Set-SPOSite

サイト コレクションの 1 つ以上のプロパティの値を設定または更新します。

構文

Set-SPOSite
   [-Identity] <SpoSitePipeBind>
   [-AllowSelfServiceUpgrade <Boolean>]
   [-Confirm]
   [-DenyAddAndCustomizePages <Boolean>]
   [-LocaleId <UInt32>]
   [-LockState <String>]
   [-MediaTranscription <MediaTranscriptionPolicyType>]
   [-NoWait]
   [-Owner <String>]
   [-ResourceQuotaWarningLevel <Double>]
   [-SandboxedCodeActivationCapability <SandboxedCodeActivationCapabilities>]
   [-BlockDownloadLinksFileType <BlockDownloadLinksFileTypes>]
   [-SharingCapability <SharingCapabilities>]
   [-StorageQuota <Int64>]
   [-StorageQuotaWarningLevel <Int64>]
   [-Title <String>]
   [-WhatIf]
   [-AllowDownloadingNonWebViewableFiles <Boolean>]
   [-CommentsOnSitePagesDisabled <Boolean>]
   [-SocialBarOnSitePagesDisabled <Boolean>]
   [-DisableAppViews <AppViewsPolicy>]
   [-DisableCompanyWideSharingLinks <CompanyWideSharingLinksPolicy>]
   [-DisableFlows <FlowsPolicy>]
   [-RestrictedToGeo <RestrictedToRegion>]
   [-SharingAllowedDomainList <String>]
   [-SharingBlockedDomainList <String>]
   [-SharingDomainRestrictionMode <SharingDomainRestrictionModes>]
   [-ShowPeoplePickerSuggestionsForGuestUsers <Boolean>]
   [-StorageQuotaReset]
   [-DefaultSharingLinkType]
   [-DefaultLinkPermission]
   [-DefaultLinkToExistingAccess]
   [-ConditionalAccessPolicy <SPOConditionalAccessPolicyType>]
   [-AuthenticationContextName <String>]
   [-LimitedAccessFileType <SPOLimitedAccessFileType>]
   [-AllowEditing <Boolean>]
    [-AnonymousLinkExpirationInDays <Int32>]
   [-OverrideTenantAnonymousLinkExpirationPolicy <Boolean>]
   [-OverrideTenantExternalUserExpirationPolicy <Boolean>]
    [-ExternalUserExpirationInDays <Int32>]
   [-SensitivityLabel <String>]
    [-RequestFilesLinkExpirationInDays <Int32>]
   [-SensitivityLabel <String>]
    [-RequestFilesLinkEnabled <Boolean>]
   [-RemoveLabel]
   [<CommonParameters>]
Set-SPOSite
   [-Identity] <SpoSitePipeBind>
   -EnablePWA <Boolean>
   [-Confirm]
   [-WhatIf]
   [<CommonParameters>]
Set-SPOSite
   [-Identity] <SpoSitePipeBind>
   [-Confirm]
   [-DisableSharingForNonOwners]
   [-WhatIf]
   [<CommonParameters>]
Set-SPOSite
   [-Identity] <SpoSitePipeBind>
   [-AllowSelfServiceUpgrade <Boolean>]
   [-Confirm]
   [-DenyAddAndCustomizePages <Boolean>]
   [-LocaleId <UInt32>]
   [-LockState <String>]
   [-NoWait]
   [-Owner <String>]
   [-ResourceQuotaWarningLevel <Double>]
   [-SandboxedCodeActivationCapability <SandboxedCodeActivationCapabilities>]
   [-SharingCapability <SharingCapabilities>]
   [-StorageQuota <Int64>]
   [-StorageQuotaWarningLevel <Int64>]
   [<CommonParameters>]

説明

Set-SPOSite コマンドレットは、パラメーター Identity で指定されたサイト コレクションについて、渡されたパラメーターに該当する設定値を設定または更新します。

コマンドレットを実行するには、SharePoint Online 管理者かグローバル管理者で、かつサイト コレクション管理者でもある必要があります。

SharePoint Online の Windows PowerShell のアクセス許可と最新の情報については、「SharePoint Online 管理シェルの概要」を参照してください。

