeBind>
   [-JobId <Guid>]
   [-NoLogFile]
   -TargetWebUrl <String>
   [<CommonParameters>]

説明

このコマンドレットは、移行ジョブの状態を確認します。

-----------------------例 1-----------------------------

$targetWebUrl = "https://contoso.sharepoint.com/sites/migrationtest"
$credentials = Get-Credential
Get-SPOMigrationJobStatus -TargetWebUrl $targetWebUrl -Credentials $credentials -JobId "779c4b3b-ec24-4705-bb58-c38f4329418c"

SPO 移行ジョブの状態を取得します。 パッケージ データを送信するときにジョブ ID を取得し、Invoke-SPOMigrationEncryptUploadSubmit コマンドレットを使用して新しい SPO 移行ジョブを作成できます。

パラメーター

-Credentials

サイト コレクションへの接続に使用するサイト コレクション管理者の資格情報。 資格情報では、ユーザー名を UPN の形式 (例: user@company.onmicrosoft.com) で指定する必要があります。 このプロパティが設定されていない場合は、セッションの前の呼び出し Connect-SPOService の現在のテナント管理者資格情報がサイト コレクションに接続するために使用されます。

Type:CredentialCmdletPipeBind
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False
Applies to:SharePoint Online

-JobId

(省略可) ターゲット サイト コレクションに存在する移行ジョブの ID。

Type:Guid
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False
Applies to:SharePoint Online

-NoLogFile

(省略可) ログ ファイルを作成しないことを示します。 既定では、現在のディレクトリ内に DeleteMigrationJob ログ ファイルを新規作成します。

Type:SwitchParameter
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False
Applies to:SharePoint Online

-TargetWebUrl

パッケージのインポート先となる完全修飾ターゲット Web URL。 これには、中 ConvertTo-SPOMigrationTargetedPackageに使用されたのと同じ TargetWebUrl が含まれている必要があります。

Type:String
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False
Applies to:SharePoint Online