Get-FASTSearchMetadataCrawledProperty

Microsoft FAST Search Server 2010 for SharePointからクロールされたプロパティを取得します。

構文

Get-FASTSearchMetadataCrawledProperty
   [[-Name] <String>]
   [-Count <Int32>]
   [-Filter <String>]
   [-Offset <Int32>]
   [<CommonParameters>]

説明

このコマンドレットは、FAST Search Server 2010 for SharePoint システムからクロールされたプロパティを取得します。 パラメーターを指定せずに呼び出した場合、システム内のクロールされたプロパティがすべて取得されます。 取得されるクロールされたプロパティの順序は決まっていて、クロールされたプロパティが新たに追加されない限り、何度呼び出しても同じ順序で列挙されたプロパティのリストが取得されます。

Get-FASTSearchMetadataCrawledProperty supports several ways of looking up properties. Run with a single parameter or with a named parameter (using Name), the cmdlet retrieves crawled properties with that exact name, if any exist. The Name parameter supports wildcards. Alternatively, a filter can be specified (using the Filter parameter) to search the crawled properties and to return any crawled property with a name that includes the filter value. The filter option does not support wildcards.

クロールされたプロパティを取得する方法としては、Filter パラメーターを使う方が Name パラメーターを使うよりも効率的です。

このコマンドレットの一連の結果を画面単位に出力するには、Offset および Count を使用して、取得する結果の件数を制御します。

Offset と Count は、フィルターまたは名前による照合が完了する前に計算されます。 つまり、クロールされたプロパティが Offset、Offset+Count] の範囲を超[えた場合、そのプロパティは返されません。

SharePoint コマンドレットの FAST Search Server 2010 のアクセス許可と最新の情報については、オンライン ドキュメント (https://go.microsoft.com/fwlink/?LinkId=163227)) を参照してください。

--------------- 例 1 -----------------

Get-FASTSearchMetadataCrawledProperty

パラメーターを指定せずにGet-FASTSearchMetadataCrawledPropertyを呼び出すと、FAST Search Server 2010 for SharePoint システム内のすべての既知のクロールされたプロパティが返されます。

--------------- 例 2 -----------------

Get-FASTSearchMetadataCrawledProperty -Name viewurl

この例では、"viewurl" という正確な名前のクロールされたプロパティを取得します。

--------------- 例 3 -----------------

Get-FASTSearchMetadataCrawledProperty -filter 4

この例では、名前に "4" を含むクロールされたプロパティを取得して返します。

--------------- 例 4 -----------------

Get-FASTSearchMetadataCrawledproperty -filter url -count 2

この例では、"url" という名前の最初の 2 つのクロールされたプロパティを取得します。

--------------- 例 5 -----------------

Get-FASTSearchMetadataCrawledproperty |ForEach-Object{ if ($_.IsMappedToContents) {$_.Name} }

この例では、IsMappedToContents パラメーターが "true" に設定されているすべてのクロールされたプロパティの名前を返します。 この例では、最初に、構成されているすべてのクロールされたプロパティを取得し、それらを反復処理して IsMappedToContents が "true" に設定されているプロパティを見つけます。

--------------- 例 6 -----------------

Get-FASTSearchMetadataCrawledproperty -offset 0 -count 2
Get-FASTSearchMetadataCrawledproperty -offset 2 -count 2
Get-FASTSearchMetadataCrawledproperty -offset 4 -count 2

This example generates a list of two crawled properties each time the cmdlet is run. The Offset is increased by the Count value to start returning crawled properties where the last run ended.

---------------EXAMPLE 7----------------- (FAST Server for SharePoint 2010)

Get-FASTSearchMetadataCrawledProperty -filter url| where-object {($_.Name -eq "url") -and ($_.VariantType -eq 31) -and ($_.Propset -eq "63e90878-0292-490d-8b7c-f3905a8b65fd")}

次の使用例は、名前付きクロールされたプロパティと一致する可能性のあるすべての一覧を示し、結果セットを反復処理し、要求されたプロパティ セットとバリアント型の両方に一致する結果を選択して、正確なクロールされたプロパティを選択します。 このコマンドは、"Enterprise クローラー" カテゴリの "url" クロールされたプロパティを返します。

パラメーター

-Count

クロールされたプロパティの最大取得件数。クロールされたプロパティの取得件数は、最初に取得したプロパティを 1 件目とするか、または、Offset パラメーターで指定したインデックスを 1 件目として数えます。

Filter または Name パラメーターが指定されている場合、これらは結果セットが範囲 Offset、Offset + Count] に[絞り込まれた後にのみ適用されます。

Type:Int32
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False
Applies to:FAST Server for SharePoint 2010

-Filter

構成済みのクロールされたプロパティを検索するための用語。

Filter パラメーターにワイルドカードは使用できません。 照合では大文字と小文字は区別されず、クロールされたプロパティの name 属性内の任意の文字列が照合の対象となります。

Type:String
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False
Applies to:FAST Server for SharePoint 2010

-Name

取得するクロールされたプロパティの名前。

Name パラメーターには、ワイルドカードを使用できます。 検索範囲は、Name パラメーターに Offset パラメーターと Count パラメーターを組み合わせることによって制御します。

Type:String
Position:1
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False
Applies to:FAST Server for SharePoint 2010

-Offset

結果セット内の結果を取得する起点となるオフセット位置。

Type:Int32
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False
Applies to:FAST Server for SharePoint 2010