OneDrive for Business サイト コレクションの場合、有効なパラメーターは、Identity、AllowDownloadingNonWebViewableFiles、AllowEditing、ConditionalAccessPolicy、DefaultLinkPermission、DefaultSharingLinkType、DisableCompanyWideSharingLinks、LimitedAccessFileType、LockState、Owner、SharingAllowedDomainList、SharingBlockedDomainList、SharingCapability、SharingDomainRestrictionMode、ShowPeoplePickerSuggestionsForGuestUsers、StorageQuota、StorageWarningLevel です。

グループ サイト コレクションの場合、有効なパラメーターは、Identity、AllowSelfServiceUpgrade、DefaultLinkPermission、DefaultSharingLinkType、DenyAddAndCustomizePages、DisableCompanyWideSharingLinks、DisableSharingForNonOwners、LockState、Owner、ResourceQuota、ResourceQuotaWarningLevel、SandboxedCodeActivationCapability、SharingCapability、ShowPeoplePickerSuggestionsForGuestUsers、SocialBarOnSitePagesDisabled、StorageQuota、StorageQuotaReset、StorageQuotaWarningLevel です。

-----------------------例 1-----------------------------

Set-SPOSite -Identity https://contoso.sharepoint.com/sites/site1 -Owner joe.healy@contoso.com -NoWait

例 1 では、サイト コレクション https://contoso.sharepoint.com/sites/site1 の所有者を、メール アドレスが joe.healy@contoso.com であるユーザーに更新します。 このコマンドレットは、遅延なく直ちに実行されます。

-----------------------例 2-----------------------------

Set-SPOSite -Identity https://contoso.sharepoint.com/sites/site1 -StorageQuota 1024

例 2 は、サイト コレクション https://contoso.sharepoint.com/sites/site1. の設定を更新します。ストレージ クォータは 1024 メガバイト (1 GB) に更新されます。

-----------------------例 3-----------------------------

Set-SPOSite -Identity https://contoso.sharepoint.com -StorageQuota 1500 -StorageQuotaWarningLevel 1400

この例では、サイト コレクション https://contoso.sharepoint.com. の設定値を更新します。記憶域のクォータは 1500 MB に更新され、ストレージ クォータの警告レベルは 1400 MB に更新されます。

-----------------------例 4-----------------------------

Set-SPOSite -Identity https://contoso.sharepoint.com -DisableSharingForNonOwners

例 4 では、サイトの所有者以外は新しいユーザーをサイトに招待できないようにします。

-----------------------例 5-----------------------------

Set-SPOSite -Identity https://contoso.sharepoint.com/sites/groupname -StorageQuota 3000 -StorageQuotaWarningLevel 2000

この例では、サイトのクォータを設定します。

注意

If Site Collection Storage Management is enabled for the tenant, you will not be able to set quota and will have a generic error returned. To workaround this issue, set the site collection storage management to "manual" temporarily, set your quotas and then set the site collection storage management setting back to its original setting.

-----------------------例 6-----------------------------

Set-SPOSite -Identity https://contoso.sharepoint.com/sites/site1 -EnablePWA $true

例 6 では、サイト "site1" で Project Web Applications (PWA) を作成できるようにします。

-----------------------例 7-----------------------------

Set-SPOSite -Identity https://contoso.sharepoint.com/sites/site1 -SharingCapability ExternalUserSharingOnly
Set-SPOSite -Identity https://contoso.sharepoint.com/sites/site1 -SharingDomainRestrictionMode AllowList -SharingAllowedDomainList "contoso.com"

例 7 では、共有への招待を承諾し、認証済みユーザーとしてサインインする外部ユーザーを許可する共有機能を設定し、外部コラボレーターとの共有を許可するメール ドメインを指定します。

-----------------------例 8-----------------------------

Set-SPOSite -Identity https://contoso.sharepoint.com/sites/research -AddInformationSegment a17efb47-e3c9-4d85-a188-1cd59c83de32

この例では、InformationSegment 'a17efb47-e3c9-4d85-a188-1cd59c83de32' をサイトに追加します。

-----------------------例 9-----------------------------

Set-SPOSite -Identity https://contoso.sharepoint.com/sites/research -RemoveInformationSegment a17efb47-e3c9-4d85-a188-1cd59c83de32

この例では、InformationSegment 'a17efb47-e3c9-4d85-a188-1cd59c83de32' をサイトから削除します。

-----------------------例 10-----------------------------

Set-SPOSite -Identity https://contoso.sharepoint.com/sites/research -ConditionalAccessPolicy AuthenticationContext -AuthenticationContextName "MFA"

