Start-SPOUnifiedGroupMove

Office 365 グループの新しい地理的位置への移動を開始します。

構文

Start-SPOUnifiedGroupMove
     [-GroupAlias] <String>
     [-DestinationDataLocation] <String>
     [[-PreferredMoveBeginDate] <DateTime>]
     [[-PreferredMoveEndDate] <DateTime>]
     [[-Reserved] <String>]
     [-ValidationOnly]
     [-Force]
     [-SuppressMarketplaceAppCheck]
     [-SuppressWorkflow2013Check]
     [-SuppressAllWarnings]
     [-SuppressBcsCheck]
     [<CommonParameters>]

説明

Office 365 グループ サイトの新しい地理的位置への移動を開始します。 管理者は、移動の優先開始時刻と終了時刻を設定できます。ただし、優先終了時刻は保証されません。 これらのコマンドレットを使用するには、顧客テナントが複数地域で有効になっている必要があります。

例 1

Start-SPOUnifiedGroupMove -GroupAlias EUTeam -DestinationDataLocation EUR

EUTeam というエイリアスを持つOffice 365 グループ サイトの優先データの場所 EUR (ヨーロッパ) への移動を開始します。

パラメーター

- GroupAlias

移動するサイトにアタッチされているOffice 365 グループのエイリアス。

Type:String
Position:0
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False

-DestinationDataLocation

Office 365 グループ サイトの移動先の場所。

Type:String
Position:1
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False

-Force

コマンドレットを強制的に実行します。 これにより、すべての警告ブロックと検証が無視されます。 管理者がデータのみを保持する必要があり、アプリケーション、Business Connectivity サービス、またはその他の機能のチェックに関心がない場合にのみ推奨されます。

Type:SwitchParameter
Position:6
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False

-PreferredMoveBeginDate

この移動は、この指定された時刻に開始される可能性があります。

Type:DateTime
Position:2
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False

-PreferredMoveEndDate

この移動は、ベスト エフォートベースで、この指定された時間までに完了する可能性があります。

Type:DateTime
Position:3
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False

-reserved

このパラメーターは、Microsoft の内部使用のために予約されています。

Type:String
Position:4
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False

-SuppressAllWarnings

すべての警告メッセージを抑制します。

Type:SwitchParameter
Position:9
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False

-SuppressBcsCheck

関連付けられたOffice 365 グループ サイトで使用されるBusiness Connectivity サービスのチェックを抑制します。

Type:SwitchParameter
Position:10
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False

-SuppressMarketplaceAppCheck

関連付けられているOffice 365 グループ サイトに展開された Marketplace SharePoint アドインの互換性のチェックを抑制します。

Type:SwitchParameter
Position:7
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False

-SuppressWorkflow2013Check

関連付けられたOffice 365 グループ サイトに展開された SharePoint 2013 ワークフローの互換性のチェックを抑制します。

Type:SwitchParameter
Position:8
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False

-ValidationOnly

このパラメーターは、コマンドレットに対して検証のみを強制的に実行します。

Type:SwitchParameter
Position:5
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False

入力

なし

出力

System.Object