この例では、MFA という認証コンテキストがサイトにアタッチされています。

パラメーター

-AddInformationSegment

このパラメーターを使用すると、SharePoint サイトにセグメントを追加できます。 このパラメーターは、Microsoft 365 の情報バリア機能を有効にしたテナントにのみ適用されます。 SharePoint Online の情報バリアを理解するには、「https://learn.microsoft.com/sharepoint/information-barriers」ドキュメントを参照してください。

: このパラメーターは、SharePoint Online 管理シェル バージョン 16.0.19927.12000 以降でのみ使用できます。

Type:GUID
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False

-AllowDownloadingNonWebViewableFiles

Web で表示できないファイルをダウンロードできるかどうかを指定します。

Type:Boolean
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False
Applies to:SharePoint Online

-AllowEditing

ユーザーがブラウザーで Office ファイルを編集したり、Office ファイルのコンテンツをコピーしてブラウザー ウィンドウ外に貼り付けたりすることができないようにします。

PARAMVALUE: $true | $false

Type:Boolean
Position:Named
Default value:True
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False
Applies to:SharePoint Online

-AllowSelfServiceUpgrade

サイト コレクションの管理者がサイト コレクションをアップグレードできるようにするかどうかを指定します。

Type:Boolean
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False
Applies to:SharePoint Online

-AnonymousLinkExpirationInDays

作成済みの (または今後作成する) すべての匿名またはすべてのユーザー リンクが、設定した日数後に期限切れになることを指定します。 OverrideTenantAnonymousLinkExpirationPolicy が true に設定されている場合にのみ適用されます。

有効期限の要件を削除するには、この値をゼロ (0) に設定します。

Type:Int32
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False
Applies to:SharePoint Online

-AuthenticationContextName

条件付きアクセス認証コンテキスト名。

Type:String
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False
Applies to:SharePoint Online

-BlockDownloadLinksFileType

有効な値は次のとおりです。

  • WebPreviewableFiles
  • ServerRenderedFilesOnly

: ServerRendered (Office のみ) と WebPreviewable (サポートされているすべてのファイル)。

サイトの値はテナント レベルの設定と比較され、より厳格な値が優先されます。 たとえば、テナントが ServerRenderedFilesOnly に設定されている場合、サイトが WebPreviewableFiles に設定されている場合でもその設定が使用されます。

Type:BlockDownloadLinksFileTypes
Position:Named
Default value:WebPreviewableFiles
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False
Applies to:SharePoint Online

-CommentsOnSitePagesDisabled

サイト ページの [コメント] セクションを無効にするには、このパラメーターを使用します。 このパラメーターは、グループ サイト コレクションには使用できません。

Type:Boolean
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False
Applies to:SharePoint Online

-conditionalAccessPolicy

SharePoint Online での条件付きアクセス ポリシーの使用方法を理解するには、「非管理対象デバイスからのアクセスを制御する」ドキュメントを参照してください。

使用可能な値:

  • AllowFullAccess: デスクトップ アプリ、モバイル アプリ、Web からのフル アクセスを許可する。
  • AllowLimitedAccess: 制限付きの Web のみのアクセスを許可する。
  • BlockAccess: アクセスをブロックする。
  • AuthenticationContext: Azure AD 認証コンテキストを割り当てる。 AuthenticationContextName を追加する必要があります。 「認証コンテキストを構成する」を参照してください。
Type:SPOConditionalAccessPolicyType
Position:Named
Default value:AllowFullAccess
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False
Applies to:SharePoint Online

-Confirm

コマンドレットを実行する前に確認メッセージを表示します。

Type:SwitchParameter
Aliases:cf
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False
Applies to:SharePoint Online

-DefaultLinkPermission

サイト コレクションの既定のリンクのアクセス許可

PARAMVALUE: None | View | Edit

  • None - 組織の既定のリンクのアクセス許可を優先する
  • View - サイトの既定のリンクのアクセス許可を "表示" アクセス許可に設定する
  • Edit - サイトの既定のリンクのアクセス許可を "編集" アクセス許可に設定する
Type:SharingPermissionType
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False
Applies to:SharePoint Online

-DefaultLinkToExistingAccess

TRUE に設定すると、DefaultSharingLinkType が上書きされ、既定の共有リンクは "既存のアクセス許可を持つユーザー" リンクになります (アクセス許可は変更されません)。 FALSE (既定値) に設定すると、既定の共有リンクの種類は DefaultSharingLinkType パラメーターによって制御されます。

PARAMVALUE: $true | $false

Type:SharingLinkType
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False
Applies to:SharePoint Online

-DefaultSharingLinkType

サイト コレクションの既定のリンクの種類

PARAMVALUE: None | AnonymousAccess | Internal | Direct

  • None - 組織の既定値とされている共有リンクの種類を優先する
  • AnonymousAccess - このサイトの既定の共有リンクを匿名アクセスまたはすべてのユーザー リンクに設定する
  • Internal - このサイトの既定の共有リンクを "組織" リンクまたは会社の共有可能なリンクに設定する
  • 直接 - このサイトの既定共有リンクを "特定のユーザー"リンクに設定します。
Type:SharingLinkType
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False
Applies to:SharePoint Online

-DenyAddAndCustomizePages

Determines whether the Add And Customize Pages right is denied on the site collection. For more information about permission levels, see User permissions and permission levels in SharePoint.

Type:Boolean
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False
Applies to:SharePoint Online

-DisableAppViews

: このパラメーターは廃止され、関数は使用されなくなりました。

Power Apps ボタンを無効にします。 使用可能な値:

  • Disabled
  • NotDisabled
  • Unknown (設定不可)
Type:AppViewsPolicy
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False
Applies to:SharePoint Online

-DisableCompanyWideSharingLinks

組織内のユーザー リンクを無効にします。 詳細については、「組織内のユーザー共有リンク」を参照してください。 使用可能な値

  • Disabled
  • NotDisabled
  • Unknown (設定不可)
Type:CompanyWideSharingLinksPolicy
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False
Applies to:SharePoint Online

-DisableFlows

: このパラメーターは廃止され、関数は使用されなくなりました。

Power Automate ボタンを無効にします。 使用可能な値

  • Disabled
  • NotDisabled
Type:FlowsPolicy
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False
Applies to:SharePoint Online

-DisableSharingForNonOwners

このパラメーターを使用すると、所有者以外のユーザーがサイトに新しいユーザーを招待できなくなります。

このパラメーターは、SharePoint Online Management Shell のバージョン 16.0.4613.1211 以降でのみ使用できます。

Type:SwitchParameter
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False
Applies to:SharePoint Online

-EnablePWA

Determines whether site can include Project Web App. For more information about Project Web App, see Plan SharePoint groups in Project Server.

Type:Boolean
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False
Applies to:SharePoint Online

-ExternalUserExpirationInDays

設定した日数後に有効期限が切れるすべての外部ユーザーの有効期限を指定します。 OverrideTenantExternalUserExpirationPolicy が true に設定されている場合にのみ適用されます。

有効期限の要件を削除するには、この値をゼロ (0) に設定します。

Type:Int32
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False
Applies to:SharePoint Online

-Identity

更新するサイト コレクションの URL を指定します。

Type:SpoSitePipeBind
Position:1
Default value:None
Accept pipeline input:True
Accept wildcard characters:False
Applies to:SharePoint Online

-LimitedAccessFileType

次のパラメーターは、組織全体の設定とサイト レベルの設定の両方で、-ConditionalAccessPolicy AllowLimitedAccess と共に使用できます。

  • OfficeOnlineFilesOnly: ユーザーがブラウザーで Office ファイルのみをプレビューできるようにする。 このオプションによってセキュリティは強化されますが、ユーザーの生産性の障壁になる可能性があります。

  • LimitedAccessFileType WebPreviewableFiles (既定値): ユーザーがブラウザーで Office ファイルやその他のファイルの種類 (PDF ファイル、画像など) をプレビューできるようにする。 Office のファイル以外のファイルの種類の内容はブラウザーで処理されます。 このオプションを選ぶと、ユーザーの生産性は最適化されますが、Office のファイル以外のファイルのセキュリティは低下します。

  • LimitedAccessFileType OtherFiles: ユーザーが .zip や .exe などのプレビューできないファイルをダウンロードできるようにする。 このオプションでは、セキュリティが低下します。

Type:SPOLimitedAccessFileType
Position:Named
Default value:WebPreviewableFiles
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False
Applies to:SharePoint Online

-LocaleId

このサイト コレクションの言語を指定します。 詳細については、「MS-OE376, LCID」を参照してください。

Type:UInt32
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False
Applies to:SharePoint Online

-LockState

サイトのロック状態を設定します。 有効な値は、NoAccess、ReadOnly、Unlock です。 サイトのロック状態が ReadOnly の場合、サイトがメンテナンス中で読み取り専用であることを示すメッセージがサイトに表示されます。 サイトのロック状態が NoAccess の場合、そのサイトへのすべてのトラフィックがブロックされます。 Set-SPOTenant コマンドレットでパラメーター NoAccessRedirectUrl が設定されている場合、ロック状態が NoAccess になっているサイトへのトラフィックはその URL にリダイレクトされます。 パラメーター NoAccessRedirectUrl が設定されていない場合、403 エラーが返されます。 ルート サイト コレクションのロック状態を設定することはできません。

Type:String
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False
Applies to:SharePoint Online

-MediaTranscription

この機能を有効にすると、ビデオはオンデマンドで生成されたトランスクリプトを作成したり、特定のシナリオで自動的に生成したりできます。 これは、ポリシーが既定でオンになっているため、既定値です。 ビデオ所有者がトランスクリプトを望まないと判断した場合は、そのビデオを常に非表示または削除できます。 使用可能な値:

  • Enabled
  • 無効
Type:MediaTranscriptionPolicyType
Position:Named
Default value:Enabled
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False
Applies to:SharePoint Online

-NoWait

即座にスクリプト実行を続行することを指定します。

Type:SwitchParameter
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False
Applies to:SharePoint Online

-OverrideTenantAnonymousLinkExpirationPolicy

このサイトの匿名またはすべてのユーザー リンクの有効期限ポリシーを上書きするかどうかを選択します

PARAMVALUE: None | False | True

  • None - 匿名またはすべてのユーザー リンクの有効期限に関する組織レベルのポリシーを優先する
  • False - 匿名またはすべてのユーザー リンクの有効期限に関する組織レベルのポリシーを優先する
  • True - 匿名またはすべてのユーザー リンクの有効期限に関する組織レベルのポリシーを上書きする (制限の緩和または強化)
Type:Boolean
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False
Applies to:SharePoint Online

-OverrideTenantExternalUserExpirationPolicy

このサイトの外部ユーザーの有効期限ポリシーを上書きするかどうかを選択します

使用可能な値:

  • None: 外部ユーザーの有効期限に関する組織レベルのポリシーを優先する。
  • False: 外部ユーザーの有効期限に関する組織レベルのポリシーを優先する。
  • True: 外部ユーザーの有効期限に関する組織レベルのポリシーを上書きする (制限の緩和または強化)。
Type:Boolean
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False
Applies to:SharePoint Online

-Owner

サイト コレクションの所有者を指定します。 OneDrive の所有者の変更はサポートされておらず、多くのエクスペリエンスが中断する原因になります。

Type:String
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False
Applies to:SharePoint Online

-RemoveInformationSegment

このパラメーターを使用すると、SharePoint サイトからセグメントを削除できます。 このパラメーターは、Microsoft 365 の情報バリア機能を有効にしたテナントにのみ適用されます。 SharePoint Online での情報バリアを理解するには、「https://learn.microsoft.com/sharepoint/information-barriers」ドキュメントを参照してください。

: このパラメーターは、SharePoint Online 管理シェル バージョン 16.0.19927.12000 以降でのみ使用できます。

Type:GUID
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False

-RemoveLabel

このパラメーターを使用すると、サイトに割り当てられた秘密度ラベルを削除できます。

Type:SwitchParameter
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False

-RequestFilesLinkEnabled

サイトの [要求ファイル] リンクを有効または無効にします。

Type:Boolean
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False
Applies to:SharePoint Online

-RequestFilesLinkExpirationInDays

サイトの [要求ファイル] リンクが期限切れになるまでの日数を指定します。

値は 0 ~ 730 日です。

Type:Int32
Position:Named
Default value:-1
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False
Applies to:SharePoint Online

-ResourceQuotaWarningLevel

サイトがリソース クォータに近づいていることをサイト コレクション管理者に警告する、サイト コレクションの警告レベルを MB 単位で指定します。

Type:Double
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False
Applies to:SharePoint Online

-RestrictedToGeo

PARAMVALUE: NoRestriction | BlockMoveOnly | BlockFull | Unknown

Type:RestrictedToRegion
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False
Applies to:SharePoint Online

-SandboxedCodeActivationCapability

PARAMVALUE: Unknown | Check | Disabled | Enabled

Type:SandboxedCodeActivationCapabilities
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False
Applies to:SharePoint Online

-SensitivityLabel

SensitivityLabel の一意識別子 (GUID) を指定するために使用されます。

Type:String
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False
Applies to:SharePoint Online

-SharingAllowedDomainList

Specifies a list of email domains that is allowed for sharing with the external collaborators. Use the space character as the delimiter for entering multiple values. For example, "contoso.com fabrikam.com".

ドメイン共有を制限する方法の詳細については、「ドメイン別の SharePoint および OneDrive コンテンツの共有を制限する」を参照してください。

Type:String
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False
Applies to:SharePoint Online

-SharingBlockedDomainList

Specifies a list of email domains that is blocked or prohibited for sharing with the external collaborators. Use space character as the delimiter for entering multiple values. For example, "contoso.com fabrikam.com".

ドメイン共有を制限する方法の詳細については、「ドメイン別の SharePoint および OneDrive コンテンツの共有を制限する」を参照してください。

Type:String
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False
Applies to:SharePoint Online

-SharingCapability

サイトで使用できる共有のレベルを決定します。 使用可能な値は次のとおりです: Disabled - 組織外での共有を許可しない、ExistingExternalUserSharingOnly - 組織のディレクトリに既に存在する外部ユーザーとの共有のみを許可する、ExternalUserSharingOnly - 共有への招待を承諾し、認証済みユーザーとしてサインインする外部ユーザーを許可する、ExternalUserAndGuestSharing - すべての外部ユーザーとの共有を許可し、匿名アクセス リンクを使用する。

共有の詳細については、「SharePoint Online の外部共有を有効または無効にする (/sharepoint/turn-external-sharing-on-or-off)」を参照してください。

Type:SharingCapabilities
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False
Applies to:SharePoint Online

-SharingDomainRestrictionMode

外部ドメインの共有モードを指定します。

使用可能な値は次のとおりです。

  • None - ドメインによる共有を制限しない
  • AllowList - -SharingAllowedDomainList 内で指定されたドメインのアカウントを持つ外部ユーザーにのみ共有を許可する
  • BlockList - -SharingBlockedDomainList 内で指定されたドメインを除くすべてのドメインの外部ユーザーとの共有を許可する

ドメイン共有を制限する方法の詳細については、「ドメイン別の SharePoint および OneDrive コンテンツの共有を制限する」を参照してください。

Type:SharingDomainRestrictionModes
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False
Applies to:SharePoint Online

-ShowPeoplePickerSuggestionsForGuestUsers

サイト コレクション レベルで既存のゲスト ユーザーを検索するオプションを有効にするには、このパラメーターを $true に設定します。

Type:Boolean
Position:Named
Default value:False
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False
Applies to:SharePoint Online

-SocialBarOnSitePagesDisabled

サイトコレクションのソーシャルバーを有効または無効にします。

ソーシャル バーは、サイトのホーム ページを除き、すべてのモダン SharePoint ページに表示されます。 ユーザーは、ページを気に入り、ページ上のビュー、いいね!、コメントの数を確認し、ページにいいね! をしたユーザーを表示できます。

PARAMVALUE: $true | $false

Type:Boolean
Position:Named
Default value:False
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False
Applies to:SharePoint Online

-StorageQuota

サイト コレクションのストレージ クォータを MB 単位で指定します。

Type:Int64
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False
Applies to:SharePoint Online

-StorageQuotaReset

OneDrive for Business のストレージ クォータをテナントの新しい既定のストレージ スペースにリセットします。

Type:SwitchParameter
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False
Applies to:SharePoint Online

-StorageQuotaWarningLevel

サイトが記憶域のクォータに近づいていることをサイト コレクション管理者に警告する、サイト コレクションの警告レベルを MB 単位で指定します。

Type:Int64
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False
Applies to:SharePoint Online

-Title

サイト コレクションのタイトルを指定します。

Type:String
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False
Applies to:SharePoint Online

-WhatIf

WhatIf スイッチは、このコマンドレットでは機能しません。

Type:SwitchParameter
Aliases:wi
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False
Applies to:SharePoint Online